⑶「激しいじゅぽフェラがいい!静かでショボいのはイヤ!」クリスマス2018

【クリスマスに解決できる】
2018年クリスマスまでに
性の悩みがグンッと吹っ飛ぶ
▼おすすめオナホの選び方▼

舐め舐め静かなフェラではなくじゅぽじゅぽ激しくフェラされたい!

電動オナホールの上位機種である“性家電”の『NLSピストン』で「じゅぽじゅぽフェラ」を体験できる

「高評価ならば…」

ピストン性能が残念で失敗、ならばと高評価ばかりの回転機構のA10サイクロンSAを購入。しかし、回転動作だからか全体的に躍動感がない。

「躍動感がない…」

最大速度まで上げるも激しくない。最高速度なのに激しくない。まったりした速度。その代わり濃厚でまったりした速度。

「いまいち物足りない…」

やはり物足りない。躍動感がない。いまいち心拍数が上がらない。時速100km出せると思いきや時速70kmで止まっている感。安全機能で制御されている感。

スーパーサイヤ人ゴッドは確かに強いのだけれどなんだか物静かな感じがあってイマイチ盛り上がらない。本当は、スーパーサイヤ人ブルーに界王拳を併せたあの「青と赤の激しい悟空」のような動物的で野性的な激しい雄々しさをペニスで感じたい。股間の骨盤が響くような激しさを股間で感じたい。そう欲望がどんどん湧いてしまう静かさ。「たしかに強いのだけれどなんだか物静か。」といった中立感に物足りなさを感じてしまう。

「馬力は凄いのに…」

馬力は凄いはずなのに安全装置か何かで速度制限されている感覚。その感覚に萎えてしまう。「目一杯遊んでいいんだよ^^(この狭い砂場で。)」といった感覚がある。

「これが現実….」

「やはりこれが限界か…」そう現実に直面して萎えてしまう。

「ならば、
自力で上下に動かせば激しくできるのでは!?」

自前ならばどうだ!そうひらめいた。回転動作させながら自力で上下に激しく動かせば相互運動でそれはそれはもう「激しい動き」を「躍動感」をペニスで感じられるのではないだろうか!!

「トルネード感…
ペニスの負担が気になって集中できない…」

激しく動かすも「ペニスがトルネードに巻き込まれそうにねじれて不安に駆られる」というさらなる現実に直面。ペニスにさらに負担が掛かっている気がして全然快感に集中できない。

「自力動かしは実用レベルではない…」

「やはり機構の時点でピストンタイプでなければダメだ…。自力で自前でピストン動きしても実用レベルにできない…。おまけに、せっかくフェラ感だったのに自分で上下に動かした途端に“手コキオナニー感”に切り替わってしまう…。」そう悟り、停止。再びパソコンを開き、再び電動オナホールの一覧を見るも、やはりどれも発展途上のばかり…。

「お金が溶ける消費はイヤだ!」

「お金がただ消えていくだけ」「発展途上のアイドルを親自分で生温かい目でその成長を体感する喜びに支払うといった矛盾感」そうした現実に直面して1年、2年、3年….。

そして4年後である。

ついに訪れたのだ!

「ついに先進の電動オナホが!」

発展途上ではない”ピストン機構の”電動オナホールが!

それがA10ピストンSAである、NLSピストンである。

「待ちわびていた!」と言わんばかりにすぐさま購入。

「スイッチオン!」

そして早速挿入してスイッチを入れて動作開始した瞬間、喜びが満ち溢れた。

「これだ、これだ!
この激しさをずっと求めていたのだ!」

「これだ、これだ!この躍動感、この激しさ、この心拍数が上がる感じ、動物的な感じ、肉食的な感じ、これだ!ずっとこれを求めていたのだ!やっと体験できた!もう、最高だ!!!」

「4年も待ったかいがあった…涙」

そう感動が走っていった。4年間も待っていた。長い長い4年であった。

「これまでホンモノに至らないものばかり…」

新しいのが出てもなんだ物静かな動き感だったり、激しくても人間的な動き感に欠けていたり、ロボ感すぎる動きだったり、肝心の挿入感が人工的すぎたり無機物感すぎて残念だったり、オナホな外見すぎて飾れなかったり、「あと一歩!」といった重要な箇所が欠損していた。その繰り返しであった。

「やっと本格的なものが!」

しかし、やっとその発展途上の地獄のループから脱出した存在が舞い降りた。それがA10ピストンSA、そのシンプル版とも言うべきNLSピストン。その二機が登場した。

「社会のひずみを直せる勇者がついに!」

大昔からポッカリと空いたままだったひずみにやっと救世主が現れたかのよう。次々に挑戦機が現れ、ことごとく無残に散っていった4年間。ひずみを直すべく挑んで戦死した戦士たちが眠るひずみ。そのひずみをやっと直せる勇者が…。

「“やっと来てくれた”感..!」

アニメ『ドラゴンボール超』で破壊神ビルスが今にも地球を破壊しようという時にやっと悟空が来てくれた感、復活したフリーザとの激戦でやっと悟空が来てくれたあの感覚。あのブルッとする感覚、あれと同じ感覚が起こった。

「2018年からガラリと進化した!」

2018年初め辺りまでピストン機構に関してはどれも発展途上のものばかりだった。そのため、今後は「2018年以降のモデルでなおかつA10ピストンSAまたはNLSピストンと同等かそれ以上の電動オナホール」が出た時にそれを選ぶと失敗したと感じる事態を回避できる。

「“すぐ時代遅れになる”系ではない!」

そして今まさに最近発売されたばかりのそのNLSピストンとA10ピストンSAを買った場合「1年で時代に追いつかなくなった感」や「先月iPad買ったのに今月になって新機種のiPadが出て大損をこいた、後悔した(なんなら先月買うそのiPadの購入ページに“一ヶ月後に新型がでます。よくよくご検討ください”といった注意事項を告知してくれればよかったのに!)」といったあの「こっちが出るなら買わなきゃよかった感」が起きることはない。その後悔は無用となる。

「4年後も現役で使える。」

このNLSピストンとA10ピストンSAは今後ピストン機構の電動オナホール業界で少なくとも今後4年間は新機種が出ることなく不動の地位を築く。そのため、今買っても4年後にタイムマシンに行ってもいまだに現役でA10ピストンSAが一位でNLSピストンが2位というランキングになっている(だろう。)。そのため今購入して4年分である48回払いにカード会社側で支払い変更することでちょうどいい買い替え時期にもなる。(性家電は4年ごとにアップグレードされる感覚となる。)

「“今の時代にHMZを買う”妥協感は無い!」

それらを買うことは、今のこのご時世にヘッドマウントディスプレイの「HMZ-T1」を買うといったことにはならない。「本当はHMZ-T3が良かったのだけれど、もっと言えばSONYのVRが良かったのだけれど…」といったことは起きない。

「自分ご褒美に買っても後悔しない!」

NLSピストンとA10ピストンSAを今年2018年のクリスマスに購入してもベスト、2年後に買っても、3年後に買っても、4年後に買っても「“後悔した…”と感じない買い物」となる。“帰宅中に今日は頑張ったんだからと深夜コンビニで自分ご褒美を買って翌朝後悔する”あの後悔感が発生しなかった。

「業界内で革命となる存在。」

革新だった。ピストン機構が発展途上からやっと脱出した革新だった。それほどオナホール業界では革命的な出来事であった。電車内でスマホを出すことが浮いて恥ずかしかった時代から今では逆転してガラケーを出すことが浮いてしまっているあの“ガラリ”逆転感。それに似た革命感が今回ある。

「ついに“自宅じゅぽフェラ時代”が来た!」

舐め舐めフェラしか体験できない時代は2018年に終わった。そして訪れた。じゅぽじゅぽ激しいフェラを自宅でいつでも体験できる時代が訪れた。

「野生の激しいフェラをついに味わえる!」

舐め舐め濃厚まったりフェラではなく「激しい運動会的なフェラ」を味わえる。舐め舐め濃厚フェラだけでなくじゅぽじゅぽ激しいフェラをいつでも自宅でしてもらえる環境を所有できる。オナホール業界でやっとフェラしてもらえる。

「生フェラがオナホでも体験できる時代になった!」

生フェラ体験は人間と風俗の特権ではなくなった。人間業界と風俗店業界とオナホ業界の3つの世界で共通した箇所が多々ある『フェラ』を体験できる。そうして、2018年にやっとオナホールだけで「フェラされたい欲」を完結できるようになった。

物静かなフェラ感で妥協する時代は終わった!
これだ、これだ!この雄々しい激しさだ!
この躍動感溢れるフェラ時代、
ついに訪れた!

ナビ《クリスマスに性の悩みを完結できる。》
✓フェラされたい欲 ✓セックスしたい欲 ✓楽しく過ごしたい欲
【ピストン使う。】性家電『NLSピストン』でじゅぽじゅぽフェラ欲を解決できる。
【サイクロン使う。】性家電『A10サイクロンSAプラス』でレロレロフェラ欲を解決できる。
【ぷにミラDX使う。】ラブドール『ぷにあなミラクルDX』で生おっぱい揉みながらセックスしたい欲を解決できる。
【DB観る。】アニメ『ドラゴンボール超』をビデオ屋で借りて観るとクリスマスもクリスマス後も勇気を出して楽しく過ごせる。