Q「NLSピストンとA10サイクロンSAプラスは2本買っても重複しない?」

A.【しない。】それぞれ動き感触が違ったので重複しない。

「NLSピストンとA10サイクロンSAプラスで迷う。”2本買った後に結局この1本だけで良かった”なんてことにならないだろうか、挿入感や間食が重複しないだろうか、競合しないだろうか…」といった不安は無用であった。重複しなかった。自分へのご褒美として自分クリスマスプレゼントにも2本セットでお勧めとなる。

NLSピストンとA10サイクロンSAプラスは重複しない

じゅぽれるが舐めれない|NLSピストン

NLSピストンはじゅぽじゅぽフェラを体験できる。しかし、舐め舐めフェラは体験できない。

じゅぽれないが舐めれる|A10サイクロンSAプラス

A10サイクロンSAプラスは舐め舐めフェラを体験できる。しかし、じゅぽじゅぽフェラは自力で上下に動かしても体験できない。

お互いに補完し合う

NLSピストンとA10サイクロンSAプラスがお互い補い合うようにフェラを網羅的に体験できる。そのため両方買うと“フェラされたい欲”を完結できる。

妄想感無く補い合う

「不足分を想像で補って妥協で我慢する!」といったメッキの剥がれやすいゴリ押し感ではなく、堅実的に科学根拠気分的にメッキ剥がれ感なくフルに満たせる。2本で補い合うようにフルで満たせる。

「理想はその2本が合体した物…」

理想は“2本で1つ”ではなく「NLSピストンやA10ピストンSAとA10サイクロンSAプラスが合体して一本になった性家電」が理想ではあるが現時点ではそれが存在しない。現時点では「性の悩みに振り回されない日常を得る」にはこの2本が必要になる。


NLSピストン

じゅぽじゅぽフェラを体験できる

NLSピストンは他の電動オナホールと違ってじゅぽじゅぽフェラされている感触と感覚であった。

★ヘドバンフェラ感

目をつむるとその球体が人間の頭部に投影されてあたかも「ヘドバンしながら激しいフェラをしてきている」といった感覚になる。股間で運動会が開かれる。股間が賑やかになる。

★「あぁ…椅子フェラされてる…」

さらにペニスで感じる動き感は人間の動き感をモロに感じられた。“単調に上下に動くシステマチックで工学的な動き”ではなく、円を描くようにペニスをなぞってきた。これがあたかも「椅子に座っているときに相手が床にしゃがんで激しいフェラをしてきている!」といった感覚に陥るのが毎回感動する。これがたまらない。目をつむると目の裏に焼き付くような感覚にさえなる。

★「ペニスで直に生身の人間を感じる…」

さらに“動き感”だけでなく”挿入感”も「ザ・人間」であった。人間に舐められている感触であった。ペニスで直に人間の舌を感じる。舌に力を挿れて肉棒を舐め擦る感触がある。これに驚く。“風俗のつなぎ的な存在”ではなかった。

ちなみに以下のA10サイクロンSA +PLUS(プラス)を買った際に付いてくる専用ホールをこのNLSピストンにも互換使用できてしまう。

≫ 『「NLSピストン、まさかA10サイクロンSAの専用ホールが使えるのでは…」


A10サイクロンSA +PLUS(プラス)

舐め舐めフェラを体験できる

NLSピストンは他の電動オナホールと違って舐め舐めフェラされている感触と感覚であった。

★舐め舐め濃厚フェラ感

目をつむると、肉棒と亀頭を同時に舐め舐めしてくるフェラに一致する。「どれほど近いのか」検証すべく、風俗店でプロの熟女風俗嬢の方のフェラで検証したところ一致感があって驚いた。

亀頭と肉棒を味わい尽くさんと言わんばかりにベロベロと濃厚に舐め食べてきて、アイスを舐め取るようなイメージの舌摩擦感でさらに痴女感を感じ、速度を上げるとあっという間にイキそうになる。

★「人間にレロレロ舐められてる…」

ペニスで感じる動き感にギコギコ感がなく、人間を感じる。「人間にレロレロ舐められてる…」と感じる。舌の存在を感じる。「ただ回転させてみました。」といった機能ではない。人間を感じるように「ロボットに舐められているといった感覚に切り替わらないように」その人間味のゾーンにガッチリとどまった繊細な領域状態で器用に動いてくれる。これはなかなかできない技術であり価値が高い。

★「ペニスで人肌、そして人間の存在を肉体的に感じる…」

ペニスで直に人間を感じる。人肌を感じる。肉体的に人間だと認知してしまう感覚がある。機械ではなく生物学的な存在がペニスに触れている感触が直にする。そして動き感で人間を感じるので「この生物はいったい何なのだろう…」と目をつむると「人間だ!」と一致してしまう。これが恐ろしい。

人間の動き感と人間の舐め感を直に感じられる。この妙技は性家電の得意技である。なぜ正体は電動オナホなのに電動オナホではなく“性家電”と言うのか、というとこの「人間のゾーン」に踏み込んだ上位機種だからと言っても過言ではない。


性家電の同類商品と競合しない

性家電には同類商品としてA10サイクロンSAプラスとNLSピストンとA10ピストンSAがある。しかし、そのどれも重複する機能はあってもそれぞれ味わえる醍醐味があるので、それぞれが必要に感じる。競合しない。3つ持っていても「どれか処分したい」といった感覚にさいなまれることは起きない。

「どちらか処分」といった感覚が起きない。どちらも必要に感じる。

「必要ないものは冷酷に処分する」といった冷酷非情な価値観において考慮した場合でも、この両機種は2つ必要だった。A10サイクロンSAプラスは舐め舐めレロレロ濃厚まったりフェラをガッツリと担当してくれる。この「濃厚まったりレロレロ舐め感」をNLSピストンでは体験できない。

しかし、一方でNLSピストンはそのA10サイクロンSAプラスでは体験できない『動物的な激しさ』をガッツリと味わえる。運動会が股間で開かれる。激しい激しい運動が股間で繰り広げられる。数センチをスコスコ動くだけのしんみりした電動オナホではなく「パーティー!?お祭り!?」と言わんばかりに電動オナホの中では大きいストロークで動く、強トルクで力強く動く。

A10サイクロンSAプラスは『理性でコントロールされたお淑やかな激しさ』を味わえる。濃厚まったり感を味わえる。NLSピストンは『快楽に溺れて理性が飛んだ猛獣かのような激しさ』を味わえる。

そして日常的に「今日はまったり」「今日は激しく」といった趣向にマッチできるので2本有ることで繊細なレベルで性の悩みを満たせる。

A10ピストンSAとNLSピストンは競合しない

NLSピストンはその筐体の球体箇所が人間の頭部に錯覚してしまう魅力がある。このおかげで「股間でヘドバンしながら激しくフェラしてきている」といった体験ができる。

A10ピストンSAはA10サイクロンSA同様にシュッとした筒状で球体個所がない。そのため、この「ヘドバンメタルの激しい野生感」を体験したいと思ったときにNLSピストンがその欲求を繊細に満たしてくれる。想像で補う必要がない。

そのため、A10ピストンSAがあってもNLSピストンは処分する感覚になることはない。「後にA10ピストンSAを買う予定だけれど競合しないかどうか不安、処分したくならないかどうか不安」といった不安は無用となる。NLSピストンは野獣を味わえる、野獣をペニスで味わえる。

お互いに存在価値がある。お互いにそれぞれが担えない役割を協力し合うように担い合ってくれる。

ナビ《クリスマスに性の悩みを完結できる。》
✓フェラされたい欲 ✓セックスしたい欲 ✓楽しく過ごしたい欲
【ピストン使う。】性家電『NLSピストン』でじゅぽじゅぽフェラ欲を解決できる。
【サイクロン使う。】性家電『A10サイクロンSAプラス』でレロレロフェラ欲を解決できる。
【ぷにミラDX使う。】ラブドール『ぷにあなミラクルDX』で生おっぱい揉みながらセックスしたい欲を解決できる。
【DB観る。】アニメ『ドラゴンボール超』をビデオ屋で借りて観るとクリスマスもクリスマス後も勇気を出して楽しく過ごせる。
【人と接触することなくオナホールとラブドールで性の悩みに振り回される日常を終わらせる方法】
第1章|セックスしたい
■必要だった存在

感覚的なコツ対策「どういった視点でセックスすればいいのか定まらない」
Q&A|セックスしたい
第2章|フェラされたい
■必要だった存在|フェラされたい欲

家庭事情対策「フェラされたいが身内バレが不安で買えない」
節約や代替事情「電動オナホは高いので一般の安いオナホ数個で後は脳内補完で代替して節約したい」
第3章|エロから美術へ
■必要だった存在|エロから美術へのバトンタッチ

共通
Q&A|共通
第4章|卒業確認
性的な視点だけでなく美術的な視点でも楽しめるかどうかを確認する
■メリット
  • 0. 人と接触せずにオナホールとラブドールだけで性の悩みを終わらせられる
  • 0. 妄想やバイアスによる自己説得ではなくシラフで終わる
  • 1. オナホールを次々に買うループにハマらない
  • 2. ラブドールを次々に買うループにハマらない
  • 3. 性の悩み依存から費用をより掛けずに卒業できる
  • 4. 性の悩み依存から卒業することで“必要だと感じたときにだけ買う”という良好な共存状態に至れる
  • 5. より早く性の悩みを終わらせられる
  • 6. “性欲”から卒業できたと言えども拒絶したり排他せず今度は美術鑑賞に利用できる