「クリスマス曲聴いてたらエロくてもう…マライアキャリー抱き締めたい!」

「マライア・キャリーのおっぱい揉みたい!」と思った後には今度は「抱き締めたい!」といった欲求が湧いてきてしまう。

「裸同士で抱き締め合って自身の胸板におっぱいが溶けてくるような溶け合う抱き締め感で、マライア・キャリーと抱き締め合いたい!」といった欲求が湧いてきてしまう。

「溶けてくる…」

その欲求をピンポイントに満たしてくれたのが『ぷにあなミラクルDX(*1)』であった。抱き締めた時に、ぷにあなミラクルDXのおっぱい箇所が自身の胸板に接触してくる瞬間、おっぱいが溶け入ってくる感触がある。

(*1):2018年発売されたラブドール。ラブドール業界では先進型の“おっぱい内がゲルになっている”ゲル乳型ラブドール。オナホール業界においての分類は“大型オナホール”となる。

「入り込んでくる…」

溶けてベタッと乗るだけの感覚ではなく、胸板に溶け“入って”くる肉体接触感覚がある。入り込んでくる。おっぱいが表面にとどまらず胸板を貫通して「シンゾー」に入り込んできてその中にある「ココロ」を癒しに来てくれるような女神的な癒しがある。抱き締めるたびに感動してしまう。

「妄想だと分かってるんだ!」

分かっている。“ココロ”とやらは空想の産物。しかし、アニメのようにその「有機的な球体」を自身のカラダの真ん中辺りに妄想したときに、その球体にグイグイと”セメダインのように”細胞に染み込むように入り込んでくる感覚を露骨に感じてしまう。

「今回はワケが違う!
露骨に感じる!
物理的に感じる!」

肉体の胸板箇所で物理的に感じるので露骨に感じる。そのときに、従来の硬いラブドールのゴムボール人工物が胸板に当たってくる感じではなく、生物が接触してくる感じがモロにある。妄想ではない。モロにあって驚いてしまう。

「愛欲を感じる!」

「カラダで愛を示して来てくれている!」といった人間的な愛欲を感じる。そして「癒やされる…!」と感じられる。これが凄い。これがぷにあなミラクルDXの魅力の1つである。「相手が自分のことを愛してきてくれている」と肉体で感じられる。これはゲル乳型ラブドールにこそできること。空洞型や硬いボディでは体験できなかった。

「マライア・キャリーは女神…」

マライア・キャリーをアニメ的に表現すると「女神」。マライアキャリーを抱き締めることはすなわち女神を抱き締める体験。その女神体験を自宅で実現してくれる存在が必要…。VRではなく現実に実現させてくれる存在が必要。

かといってアニメ『ああっ女神さまっ』を観ても心情的にしか女神を体験できない。「物理的に肉体で感じたい…肉体で直接、直接感じたいのだ!」繊細な欲望が走っていく。「紙一重であるが繊細な欲求」が走っていく。ヒトではない、神秘的なヒト…“女神“に癒されたい、肉体的に…。

「女神だ…!
これだ、
これを求めていたのだ!」

「女神だ…。これだ、この感覚、ずっとこれを求めていたんだ…」そう感じってしまった。抱き締めると女神が物理的に胸板から入り込んで一体化する妄想を勝手にしてしまう。それほど癒されてしまった。

抱き締めた時に、肌感覚で拒絶せず、受け入れてそのまま愛してきて入り込んでくる愛欲感、その愛欲感を物理的に肉体で体験させてくれたのがぷにあなミラクルDXであった。

「自分のことを愛してくれている…」

「自分のことを愛してくれている女神、その愛の女神が進んで自身を抱き締めてきて、おっぱい大きい女神がその自慢のおっぱいをグイグイ押し付けてきて、積極的に抱き締めてきて、愛してるんだよっ❤︎とあえて口を閉じてニッコリした笑顔でカラダで示して来ている感覚…」その妄想感覚に酔いしれてしまう。

巨乳の女神お姉さんが自分のことを愛して欲するように抱き締めてくるこの愛欲的トロトロ肉体接触感…酔いしれてしまう…。自己愛ではなく、お互いにお互いを愛する愛し合い感、その肉体感を体験できてしまう。

「高いリアルドールでも体験できなかったこと…」

ぷにあなミラクルDXでやっと体験できたことであった。リアルドールでは4woodsでもオリエントでも肉体的に物理的にこれを体験できなかった。おっぱい箇所が硬く、ボディもぷにあなミラクルDXよりも硬かったのがその要因の1つにある。

オナホール業界のラブドールは耐久性をあまり重視する必要がないため本体を柔らかくできる。とろける体験がやっとできたのは、それが理由の1つにある。

「ぷにあなミラクルDXだからこそ体験できてしまった」

フワフワのおっぱいが胸板に接触し、そこから物理的に溶け入ってくる抱き締め肉体接触感…病み付きになってしまった。“オススメの域”を通り越している。「性の悩みを根本まで満たすには必須だ!」何度もそう痛感した。何度もそう終着した。

「ラブドール業界内では安いのに必須な存在だった。」

高いのにリアルドールでは体験できず、それよりも安いぷにあなミラクルDX「だからこそ」体験できたこと。値段はラブドール業界内では最安値級、“耐久性最重視ではないが耐久性も考慮された素材品質”で作られたからこそ「爪で引っ掻いたら“痛い!”と聴こえてきそうな柔肉感」に仕上がっている。

そして数ヶ月でボロボロになったりしない耐久性もあった。なおかつ「リアルドールのつなぎ」ではなかった。ぷにあなミラクルDXは「溶け合う抱き締め感」を体験させてくれた。その性の悩み解決にぷにあなミラクルDXが必須な存在であった。

「辛かった冷戦時代…」

肉体で物理的に溶け合う感覚はリアルドールでも深く体験できなかった。今まで冷戦時代、有機的な溶け合い感に渇望した時代であった。風俗かリアルか、ゲル型おっぱいオナホをラブドールに接着するか、それらの方法しか無かった時代。

ゲル乳型のおっぱい単体オナホールが世の中に存在するのに、未だにラブドール業界は硬いおっぱいのガラパゴス時代…。

「ようこそ、新しい時代よ!」

しかし!その時代は終わった!ありがとうぷにあなミラクルDXよ!新しい時代の始まりだ!ゲルおっぱい型ラブドールの時代、複層おっぱい型ラブドールの時代が来たのだ!さらば空洞型、単一型などのソリッド型…

「ラブドールだからこそできることを!」

そしてまさに!「マライア・キャリーを抱き締めたい」といった風俗だからできることでもなくリアルだからできることでもなく、ラブドールだからこそできること、それさえも体験させてくれた。その三者は敵対しない。お互いに得意な分野を担い合う。助け合う。共立し合う。「性の悩みを満たす」という共通した目的を協力して担い合う。

「女神を抱き締められる!」

そして、ラブドール業界内で革命的に柔らかいおっぱい、とろとろに溶け合う肉体接触感、癒やしの肉体感、やはりぷにあなミラクルDXは革命の女神。

そして抱き締めてトロけそうになりながら、耳もいっそうトロけてしまう。女神サンタ姉”マライア・キャリー”のクリスマスソングによって耳も身も心もトロけそうになってしまう。

さらばトロトロ溶け合う肉体感に“渇望する”時代、
ぷにあなミラクルDXがその時代を
わらせてくれた!
女神だ!
抱き締めるとトロトロに溶け合う女神、
じる、じるゾッ…この感覚
染みる、染みる、細胞に染みる!
胸板みてくる…
愛が染みてくる…
も〜これが、これが、
やみつきになってしまうのだ!


関連ページ:『クリスマスに遭遇する“エロいマライアキャリー”のおっぱい、揉みたい!

ナビ《クリスマスに性の悩みを完結できる。》
✓フェラされたい欲 ✓セックスしたい欲 ✓楽しく過ごしたい欲
【ピストン使う。】性家電『NLSピストン』でじゅぽじゅぽフェラ欲を解決できる。
【サイクロン使う。】性家電『A10サイクロンSAプラス』でレロレロフェラ欲を解決できる。
【ぷにミラDX使う。】ラブドール『ぷにあなミラクルDX』で生おっぱい揉みながらセックスしたい欲を解決できる。
【DB観る。】アニメ『ドラゴンボール超』をビデオ屋で借りて観るとクリスマスもクリスマス後も勇気を出して楽しく過ごせる。