寒部屋でも「電気毛布」を正座した脚に挟むと快適にオナニーできる

冬にポカポカしながらもなおかつ暖房費をより下げることができた暖房器具は遠赤外線ヒーターでもなく、灯油ストーブでもなく、ガスストーブでもなく、ドッペルギャンガーのキャンプ服でもなく、電気ヒーターでもなく「電気毛布」であった。クリスマスが近づいてきても快適なオナニーに重宝する。

遠赤外線ヒーターは電気代が跳ね上がる

「電気代…」

遠赤外線ヒーターは電気代が跳ね上がってしまった。灯油ストーブは換気が必要で面倒。ガスヒーターもガス代が跳ね上がってしまう。

「1時間1円で済む」

しかし、“いたる所に裸像があってエロを試される大地”である北海道札幌であっても「電気毛布がベスト」であった。たとえ電気毛布の「強」を24時間つけっぱなしにしても電気代を1日24円(1時間1円)に抑えることができてしまう。

「電気毛布」を正座の脚に挟むと節約&ポカポカできる

「羽織っても寒い…」

ただ、電気毛布を「羽織っても」やはり暖房が欲しくなってくる。しかし、試行錯誤しているうちについに発見した。

「正座挟みで暖かい!」

電気毛布を前からかぶるのではなく、背中に掛けながらそして「正座したその脚と脚の間に電気毛布を挟むことで」“冷気を前面で感じながら”もなんとカラダの中心からポカポカさせることができてしまった。

「遠赤外線ヒーター感…」

「これは…遠赤外線ヒーターで温まってるときと同じ感覚がある…」といった感覚に度々遭遇して感動が走った。

自身が暖房器具のような感覚になれる

「我は暖房なり!」

自分で発熱しているような感覚になる。「我こそが暖房なり!」「この赤く燃える姿、我こそがスーパーサイヤ人ゴッドなり!」と言わんばかりに発熱できてしまった。スーパーサイヤ人ゴッドが出てくる『ドラゴンボール超』を観ながらちょうどそのサイヤ人の発熱体のような感覚にもなれる電気毛布で身も心も高まっていく。

オナニーに集中できる

「オナニーにポカポカは必須」

そしてこの状態こそがオナニーに必須の環境であるポカポカした環境を維持しながら、なおかつ非常に節約しながら、快感に集中してオナニーができるという方法の1つ、ということに行き着いた。

「出しながらでも快適」

そのままパンツを少しずらしてペニスを出しても寒くない、不思議と寒くない。これに驚く。そして終始快感に集中してオナニーを終えられる。

“試される大地”北海道で節約したい場合も電気毛布

「北海道では暖房費が怖い…」

「北海道は備え付きのヒーターがあって常に温かい」と言われている。しかし、現実はその背後にビックリするくらいの暖房費が掛かっている。そのめ、実際は現地では正直できる限りつけたくない。ガス代が跳ね上がってしまう。そのため、水道管が凍結しだす時期「気温が日常的にマイナス3度になる時期まで」備え付きのヒーターは使いたくなれない。

「遠赤外線ヒーターも電気代が…」

かといって遠赤外線ヒーターを点けると電気代が跳ね上がってしまう。そんなときに現地で重宝したのが電気毛布であった。電気毛布の「強」である。ダイヤルを真ん中ではなくテッペンまで上げる。テッペン上げてもそのまま万が一24時間つけっぱなしにしてしまっても1日24円で電気代を抑えられる。電気代を一時間1円に抑えられる。

極寒の地でも電気毛布が重宝する

「寒冷地でも電気毛布!」

「極寒の地でも電気毛布が重宝」した。試される大地に足を踏み入れる前は「北海道は電気毛布は役立たず」と思っていたものの実際は違った。なんと現役バリバリに重宝してしまった。必須と化した。必携と化した。やはり「電気毛布は日本どこでも重宝する」といっても過言ではない。電気毛布は日本一周旅でも必携の暖房器具となる。

「甘くてみていた…」

電気毛布を甘くみていた自身がいた。しかし、それは誤ちであった。電気毛布は寒さを試される大地でも通用できるほど万能であり、存在自体が節約家であり、温もり感の割にはとんでもなく節約できる代物であった。

「オナニーしたいが暖房つけたくない、節約したい。しかし…」

「オナニーしたいが寒い!」

「オナニーしたいが暖房をガンガンに炊くのはイヤ、そこまでしてオナニーしたくない。しかし、モンモンが続く。かといってオナニーするときだけ暖房を強めることもしたくない。暖房費がかさむため…」といった際は電気毛布が助けてくれる。

正座の体勢で「お尻とふくらはぎとの間に電気毛布を挟む」と自身が発熱体と言わんばかりに暖まる

「コツは正座」

コツは電気毛布を羽織るのではなく「正座で挟む」と「自身が発熱体」になるような感覚になれる。ふくらはぎとお尻の間に電気毛布を挟む。ふくらはぎの上に電気毛布を置いてそのまま座る。結果、カラダの表面に部屋の冷気が当たってきても「意外に」自身が発熱体なポカポカ状態で居続けられる。椅子ならば椅子の上に正座で座るとさらに暖まる。

「暖房費節約オナニー!」

まるで熱した棒に水を落としたら一気に蒸発していくような感覚で意外に平気になれる。節約できる。暖房費を大幅に節約しながらオナニーができる。快適にオナニーができる。寒さで快感が阻害されることなく集中してオナニーができる。

オナニーは電気毛布が役立ってくれる

「さらば電気代食いマシーン!」

寒い季節に暖房費を節約しながらオナニーする方法は「正座しながら電気毛布を脚挟み」となる。クリスマスが近くなってきて段々オナニーがしたくなってくる時期、そんなときに危うく「電気代食いマシーン」である遠赤外線ヒーターなどに手をのばすことなく、電気毛布で節約しながら「これは…同等感がたびたびある!」な暖かさをもたらしてくれる。

「ありがとう電気毛布!」

そして快適にオナニーをさせてくれる。電気毛布が快適なオナニー環境の重要な一助となってくれる。

「冬のオナニー」は「電気毛布」が
快適にしてくれる!
なんと「大節約しながら」
快適にしてくれる!

ナビ《クリスマスに性の悩みを完結できる。》
✓フェラされたい欲 ✓セックスしたい欲 ✓楽しく過ごしたい欲
【ピストン使う。】性家電『NLSピストン』でじゅぽじゅぽフェラ欲を解決できる。
【サイクロン使う。】性家電『A10サイクロンSAプラス』でレロレロフェラ欲を解決できる。
【ぷにミラDX使う。】ラブドール『ぷにあなミラクルDX』で生おっぱい揉みながらセックスしたい欲を解決できる。
【DB観る。】アニメ『ドラゴンボール超』をビデオ屋で借りて観るとクリスマスもクリスマス後も勇気を出して楽しく過ごせる。