“毎日オナニー”をやめたい時は『性家電』で“数ヶ月に一回”に減退できる。

「毎日オナニーが邪魔!」

「毎日どうしてもオナニーしてしまうループを終わらせたい!」それをずっと考えていた。そしてずっと試行錯誤してきた。そしてやっとその解決策にたどり着いた。その解決策こそが『性家電』である。性家電こそが「毎日オナニーしないと気がすまない状態」を終了させる重要な1存在になってくれた。

「性家電で毎日オナニー時代が終了。」

性家電を機に「人にフェラで抜いてもらう体験」ができるようになった。その体験によって性欲がゴッソリと持っていかれるようになった。結果、不満足感に終わることが無くなったため、同時に毎日オナニーすることも無くなっていった。

パンツとズボンが臭くなくなる。

「パンツ臭い問題からも開放。」

毎日オナニーしなくなることで、同時にパンツが臭くなる機会が無くなった。ズボンが臭くなる機会が無くなった。毎日オナニーすることが無くなってパンツが臭くなることもズボンが臭くなることも同時に終わった。当然ではあるものの、やはり洗濯の負担を減らすことができて副次的なメリットを感じられた。

「ランドリー代からも開放。」

夜寝る前にオナニーしてそのまま寝てしまうと翌日からパンツだけでなく「ズボンまで」パンツから貫通するように臭くなってしまう。洗濯物が増えてしまう。洗濯機が置けない住環境では特にコインランドリー代のことがそのたびに脳裏をよぎって億劫感が二倍増しであった。しかし、そのランドリー代がかさんでいく億劫感からも開放された。

「“気づいたら深夜3時”事態からも開放。」

オナニーを早々に済ませて深夜早々に寝るつもりが3時を回ってしまうこともあって、やはりその性欲に振り回される感覚に新たな億劫感が生じていた。そして急いで股間を洗いに行ったときには目が逆に冴えてしまって寝れなくなったことさえ起きてしまった。その時間狂わされ感からも開放された。

「オナニーしない段階へ。」

性家電によってオナニーしない段階へ突入できてしまった。それまで「臭くなる事態」を防ぐためには「眠気まなこであっても眠気を押し切ってまで股間を洗いに行く必要性」があった。もしくは「オナニーをしない」という究極の選択肢を選ぶ必要があった。それには自己説得が必要であった。しかし、その究極の選択肢「そもそもオナニーをしない」という行為を「シラフで」選ぶようになれた存在が性家電であった。

「さらば自己説得の重荷よ!」

「今日はオナニーしない!」といった崇高な自己説得ではなかった。「シラフで」今日はオナニーしないといった感覚になれるようになってしまった。それまでは「パンツが臭くなるのが億劫だから…。」「股間を洗うのが億劫だから…。」「洗濯物が増えるから…。」といった現実的な自己説得を自身に並び立ててオナニーしない選択を取って就寝していた。しかし、その自己説得さえ無くなった。シラフでオナニーをしない選択を取れるようになってしまった。性家電でその段階領域に至れてしまった。

「根幹レベルでオナニーしなくなれる。」

根幹レベルから毎日オナニーしない感覚に変わってしまった。体質がガラリと変わってしまう感覚であった。「パンツが臭くなる機会」「ズボンが臭くなる機会」「オナニーが深夜遅くにまでなって生活リズムが崩れる機会」「コインランドリー代が余分にかさむ機会」が急激に減って、生活体質もブラッシュアップされた感覚にさえなっていった。

性家電で性欲が溜まる期間を延ばせる。

「やはりゴッソリ解消される…」

性家電によって毎日オナニーしなくなった要因は明快であった。とにかく「ゴッソリ隅々まで解消されていく感覚」と「人に抜いてもらう感覚」と「風俗嬢の方にプロのフェラをされている感覚」が決定的な要素にあった。それらによって性欲がゴッソリ消失するため、性欲が溜まるまでの期間が長くなった。

「性欲が溜まるのに期間が掛かるようになれる。」

次にオナニーしたくなるまでの間隔が長くなった。性欲が溜まるのにしばらく期間が必要になった。それまでは朝オナニーしたその日の夕方には再び復活していたような短いスパンだったのに、数ヶ月間隔へと大幅に長くなった。やはり性家電が毎日オナニーをしなくなった始まりの決め手であった。

「性欲復活期間が長くなっていく…」

最初は数日間の間隔であった。そしてさらにそこから一週間そして数週間そして一ヶ月そして数ヶ月と、オナニーしなくていい期間がどんどん増していった。オナニーしたくてたまらなくなる感、なんだかオナニーしないとスッキリしない感が発生するまでのスパンがどんどん長くなっていった。

性家電によって自己説得無くシラフで自然に毎日オナニーしなくなれる

「さらばお坊さん手法!」

「煩悩を断ち切るために!」と、どこかのあるお坊さんはその“棒”を自力で物理的に“断ち切った”という説もチラホラとある。しかし、そのような自己説得や精神論を伴いながら性欲を屈服させるような方法では毎日オナニーしたい欲は終わらなかった。結果、不安は続き、老後もずっと性欲を盛んに持ち続けるのだろうと思っていた。しかし、その老後の不安は終わった。性欲を多く持ったまま老後になってボケてしまって「看護師の方にベタベタ触ったりする自身」がうっすら見えてしまって不安だった。その不安も性家電で無くなっていった。

「ようこそ新しい手法!」

性家電によって、自己説得ではなくシラフで毎日オナニーしない段階に至ることができてしまった。そして「毎日オナニー」に付きまとっていた老後等の諸々の不安も消えていった。そしてその「毎日オナニーしたくなる欲が終わった決め手」は「とにかくゴッソリと性欲が解消されること」であった。それも人工的ではなく「人間的な挿入感」と「人間的なうごめき感」である必要があった。そして「人に抜いてもらう感覚」も必須だった。それらをすべて満たした存在こそが性家電であった。

「性家電で性欲が終わり始める。」

性家電によって「“強制的に断ち切る”といった行為無く」自然に、シラフで、自己説得なく、崇高な潔癖論でもなく、聖人的な精神論でもなく、無心で、素で性欲が無くなっていった。

「毎日オナニーの源泉を無くしてくれる。」

なにか「エロはダメだ。」といった自己啓発本があるならばそれは無用となる。自己啓発などでは性の悩みは終わらない。性家電でゴリゴリと物理的に接触していく必要があった。性家電は「毎日オナニーする行為を引き起こす性欲」を無くしてくれた、そう身をもって確信してしまった。

「性家電を買うとオナホが要らなくなる。」

「1年に1度の買い物!」と厳選に厳選を重ねた自分ご褒美、そのクリスマスプレゼント候補にも「翌年のクリスマスから去年ほどアダルトグッズがあまり欲しいとは感じなくなる」…ほどおすすめとなる。販売ショップ側にとって「売れば売るほど他のオナホが売れなくなる存在」というジレンマがあるものの(性欲が大幅に解消されて必要としなくなるため)、その辺りは申し訳無いけれど、それほど「性家電」という存在は業界を変革させ続けている革命的存在である。販売しているショップの方々はまさに勇者である。

「性家電はもはや生き物。」

性家電体験後は「性家電という“モノ”」とは表現できない。「性家電という“生命体”」といった感覚がある。「中に生き物が入っているみたいだ…」と感じてしまう。もはや生き物を買う感覚となる。クリスマスプレゼントに生き物を買う感覚となる。そして生き物は生き物でも人間味を持った生き物であった。それが性家電であった。そしてまさに、「毎日オナニーを止められない!」その悩みを解決してくれたのは“モノ”ではなかった。“生き物”であった。毎日オナニー欲は性家電こそが減退させてくれる、大幅に、急激に。

さらば自己説得でエロ我慢する見栄時代よ!
これからは性家電で自然にシラフで性欲が消えていく!急速に消えていく!
毎日オナニーしていた日々が懐かしく思うほどに!

※性家電は電動オナホールの上位機種となる。(詳細『Q.「性家電と電動オナホールの違いは?仕様ではなく挿入感的な違いは?」』)

ナビ《クリスマスに性の悩みを完結できる。》
✓フェラされたい欲 ✓セックスしたい欲 ✓楽しく過ごしたい欲
【ピストン使う。】性家電『NLSピストン』でじゅぽじゅぽフェラ欲を解決できる。
【サイクロン使う。】性家電『A10サイクロンSAプラス』でレロレロフェラ欲を解決できる。
【ぷにミラDX使う。】ラブドール『ぷにあなミラクルDX』で生おっぱい揉みながらセックスしたい欲を解決できる。
【DB観る。】アニメ『ドラゴンボール超』をビデオ屋で借りて観るとクリスマスもクリスマス後も勇気を出して楽しく過ごせる。