失敗しないオナホの買い方は“オナホにもインテリアにも使える異星人オナホ”

毎日接触し続けるとイイ買い物だったと思える

毎回即射精してしまうほど気持ち良くて純粋にオナホールとして何回も使ってしまい、なおかつ射精後はインテリアとしても使える。オナニー時もそうでない時も利用できる。日常的に手に触れて、ペニスに触れて、目でも触れられる。結果「いい買い物だった!」と感じられてしまう。機械ではない。ロボではない。人間味を感じる。しかし、人間ではない。まさに、「他惑星から来た人間に似た異星人か!」と言わんばかりのオナホール、それが失敗しない。自然に手が伸びて毎日接触し続けてしまう。


「オナホ欲しいのだけれど失敗するのが嫌…」
その原因は「接触頻度が低い」ためであった。

どんな時でも、どんな場合でも、どんな場所でも毎回網羅的に接触するほど接触頻度が高いオナホールを買うことで失敗した買い物だったと感じなくなれる。

それが決め手だった。

そしてなおかつ!

“妄想”ではなく“値段”も関係なく“シラフ”で「いい買い物だった」と思えることが必須だった。

「高いの買ったんだからいい買い物だ!」は続かなかった。無心状態であってもシラフであっても賢者モードであってもいい買い物だったと感じることが決め手だった。

また、失敗しないオナホのみを手にすることで必然的に所有本数もより少なくでき、家族バレする機会も物理的にカットできる。

⑴ オナニーとして重宝できるのを選ぶ

買っても失敗しないオナホールの条件として、オナニーしたくなったときに「やっぱりこれを選んじゃうんだよなぁ。。」と言うほど本命レベルである必要があった。オナホールである以上、やはりそれが第一の必須条件であった。

AVも妄想も不要なのを選ぶ

「AVによる補助も使わずに漢らしく抜く!」この次元には“妄想による補助”が必須だった。しかし、妄想による補助さえ要らない電動オナホールがあった。代表例としてNLSピストンやA10サイクロンSAプラスがある。

 

例:オナニーなのにじゅぽじゅぽフェラしてくる感覚にシラフで陥る

ペニスに装着して電源を入れると驚く。NLSピストンは股間で人が激しくじゅっぽじゅっぽとヘドバンしてくるようにフェラされる感覚に陥る。そして気づいたらあっという間に射精している。“射精させられている”感覚に陥る。“抜いてくれる”感覚に陥る。“人に抜いてもらっている”感覚に陥る。それに驚いてしまう。

例:オナニーなのにレロレロとフェラしてくる感覚にシラフで陥る

さらに、A10サイクロンSAプラスのほうは今度はジュポジュポではなく“舐め舐めフェラ”をしてくる。“舐め舐めレロレロのフェラで抜く”といった感じではない。

“濃厚に舐め舐めしてきてレロレロとフェラで抜かされる”といった感覚に陥る。自分から抜くのではなく、相手が抜いてくれる感覚になる。紙一重の表現。しかし、感覚はずいぶん違う。かなり違う。

準備と後始末が即終了できるのを選ぶ

いくら気持ち良くても“挿入開始までの準備”と“射精後の後始末”がネックだった。そこに多量の手数が伴うと面倒に感じる。使用するたびに億劫に感じる。ここで大抵のアダルトグッズは脱落していく。

何年も続けられる楽さがある

それらが大変なオナホールやラブドールでも最初の1年は良かった。続けられる。しかし、2年後から続かなくなる。結局、使わなくなって押入れ行きになってしまう。これがお決まりだった。大抵のお決まりだった。

すぐに開始できてすぐに終わる

「準備の面倒さ」と「後始末の面倒さ」がなく、「すぐに開始」できて「すぐに後始末が終わる」オナホールであることが必須だった。

人間に抜いてもらえる感

実践面でさらに必須だったのが「“機械”に抜いてもらえる感覚」ではなく「“人間に”抜いてもらえる感覚」だった。この感覚が必須だった。

機械に抜いてもらう感は余計に風俗に行きたくなる

電動オナホールはかつては「ロボットに抜いてもらう感覚」だった。人間ではなくロボットに抜いてもらうことに魅力を感じさせるようなものだった。

しかし、残念ながら「本当は人間に抜いてもらいたい…」といった感覚が付きまとってしまっていた。未練が生じてしまっていった。まるで余計に風俗に行きたくさせられるようなオナホールだった。

人間に抜いてもらう感でやっとオナホで完結する感覚になる

新型の電動オナホールでは「人間に抜いてもらう感覚」だった。外見からは昔通りにロボットに抜いてもらう挿入感だろうなと感じてしまう。しかし、実際は違った。A10サイクロンSA(+PLUS)やNLSピストン(A10ピストンSAの試作機)など、世界初の性家電ブランドであるVORZEから生み出される新型の電動オナホールは「人間に抜いてもらう感覚ゾーン」に“ガッチリ”と存在していた。

例:「人間が人間の舌でレロレロ動かして舐めてくる」感覚になる

A10サイクロンSAプラスは分厚い舌で亀頭と肉棒を濃厚に舐めてくるフェラを体験できる。風俗嬢の方のプロのフェラに一致感のあるフェラを体験できてしまう。機械ではなく、ロボではなく、目をつむるとペニスで感じるその感触が「人間の舌」。そしてその動き感が「人間が舌を動かして舐めてくる」といった感覚。これに驚いてしまう。

例:「人間が人間の舌でじゅぽじゅぽ頭を動かすほど舐めてくる」感覚になる

A10サイクロンSAのピストン版であるA10ピストンSAの試作機『NLSピストン』はというと、ペニスで直接感じる感触は当然「人間の舌」で、そしてペニスで感じるその動き感が「じゅっぽじゅっぽと激しく頭部を動かして舐めてくる」感覚。単調な上下動かしではない。マニュアル通りにフェラしてくる事務的なフェラではない。円を描くように動いてくる。緩急のある動き方をする。試作機なのにその人間的な動きをペニスで“モロ”に感じて感動してしまった。

まさに人間が愛して欲してくるようにペニスを舐めてくる。じゅっぽじゅっぽ舐めてくる。これに感動する。「ただ上下に動くオナホールを作っただけ」というお粗末ではなかった。じゅっぽじゅっぽ激しく舐めてくる。頭を激しく動かして舐めてくる。「メタルライブ会場か!」と言わんばかりにヘドバンしてくるように激しく舐めてくる。

そしてその人間味を感じる電動オナホールこそが失敗しない電動オナホールであり、性の悩みをより深く満たせた存在であった。

「人間にじゅぽじゅぽヘドバンフェラされてる…」NLSピストンの挿入感

⑵ インテリアとして重宝できるのを選ぶ

買っても失敗しないオナホールのもう1つの条件として、オナニーしないときに“花瓶として飾れること”が必要があった。オナホールとして機能していないときでさえも使えてしまう。収納することさえ必要としない、そんなインテリア性にも“抜群に”優れた電動オナホが重用してしまう条件の1つだった。オナホとして使っていないときも触れ続けることで失敗したと感じなくなれる。

花瓶として使えるのを選ぶ

花を挿したときに「さすがに純正の花瓶とは言えないが少なくともジョークな花瓶として飾れる」といったレベルにあれば花瓶として飾ることができる。「だんだん隠したくなってくる」といった感覚にさせられない。

外見からゴム箇所が無いのを選ぶ

部屋に誰かに入られた時に、その花瓶を見てオナホだとは連想されない次元に居ることが必須だった。電動オナホール本体に、ゴム箇所だったり性的な要素があると「ひょっとしてエッチなグッズではないのか?」といった連想が始まってしまう。

A10サイクロンSAは新型になってA10サイクロンSAプラスになるとともに、その性的なものを連想させるゴム要素をカットしてくれた。すべてプラスチック製になってさらに花瓶として飾りやすくなった。ゴムである専用ホールは普段は取り出せば花瓶として飾れる。

≫『キャップからシリコンゴム箇所が無くなったことは改悪では無かった。

NLSピストンはゴム箇所が無い。そのため、花瓶として飾ったときに、花瓶じゃないと思われても、少なくともオナホールだとは思われない。何かのガジェットだと思われる。だからこそ、ジョークなおもしろ系花瓶として存在できる。A10サイクロンSA同様に専用ホールは普段は取り外して、専用ホールだけを隠して本体は花瓶として堂々と飾れる。

おまけに、本体にメーカー名やブランド名などの刻印が微塵もないため、その花瓶に近づかれてググられてオナホだとバレることもない。

≫『【ググられない】NLSピストンは本体に刻印が無いので家族バレせずに飾れる

部屋に花瓶として飾れる電動オナホールを選ぶと長く使える。

箸立てとして使える

花瓶としてではなく箸立てとしても利用できる。当然、純正の箸立てとは言えない。しかし、何かのおもしろ系の箸立てとして利用できる。このようなくだらないことにもジョークに利用できる電動オナホールが失敗しない電動オナホールの条件の1つとなった。

ゴム個所が無いおかげで清潔に箸を立てられる

旧型であるA10サイクロンSAが新型A10サイクロンSAプラスになって、外見のキャップ箇所がすべてプラスチックになってくれた。そのため、性的なものを連想させるゴム個所がない。おかげで、箸を立てたときに清潔に立てられるようになった。新型になってより箸立てとして利用できるになった。

キャップを取った状態でも箸立てとして利用できる

NLSピストンも箸立てに利用できる。A10サイクロンSA+PLUSのほうはキャップを外した時に、あたかもキャップがない状態が完成品だと思えるため、キャップを取った状態でも綺麗に箸立てとして利用できる。入る本数も増える。ただ、NLSピストンはキャップを取った時にキャップが欠損してる感が否めないため、箸立てとして向いているのはそのA10サイクロンSA+PLUSのほうでもある。

ドライヤー立てとして使える

箸立てとしてではなくドライヤー立てとしても利用できる。箸立てと同様に、純正のドライヤースタンドとは言えない。しかし、ドライヤー立てとしてもちょうどいい。日常的にふと必要になるドライヤースタンド、そんなときにも役立ってくれたと感じるとやはり買ってよかったと感じてしまう瞬間だった。

A10サイクロンSAは専用ホールを取り外すと、標準的なドライヤーがスポット入ってくれる。おまけに重心が底部のほうにあるため、勝手に倒れてしまうことも起きない。さらに穴が不快ので送風口が接触することもない。

⑶ 実践時でも非実践時でも重宝できるのを選ぶ

⑴ オナニーとして利用するといった本来の目的においても重宝してしまうほどの気持ち良さがある。リピート使用してしまうほど開始準備や後始末が楽であること。それが必須条件だった。さらに、

⑵ インテリアとして利用するといった社会的なTPOでも利用できてしまうほどのヴィジュアルがある。「ひょっとしてこれはオナホではないのか?」と思われないほどインテリアとしても機能してくれる。それがもう1つの必須条件だった。そして、

⑶ そして上記の2つを兼ね備えたオナホールを買うことで、”より繊細な領域でさえも”買って失敗したと感じることのないオナホールを手にできる。具体的な買い方として、後悔しやすい“自分ご褒美目的”に買っても後悔しないおすすめの代表オナホールと買い方は以下となる。

「今日頑張った!翌朝…」自分ご褒美に買っても後悔しない電動オナホを選び抜いて買う方法

【人と接触することなくオナホールとラブドールで性の悩みに振り回される日常を終わらせる方法】
第1章|セックスしたい
■必要だった存在

感覚的なコツ対策「どういった視点でセックスすればいいのか定まらない」
Q&A|セックスしたい
第2章|フェラされたい
■必要だった存在|フェラされたい欲

家庭事情対策「フェラされたいが身内バレが不安で買えない」
節約や代替事情「電動オナホは高いので一般の安いオナホ数個で後は脳内補完で代替して節約したい」
第3章|エロから美術へ
■必要だった存在|エロから美術へのバトンタッチ

共通
Q&A|共通
第4章|卒業確認
性的な視点だけでなく美術的な視点でも楽しめるかどうかを確認する
■メリット
  • 0. 人と接触せずにオナホールとラブドールだけで性の悩みを終わらせられる
  • 0. 妄想やバイアスによる自己説得ではなくシラフで終わる
  • 1. オナホールを次々に買うループにハマらない
  • 2. ラブドールを次々に買うループにハマらない
  • 3. 性の悩み依存から費用をより掛けずに卒業できる
  • 4. 性の悩み依存から卒業することで“必要だと感じたときにだけ買う”という良好な共存状態に至れる
  • 5. より早く性の悩みを終わらせられる
  • 6. “性欲”から卒業できたと言えども拒絶したり排他せず今度は美術鑑賞に利用できる