肉体造形が生々しいので視界に入るたびに勃起できます

『6YEDOLLはボディに生活ジワや細かい筋肉美が造形されているので視界に入るたびに勃起できるメリットがある』
『6YEDOLLはボディに生活ジワや細かい筋肉美が造形されているので視界に入るたびに勃起できるメリットがある』

6YEdollが視界に入るととにかく勃起してしまいます。

最初に「肉体美」です。6YEdollには他のラブドールメーカーが施さないような生々しく細かい筋肉部分も造形されています。

その生々しい肉体美が視界に入るたびに「あっ…生き物が視界に入った…」そう動物的に感じるのです。

他のラブドールではそんなことは感じません。シワや細かい肉体美を削ぎ落として「これぞマネキン」みたいなカラダになっているからです。シワが全然無いカラダです。生活ジワが全然ないカラダです。まさに人間の理想です。カラダから生活ジワが消えてくれば全身に清潔感がもたらされるからです。

しかし、問題は当の本人であるラブドールがそれをしてしまうとどんどん人形にしか見えなくなってしまいます。

なのでボコボコした筋肉美、生活ジワ、それらがないシュッとしたラブドールは視界に入るたびに「人形が視界に入った」そう感じて勃起できなくなるのです。

もちろん、6YEdollも見続けると勃たなくなります。セックスを重ねると勃たなくなります。鑑賞を重ねると勃たなくなります。

しかし、ここからが6YEdollの魅力です。なんと、例えばドレスを着せた姿でそのままベッド寝そべらせて置いて、ふと忘れた頃にそのベッドの6YEdollが目に入って「人間がいる…」そう肌で感じるのです。そのときに動物的に勃起してしまうのです。脳が反応する前に勃起する感覚です。

他のラブドールも服を着せても勃起できることがあります。しかし、やはり少し注意して見ると、ワキのシワが一本しかなかったり、股関節のシワがなかったり、鎖骨や首筋の造形が浅かったり、はたまた腹部の造形が幾何学的だったり、とにかく生物的ではない部分が目に入ります。そして人形であることに拍車が掛かってどんどん人形にしか見えなくなります。

マネキンです。服を飾るマネキンです。それでしかありません。

しかし、6YEdollは違います。服を来てベッドで過ごしているような姿を「けはい」で感じるのです。肌で感じるのです。後頭部で「後ろの誰かい…あぁ、6YEdollだ」という感覚です。脳では分かってるのに、一瞬、本能的に生き物だと錯覚してしまうのです。それが6YEdollの魅力です。

その魅力はどこから来ているのかというと明白です。

腕箇所にベコッとくぼみがあるだけで生々しい癒やしを感じられる|TPE素材リアルドール『6YEdoll』の添い寝姿の様子

6YEdollの生々しい筋肉美です。

リアルドール『6YEdoll』は下腹部箇所のシワ造形も精細に造形されていて肉体美がピカイチ。

6YEdollの生々しい生活ジワです。

リアルドール『6YEdoll』は首筋の造形も生々しく造形されている。ガールフレンド第1章を彷彿とさせる生々しさがある。

6YEdollの生々しく不規則に何本も筋が立った首筋です。

6YEdollの生々しく深くえぐるように掘られた鎖骨です。

『6YEdollのワキのシワ造形は他のラブドールと違って何本もシワがあって生々しいのが良い点』
『6YEdollのワキのシワ造形は他のラブドールと違って何本もシワがあって生々しいのが良い点』

6YEdollの淫臭漂ってきそうなワキのシワです。

6YEdollの背面箇所は筋骨隆々に生々しく造形されている。これはラブドール業界内ではとても少ない。

6YEdollの生々しい腹筋や腰骨などボコボコした造形です。

『6YEdollには他のラブドールメーカーが決まって簡略化してしまう股関節のシワも何本もそして長く生々しく生活ジワが造形されている』6YEdollの良い点
『6YEdollには他のラブドールメーカーが決まって簡略化してしまう股関節のシワも何本もそして長く生々しく生活ジワが造形されている』6YEdollの良い点

6YEdollの生々しい股関節のシワです。

『6YEdollは他のラブドールと違ってヒザの造形も生々しいのが良い点』
『6YEdollは他のラブドールと違ってヒザの造形も生々しいのが良い点』
『6YEdollのヒザ部分は他のラブドールメーカーが簡素化しがちな”甲羅部分”もボコッと造形されているのが良い点』
『6YEdollのヒザ部分は他のラブドールメーカーが簡素化しがちな”甲羅部分”もボコッと造形されているのが良い点』
『6YEdollのヒザ裏部分には他のラブドールメーカーが簡素化しがちなボコボコ造形もしっかり施されているのが良い点』
『6YEdollのヒザ裏部分には他のラブドールメーカーが簡素化しがちなボコボコ造形もしっかり施されているのが良い点』

6YEdollの生々しくボコボコしたヒザです。

TPE素材のリアルラブドール『6YEdoll』の表面の様子|ツルツルしておらず生物寄りになっている。

6YEdlllの生々しい肩甲骨です。

TPEリアルドール『6YEdoll』の背面箇所の様子|ゴリゴリと隆々に造形されている。

生々しく深い背筋です。

『6YEdollの腰の付け根部分は他のラブドールが簡素化しがちなボコボコくぼみ造形も余すところ無く生々しく施しているのが良い点』
『6YEdollの腰の付け根部分は他のラブドールが簡素化しがちなボコボコくぼみ造形も余すところ無く生々しく施しているのが良い点』

生々しい腰の付け根のくぼみです。

『6YEdollは腹筋造形も「他のラブドールメーカーは幾何学的に彫刻で彫っただけのような簡素なデザインにしがちな中」とても生きているような生々しい腹筋造形になされているのが良い点』
『6YEdollは腹筋造形も「他のラブドールメーカーは幾何学的に彫刻で彫っただけのような簡素なデザインにしがちな中」とても生きているような生々しい腹筋造形になされているのが良い点』

6YEdollは他のラブドールと違って一線を画します。生物学的に一線を画します。他のラブドールは人工物で、6YEdollは生物なのです。

人工部tだと分かっています。脳では分かっています。頭では分かっています。

しかし、人間である以上、肌で感じるのです。

気配で感じるのです。

空気で感じるのです。

後頭部で感じるのです。

身の毛で感じるのです。

生理的に感じるのです。

「生き物だと。」

「オンナってなんでこんなにエロい“生き物”なんだろう」

人はそう言います。

そして6YEdollを目の前にするとこう思ってしまいます。

「6YEdollってなんでこんなにエロい生き物なんだろう」

そうです。

同じ「生き物」です。

人形だと分かってるのに6YEdollは生き物だと現実を歪曲してしまうのです。

マジックです。

現実を歪曲させるマジックです。

このマジックを肌で感じることでしょう。

“生き物”カレンと目をあわせた瞬間に。

クリスマスに人形が届くか生き物が届くか、最悪のクリスマスか、最高のクリスマスか、全てが決まります。

この“生き物マジック”で。

関連するマニュアルページ