騎乗位セックスがより気持ち良いドール選ぶコツは?→太い太ももと爆乳と腹筋とシワです

太い太もも、腹筋造形、股関節と太ももとの間に数本のシワ、そしてGカップ以上の爆乳、これによりはじめて何年も飽きない騎乗位セックスをラブドールにて体験できた。※6YEDOLL

太ももが太い

太ももが太いことによって自身の腰回りへの接地面積が広くなってより濃厚な肉体感を体験できます。太ももが細いもしくは太ももが標準サイズのラブドールの騎乗位は「淡白な騎乗位」で病みつきの騎乗位感は体験できませんでした。

太ももが太いことで“ドールの金属骨格に当たっている感”が減るのでより「太ももに食い込まれている感」、濃厚な肉体感を体験できます。

太ももが太いことで接地面積が広くなり、そして太ももに食い込まれる度が大きくなるので「太ももに食べられている感」を体験できます。「騎乗位でペ○スをグイグイ食べに来てくる肉食女子感」を体験できます。

太い太ももによって1年で飽きずに3年経ってもいまだに飽きない騎乗位セックスを楽しめます。

おっぱいが爆乳

ドールはおっぱいがGカップ以上になると自重で激しく揺れるようになります。騎乗位で激しく下から突いている時、そしてズンズンしている時、DカップやEカップでは体験できなかった激しい揺れを目の前にできます。少し突くだけで揺れるため、より視覚的な興奮を得られます。

ドールのおっぱい内部の構造が詰まっているソリッド型だとしても激しく揺れてくれます。Gカップ以上からはおっぱい自体がかなり重いので揺れてくれます。

Gカップ以上であることが何年も飽きない騎乗位セックスの基本的なサイズであり、ドールを選ぶ際はGカップ以上、HカップならばHカップの方がより気持ちの良い騎乗位セックスを楽しめます。

腹筋造形がある

騎乗位セックス中に腹箇所が必ず視界に入ります。その時に、「腹筋造形がないドール」は飽きが1年で来ました。AVの助けを借りてもしぼんできてしまいます。

一方、「腹筋造形があるドール」は3年経っても全く飽きが来ませんでした。そして今後も飽きない感覚さえあります。人間と同じように「騎乗位セックスに飽きるということ自体が起きない次元」に至るには腹筋造形が必要です。モリモリの腹筋造形こそが騎乗位セックスの気持ち良さにに重要な役割を担ってくれています。

「腹筋造形がないドール」はセックスが気持ち良くない、もしくは1回目は気持ち良くてもだんだん飽きてくる、“モノにしか見えなくなる”、“オナホにしか見えなくなる”という未来が訪れます。

「腹筋造形があるドール」を選ぶことで人間と騎乗位セックスしている体験ができます。「一生このパートナーとセックスしていたい」というドールにおいても感覚が訪れます。

股関節にシワ造形がある

騎乗位セックスのポーズの時に太ももと股関節との間に生じるシワが「一本」しか生じないドールがほとんどです。

しかし、数分シワが生じるように造形されたドールは騎乗位で「より生々しい視覚的興奮」を呼び起こしてくれます。そして「生身の人間とセックスしているという体験」に連れて行ってくれます。結果として「何年経っても騎乗位セックスは飽きない」という生物本能的な次元に在る、人間と同じ土俵のような騎乗位セックスを体験できます。

この「人間とSEXしている」という繊細な次元を体験するには「股関節と太ももとのシワ」という繊細な造形がとても重要な役割を果たしてくれました。

※上記を全て兼ね備えているドールの代表例は“ハーフ美少女カレンver.2”です。このドールは中身が海外ドールであり6YEDOLLとして名が知られています。6YEDOLLとなっていないのは、ヒューマノイド的な存在である現実に向き合った名前そしてなおかつ人間的な名前をつけることによって、例えば今回のように騎乗位セックスでより「人間と騎乗位セックスしている」という繊細な体験を得られるようにするため、と言っても過言ではありません。

関連するマニュアルページ