「手で握る感じが伝わらない」のが欲しい場合は“性家電”電動オナホが最適

「手で握る感がイヤ!」

「自身のクリスマスプレゼントにオナホールが欲しい。しかし、あの特有の、手で握る感じが伝わってくるのがイヤ。握る手の指がホールを通して伝わってくる感じがイヤ。その感じが無いのが欲しい!」と言った場合は“電動オナホール”がその性の悩みを解決してくれる。

そして、特に電動オナホは電動オナホでも“性家電”がより深く解消してくれる。

「この2本!」

性家電の中でも「自分のクリスマスプレゼントのように1年に一度の買い物」として「一本モノ」として最適でおすすめなのが2018年に発売された『A10サイクロンSAプラス』と『NLSピストン』となる。

筐体によって手で握る感じが伝わらない

「ゴツくて伝わらない。」
性家電は本体がゴツいため手コキ感が伝わらない。伝わるのはフェラ感になっている。

筐体型のハンドオナホールと比べて、正家電はゴツい筐体で完全に覆われているため、手で触る感じが完全にゼロであった。伝わらなかった。物理的に0.1mmも感じられなかった。そのため、「抜いてもらっている」といった感覚に一極集中して体験することができてしまった。その体験に「自分で握っている」といった感覚が介入することが無かった。

電動によって自身で動かす意図感が伝わらない

「紙一重の違い。」

「自分で動かして抜く」のと「相手に動かしてもらって抜く」のと「自分で動かしておきながらあたかも相手に動かしてもらっていると想像で歪曲しながら抜く」のとでは紙一重ながらも大きな壁があった。

「性家電は“口でしてもらっている”感」

性家電はその壁を取っ払ってくれた。オナホールであるにも関わらず、「相手の意図に抜いてもらっている」といった感覚が9割を占めていた。それも手ではなく口でしてもらっている感であった。残念ながら残りの1割は「動作開始ボタンを押す時」と「動作パターンを変えたくなったとき」に自分で動かす感を感じてしまった。

「気づいたら相手にフェラしてもらっている感」

操作時以外は「相手の意図によって抜いてもらっている感覚」に「フッ」と「あっという間に」戻る感覚があり、その「シラフで至る感」が見事であった。「気づいたら相手に抜いてもらっている感覚になっている」体験が感動さえ覚えてしまった。

手コキ感ではなくフェラ感を体験できる

「手コキ感無し。
性家電はフェラ機。」

「ハンドオナホール=手コキ感」といった常識が性家電には無かった。性家電にあるのは「フェラ感」っであった。手コキ感が無かった。これには「オナホ業界の革命」を感じた瞬間でもあった。

「A10サイクロンSAプラスはレロレロフェラ。」

『A10サイクロンSA +PLUS(プラス)』で体験できたのは「レロレロ舐められるフェラ感」であった。じゅぽじゅぽフェラ感は体験できなかった。上下に動かすとフェラ感だったのが「手コキ感に変わってしまう事態」が起き、A10サイクロンSAプラスはじゅぽじゅぽ感が欠損していた。

「NLSピストンはじゅぽじゅぽフェラ。」

『NLSピストン』がA10サイクロンSAプラスを補うように助けてくれた。NLSピストンは「じゅぽじゅぽ激しく獣のように運動会的にフェラされている獣フェラ感」を体験させてくれた。A10サイクロンSAプラスで渇望していた欲求を満たしてくれた。欠損していた箇所を補ってくれた。

「シラフでフェラ感。」

NLSピストンも「手コキ感」ではなく見事に「フェラ感」であった。フェラ感から手コキ感にブレることは無かった。どんな心情状態でもフェラ感ゾーンであった。シラフであってもフェラであった。

手握り感無し。
自分で動かす感無し。
性家電がそれを体験させてくれる。

結果、どちらの性家電も「手で握る感じがゼロ」でなおかつ「手コキ感」ではなく「フェラ感」で「相手の意図によって口で抜いてもらえる感」を体験できてしまった。人間のフェラをまるごと再現体験するにはこの2本が必要となった。

ナビ《クリスマスに性の悩みを完結できる。》
✓フェラされたい欲 ✓セックスしたい欲 ✓楽しく過ごしたい欲
【ピストン使う。】性家電『NLSピストン』でじゅぽじゅぽフェラ欲を解決できる。
【サイクロン使う。】性家電『A10サイクロンSAプラス』でレロレロフェラ欲を解決できる。
【ぷにミラDX使う。】ラブドール『ぷにあなミラクルDX』で生おっぱい揉みながらセックスしたい欲を解決できる。
【DB観る。】アニメ『ドラゴンボール超』をビデオ屋で借りて観るとクリスマスもクリスマス後も勇気を出して楽しく過ごせる。