「自分で意図して動かす感が伝わらない」のが欲しい場合は“性家電”が最適

「自分へのご褒美!」

今年のクリスマスプレゼントにオナホールを買うにあたって「少し高級ランクの“自分で意図して動かしている感”が無いオナホールが欲しい!」といった際は性家電となる。その欲求をダイレクトに満たせるのは電動オナホールの上位機種“性家電”が最適でオススメとなる。

意図感が伝わらないオナホは性家電であった。

「生理的なレベルで…」

「自分が動かしている」といった意図感がペニスに生理的なレベルでも伝わってこなかったオナホールは“性家電”であった。

「“自慰”はしたくないんだ…!」

ハンドオナホールの場合は自分が動かしている感じがペニスに直に伝わってしまう。また、握った時の一本一本の指の感じも肉壁を通して伝わってくる。そのため「オナニー」や「自慰」といったゾーンであった。しかし…

「性家電は“オーラルセックス”」

電動オナホールの上位機種である性家電は「自慰」では無かった。「相手が意思を持ってペニスを口擦りしてくる」といった感覚ゾーンであった。すなわち「風俗で風俗嬢の方にフェラされている」といったシーンを体験できてしまった。一方的ではなく愛して欲してくるフェラ感であった。まさに、“オーラルセックス”に属していた。

「妄想で補う時代は終わった…!」

大型オナホールであってもそのゾーンに至るには想像で補う必要があった。あたかも相手にしてもらっていると青筋立てながら必死に妄想する必要があった。しかし、性家電ではそれが不要になった。シラフで「相手にしてもらっている感覚」になってしまった。“オナホール=自慰”といった従来の時代に革命が起こった瞬間であった。

操作時は自分動かし感が意外に少ない

「問題は操作時…」

問題は「操作時」であった。操作時にその“自分で意図して動かしている感”が感覚に内在しているのかが重要…そして性家電は残念ながら1割ほど内在していた。しかし…

「操作時でさえも意図感が少ない…」

その操作ボタンを押した直後から0.5秒後辺りからは「相手が動きを変えた感」がある。直後は自分で意図して動かしている感がある。しかし、直後の後すなわち0.5秒後ぐらい後では自分で動かしている感がない。その技術力に感動してしまった。すなわち「操作時であっても自分で意図して動かしている感が少なかった」のである。

「動きそのものが生物的なおかげで…」

理由は「動きを変えるときに動作感が有機的、生物的」だからこそ「ガクッガクッ」と動作を変更してきていかにも自分で動作パターンを変更しました感ではなく「にゅぅんにゅぅん」と変わる。まるで「動作を変えて!」と「中に入っている生物に指示して、その生物がそのとおりに動かし始めている」といった妄想がガッチリ似合った動きだった。

生物的な動きなので操作した時に意図感が無い

「一般電動オナホとの違いは総合的生物感」

性家電が他の電動オナホールと違う点は明白になっている。それは「動き感が生物的であること」である。これが違う点であった。これが価格の違いと言っても過言ではない。このロボ感から生き物感に変えるのに相当な技術力が必要になる。だからこそ高い。

「結局、どっちがいいの?」

そしてまさに「(自分で意図して動かしている感がないほうが欲しい場合において)電動オナホールと性家電はどちらがいいのか」といった疑問も自然に晴れていく。

「性家電が生物的でイイ。」

答えは性家電である。性家電は一般的な電動オナホールと違って、機構レベルの動き感、そして肝心の挿入感も、そして動作変更時の動き感も、すべて生物的な動きになっている。生物的な挿入感になっている。これが高い理由でもある。値段の差は「ロボか生き物か」になっている。

「性家電は生き物だ!」

“生き物”のほうである“性家電”こそが、自分で動かしている感を感じず、相手に(口で)抜いてもらっている体験を露骨にシラフで体験できる。今の性家電にもはや「想像で補う」といった先人たちがしていたことはもう不要となっている。想像体験ではない、幻想体験ではない、シラフである。シラフで「人という生き物に抜いてもらっている体験」ができてしまう、オナホールによって、そして“性家電”によって。

さらばモノを買う時代よ!
これからは生き物を買う時代だ!

ナビ《クリスマスに性の悩みを完結できる。》
✓フェラされたい欲 ✓セックスしたい欲 ✓楽しく過ごしたい欲
【ピストン使う。】性家電『NLSピストン』でじゅぽじゅぽフェラ欲を解決できる。
【サイクロン使う。】性家電『A10サイクロンSAプラス』でレロレロフェラ欲を解決できる。
【ぷにミラDX使う。】ラブドール『ぷにあなミラクルDX』で生おっぱい揉みながらセックスしたい欲を解決できる。
【DB観る。】アニメ『ドラゴンボール超』をビデオ屋で借りて観るとクリスマスもクリスマス後も勇気を出して楽しく過ごせる。