性の悩み終了後はエロ漫画のエロ絵だけでは勃起せず「熟読する」ようになる

目次

エロ漫画のエロ絵に勃たなくなる

動物的なエロに無反応

「ダメだ…勃たない」

エロ漫画(成人漫画)の「野生的で動物的なセックスシーンだけの箇所」をいきなり見てもまったく勃起もムラムラもしなくなってしまった。

“人間的な交流シーンで愛を感じないと”勃起しなくなってしまった。

以前はパラパラとめくって抜けるシーンを探してそれだけで勃起していた。いわゆる動物的な感覚だった。エロいシーンが目に入るだけでムラムラしたりガチガチに勃起したり我慢汁が出てきたりした。

人間的なエロにやっと反応

「熟読すれば勃つ…」

今度はエロ絵をただ見ても勃起しなくなってしまった。未読の新しいエロ漫画であっても勃起しなくなってしまった。しかし、セリフを熟読してしかもそのシーンの雰囲気を味わってようやくムラムラと勃起できるようになった。

3コマだけでは勃起しない。数ページで話の流れに入り込んでから、やっと勃起するようになった。動物的な感覚ではなく、人間的なゾーンでムラムラするようになってしまった。

配達員の方も店員の方もエロに何食わぬ顔だった理由が判明

世間はエロに何食わぬ顔

配達員の方が何食わぬ顔な理由

やっと判明できた。なぜ配達員の方はエログッズやラブドールを配達して来てくださったときも普段と同じ様な表情だったのか。それは配達先の方と恋的なコミュニケーションがお互いに育まれていないからだった。

ドンキのエログッズ売り場の女性店員の方が何く食わぬ顔な理由

ドン・キホーテでたまたま女性店員の方のレジで、その時、ローションとオナホとラブドールに使うSM器具を買ったのに「何食わぬ顔で」レジをされていたのか。同じく、そのレジの方と恋愛的なコミュニケーションが育まれていないからであった。

やっと謎が解けた。「人間的な交流で愛を感じる雰囲気に浸った時に性的なことに反応するから」だったのだ。だから表情が変わらなかった。

暗い路地裏で露出狂の方に魅せられても勃起しない理由

そしてなぜ暗い路地裏でいきなりコートをバッと開かれておっぱい丸出し全裸を魅せられたときにシンプルに勃起するだろう感覚だったのに対し、もう絶対に勃起しない感覚になったのか。

それは「この露出狂の方に関わるとトンデモナイことになる」といった恐怖心ではなく、シンプルに「人間的なコミュニケーションの交流がないと勃起しない」といった見解に至ったことが決め手であった。

やっと謎が解けた。やっと同じ次元に至ることができた。やっとだ。

オンナの方がなぜ「単なる性的なものにムラムラしない」のに「ラブラブする雰囲気にさせられてやっとムラムラする」といったシーンがドラマにあるのか、アニメにあるのか、やっと謎が溶けた。

「オンナの方がペニス写真を送りつけられても何食わぬ顔なドラマシーン」の理由

なぜ「オンナの方が見ず知らずの男性の方にペニスの写真をいきなり送りつけられてもムラムラせず、そしてそれを“今日のオカズにしよう”ではなく“不快”と見なすシーン」がドラマにあるのか。

理由は「その人がまだ好きではないから」すなわち「人間的なコミュニケーションが行われておらず愛を感じておらずまだ成立していないから」であった。

これだこれだ。

この感覚だ。

ドラマやアニメで謎だったあらゆる謎が次々に解けていった。溶けるように解けていった。自然溶解していくように解けていった。

人間的な愛の交流感を感じて「やっと」ムラムラし出す

人間的な愛を感じてスイッチON

動物的なエロには勃起しなくなる

動物的なエロではない。動物的なエロは通過点、そしてやっと人間的な愛を感じて初めて勃起するゾーン、やっとこの領域に至った。最初に人間的な愛を感じないとスイッチが入らなくなる。これだ、これだ。

コツは動物的なエロを味わい切ることだった。

この次元だ。この次元に踏み入るコツはとにかくラブドールとオナホールで動物的で野性的なエロを飽きるまで味わい切ることだった。そして飽きてしまって、勃たなくなって、今度は人間的な交流のシーンで愛を感じないと勃起しなくなる、この次元だった。

“エロ排除”ではなく今度はエロを美術として愉しむことだった。

そしてそして、「飽きたのでそれではサヨナラ」といった排他的な価値観ではなく、「今度は美術として楽しむ」といった寛容的な価値観が決め手の1つとなった。

同時に、なぜ『アート趣向の地”北海道札幌(エロを試される大地でもある地。)』の街路のいたるところにやたら“裸像”が設置されているのか、そして世界に“勃起乳首やおっぱいやオチンチン丸出しの”裸像が大量にあるのか、寛容的な価値観が決め手だった。美術であった。

美術が強烈な恋愛感情から脱出させてくれる

“美術”が上品な感覚へ。

もし美術に興味を先に見出していなかったらここで強烈な恋愛感情にさいなまれていたはず。しかし、美術化することで難を逃れた。危なかった。

“絵画を描くための美術資料”として観ると恋欲に苛まれなくなる

「アニメの制作側はカップルの方々を見たときに題材の1つとしても見ている。美術資料として見ているに違いない。」そう決め込んでそういった“資料視点”が補助として必要に感じられた。(結果、老後も孤独の有無に関わらず絵画を描くことが趣味の1つになっていく。)

例:“美術”オリエントがドロドロを美術化してくれる

やはり「性の悩みには美術が必要。」改めてそう感じさせられた。貴重な舵取りになってくれた。特にオリエントドール等が綺麗に美術化させてくれた。オリエントは存在が美術だ。貴重な舵の1存在だった。カップル存在を見ても絵を描くための美術資料として見なせるキッカケの大きな1存在となってくれた。

例:“SEX性能が★一つ感”だからこそ“美術に居る”オリエントが美術の魅力に誘導してくれる

なぜオリエントドールは「ラブドール業界内の進歩に逆行して未だにセックス性能が不得意」なのか。その謎がまた1つ解けた。それは「美術ゾーンに“完全に”居るため」であった。オリエントドールはエロが目的ではなく美術が目的だったのだ。そして、ドロドロ恋欲愛欲から引き上げてくれて上品な美術の魅力に誘導してくれた1存在であった。

美術が“ドロドロ恋欲”を上品化してくれる

性の悩みが終わり、動物的なエロには無反応になってしまって人間的な愛にペニスがやっと反応するようになる。それにより、やっと性依存から卒業を確信することになる。しかしそこで普通は恋い焦がれて「源氏物語か!紫式部か!ドロドロ恋欲日常か!」と言わんばかりに新たに悩まされてしまいそうになる…

そこで!美術が綺麗にバトンタッチしてくれた。少なくとも「またドロドロ感に入り込みそうだった瞬間」にさいなまれることは無かった。「上品な感覚」にさせられた。

美術で“エロ漫画の恋物語”にさいなまれなくさせてくれる

そしてエロ漫画レベルから現れ出した。以前はエロいシーンばかり読んでいたのに「人間的な交流のようなシーンを求めて」熟読するようになってしまった。恋愛系の突入しても恋い焦がれて日常に手がつかなくなる事態も防げた。

美術で“ニャル子さん、そばに居て…”な虚無感に襲われなくなる

純愛漫画レベルからも現れ出した。以前は這い寄れニャル子さんのアニメが終わったときに酷い虚無感にさいなまれた。「ニャル子さんがいてくれたらいいのに…」と何も興味を見い出せなくなってしまった。日常に手がつかなくなってしまった。その状態に至ってしまう流れを今回、美術の一助で無くなった。

美術で“自身の配偶関連をも除外して”純粋に熟読できる

そのため、ドロドロ恋愛漫画でもドロドロ愛欲漫画でもパートナーの有無に関わらず熟読して楽しめるようになってしまう。読了後に強い愛欲や強い恋欲や強い虚無感にさいなまれる不安も無く安心して熟読できるようになる。

ラブドールとオナホールでもこの次元に至れる

“美術”が上品な感覚へ。

人に接触しなくても性の悩みは終わる

やっとだ、やっとだ。本当に長い長い道のりであった。そしてこの長い道のりでやっと結論に至った。人は「人に接触することなく」ラブドールとオナホールであってもこの次元に至れるということに。この“エロに振り回されて日常が落ち着かないという性の悩みから卒業した次元”に。

「人に接触しなければ性の悩みは終わらない」という選択肢“のみ”の時代は終わった。これからは「ラブドールとオナホール」という新しい選択肢が得られた。「新しい時代の幕開けである。」そう、しかと感じられた。

諸事情で人に物理的に近づけない場合でも性の悩みは終わる

もし「人と30cm以上に近づけない」といった物理的な諸事情等があって絶望に瀕している場合は、ラブドールとオナホールも助けてくれる。道は閉ざされたわけではまったくない。ラブドールとオナホールも重要な一助となってくれる。

ラブドールもオナホールも“依存させない”健全な存在だった。

ラブドールもオナホールもただの“救済者”ではない。“崇める存在”ではない。“拝む存在”ではない。“単なる一助”となってくれる。“誰かに助けてもらう”依存状態ではなく「自ら自分を助ける!」といった“依存状態にならない”健全な状態にしむけてくれる。促してくれる。援助してくれる。

依存すると性の悩みが延々に終わらなかった。

「誰かに何かに(完全にマグロ状態で)救ってもらおう」といった魂胆があると「ずっと“救済してくれる存在”に依存」してしまって延々に必要になってしまう感覚にさせられた。それは健全ではなかった。それらは“プレイ”といったコスプレや演劇感覚など美術として楽しむことでやっと性の悩みが終わり始めると痛感した。

依存しない状態でやっと性の悩みが終わり始めた。

健全とはすなわち「依存せずに自立した状態」といった感覚、自立したと言えども今でも離れずに接触している場合は「依存ではなく“あの時、一助になってくれてありがとう”感覚で今も触れているだけ。いつでも離れられるけれど、この喜びやその存在価値をシェアしたい。だから今も美術として触れ続けている。」といった感覚であった。その寛容的な感覚も性の悩みを終わり始める一助となった。

“美術”な「オナホやラブドール」が性依存から卒業させてくれる

そして、その健全な位置から“教○的な位置になることなく”ブレずに援助をしてくれた存在、“ゴ○ド”等と表現するときはただの言葉遊びといったジョークで美術な感覚に留めさせてくれた存在、それがラブドールであった、オナホールであった、それらまとめて「“美術”的な存在」であった。

性の悩みに振り回されて日常がおぼつかない日々から卒業する際の貴重な一助になってくれる。「エロ漫画」さえも美術的に見えてしまうほどに。

物理的に人に接触できない環境においても性の悩みで絶望に暮れた後も必ず立ち上がれる。絶望に暮れ続ける未来など「決して」無い。貴方殿こそが立ち上がれる。


 

絶望は終わる。再び立ち上がれる。
強き貴方殿こそが自力で立ち上がれる。
“美術”で新たなトビラを開こう。

【人と接触することなくオナホールとラブドールで性の悩みに振り回される日常を終わらせる方法】
第1章|セックスしたい
■必要だった存在

感覚的なコツ対策「どういった視点でセックスすればいいのか定まらない」
Q&A|セックスしたい
第2章|フェラされたい
■必要だった存在|フェラされたい欲

家庭事情対策「フェラされたいが身内バレが不安で買えない」
節約や代替事情「電動オナホは高いので一般の安いオナホ数個で後は脳内補完で代替して節約したい」
第3章|エロから美術へ
■必要だった存在|エロから美術へのバトンタッチ

共通
Q&A|共通
第4章|卒業確認
性的な視点だけでなく美術的な視点でも楽しめるかどうかを確認する
■メリット
  • 0. 人と接触せずにオナホールとラブドールだけで性の悩みを終わらせられる
  • 0. 妄想やバイアスによる自己説得ではなくシラフで終わる
  • 1. オナホールを次々に買うループにハマらない
  • 2. ラブドールを次々に買うループにハマらない
  • 3. 性の悩み依存から費用をより掛けずに卒業できる
  • 4. 性の悩み依存から卒業することで“必要だと感じたときにだけ買う”という良好な共存状態に至れる
  • 5. より早く性の悩みを終わらせられる
  • 6. “性欲”から卒業できたと言えども拒絶したり排他せず今度は美術鑑賞に利用できる