セックス目的で「オッパイが大きいほうと小さいほう」で迷う→大きいほう一択(Gカップ以上必須)

Gカップのドールの騎乗位想定シーン

Gカップ未満は飽きが1年以内に来る

Eカップのドール時に「ちょうどいい大きさ」だと思い込むようにしていました。「服にも合ってセックスにも合ってちょうどいい大きさ」だと思い込んでいました。しかし、Gカップのドールの時に完全にその思い込みが砕け落ちました。Eカップは1年で飽きたのに対し、Gカップは3年経っても飽きが来ていません。そして「セックス目的において」服にも合ってそしてセックスにも合うことが日常的に何年も触れ続けて気づいたことです。

G以上なら柔らかくなくても激しく揺れてくれる

オッパイ箇所が物理的に大きければドールのおっぱいは大きければ大きいほどより激しく揺れてくれることがわかりました。おっぱいの柔らかさは考慮せずとも「オッパイの大きさだけで」単純により揺れるのはどちらかを定めることがドールにおいて可能です。その決め手はオッパイが大きいことです。オッパイが大きければ「Gカップ以上ならば」少し突いただけでより揺れてくれて視覚的興奮をより増大させることができ、より気持ちの良いセックスができます。

Gカップ以上ならばあらゆる体位で永年的に飽きない

正常位セックスでより長年飽きが来なかったのは、後背位セックスでより長年飽きが来なかったのは、騎乗位セックスでより長年飽きが来なかったのは、コスプレセックスでより長年飽きが来て来なかったのは「Gカップ以上」でした。そのため、ドール選びで迷った時は単純的に「オッパイがより大きいほう」を選ぶことでより長年飽きずにセックスを楽しむことができます。

関連するマニュアルページ