カレーを煮込んでいる最中にオナニーを済ませたい場合は電動オナホが必要

「ルーを入れて後は待つだけ。」そうして蓋をして待機完了。後は20分から30分程度待つと出来上がる。

しかし、その20分30分が長く感じてしまう。そんなときに“性処理”に有効利用したくなってくる。最近性欲が溜まってきている気がして抜きたい感覚も背中を押してくる。

しかし!オナニーが面倒。ただ、現在「空腹」で快感に集中できない。しかし…食後のオナニーも面倒。オナニーを時短したい、とにかくオナニーする時間を最短にしたい。

「誰かに抜いてもらえたらなぁ…」

そう嘆いているとき、誰も手を差し伸べられない中、唯一手を差し伸べてくれる存在がいる。そのようなときにおすすめの存在がある。それが『電動オナホ』である。

特に“性家電”は、疲れに疲れ切ってオナニーさえ面倒なときに「明日にこのムラムラ滞留感を持ち越したくない。しかし、面倒。」といったジレンマに陥っている時でさえ、その欲求を満たしてくれる。即射精もできてしまう。カレーの煮込み中という限られた時間内であっても…。

目次

⑴カレーが煮込み終わる前にオナニーできる

煮込み中に終わる

「早く済ませたい」

「オナニーをとにかく長引かせたくない。」万が一、オナニーに手こずってしまうとカレーが煮込み終わったのにまだ射精に至らない事態になってしまう。冷めてしまう。

おまけに、「早く食べたい!」「オナニー始めたからには最後までしたい!」といった焦燥感に駆られながらオナニーする状態になってしまうとやはり楽しめない。そして中断して抜かないままカレーを食べる始末…。

長引く不安なく毎回即射精できる

電動オナホは途中でしくじることなく毎回決まって即射精できるようになった。そのため、カレー煮込み中のシーンだとしても失敗する不安がない。

「もし手こずったら焦燥感に駆られるオナニーになってしまう」といった不安も無い。絶対的な即抜き安心感がある。

気合を入れる必要もなければ、「勃て!勃て!」と言わんばかりに必死にペニスを力んで勃起維持させることも無い。心情的な環境にも空腹時であっても影響されずに即抜きできる。電動オナホは「早く済ませたい」といった欲求に毎回応えてくれる。


⑵カレー煮込み中の超絶空腹時でも即抜きできる

空腹時も抜ける

「空腹時でも即抜きしたい」

カレーを食べるというお腹の空いた状態、しかし、食後に食欲が満たされた時に性欲も復活していくのが分かりきっている。かといって時間を作って抜くのは億劫。ならばこの煮込み時間に抜きたい。

しかし、空腹で抜く気力が起きない…そのジレンマに陥る。抜きたいのに空腹感がネックで抜く気力が起きない。その葛藤が起こる。そしてその葛藤は電動オナホで解消できる。

空腹時でも関係なく即抜きできる

空腹時に即抜きさせてくれたのが電動オナホであった。電動オナホは空腹時に影響されることなくアッという間に快感の頂上まで上り詰めてしまう。空腹時でも妄想も想像も働かないときにでさえも勃起状態が続いてなおかつすぐにイキそうになってくる。

それが度々起こった。やはり電動オナホは“ご馳走”カレーが出来上がる前の空腹等の心情的な環境にも影響されることなくオナニーできてしまう。


⑶カレー煮込み中にオナニーも読書もできる

オナ読書できる

「10分で済ませて残りの10分は読書に回したい」

「後始末も含めて10分で抜きたい。」「オナニータイムに10分ではなく、開始から後始末まですべて含めて10分以内に終わらせたい。」それを手コキや大型オナホやラブドールでもできなくはない。

手コキは頑張って自身を超絶ムラムラ状態に引き上げることで即抜きできる。

大型オナホやラブドールは準備や後始末をすばやくするには労働感が伴う。その狭間に陥る…。その狭間は電動オナホが埋めてくれる。

準備から後始末含めて7分で終わる

AVも妄想も想像で補うことさえも不要で7分で終わる(大抵は10〜15分以内)。

【オナニー3分】

オナニータイムは3分で終わる。例えばNLSピストンをいきなり最高スピードで開始することで、股間の上で獣が踊るように、獣が激しくペニスを貪ってくるように、激しい激しい運動会が勝手に股間の上で開催される。そのため、即抜きできる。

※『「フェラしてくれている人がいきなり獣になった…!」NLSピストンの速度上げ

【準備2分】

さらにNLSピストンは準備は2分ぐらいで終わる。電動オナホのホールなので若干薄い(のに、濃厚なハンドオナホの濃厚さがある)。

さらに速攻で裏返せて速攻で炊事場で洗い終わる。挿入口が大きいので萎えペニス状態でもすぐに入っていく。

有機的な挿入感なので挿れているだけで気持ち良い。挿れているだけで勝手に勃起していく。そして最高スピードであっという間に射精できる。

【後始末2分】

後始末はすぐに終わる。専用ホールを取り出して炊事場で裏返して洗うだけで終わる。2分で終わる。合計、7分程度で終わってしまう。

【AVも妄想も不要】

さらに「AVも妄想も想像も不要で」シラフで3分でイッてしまう。そのため、いくら疲れ切っていても眠気眼でさえも勝手に強制的に射精させられてしまう。NLSピストンは【時短オナホ】といってもいいほど時間をゴリゴリ節約できてしまう。

残りの煮込み時間を読書などにゴリゴリ当てられる。「暇な時間がないほどの充実した休息」を自宅であっても過ごせる。


⑷煮込み20分タイマーセット後すぐオナニー開始できる

すぐ開始できる

「速攻で始めたい」

普通のハンドオナホールは裏返して洗浄、オナニー中にローションが挿入口から漏れてくるので椅子にタオルを敷いて開始、オナニー中に手がローションで濡れたときにすぐにリセットできるようにタオルを脇にセットして…といった準備がある。

大型オナホールやラブドールは風呂場に運搬して挿入箇所を洗浄してそれが終わったらAVを見ながら手コキで勃起させて…といった準備、もし洗浄済みでコンドーム挿入する際は少なくとも風呂場に行って股間を洗ってコンドームを装着してAVを見ながら手コキで勃起させて…といった手間がある。その手間に萎えてしまってそれじゃあ手コキはというと疲れてする気が起きないといったジレンマさえ起きる…

その繊細なジレンマも電動オナホールが解消してくれる。

電動オナホは速攻で開始できる

炊事場でサクッと洗って股間を洗わずに椅子に何も敷かずにズボンもパンツもお尻まで下げなくても股間だけ出してすぐ開始できる。

【炊事場でサクッと洗浄。】

炊事場で専用ホールを裏返してサクッと洗浄、カチャッと本体にはめてその状態からローション注入。挿入口が大きいので装着後でもローションが入っていく。

【股間を洗うの不要。】

そして「股間を洗うことなくそのまま開始」できる。最近の電動オナホールの『NLSピストン』も『A10サイクロンSA+PLUS(プラス)』も股間と接触する箇所がプラスチックになってくれた。

そのため、汚れた股間と接触しても染み込むこと無くいつでも綺麗にできるので汚れる不安がない。また、キャップ箇所は取り外せるので炊事場で洗える。もちろん、洗って徹底する選択肢も保有できる。

※『キャップからシリコン箇所が無くなったことは改悪では無かった。

【タオル敷き不要。】

おまけにローション漏れが本当に”ちょびっと”しかない。NLSピストン激しく上下に動かしてさらに縦状態のまま放置して一時間も賢者タイムに浸ったのにそこから抜き取ったときに「陰毛にちょっとローションが付いた程度」であった。驚きであった。

A10サイクロンSAプラスも同様にローション漏れが少ない。そのため、椅子に漏れないのでタオルを敷く必要がない。やはり、開始前の準備がオナホールの中で「より準備が少なく開始できた」のが電動オナホであった。


⑸煮込み中にオナニーの後始末も完了できる

後始末も終わる

「後始末も煮込み中に終わらせたい」

開始前準備がすぐに終わってさらに即抜きできてオナニー時間もすぐに時短できても“後始末に労働感や時間が掛かると”、カレーの煮込み中に使う気は起きない。

そのため準備だけでなくオナニータイムはもちろん後始末さえも労働感なく非常にすばやく終わるオナホールこそが「カレーの煮込み中オナニー」を担当できる。それが電動オナホだった。

後始末もカレーの煮込み中にサクッと終わる

オナニーした場所の後始末が無い。特にローション漏れがとても少ないのでまるで手コキオナニーのように済んでしまう。下に漏れない。陰毛の上に乗る程度で済む。

サクッと拭き取ってそのままパンツを履いてもOK、専用ホールを取り出して風呂場に持っていって股間と一緒に洗うのもOK、煮込み中にサクッと終わる。

【オナ場の後始末がない。】

NLSピストンなどの上下動きであってもローションが非常に漏れにくいため、股間の下や椅子にベチョッと垂れたりしない。陰毛の上にローションが乗る程度になる。椅子に垂れたローションを拭き取るといった行為がない。オナニーをした場所の後始末が無い。

【風呂場時でもサクッと終わる。】

そのまま専用ホールを外してそれを持ちながら股間を洗いに風呂場に行くこともできる。ラブドールや大型オナホと違って担ぐ必要がない。

【炊事場時でもサクッと終わる。】

また、股間をティッシュでサクッと拭き取ってそのままパンツを履いて、専用ホールを炊事場に持っていって裏返してサクッと洗って終わりにできる。電動オナホの専用ホールなので普通のオナホよりも薄いので洗いやすい。

(薄くても電動オナホにはめて動かした途端に分厚いハンドオナホのような濃厚感があるのは驚く。)


⑹カレーを食べるための食器類と一緒にサクッと洗える

食器と一緒に洗える

「炊事場で終わらせたい」

「風呂場に持ち込んで洗うといった面倒なことをしたくない」ましてや「オナホールは良くても自分の股間を洗うために風呂場に行くことさえもしたくない」といった悩みがある。正直、すべてを炊事場で済ませたい。

カレーを食べるためにスプーンを洗うついでにホールを洗いたい。カレーに使う食器を洗うついでにオナニー後のオナホを洗いたい。炊事場でオールインワンで済ませたい。その欲求が走っていく。

しかし、そのような夢の様な快適さはもう昔の話ではなくなった。現実にもたらされている。電動オナホールによってもたらされている。

炊事場で後始末が終わる

電動オナホのNLSピストンでフィニッシュした後は、ペニスの陰毛に少し付いたローションをティッシュで拭き取ってそのままズボン上げ。そして、専用ホールを取り出してそのまま炊事場へ。炊事場でサクッと裏返してジャラジャラっと洗えてしまう。

電動オナホの厚さは薄いので「隙間にローションが入り込んでいないか?」といった不安が湧かない。

(それでいて肉厚なオナホの濃厚感もある。NLSピストンやA10サイクロンSAプラスでしごかれているときに「摩擦熱感」が無い。従来の電動オナホには摩擦熱感があった。無機物すぎて焼けるような摩擦熱のような挿入感があった。それが改善されている。それを実現した厚さなのに、カレーを食べた食器を洗う感覚のノリで洗浄が終わる。)


⑺ドロドロルーの付いた食器をスッキリ綺麗にするようにゴッソリ性欲解消できる

ゴッソリ抜ける

「抜かなければ20分使えるがダラダラ感が抜けないので抜きたい」

「オナニーなんてしなければいい…と賢者の如く自身を自制してもやはり、溜まっている感じがしてヘドロに足を突っ込んでいる感覚になってこのドロドロ感から開放されたい。だから抜きたい。しかしオナニーが面倒。風俗は風俗でお金が掛かるので面倒。しかしオナニーが面倒。」

といったジレンマも繊細に満たしてくれるのが、役割を担ってくれるのが電動オナホである。

性欲溜まりダラダラ感を即解消できる

性欲が溜まりに溜まってあのドロドロと沼に両足を突っ込んだような感覚は電動オナホでサクッと脱出できる。妄想もAVも不要でシラフで即抜きできてしまう射精能力のおかげで深くまで性欲を満たせる。

それまで想像で補って満たしていた繊細なレベルまでも「シラフで!」満たせる。繊細なレベルまでスッキリ脱出できる。沼から引き抜いた脚にまとわりついたヘドロを1つも残らず綺麗に洗い落とすかのようにスッキリできる。

「ドロドロ沼から脱出してなおかつシャワーを浴びてスッキリ綺麗な状態になる」といったイメージに一致できるのは電動オナホだった。ドロドロしたカレーのルーが付いたスプーンや食器を綺麗に洗い落とすように、まとわりついた性欲をゴッソリ綺麗に落とせる。


⑻フェラされながらカレーを味わう体験ができる

フェラカレーを味わえる

「カレーを食べながら抜きたい」

「もはやオナニーという時間を作りたくない。正直に理想を言うと、カレーを食べながら勝手にフェラして抜いて欲しい、性処理して欲しい。」

といった倫理的に問題が生じるエリアに介入する欲求でさえも満たせるのは、「ヒトに抜いてもらえる感」の動き感と挿入感をペニスで直接感じられた性家電である。性家電電動オナホがその役割を担えて最適となる。

妄想なくAV無くシラフで射精に至れる

性家電であるA10サイクロンSAプラスとNLSピストンはヒトにフェラされる挿入感の動き感を感じられる。ペニスで直接感じられる。AVも無しで想像や妄想で補うことなくシラフでそう感じられる。

※『「人間にじゅぽじゅぽヘドバンフェラされてる…」NLSピストンの挿入感
※『プロの熟女風俗嬢の方のフェラが電動オナホのA10サイクロンSA+PLUSにそっくりであった。

そのため、カレーを食べているといったシラフの心情状態でも強制的に射精に導かれていく。豪流に流されるかのごとく勝手に射精に誘導されていく。スキー場のリフトやゴンドラのように別のことをしているうちに気づいたら目的地に登っている。それと同じことが起こる。

シラフで別のことをしていても専門書を読みながらでもペニスに性家電をハメているだけで勝手にペニスだけが独立しているかのように射精に至ってしまう。

電動オナホなので本体を押さえているだけで勝手に筐体内で動いてくれるので、片手や腕で押さえたり椅子に座った状態でもたれかかりながら、スプーンはカレーに挿しては口に入れてといった具合にカレーに集中できる。

おまけに射精後に萎えペニスでも1時間賢者タイムを過ごしても飛び出なかったため即抜きしてしまってもそのまま動作を止めてまだ抜き取らずに装着させたまま賢者タイムを続けながらカレーを食べられる。

※『「1時間も挿れたままだ…ウッじゅわわ〜(再射精」NLSピストンの賢者タイム


⑼煮込み中に下半身裸になる必要なくオナニーできる

手コキのノリでできる

「下を全部脱がずに手コキレベルの脱がし範囲内で済ませたい」

「パンツを全部脱ぎたくない。手コキオナニーと同じ感覚でペニスだけを出してシコシコしたい。大型オナホはパンツもズボンも脱がないと腰振りしにくい。」

「ハンドオナホはローションが漏れてパンツがベチョベチョになってしまう。ラブドールはパンツを脱がないと腰振り時に巻き込んでいちいち手で押さえるのが面倒」といった問題がある。

ローションや快適さがネックで、結局ある程度抜いだりスッポンポンになる必要がある。しかし、電動オナホがその「手コキオナニーと同じレベル」の脱ぎレベルでオナニーを終始できる。

シャツやパンツが掛かっても快感阻害されることなく集中できる

パンツをちょっとずらしただけで開始できる。巻き込まない。

さらに電動オナホなので、ペニスを筒に挿れたらあとは中で勝手に動いてくれるためパンツとズボンをちょっとずらした状態で開始できる。

腰振りするたびにシャツを手で押さえたり、ハンドオナホを動かすたびにズボンとシャツが戻ってしまうのを手で押さえるあの面倒さから解放される。巻き込まない。

また、ローションが漏れてこないため、シャツがキャップ周辺に掛かっていても不安になることはない。

さらに、ペニスは筐体内に入りきっているため垂れたシャツやパンツが邪魔してくることもない。そのため、いくらダボダボの服でもパンツでも電動オナホ本体に掛かっていても快感が阻害されることなく集中できる。


カレーを食べながらに向いているのは大きな電動オナホ(例:NLSピストン)

特にNLSピストンは本体が大きめなのでA10サイクロンSAプラスに比べてもたれるように抱え押さえながら、カレーをスプーンで口に運べる。支える手に集中がいってしまうことが起きない。カレーに集中できるのはやはり本体が大きいNLSピストンとなる。


カレーの煮込み時間にふと、
「オナニーしたい」
と思った瞬間さえ
即抜きできてしまう。
ふと性欲が湧いた瞬間に
我慢なくすぐ満たせるからこそ
性の悩みが終わり始めてくれる。
電動オナホで始まり出す。

「今日頑張った!翌朝…」自分ご褒美にオナホを買っても後悔しない買い方

【人と接触することなくオナホールとラブドールで性の悩みに振り回される日常を終わらせる方法】
第1章|セックスしたい
■必要だった存在

感覚的なコツ対策「どういった視点でセックスすればいいのか定まらない」
Q&A|セックスしたい
第2章|フェラされたい
■必要だった存在|フェラされたい欲

家庭事情対策「フェラされたいが身内バレが不安で買えない」
節約や代替事情「電動オナホは高いので一般の安いオナホ数個で後は脳内補完で代替して節約したい」
第3章|エロから美術へ
■必要だった存在|エロから美術へのバトンタッチ

共通
Q&A|共通
第4章|卒業確認
性的な視点だけでなく美術的な視点でも楽しめるかどうかを確認する
■メリット
  • 0. 人と接触せずにオナホールとラブドールだけで性の悩みを終わらせられる
  • 0. 妄想やバイアスによる自己説得ではなくシラフで終わる
  • 1. オナホールを次々に買うループにハマらない
  • 2. ラブドールを次々に買うループにハマらない
  • 3. 性の悩み依存から費用をより掛けずに卒業できる
  • 4. 性の悩み依存から卒業することで“必要だと感じたときにだけ買う”という良好な共存状態に至れる
  • 5. より早く性の悩みを終わらせられる
  • 6. “性欲”から卒業できたと言えども拒絶したり排他せず今度は美術鑑賞に利用できる