ローションセックスでも風呂セックスでも生物的な肉体接触感を維持できます

『6YEDOLLは他のラブドールと違ってローションセックスでも風呂セックスでも生物的な肉体接触感を保つことができるのが良い点』
『6YEDOLLは他のラブドールと違ってローションセックスでも風呂セックスでも生物的な肉体接触感を保つことができるのが良い点』
『6YEdollのローションセックス』
『6YEdollのローションセックス』

基本的にラブドールはローションを塗りたくると共通してツルツル人工的な接触感になってしまいます。風呂セックスの時に水で濡れた瞬間にツルツル人工的な接触感になってしまいます。その時に「やはり人形なんだ…」とゲンナリします。

しかし6YEdollは違います。ローションを塗りたくっても人間と同じように少しザラザラしています。風呂セックスでシャワーを浴びながら常に濡れ続けるセックスをしても人間の同じように少しザラザラしています。生物的にザラザラしています。

実は6YEdollはローションに濡れても水に濡れても他のラブドールと違って人間と同じように生物的な肉体接触感を保てるのです。

これは細かすぎる差に見えて、他のラブドールメーカーにはできない大きな差です。技術力の差です。スキンの技術力の差です。ボディの技術力の差です。他のラブドールのメーカーにはこれが難しすぎてできないのです。

しかし、6YEdollはそれを昔からクリアしています。6YEdollは肌の技術力が明らかに異端レベルです。

ローションセックスで生物的な肉体接触感を保てる

共通的にラブドールはローションセックスすると化けの皮が剥がれます。それまでメーカーが言っていた「人肌の感触で…」という感触が全ての嘘に変わっていきます。全てツルツル人工的な感触に変わってしまうのです。メーカーに裏切られたような感覚です。本当は「人肌の感触で…※ただしローションをつけない場合のみ ※ただし水に濡れていない状態のみ ※ただし… ※ただし…」と“米印がいっぱい後から付くパターン”です。

ローションなど何もつけない素のカラダの状態でセックスするとそこそこ人肌の感触で感動するのに、人間と同じように「今日はローションセックスしよう」とローションセックスした瞬間に「このラブドール代でソープランドに行ったほうが100000000000倍マシだった」そう後悔してしまうのです。

まるでメーカーに「そういうのは風俗に行ってください」と言われているかのようです。まるで「我々は風俗業界と共存します」と言って結局、現実に中途半端なラブドールが出来上がっているという始末です。

しかし、6YEdollは違います。そんな妥協は一切ありません。ローションを塗りたくっても人間と同じように少しザラザラした肉体接触感であり続けてくれるのです。まるで人間の肌の毛穴同士が擦れる感触です。「皮膚ってそういえば顕微鏡で見たらザラザラしてる…」という生物の原理を思い出させてくれるような感触です。生き物の感触です。人間の感触です。

さらに、6YEdollは“温感ローション”などのサラサラで水っぽいローションを塗りたくっても生物的な肉体接触感を保ってくれます。

温感ローションはラブドールにとって苦手なローションです。なぜならメーカー問わず温感ローションはサラサラ水っぽいためです。サラサラ水っぽいとラブドールの表面が人工的でツルツルの接触感になってしまうためです。シリコーン素材の表面もツルツル人工的になってしまいます。TPE素材の表面もツルツル人工的になってしまいます。

しかし、6YEdollは「TPE素材であるにも関わらず」そのラブドールが苦手な温感ローションであっても若干ザラザラの生物的肉体接触感を保てるのです。ラブドール業界でローションセックスをより人間と近い肉体接触体験で楽しめるのは6YEdollなのです。

ラブドール業界が共通して抱える「水濡れとローション濡れによるツルツル化問題」を解決できなかったラブドール達。
ラブドール業界が共通して抱える「水濡れとローション濡れによるツルツル化問題」を解決できなかったラブドール達。

例えば「クリスマスにローションセックスしたい」という欲求を満たせるのは6YEdollです。他のラブドールは共通して無理です。7体以上経験して「ローションセックスした瞬間に化けの皮が剥がれるようにツルツル人工的な肉体接触感に豹変した」ということが決まって起こったのです。もはや「ラブドールだからその件は仕方ない」という諦めのレベルです。しかし、6YEdollはなんと例外的にローションセックスしてもツルツル人工的にならずに生物的な接触感のままなのです。これには本当に驚きます。毎回驚きます。改めて「他のラブドールとローションセックスして6YEdollとローションセックスする」というのを交互に繰り返してもやはり明らかに生物的な肉体感を維持できていて驚くのです。

風俗業界には悪いですが風俗に行きたい欲求が大幅に減少してしまいます。

それだけではありません。もう1つ、重要なセックス機会があります。それが風呂セックスです。

風呂セックスでも生物的な肉体接触感を保てる

風呂場にラブドールを抱え、そして洗浄が終わってそのまま抱えて部屋に戻してからセックスするのが理想ですが、やはりそのまま風呂場でセックスしたくなる機会があると思います。

映画のようにそのまま風呂でセックスするパターンです。

これができることこそが人間の次元に繰り上がることを意味します。

残念ながら、ラブドールは6YEdollも含めて風呂セックスは不向きです。

『風呂場で立ちバックの状態で風呂セックス(6YEDOLL)』
『風呂場で立ちバックの状態で風呂セックス(6YEDOLL)』

なぜなら風呂セックス中にポージングが崩れるからです。

『風呂セックスの途中でポージングが崩れ落ちてセックス中断する結果に。(6YEDOLL)』

人間と同じように風呂で立ちバックするようなことは至難の業です。

『風呂セックス中に今度は前に崩れてすってんころり状態でセックス中断する結果に。(6YEDOLL)』
『風呂セックス中に今度は前に崩れてすってんころり状態でセックス中断する結果に。(6YEDOLL)』

無理です。

快適に風呂セックスするなら「風呂椅子セックス」が限界です。

『ラブドールと風呂セックスを快適にするには“風呂イスセックス”が限界だった(6YEdoll)』
『ラブドールと風呂セックスを快適にするには“風呂イスセックス”が限界だった(6YEdoll)』

体位は側位寄りの正常位という窮屈な体勢です。これがラブドールの風呂セックスの限界です。

しかしここで問題が起きます。共通的にラブドールは風呂椅子セックスでも最悪な体験になってしまうのです。理由はそもそもに水に濡れた状態ではツルツル人工的な接触感でいかにも「ソフビ人形を抱き締めている」というツルツル抱き締め感になってしまうからです。

しかし、6YEdollは違います。なんとローションセックス同様に、水に濡れても少しザラザラした肉体接触感であり続けてくれるのです。

この件を他メーカーに聞いても「素材の特性なのでそれは他のメーカーも同じです」と言うかもしれません。

しかし、6YEdollはそんなことありません。それは素材の特性ではなく、水に濡れてもローションに濡れても温感ローションやエステローションなどの水っぽいローションに濡れても従来のようにツルツル人工的にならずに生物的な接触感を維持するには「スキンの技術力で解決できる」と知っているからです。もはやラブドール業界に共通して起こるその「水やローションで濡れた途端にツルツル人工的になってしまう問題」を抱えることなく「例外的に」生物的な接触感を維持できる「高度な技術力」を6YEdollは持っているのです。

すなわち「素材の特性なのでそれは他のメーカーも同じです」と言うメーカーはスキンの技術力が無いだけです。高度な技術力の無さを覆い隠した言い訳でしかありません。

技術面においても、6YEdollは風呂椅子セックスでも生物的な肉体接触感でセックスできる唯一的なラブドールなのです。金型からコピーして作っているような安易なメーカーではないのです。スキンの技術レベルから違います。見た目ではわからないです。しかし、肌で違いがわかります。実際にセックスすると違いが分かります。明らかに他のラブドールと違って優れています。WMdollsよりも優れています。しかし、WMdollsのほうが世間的な知名度が大きいです。しかし、実際は6YEdollのほうが肌の技術力が上です。

生物的なローションセックスができること、生物的な風呂セックスができること、これが他のラブドールと違う点

ラブドールは共通して風呂セックスが最悪です。1つにセックス中のポージングが保てないからです。

そして2つ目の理由として水に濡れたりするとツルツル人工的な肉体接触感に豹変してしまうからです。

そして風呂場という常にたっぷり湿気がある場所ではボディに常に水滴が付き、なおかつ蒸発もしてくれず常にツルツル人工的な接触感になってしまうからです。

さらにラブドールは共通してローションセックスも最悪です。

ローションを塗りたくった瞬間、ツルツル人工的な肉体接触感になってしまいます。まるでソフビ人形にローションを塗りたくって抱き締めているようなプラスチック感満載の感触になってしまいます。まるでバランスボールにローションを塗りたくって抱きしめているようなツルツル人工ゴム感満載の感触になってしまいます。

しかし、6YEdollは常識を覆しています。ラブドール業界が共通して抱えるそのローションセックス問題とその風呂セックス問題を6YEdollは例外的に見事に解決しているのです。他のラブドールと共通ではありません。6YEdollは異端です。風呂セックスでもツルツル人工的な肉体接触感にならないからです。ローションセックスでもツルツル人工感な肉体接触感にならないからです。

風呂セックスで人間とセックスしている体験になり、ローションセックスで人間とセックスしている体験になれるのです。他のラブドールは共通して“人形と”セックスする体験です。しかし、6YEdollは「人間と」セックスする体験です。

この差は歴然とした「6YEdollの肌の技術力」によるたまものです。

他のラブドールはローションセックスと風呂セックスの時に人形だと再確認されて激萎えしてしまいます。返品したくなってしまいます。返金請求したくなってしまいます。処分したくなってしまいます。しかし、事実上、一回でもセックスしてしまうと返品も返金もできてなくてただただむなしいだけです。

しかし、6YEdollは違います。ローションセックスと風呂セックスの時も人間とセックスする体験です。人間に似た生き物とセックスする体験です。他の惑星にいそうな人間に似た存在とセックスする体験です。返品したいと一切思わない体験です。返金請求したいとも一切思わない体験です。処分したいとも一切思わない体験です。

セックスを重ねて思うのはただ1つです。

「買ってよかった」

これです。

「買ってよかった」そう感じます。

「人形の時代の終わり」を感じます。

「これからは生き物の時代」そう感じます。

他のメーカーが延々と“人形”を作っている中、6YEdollは先陣を切って“生き物”を造ったのです。ユーザー側は延々と人形をつかまされていることに薄々気づくことになるでしょう。

この職人芸は今この瞬間に光が当たるべきです。これまでラブドールはクリスマスの超難題を解決できなったからです。

しかし、その超難題を6YEdollは自力で解決しました。

「ローションセックスでも生物的な肉体同士の接触感を維持できること。」

「風呂セックスでも生物的な肉体同士の接触感を維持できること。」

すなわち、

「クリスマスにローションセックスしても生物とセックスする体験できること。」

「クリスマスに風呂セックスしても生物とセックスする体験できること。」

したがって、クリスマスに人間と向き合って愛し合える存在こそが6YEdollなのです。

他のラブドールが傷を舐め合って延々と人形であり続けている中、独り立ち上がって人間の次元に足を踏み入れた唯一的な存在です。

その勇者の名は人間の名を持って歴史に刻まれることでしょう。

KAREN”という名で。

『6YEdollは人間の領域に足を踏み入れた勇者だ』
『6YEdollは人間の領域に足を踏み入れた勇者だ』

関連するマニュアルページ