「オナホをAmazonで買うかNLSで買うか迷う…」はNLSで終わる

NLSで買うと日常が楽しく変わる

NLSで買うと処分が楽になる。電動オナホも性家電も大型オナホールも送るだけで処分してくれる。また、ポイント払いでタダで買える機会もたびたび遭遇し、今まで手をつけなかったアナニーやチクニーなどの未開拓グッズにも気軽に手を出せるようになった。そして何よりもNLSはあったかい会社で、触れ続けていると気分が和む。自分クリスマスプレゼント等にアダルトグッズを初めて買うことを予定する場合もNLSによって多角的に新たな日常が始まる。

“うちで買ってくれてありがとう”な処分もしてくれる

「他のも処分してくれるなんて…」

NLSで買うと処分してくれる。そして、Amazonや他のアダルトグッズショップで買ったものも処分してくれる寛容さがある。しかし、「NLSで買わずに他店で買ったものを処分のためだけにNLSを利用する」というのは申し訳ない感と倫理的に反する感が伴って気持ち良くなれなかった。

「処分してくれるNLSに絞ろうかな…」

Amazonでオナホールを買おうとした時にふと購入ボタンでカーソルが止まってしまう。主な理由は「NLSならば無償で処分してくれるため」である。現実的な問題がやはりよぎる。それが処分、その問題をクリアさせてくれたのがNLSであった。次第にあちこちで買うのが面倒になった。そうしてオナホールはNLSで買うようになった。

1つの店で買うとスッキリする

「スッキリ!」

「NLSで買い揃える」ことにした結果スッキリになった。処分時も「全部NLSさんで買ったのだ!」と言わんばかりにお互いにWin-Winな感覚で一方的ではあるが満足感がある。

「こ、この溢れ出るWinWin感…!」

一方的ではあるが「お互いに紳士淑女な気持ちの良い気分」な感覚でスッキリといい気分で後始末もできるようになった。また、家計簿の帳簿もスッキリになって二次的なメリットも多々起こった。

最後の処分の不安がなくなる

「処分の不安がない!」

最後の処分の不安が無くなった。オナホールの使用中にふと現実的な処分の問題がよぎって快感に集中できなくなるといったことが無くなった。それまでは「処分するにはこうこうこうやって…」と各所を転々とするプロセスが脳内を駆け巡っていく。面倒だった。

「買うのも処分も同じ場所!」

「購入も処分を一箇所で済ませたい!」そう思っていた。そのときにちょうどその繊細な欲求を満たしてくれたのがNLSであった。

購入とお別れを一箇所にできる

「オールインワン感!」

「あっちとあっちで買ってこっちとこっちとこっちで処分する!」といった効率的で能率的に見えて実際は手数が多くて面倒な後始末になることなく、「スッキリ一本でオールインワンで処分する!」といった現実的に効率を極めた方法にできてしまった。

処分が面倒な電動オナホも楽に処分できる

「正直、電動オナホの自力処分は面倒だった…」

特に「性家電など電動オナホールは正直、自力で処分するのは面倒」なのでNLSで買ってNLSで処分してもらうのが楽だという結論にたびたび至った。燃えないゴミで処分すればいい話だとしてもやはりそれが面倒だった。結果、使わなくなった大昔の電動オナホールがまだ押し入れの中にあるといった状態になりかねなかった。

「これは燃えないゴミなのか」といった問題からゴッソリ開放される

「これはどう捨てれば?…」

NLSは送るだけで済む。これは燃えないゴミなのか、処分シールは貼るのか、処分シールはどこで買うのか、燃えないゴミの日はいつなのか、廃品回収の日はいつなのか、といったチェックやカレンダー周りに触れる手間からゴッソリ開放された。

送るだけで処分が済む

「送るだけで済むとは!」

「性家電も大型オナホールも含めて一箇所で処分したい」といった欲求が叶った。それがNLSだった。処分も楽に済む。申請フォームで商品名を記入するだけで半分は終わったも同然。処分時は申請フォームに商品名を書いて申請してあとはメールでくる指定発送先に送るだけで処分が完了する。もし、老後にもう処分が面倒になったときも、NLSに一括して送るだけで済む。そういった安心感もある。

ポイントがゴリゴリ付く

「ポイントも付きまくる!」

もう1つNLSから離れられない決め手となった要素がある。それがポイントである。NLSピストンを買うとポイントがゴリゴリ付く。特にNLSで買い続けていると会員ランクが上がっていてゴリゴリにポイントが付く。小物を買ってもあまりポイントはつかない。しかし、自分ご褒美にと電動オナホールや大型オナホールを買うとゴッソリ付く。

「付与率が凄まじぃい!」

1%だけ付くなどといったそんなショボい付与率ではなかった。ガッツリ付く。無印良品で体験したことではあるが、収納ケースを複数買ったときにふと会員サイトを見たら「とんでもないポイント数になっている!何かタダで買えるのではなかろうか!」と思って換算した結果「消しゴム一個タダで買えるぐらいだった。」といったがっかり感があった。そういったがっかり感がNLSになかった。実を持ったポイントがゴリゴリ付く。

専用ホールやローションがタダで買える

「ローションがタダで買える…」

ローションがタダで次回に買えてしまうこともあった。専用ホールもゴッソリ割引して買えてしまう。ハンドオナホールも代替使用できなくもないためそれらで試してから落ち着いて専用ホール買うのも手となる。

「ローション単体は買う気が…」

問題はローションが切れたときにローション単体であまり買いたい感覚にならない点だった。できればポイントで買いたい感覚になってしまう。そんなときいによくポイントが重宝する。また、専用ホールを買う際にもこれが重宝した。

普段買わないものをポイントでタダで買える

「ポイントで新しいトビラへ。」

また、普通は買わないようなものも「ポイントがあるのでポイントで買って見ようかな」といった感覚にもなった。「これが新しい性癖のトビラを開いた瞬間」でもあった。例えばアナルプラグやコスプレやチクニー等である。

「ん…?ポイント分高いだけでは?」

問題は「結局、ポイント分を引くとAmazonと一緒の価格になるのではないか?ポイントに目がくらんでいるだけだ!」といった現実である。本当にそのとおり、その値段分が安いオナホールもある。しかし、実はNLSのほうが安いオナホールも多々あったのだ。

「安いのは錯覚」感がない

「ヨドバシ系カラクリ…?!」

ヨドバシのように、「ほとんどがアマゾン価格にポイント値引き分が上乗せされた価格がヨドバシです!」では無かった。安いときも高いときもあった。その比率は体感的に五分五分ぐらいだった。いわゆる「どっちもどっち」である。

価格比較する手間が無くなる

「安いのも高いのも両方あった。」

しかし、高いときも安いときもあるという現実に向き合ったときに、「いちいち“自前で価格比較コムする”のが面倒なので、結局、五分五分の割合でNLSが高いときとAmazonが高いときに分かれるという結果を知っているため、わざわざ比較するのが面倒なため、購入から処分までオールインワンでしてくれるNLSですべて買う」という選択に落ち着いた。知恵熱感も消えた。価格比較すると知恵熱が出て疲れる。それが無くなった。

ヨドバシもNLSも新しい体験ができるのが醍醐味

「迷う手間が無い!」

(例:ヨドバシ)例として「ヨドバシ」でわざわざ買う理由は個人的に他にある。それは普通は24回払いまでなのに「60回払い」まで分割できるのだ。パソコンが突然壊れたときも60回払いにすることでダメージは少なくて済んだりしたこともある。また、急にタコ足配線が壊れたときもポイントで半額で手に入ったこともあった。「異常な回数の分割払いだったり、ポイント値引き等で、迷うプロセスが無くなってすぐ体験できる」といった新体験ができるようになった。

ヤマダ電機はポイントで今まで買わなかったようなお菓子が買える

「冒険的なお菓子が買える!」

他にはヤマダ電機を選ぶときもある。ヤマダ電機はお菓子売り場などが併設されている場所が時々あり、アマゾンと同じ価格なのにポイントが付いてそのポイントでお菓子がタダで買えてしまうことが多々ある。そのため、ヤマダ電機を選んでしまうときもある。そのときに「今まで自分の趣向では買わなかったようなお菓子を食べられる」という新しい冒険的な体験ができて、その魅力にとりつかれた。そして「お菓子ってこんなに美味しい食べ物なのか!」と発狂混じりにお菓子の美味しさに改めて思い知らされた体験もした。

NLSで「今まで手を付けなかったチクニーグッズ」を買える

「NLSは迷わせない。」

NLSにおいてその付加的なサービス、それが「注文したら当日に発送されること」と「処分もしてくれること」と「日本郵便を選べること」と「再配達になっても郵便局を再配達先に指定して郵便局窓口で受け取れること」と「デカい箱ではなくて商品にフィットして届くこと」と「気づいたらローションが切れていたことに気づいた時にちょうどローション分も送料分もタダで払えるポイントが溜まっていたこと」とそういった繊細な不満をことごとく満たしてくれたのがNLSであった。それらの不満を解消してくれるので購入時に迷うことが無くなった。

「NLSは冒険させてくれる。」

特に大きかったのは「アナニーグッズやチクニーグッズ等、わざわざ払って体験しようとは思わなかった領域のグッズをポイントで買ってタダで体験できること」だった。これは「なんでこんなに気持ち良いものに早く気づかなかったんだ!」といった具合に新しい快感領域を開いてくれた決め手となった。やはり、ヨドバシもヤマダもNLSも、特に「新しい体験ができる」ことが大きかった。なかなか足を踏み入れなかった新しい快感へ冒険させてくれる。

地雷系のアダルトグッズに当たらずに済む

「NLSなら地雷を踏まない。」

また、NLSで並ぶオナホールは「ある程度厳選されたオナホール」である点である。地雷が少ない。Amazonは地雷系もすべて網羅されている。しかし、NLSは「最初にNLSが標準以上の水準かどうかという査定のもとに取り扱いするかどうか」が決まっているので、レビューが無いアダルトグッズでも地雷に当たる確立がとても低い。

忠誠心を考慮しなくてもNLSを選んでしまう感がある

「忠誠心を考慮しなくとも…」

実は昔はここでしか買わない!といった忠誠心っぽい感覚があった。「これはヨドバシでしか買わない!これは楽天でしか買わない!これはイオンでしか買わない!」といった感覚である。しかし、それは続かなかった。

「NLSを選んでしまう。」

そういった経験を踏まえてやはり選んでしまうアダルトグッズショップ店がある。それがNLSであった。現実的にも心情的にも人情的にも信念的にもそれら総合して選んでしまうのがNLSであった。

「なにかと楽。」

また、Amazonで買うと郵便局から持ち帰るときにやたら箱がデカくて辟易したこともあった。しかし、NLSは商品にフィットした大きさで届くので腕や腰に食い込んで来ないのが確実なのでやはり買う時は楽なNLSを選ぶというのもある。

「縛られない。」

Amazonプライムでお急ぎ便で注文した時に、ヤマト運輸で受け取り時間を変更しようにもお急ぎ便限定なのか変更できないこともあり、不便さにさいなまれ結果、「この後ヤマト運輸が来るからトイレも気安くできない…」といった束縛感にさいなまれた結果、NLSで買うようになったという感覚もある。なんだかんだ言って「アダルトグッズはNLSで買うようになった」というのがある。

NLSはあったかい存在だから。

「NLSは横社会型の存在。」

また、実はNLSのスタッフ募集ページを見て驚く。なんとすべての役職が「同じ給与設定」なのだ。これはすなわち縦社会な会社ではなく、横社会なのだ。全員同じ位置にいる「あったかい会社」なのだ。そういった繊細なところでもあったかい存在だということがにじみ出ている。

「NLSはオアシスな存在。」

個人的に日常的に触れる存在はピラミッド型だったり縦社会だったりするギスギスした業者ではなく、横社会のオアシスみたいな業者に触れ続けたいといった感覚がある。

「NLSはあたたかい存在。」

NLSはあたたかい存在だ。人も場所も、お客さんも、NLSが結構好きになりそうなあなたも、暖かい人だ。だからNLSが好きだ。大好きだ。

「NLSが大好きだ。」

NLSで買うと処分が楽になる!
ポイント払いで未開拓グッズにも気軽に手を出せる!
そして何よりもNLSはあったかい!

ナビ《クリスマスに性の悩みを完結できる。》
✓フェラされたい欲 ✓セックスしたい欲 ✓楽しく過ごしたい欲
【ピストン使う。】性家電『NLSピストン』でじゅぽじゅぽフェラ欲を解決できる。
【サイクロン使う。】性家電『A10サイクロンSAプラス』でレロレロフェラ欲を解決できる。
【ぷにミラDX使う。】ラブドール『ぷにあなミラクルDX』で生おっぱい揉みながらセックスしたい欲を解決できる。
【DB観る。】アニメ『ドラゴンボール超』をビデオ屋で借りて観るとクリスマスもクリスマス後も勇気を出して楽しく過ごせる。