“鍵付き収納ソファー”を付けるべきか迷う→ソファー付きを選んで下さい

ドールのお別れの時

「鍵付き収納ソファー無し」で迎え入れた場合、お別れの時に段ボールに入れてお別れしなければなりません。しかし、いざお別れの時に思ってしまいます。「鍵付き収納ソファー有り版ならばこんなに大変な梱包作業しなくて済む…」と。そして結論にたどり着きます。「ドールに鍵付き収納ソファーは必須」だと。購入時にオプションに鍵付き収納ソファーが有れば「必ずチェックを入れるべき付属品」だと。そしてすでに付属していればそれは「この業者の方、お別れの時もぐぅ分かってる」セットだと。「鍵付き収納ソファーさえ無ければもっと安くなるのに…」はお別れ時に大変な苦労が伴います。ドールに収納ソファーはもはや必須です。

お別れ時にソファーが非常に役立つ

長年の経験においても必須レベルの付属品なので最近はすでに付属された状態で提供するスタイルも多い(例:『ハーフ美少女 カレンver.2』)

例えばNLSで中身6YEdollの『ハーフ美少女 カレンver.2』を購入するという際に「鍵付き収納ソファーさえ付属してなければもっと安く買えるのに…」そう思ってしまうかもしれません。しかし、その感覚が逆転した瞬間があります。それは「お別れの時」です。鍵付き収納ソファーさえあれば事〇等で「重い物が持てなくなった」「セ◯クスが物理的にできなくなった」等の諸事情が生じても万が一のお別れの時も「最も負担無く」そして「最も気持ち良く」お別れできます。

============

1. 発送時に段ボールを組み立てずに済む

ドールが入っていた”ドール用”段ボール

頑丈なソファーが段ボール代わりになる

万が一のお別れの時に発送するにあたって、梱包するための段ボールを出して組み立て戻す必要があります。ドール用の段ボールは分厚くてとても重いです。

また、運搬中にぶちまけないように新たに新品の頑丈なガムテープを100円ショップではなく本格的なガムテープをスーパー等で買ってきてガチガチに貼る必要があります。梱包箱を組み立てるだけでも大変な作業量になります。

収納ソファーならば上記の負担の大きい作業が無くなります。また「いざお別れの時にドールの段ボールを取り出したら湿気やカビ等で劣化していて”運搬に耐えられない状態”になっていた」という問題も無くなります。

ドールの鍵付き収納ソファーはガワがしっかりしているので「キャリーケースに伝票を直貼りして発送できる」のと同じように、ドールソファーにもそのまま伝票を直貼りして発送することもできます。

============

2. 緩衝材を処分できて部屋を占有されずに済む

ドールの段ボールと緩衝材等は大量のスペースを取る

部屋が”家具”のみでスッキリする

通常の段ボール版で発送されると大量の緩衝材と大量のスペースを取る長物の緩衝材が付いてきます。段ボールの場合はそれらの緩衝材もお別れの時のために「ずっと押入れにしまい込んでおく」必要があります。

収納ソファーならば緩衝材を処分できます。緩衝材は家具になってくれません。しかし、ソファーは家具になってくれます。ソファーが頑丈な段ボール代わりになってくれるので、お別れ時に適当な量の緩衝材を新たに通販等で入手して詰めれば楽かつ気持ち良くお別れできます。

============

3. 品名に困らずに済む

段ボールだと「立てかけた時に」ドールだとうっすら分かってしまう

“室内用ベンチ”や”筋トレベンチ”で出せる

段ボールだといくら“ソファー”だと書いても抱えた時に段ボールの中が運搬中にイゴイゴ動いたり、段ボールを抱えた時に「“ヒトの形がうっすら分かってしまう”段ボールの潰れ具合」が起こったり、配達員の人がソファーのノリで立て掛けるとソファーではないような段ボールの盛り上がり具合(ドールのお尻がダンボールを圧迫してそこだけ盛り上がっているため)配達員側もドールだとうっすら分かります。

しかし、ベンチならばカモフラージュできます。例えば公園の公共用ベンチは74kgぐらいあるので、収納ソファーとドールを合わせた重量感はその品名に違和感なく出せます。

発送先を見るとドール業者だと分かってしまいますが「“ドール業者がオフィス用にオークションで個人からベンチを買った”という体」で気持ち良く発送できます。

発送先さえ正確であれば発送元名が少しカモフラージュ的に付け加えて発送元名を「胸肉太郎(ヤフオク)」等で出しても届きます。そのため、収納ソファーならば品名関連のプライバシーをおびやかされることなく気持ち良く発送できます。「品名:ベンチ」の他にも「品名:筋トレベンチ」でも発送する選択肢が得られます。

============

4. ガスの法定点検の時に助かる

段ボールで迎え入れると「人を部屋に入れる機会」に場所移動等の労力が伴う

人を比較的すぐに部屋に入れることができる

「会う時は外で」というスタイルの方でも必ず人を入れなけれなならない機会の1つに「ガス業者の法定点検」や「光回線の工事」や「救急の時」があります。ご家族等が来られるという方の場合でも普段からソファー収納スタイルにすることで突然の来訪でも何事もなく部屋にいれることができます。

ソファーなしで注文した場合はドールの場所に困ります。ガスの場合、その件で法定点検が億劫すぎる問題が生じます。

しかし、ソファーがあれば万が一の時はソファーに入れてそしてソファーの上にシーツ等を被せて“ドールのソファー”だとさえも分からないようにできるうえに、すぐに人を呼べます。

5. 40kg以上なので二人来るので楽に発送できる

お別れの時は段ボールよりも鍵付き収納ソファーのほうが圧倒的に「お互いに」気持ち良くお別れできる

ベンチのような大きくかつ30kg以上の重量物はヤマト運輸の宅急便ではなく、ヤマト便で送ることになります。ヤマト便はヤマト便でも「40kg以上レベル」かつ「巨大な大きさ」になってくると「二人の配達員の方々」が集荷に来ます。

宅急便でもヤマト便でも30kg以内などでは一人の配達員の方のみが担当するので「重すぎて露骨に嫌そうな雰囲気を醸し出されたり」「ため息を出されたり」とにかく気持ち良く発送することができない現実に直面します。

収納ソファーならばドールと合計で40kg以上になることが多いので二人配達員体制になります。二人体制になると「ホイッ!ホイッ!ありがとうございました!」といった感じに「やった!今回は二人で凄いラク!」な感じが配達員の方々からモロに伝わってきて「お互いに」気持ち良くお別れができます。

そのため、鍵付き収納ソファーは必須です。

関連するマニュアルページ