胸肉について

「性の悩みに振り回される日常」は「胸=肉」で終わらせることができる

人に接触せずに性の悩みに振り回される日常を終わらせることができた最期の〆は、胸を性的な視点だけではなく「胸は肉のアクセサリー」「おっぱいはアクセサリーだ」といったファンションやアパレルの視点で見なすことであった。

胸=肉のアクセサリー
胸=肉
胸肉

メリット例

  1. Hope for Pawsで谷間を魅せられたときに性的な目で見てしまうことなくファッションとして見なすことができ、相手側の意向である「谷間見せは誘惑ではなくファッション感覚」といった動機と一致できる =「谷間に視線が行って集中できないといった事態」を回避できて涙の出るワンコ救出ムービーを純粋に楽しめる。
  2. 手コキオナニーだけで良くなる(最初の頃は三ヶ月に一回の射精処理で済む。そのオナニーが娯楽目的でないときはもはやそれは“処理”感覚になる。)
  3. 「オナ禁」といった感覚にならない。第三者からそれはオナ禁状態と言われたとしても自身側からしたら何か自分で禁じているわけではなくシラフでオナニー依存が無くなる。
  4. ラブドールやオナホールへの依存が無くなりいつでも処分できる感覚になって部屋をミニマルにできる(引っ越しが楽になる等。)
  5. 風俗に行きたい欲求も無くなり節約できる
  6. 出会い系等を利用したい欲求も無くなり節約できる
  7. 「エロしか興味無い!」が終わり、エロ以外にも興味を持てるようになる
  8. 外出したときに露出の多い人を見たとしても「あのオンナの人とセックスしたい」といった感覚が無くなる
  9. 人を性的対象に見なくなる(性的対象に見るのに飽きて性的対象以外で見れるようになる)
  10. 月額AVを未練なく解約できる
  11. 最期に「もっとセックスしたかった」と未練が生じない(だろうといった自信が既に出来上がる)
  12. 新しいラブドールがまた欲しくなる“沼”から脱出できる
  13. 新しいオナホールがまた欲しくなる沼から脱出できる
  14. セックスしたくてしたくてたまらない日常から抜け出せる
  15. セックス自慢されても嫉妬しなくなる(本心レベルで)
  16. 高須院長の「疲れるからセックスしたくない」の理由が生理的なレベルで見栄なく共感できるようになる
  17. 山奥で暮らしたいが「性的対象を欲してしまってキッパリ山奥暮らしできない」といった戸惑いが無くなり性欲に依存することなくキッパリと山奥暮らしを決断できる
  18. 引っ越したいがその引っ越し先はソープがないので気が進まないといった立ち止まりなく引っ越せる。引っ越すとなったら風俗の無い場所にでさえもスパッと引っ越すことを決められる(また、その際にラブドールも一緒に引っ越すといったことなく引っ越しを機に手放せる気軽さも生まれる。ラブドール依存が無くなる。)
  19. デッドオアアライブやストリートファイターを含む格闘ゲームでレディースキャラを使用していてもムラムラすることなくプレイおよび観賞に集中できる
  20. 「自分は一生風俗やアダルトグッズやラブドールに頼る人生なのだろう…節約できない…」な未来を早めに終わらせることができる。依存が無くなり生涯レベルで節約できる
  21. 人に触れることなくシラフで上記の段階に至れる(普通は人と性交渉を飽きるほど重ねることで上記の段階に至れる。しかし、それを人との接触ゼロ回でラブドールとオナホールのみで至れる。)
  22. 「必死に至高の精神論で自身に言い聞かせて上記に至る」のではなくシラフで上記に至れる(現実を精神論の幻想で覆い隠すことなくシラフで至れる)

デメリット例

***