Q.フェラされたい場合はラブドール?フェラオナホ?電動オナホール?

A. 電動オナホールが最適

風俗嬢の方のフェラをより準備無しでより後始末無しで体験できたのが電動オナホールだった。「フェラされたい!でも自宅で今すぐ!」といった場合は電動オナホールがその欲求をフルに満たしてくれる。

電動オナホールこそがフェラ欲をフルに満たしてくれる

ラブドールのフェラを何度も経験した状況と、フェラ感満載の電動オナホールを何度も経験した状況において、「フェラされたい」と感じた時に毎度手が伸びてしまったのは電動オナホールであった。「準備がすぐ終わる・風俗嬢の方のフェラと一致している(※)・後始末がすぐに終わる・検者タイムが侵されない・準備や後始末で一日が潰れる感がない」といった感覚が電動オナホールを選んでしまう決め手だった。電動オナホールこそが「フェラされたい」をフルに満たしてくれる。

【現実的に電動オナホ。】電動オナホのほうが気持ち良い、現実的に。総合的に。最終的に。

目をつむったときにフワフワと浮かぶその情景はラブドールのほうが気持ち良い。しかし、いざ現実でそれをした結果、電動オナホールが物理的に気持ち良かった。

【理想はラブドール。】しかし現実的に電動オナホールに手が伸びてしまう

視覚快感はラブドールが勝っている。しかし、問題は準備と後始末が重労働すぎて「もうしたくない」と度々思ってしまった。最初に理想としてヒトにフェラされている姿を想像してラブドールがいいと思ってしまうも、ふと現実に戻って、手を伸ばすその瞬間に、やはり現実的に準備が軽い上にフェラを体験できる電動オナホールを選んでしまう。

【妄想必須。】ラブドールは直接的な快感が欠損しているので妄想補完が常に必要だった

ラブドールでイク決め手は「ヒトのカラダ…口の中にペニスが入ってる…」といった視覚的快感だった。しかし、直接的に感じる挿入感はヌルヌルであり自分が動かないといけないので一方的であり、愛して欲してくる感覚や舐めてくる感覚が存在しなかった。あたかもフェラされていると妄想する必要があった。

【妄想不要。】電動オナホールは妄想ゼロで3分以内に射精してしまった

一方、電動オナホールはペニスで直接“舌”を感じられ、さらに動いてくれるので、シラフでマグロ状態でもAV無しでも即射精できてしまった。妄想が不要だった。

【快感を削いでくる。】ラブドールは重労働の準備と後始末で妄想する気力を削いでくる

さらにその妄想する行為さえも大幅に阻害してきたのが“前準備と後始末の重労働感”であった。ペニスを挿入するまでの準備が重労働だった。そしてイッたはイッたで後始末では賢者タイムが後押しするかのようにさらに重労働だった。そのため「準備と後始末が大変すぎるので次回もしたいとは思えない」といった感覚になってしまった。

【快感を削いでこない。】電動オナホールは軽い準備と軽い後始末で快感を阻害してこない

一方、電動オナホールは使用開始準備がすぐ終わり、さらに後始末もサクッと終わるため「準備と後始末が楽なので次回もしたい」といった感覚になった。手コキオナニーに少し労働感を足した感覚で抑えられている。終始の全体の快感が阻害されなかった。

【直接&すぐ。】“直接感じること”と“すぐ始められてすぐ片付けられること”が決め手だった。

ラブドールは直接的な快感が欠損し、準備後始末の楽さの快感が欠損し、視覚快感で唯一イケる感覚であった。そのため、続かない。妄想のメッキが剥がれてイケなくなる。直接的な快感が不足しているので常に妄想で補完し続ける必要がある。しかし、後始末のことが頭に横切ってきてどんどんその妄想行為を阻害してくる。そして快感に集中できず、なかなかイケず、しまいには勃たなくなることがよく起こった。

【やっぱり電動オナホ。】シラフ&マグロで3分以内に射精したのは電動オナホだった

フェラホールは妄想による補完が必要だった。しかし、電動オナホールは妄想による補完が不要だった。妄想ゼロで、手も動かす必要なく、完全マグロで、シラフで、AV無しで3分で射精に至ったのは電動オナホだった。そのため、電動オナホールのほうが気持ち良い。

【妄想必要。】フェラホールを妄想による補完が必要

フェラホールには電動オナホール同様に舌の感触を直接感じられる。口の中独特の口内感も感じられる。しかし、舐めてくる感覚や愛して欲してくる感覚が欠損していてその欠損箇所を妄想する必要があった。射精に至るまで長引くことが度々起こった。

※例外的にTENGAフリップゼロは愛して欲してくる挿入感が有った(『風俗嬢の方にジュポジュポ吸われるフェラはTENGAフリップゼロで味わえる』)

【妄想不要。】電動オナホールは妄想による補完が不要

電動オナホールはフェラホール同様に舌の感触を直接ペニスで感じられる。そして、なおかつ動いてくれるため舐めてくる感覚や愛して欲してくる感覚がある。そのため、妄想を排除したシラフモードになってなおかつAVなしで“無”になっている状態でも、勝手に射精してしまう。それが度々起こった。

【セックス。】ラブドールの存在意義はセックスだった

どんなときに電動オナホールでもなく、腰型の大型オナホールでもなく、手コキでもなく、フェラホールでもなくラブドールを選んでしまうのかというとやはり「肉体を打ち突けて大運動会的にいきたい」といった感覚だった。

【人と接触することなくオナホールとラブドールで性の悩みに振り回される日常を終わらせる方法】
第1章|セックスしたい
■必要だった存在

感覚的なコツ対策「どういった視点でセックスすればいいのか定まらない」
Q&A|セックスしたい
第2章|フェラされたい
■必要だった存在|フェラされたい欲

家庭事情対策「フェラされたいが身内バレが不安で買えない」
節約や代替事情「電動オナホは高いので一般の安いオナホ数個で後は脳内補完で代替して節約したい」
第3章|エロから美術へ
■必要だった存在|エロから美術へのバトンタッチ

共通
Q&A|共通
第4章|卒業確認
性的な視点だけでなく美術的な視点でも楽しめるかどうかを確認する
■メリット
  • 0. 人と接触せずにオナホールとラブドールだけで性の悩みを終わらせられる
  • 0. 妄想やバイアスによる自己説得ではなくシラフで終わる
  • 1. オナホールを次々に買うループにハマらない
  • 2. ラブドールを次々に買うループにハマらない
  • 3. 性の悩み依存から費用をより掛けずに卒業できる
  • 4. 性の悩み依存から卒業することで“必要だと感じたときにだけ買う”という良好な共存状態に至れる
  • 5. より早く性の悩みを終わらせられる
  • 6. “性欲”から卒業できたと言えども拒絶したり排他せず今度は美術鑑賞に利用できる