「クリスマスに愛し合う」系エロ漫画小説に相性良く最適だったのは“性家電”

「オナニーじゃない!
読書したいんだ!」

「オナニーじゃない!読書したいんだ!エロ小説、エロ漫画を熟読したいんだ!かといって触らないとペニスが寂しい!」

「性家電」

その不満やジレンマを解消してくれたのが『性家電(※電動オナホール)』であった。

「読書が真の目的」

「オナニーが目的」に切り替わってしまうことなく「読書が目的」といった繊細なゾーンにガッチリ滞留させ続けてくれた存在が性家電であった。性家電の最低速モードがそれをもたらしてくれた。

「動物的なエロじゃない、
人間的なエロを求めてるんだ!」

たとえ「人間的に愛し合う美術」が特に重要な要素の1つとなるクリスマス系の小説や漫画であっても「動物的なエロ目的にならずに」無事に「人間的で純愛的なエロ目的にとどまってくれて」なおかつ「オナニーではなく読書が目的にとどまってくれて」それら心情的に繊細な読書にも没頭できたのが性家電であった。

性家電が読書に集中できる


「読書が目的」を保持したまま「オナニー目的になりすぎないポジション」で滞留させ続けてくれる必要があった。射精を頂上と見なした時に「山のふもとと頂上の中間で滞留させ続けてくれること」がエロ漫画はもちろんエロ小説の熟読に必須の環境であった。その読書環境を実現させてくれたのが性家電であった。

⑴両手で読みる

両手で。

両手でエロ本を読めて集中できる。A10サイクロンSAプラスもNLSピストンも動くのは筐体内なので本体全体が暴れることはない。ただ、反動で少し動くため完全手放しで読めるわけでは無い。手で支えたり何かで固定したり内蔵されたネジ穴にネジを挿れて固定する必要がある。

支えながら両手で。

手放し状態では落ち着かず傾いたりしてしまうものの、エロ本を持ちながら同時に支えるといったスタイルが「よりマシに」できたのはこれらの性家電であった。

「正直固定したい」

正直、性家電が自体が「立て掛けたテーブルに万能的に固定できたらいいのに…」と思ってしまう。しかし、現実的に「新型アイアンマンのように液体金属でニュルニュル触手が伸びてテーブルに固定される」なんて漫画なことは起きず、手か腕で固定するのが現実となった。

「ネジ穴はあるが…」

また、ネジで固定できる。ただ、固定ネジの穴側が本体にあるだけで本格的な固定具は未だに出ていない。いまだに本格的に固定具が発売されていない理由は、やはり「手か腕で軽く固定できてしまうから」「市販のネジでラックに固定できるから」という汎用性の高さにもある。

「手固定が気楽」

すなわち、特に何も用意することなく本体だけで本を持つ手や腕やもたれかかったカラダで同時に固定できて「両手で読める」状態にできる。

⑵抜いてもらえる

「抜いてくれる…」

手コキやハンドオナホールや大型オナホールやラブドールと違って、勝手に動いてくるため「抜いてもらえる感」がある。

「ロボじゃない、ヒトだ…」

生物的な挿入感とヒトの動き感が「ヒトに抜いてもらえる感」もある。

「手コキじゃない、フェラだ…」

なおかつ手コキ感ではなくフェラ感なので「ペニスを舐められながらエロ本やエロ漫画を熟読する」といった感覚で没頭できる。抜いてもらう感を感じながら読書に没頭できる。

※関連ページ:『痴女が優しくドSに抜いてくれる感がある|A10サイクロンSA+PLUSレビュー

⑶フェラされながら読書できる

「妄想じゃない、
直に感じる…」

A10サイクロンSAプラスもNLSピストンも手コキを連想させるものの、実際にペニスで感じる直の感触は「ヒトに舐められている感触」であった。

「フェラ読書だ!」

そのため、手コキされながら読書する感覚ではなく「フェラされながら読書する」といった体験で読書に没頭できる。

※関連ページ:『「人間にじゅぽじゅぽヘドバンフェラされてる…」NLSピストンの挿入感

⑷低速モードでジリジリと勃起を維持できる

「ずっと勃起続く…」

他のオナホールに難であった「再勃起の手間」が性家電にはなかった。速度を最低まで下げてずっと回転を維持できる。

「ずっと気持ち良い」

トルク不足になることが意外に起きなかった。「”トルク不足にならない”最低限の速度」で「射精に進まず勃起した状態を維持したポジション」でずっと滞留させ続けることができてしまう。

「イカない範囲で続く」

結果、再勃起の手間も不要になり、また“射精しそうで急いで止める”といった手間も生じなかった。勃起を維持できる。読書への集中を維持できる。

⑸再勃起が不要

「再勃起不要」

性家電は再勃起の手間がない。他のオナホやラブドールにはお決まりの「ある程度一定の感覚で刺激し続けないと勃起を維持できないので手を定期的に動かしたり、腰を動かしたりする必要が読書に集中するためのベースに必要」といった手間を性家電は自動でクリアしてくれた。勝手に動いてくれる。

「読書に集中できる」

射精にいたらないちょうどいいゾーン「ふもとと頂上の間」にずっと滞留させ続ける速度にできる。再勃起が不要になる。読書に集中できる。

⑹サビの“運動会”も股間で開催できる

「激しい動きもできる」

性家電は電動オナホール業界の上位機種であり、まったりだけが強みではなく、サビにもゴリゴリ対応できる。例えばNLSピストンを最大速度まで上げるとまるで野獣に変わったかのように激しいじゅぽじゅぽフェラに切り替わる。股間で大運動会が開かれる。

※『「フェラしてくれてる人がいきなり獣になった…!」NLSピストンの速度上げ

「激しい愛し合い、
“サビ”にも対応できる」

そのため、エロ小説やエロ漫画の「読書オナニー中」にサビシーンになったら速度を上げてガッツリとそのシーンに適応して楽しめる。

「脳内も股間も激しく」

「小説側は漫画側は盛り上がっているのに、ペニス側はまったりしている」といった不一致感が起きない。「本側もペニス側も激しい」といった同調感ももたらしてくれる。ミスマッチ感や違和感や格差感を他のオナホき比べて感じない。

⑺お掃除フェラも痛くない

「射精後なのに、
ヒヤッとしない…」

性家電は超低速で動かした時に射精後のペニスでも「ヒヤッとすることなく」刺激させ続けることができてしまった。ヒヤッと腰を引いてしまう感覚が無かった。

※『「すごい、射精後の繊細ペニスでヒヤッとしない…」NLSピストン速度下げ時

「お掃除手コキではない…
お掃除フェラだ…」

さらにA10サイクロンSA +PLUS(プラス)もNLSピストンもペニスで直に感じる感触は「舐められている」感触であるため、お掃除手コキではなく「お掃除フェラ」される感触で賢者タイムに浸れる。痛くない。ヒヤッとしない。これは性家電の良い点でもある。

⑻射精後も漏れずに飛び出ずに浸れる

「射精後も放置できる楽さ」

エロ漫画に集中しながらもそろそろイこうと速度を上げてスパートをかけて射精した後、一般のオナホールやラブドールは「そろそろ後始末しないと…。」といった感覚にさせられる。焦燥感に駆られる。

「萎えペニスもずっと保持」

しかし、性家電はそれが起きなかった。射精後にそのまま放置していても萎えたペニスであっても「スポーンッ」と抜けたりしなかった。ずっと中に保持され続けた。

「ローション漏れ無し」

なおかつ、ペニスとホールとの間の隙間からローションが漏れ出して股間がグシャグシャになるといったことも起きなかった。後始末の世話感が無く射精後であってもエロ漫画に集中できる。

⑼二回戦も入れたままできる

「挿れたまま再勃起」

射精後に萎えたペニスのまま放置した結果、飛び出ることは無かった。そしてそのときに再び動作を開始させるとその保持された状態で綺麗に中で勃起していく。

「手コキ不要」

「わざわざ外に出して手コキで再勃起させる」といったことが性家電には起きない。二回戦も挿れたままできてしまう。特にエロ小説もそのまま継続して読み続けることができる。

⑽しごいた負担感が少ない

「長時間オナニー読書」

長時間オナニーをした結果、やはりペニスへの負担感が気になってくる。手コキオナニーでは二回戦となると負担が大きかった。ペニスの根本にも負荷が掛かっている感覚にさせられて不安になってしまう。

「ペニス負担感無し」

しかし、性家電は二回戦連続で抜いても負担感が少なかった。「ペニスを酷使した」といった感覚が大幅に少ない。そのため、エロ小説やエロ漫画を読みながら長時間オナニーをしていてもペニスへの負担に不安になることなく読書に没頭できる。


手コキは手が忙しい


手コキオナニーしながら読書すると、必然的に長引くためペニスに対する負担が気になって読書にも快感にも集中できなくなってしまう。そして、手を止めて読書にするか、それとも本を置いてオナニーに集中するかの二択になってしまう。

⑴ペニスの負担が気になってくる

「手コキ、
疲れる…」

手コキをしながらだと手が疲れてくる。ペニスやペニスの根本に負担がだんだん掛かっている気がしてきて快感に集中できなくなる。「早く抜かないと早く抜かない」といった焦燥感も生まれてくる。

⑵新ティッシュに変える手間がある

「ティッシュがすぐ破れる…
(手コキ)」

エロ小説に集中しようと手を低速で動かすも手が疲れてくる。さらに肉棒に合わせて筒状にしていたティッシュがどんどん破れ剥がれてきて何度も新しいティッシュでかぶせ直す手間も出てくる。長時間となるとティッシュの世話まで必要になってくる。

⑶オナニー目的に切り替わってしまう

「読書に集中できない…
(手コキ)」

漫画や小説に集中すると勃起が収まってしまって再びペニスに集中して手コキで再勃起したりする必要がある。エロ小説にも手コキにも集中できない状態になってしまう。エロ漫画でも同様に、読書ではなくもはや「オナニーに集中してしまう」状態になってしまう。読書が目的だったのにオナニーが目的に切り替わってしまう。

「エロ漫画を読もう」「エロ小説を読もう」と思って見始め

「もはやオナニー目的…
(手コキ)」

たのに、「オナニーしよう(エロ漫画とエロ小説はオカズです)」といった状態にすり替わってオナニータイムになってしまう。読書目的だったのにオナニー目的になってしまう。

⑷読書に没頭できない

「読書が目的なのに…
(手コキ)」

手コキはエロ小説にもエロ漫画にも集中できない事態にたびたび遭遇した。手コキオナニーでは「読書」に没頭できない。

大型オナホールは忙しい


大型オナホで腰振りすることで両手で読書できる。しかし、問題が生じた。下半身が寒くなってきたり、疲れてきたり、かといって止めすぎると再勃起が必要になってきたり、読書に集中できなくないことがよく起こった。

⑴寒くなってくる

「大型オナホ、
下半身寒い…」

服を着たままする場合は少なくとも下半身をすべて脱ぐ必要がある。ズボンを履いたまま腰振りしようとすると服が邪魔で快適に腰振りできない。そのため脱ぐ必要がある。寒くなってくる上に体勢もキツくなってきて快感にも読書にも集中できなくなってしまう。それがよく起こった。

⑵再勃起が必要になる

「腰振り読書…
(大型オナホ)」

本を読むことに集中するには腰振りを止める必要があった。しかし、腰振りを止めるとペニスが萎えてくる。そのため、腰振りを維持しながら本を読む必要がある。同時進行状態でどちらにも没頭できない。

「定期的に腰振りで勃起維持…
(大型オナホ)」

結果、本を読むことに集中しているとふと腰振りが止まっていることがある。そのときに気づいたらもう時は遅しと言わんばかりに萎え始めていて急いで腰振りして再勃起させる。といった手間もよく生じた。

⑶脚が疲れてくる

「騎乗位は本が汚れる…
(大型オナホ)」

騎乗位のスタイルでやると本が汚れる。大型オナホを触った手で本を触ると油で背表紙がヌメッとしたり、最中に不意に本に大型オナホールが触れたりして折れ目がついたりして落ち着かない。結果、後輩位や正常位に落ち着いた。

「脚が疲れてくる…
(大型オナホ)」

しかし、後輩位や正常位でも問題が生じた。本を読もうとすると膝立ちした脚が疲れてくる。その疲れが快感を沿いできてペニスが萎えてきだし、さらに本を読む集中も阻害されていく。これもよく起こった。


ラブドールも忙しい


「二次元はラブドールこそが投影できる!」と思ってしまうものの、現実は「読書が目的」だったのがいつの間にか「ラブドールとのセックスのためのオカズ」になってしまって読書が楽しめなくなってしまった。本末転倒になってしまうことがよく起こった。集中できない。

⑴寒くて集中できない

「ラブドール、
下半身寒い…」

大型オナホールと同じくやはり少なくとも下半身丸出しで挿入開始する必要がある。履いたままだと快適に腰振りできない。目視しながらでないと綺麗に腰振りできない。結果、下半身丸出しが必須敵となりやはり読書では長引いて寒い。脚も疲れてくる。正常位セックスで覆いかぶさりながらエロ本を読んでいてもやはり快感にも集中できなくなってしまう。

⑵ラブドールセックスが目的になる

「読書は後回し…!
(ラブドール)」

ラブドールを抱きしめながらエロ本を読んだ結果、トルソー型ラブドールもリアルラブドールも含めて「急激にセックスしたくなってしまって」ものの15分以内にエロ本そっちのけでラブドールとのセックスのほうに没頭するといったことがよく起こった。

「読書が前戯…
(ラブドール)」

エロ小説を読むことが目的であったのに、あたかも「ラブドールとセックスするための前戯」と言わんばかりに目的が切り替わってしまう。読書に集中できなかった。

⑶登場人物をラブドールに投影できない

「投影できない…
(ラブドール)」

エロ小説やエロマンガの被写体をそのラブドールに投影しようとしてもそれがうまくいかなかった。独立した感覚になってしまう。投影できた感覚になれたはいいもののすぐにセックスしたくなってしまう。

「読書SEXは不向き…
(ラブドール)」

そのまま読み進めようとしても集中できない。今すぐセックスしたくなってくる。結果、全然熟読できていないことに気づいてしまった。


Q「エロ小説やエロ漫画のお供にはハンドオナホ・大型オナホ・ラブドール・電動オナホのどれが最適でオススメ?」

【A.電動オナホ(※性家電)が最適でオススメ。】

「ガッチリ読書目的」

電動オナホが最適となる。そして電動オナホは電動オナホでも性家電がオススメとなる。大型オナホやラブドールは読書に集中できず「ただのオカズ」「オナニーが目的」に切り替わってしまった。性家電こそがエロ小説やエロ漫画など「読書目的をガッチリと維持したまま」読書に集中できる。

「本の世界へ。」

読書のお供は性家電である。ジョーク的に言うと「小説と愛し合うセックスしている感覚、漫画と愛し合うセックスしている感覚、クリスマスにその成人小説や成人漫画の世界感にフォールインラブするかのごとく没頭できる存在こそが性家電である。脳内もペニスも満たされる感覚で深く没頭できてしまう。

「新しい快感領域へ。」

「新しい快感領域」に突入したかのような錯覚さえ起こってしまう。入り浸ってしまう。没頭できてしまう。脳みそもペニスも股間も体もトロトロに溶けそうになってしまう。

– 性家電で。-

成人漫画や成人小説、
二次元美術とSEXできる新時代へ、
性家電で新領域へ行こう。

「購入して失敗だった…。」性家電の後悔しない買い方ポイントと失敗しない性家電等の代表例

ナビ《クリスマスに性の悩みを完結できる。》
✓フェラされたい欲 ✓セックスしたい欲 ✓楽しく過ごしたい欲
【ピストン使う。】性家電『NLSピストン』でじゅぽじゅぽフェラ欲を解決できる。
【サイクロン使う。】性家電『A10サイクロンSAプラス』でレロレロフェラ欲を解決できる。
【ぷにミラDX使う。】ラブドール『ぷにあなミラクルDX』で生おっぱい揉みながらセックスしたい欲を解決できる。
【DB観る。】アニメ『ドラゴンボール超』をビデオ屋で借りて観るとクリスマスもクリスマス後も勇気を出して楽しく過ごせる。
【人と接触することなくオナホールとラブドールで性の悩みに振り回される日常を終わらせる方法】
第1章|セックスしたい
■必要だった存在

感覚的なコツ対策「どういった視点でセックスすればいいのか定まらない」
Q&A|セックスしたい
第2章|フェラされたい
■必要だった存在|フェラされたい欲

家庭事情対策「フェラされたいが身内バレが不安で買えない」
節約や代替事情「電動オナホは高いので一般の安いオナホ数個で後は脳内補完で代替して節約したい」
第3章|エロから美術へ
■必要だった存在|エロから美術へのバトンタッチ

共通
Q&A|共通
第4章|卒業確認
性的な視点だけでなく美術的な視点でも楽しめるかどうかを確認する
■メリット
  • 0. 人と接触せずにオナホールとラブドールだけで性の悩みを終わらせられる
  • 0. 妄想やバイアスによる自己説得ではなくシラフで終わる
  • 1. オナホールを次々に買うループにハマらない
  • 2. ラブドールを次々に買うループにハマらない
  • 3. 性の悩み依存から費用をより掛けずに卒業できる
  • 4. 性の悩み依存から卒業することで“必要だと感じたときにだけ買う”という良好な共存状態に至れる
  • 5. より早く性の悩みを終わらせられる
  • 6. “性欲”から卒業できたと言えども拒絶したり排他せず今度は美術鑑賞に利用できる