「風俗フェラされたいが面倒…」新電動オナホで風俗フェラを自宅所有できる

「こ、この感触..A10サイクロンSAに一致している!!」検証すべく風俗に出向いた時に風俗嬢の方のプロのフェラに一致していた事実に驚愕した。「“オナホと言えども、結局風俗だよね”という時代は終わった!」そう痛感した。昔に電動オナホールを使用しながらも感じていたあの「本当は風俗嬢の方にしゃぶられたいんだけど…仕方なく」と正直思っていた。しかし、それが終わった。「これは風俗嬢の方のフェラだ。」そう悟った。新型の電動オナホールで風俗フェラを自宅に所有できてしまう。風俗にセットで付きまとっていた手間や準備やお金溶け感を回避しながら風俗フェラを自宅で味わえてしまう。

1.レロレロ風俗フェラを所有できる電動“フェラ”オナホール『A10サイクロンSA+PLUS』
(『風俗嬢のフェラが電動オナホのA10サイクロンSA+PLUSにそっくりだった。』)
2.じゅぽじゅぽ風俗フェラを所有できる電動“フェラ”オナホール『NLSピストン』
(『「人間にじゅぽじゅぽヘドバンフェラされてる…」NLSピストンの挿入感』)

「風俗に行きたいが準備が面倒…」

【風俗マナーに伴う準備を省略してすぐ風俗嬢の方のフェラを自宅で体験できる。】舌磨きしなくて済む。髪を整える必要がない。顎の下を綺麗にしなくて済む。今日の出勤嬢を確認する手間が無くなる。営業時間に振り回されなくなる。マナーを再確認する手間もない。靴を磨く手間もない。より清潔な衣服やスーツを用意する手間もない。より綺麗な下着を用意する手間もない。せっかくの70分が性処理感に終わってしまう事態にも遭遇しない。

今すぐその場でフェラされて満たせる。前記に掛かる手間や費用をすべて削減できる。「フェラされたい…」と感じたときに“風俗のみ”という選択肢ではなく、電動オナホールという選択肢も導入することで時間とお金を大幅に節約できる。昔の電動オナホは代替できない。しかし、最新の電動オナホールで“自宅で風俗嬢の方にフェラされてる…!(目をつむったときとVRのときだけど。)”というのを自宅に所有できる。

「舌磨き面倒…」舌磨きしたりする手間を省ける

「しまった、、風俗前に舌磨きしないと…」

風俗を利用するというここぞの時に舌磨きをすることで口臭を無くすことができる。舌磨きを毎日すると逆に口臭がしてしまうので切り札感覚の選択肢となる。切り札感覚のため、忘れがちになってしまう。外出前にそのことに気づいてとっさに舌磨きをする事態、また、店舗の入浴中に舌磨きをする意識や手間も生じてくる。

そしてもし、舌磨きをして外出したはいいものの精力ドリンクを飲んだり急にお腹が空いてしまって「お腹が空いてしまうとイケなくなってしまうからせっかくの費用が無駄になってしまう…」と焦ってコンビニで何かを買って食べたときに「あぁ、店舗で入浴時に舌磨きしないと。。」といった”TODOリストが追加される感”さえ生じてくる。電動オナホールはその手間がない。

「髪直さなきゃ…」髪を整える手間を省ける

「しまった!髪がボサボサだ…!」

第一印象で清潔さが決まるのは「髪」となる。決定的な箇所こそ髪となる。そのため「髪の毛さえ綺麗に整っていれば清潔だと思われる」といっても過言ではない。ボサボサだと生理的な感覚でサービスの質が落ちてしまう。電動オナホールならば、たとえボサボサの頭のときであっても髪を意識的に整えることなくすぐにフェラ体験で性欲を満たせる。

「アゴ下臭いかも…」顎の下を拭く手間を省ける

「アゴ下だけは要注意、要注意だ…。ハッ、忘れてしまった!」

顎の下をゴシゴシしたときに臭いを確認できる。そしてもし臭いがあるとキスのときや、顎に鼻を近づかれたときに後悔してしまう。その問題は入店前に顎の下を汗ふきシートでゴシゴシしたりすることで防げる。もし入店前に入浴を済ませる場合は顎下も洗う手間が生じる。電動オナホールはその手間が無い。

「今日の嬢は?」どの嬢が出勤かチェックする手間を省ける

「お金を溶かしたくないから事前に良嬢をチェック…」

「せっかく多く出すのだから…」とフリーで行くと決めたものの「今日は正直目当ての方がいない、明日なら..明日にしようか」といった振り回され感が電動オナホールには無い。ホームページをチェックする時間も労力も意識も必要ない。今、すぐに、自宅でフェラをインスタントに体験できる。

「営業時間は?」営業時間に振り回される感覚を省ける

「営業終了が24時だから、、あぁ…あと1時間ぐらいで準備しないと…」

「閉店が24時だから少なくとも22時30分ぐらいに到着しないと…今20時だから…」といった振り回され感がない。電動オナホならば、完全に自分の都合でフェラを体験できる。風俗嬢の方のレロレロフェラに一致感のあるフェラを体験できる。

「風俗マナーの再確認…」マナーを自身に再確認する手間が省ける

「お金を払ってるから何してもいい!…っていうのは間違いなはずだ!」

マナーを守らなくても風俗は利用できる。しかし、お店の方にもキャストの方にも迷惑が掛かってしまうため清潔面において再確認することでより気持ちの良い接客を受けられる。それにより、値段以上の体験を受けられる。風俗マナーを重々承知している前提においても、電動オナホールはそのマナー再確認が必要ないことに気楽ささえ覚えることとなる。マナー等から全て解放された完全なマグロ状態で使える。手荒く扱ってしまってもOK、日常的についつい使用してしまい、気づいたら値段以上に使用している実感に感動してしまう。

「靴綺麗にしなきゃ…」靴を磨く手間と費用が省ける

「足元が汚いと…」

風俗を利用する場合、入浴室に入った時に風俗嬢の方がしゃがんで靴を揃えてくれる。そのときに至近距離で靴を見られ、そして触られる。万が一泥が付いていたり汚いとお互いに楽しめない。そのため、「靴に泥が付いてないかどうか」確認することでより楽しめる。

その際に制汗タオルを代替利用して靴を拭いたり、せっかくのそのタオルを消費したり、靴磨きを消費したり、靴磨きが無い場合や気づいたら無くなってしまっている場合は買う必要がある。しかし、電動オナホールはその義務感がない。そのため、靴磨きに使う物品の消費と購入に掛かる手間と費用と時間を省略できる。すぐにフェラされたいという目的を果たせる。

「清潔な服で…」清潔な綺麗な服で行く手間と費用が省ける

「対人間だからこそ清潔さを徹底的に…」

入浴室に入ったときに服を脱ぐ瞬間がある。そのときにフワッと洗濯していない臭いがしてしまうとお互いに楽しめない。電動オナホールはたとえ一日汚れきった服でされも、たとえ何ヶ月洗っていない服でさえもまったく関係なく毎回最大限に性能を発揮した気持ち良さをすぐさま体験できる。

「新品の下着で…」より清潔な下着に着替える手間と費用を省ける

「パンツは至近距離に近づかれてさらに脱がされるから綺麗にしないと…」

入浴室に入った時に服を脱ぐ機会がある。そのときにパンツを脱がされる。自分で脱ぐのではなく、自身側はベッドに腰掛けて、そして風俗嬢の方は床に座ってパンツに顔を近づけて脱がしてくれる。そのときにもし、臭いが発生していたらお互いに楽しめなくなってしまう。風俗利用時は新しいパンツで行くことお互いにより気分良く楽しめる。電動オナホールはその配慮や手間や費用が必要ない。

「性処理感…」プロ意識がたまたま無い時に当たる事態を回避できる

その時の体調等によってたまたまプロ意識が欠けてしまってる感の嬢の方だと性処理感で終わってしまうので指名前にプロフィールや日記をチェックしないと…といった手間を省ける。「70分と言えども万が一“性処理”になってしまう事態にお金を溶かしたくない!」

フリーで入店した際に、現在出勤しているプラカードを見せられる。そのときに選ぶ必要がある。しかし、万が一、性処理される感覚で終わってしまうと費用がパァになってしまうため、やはりチェックしたくなってしまう。

「対人間を求めて費用を払っているのに性処理感で終わったらパァになった感覚がしてしまう」といった恐れと、それを防ぐために「事前に今日出勤しているキャストをサイトで確認してどのキャストがより性処理タイムで終わらずに対人サービスをより提供してくれるかを確認する」という手間が生じる。その恐れと手間を電動オナホールは省略することができる。そして、電動オナホールは性処理に見えて最近は“愛して欲してくる”感覚を体験できる。

「無駄遣い感…」渋って70分にして後悔する事態を省ける

しぶって70分にしたらただ性処理されただけで会話が忙してできなかった、なら自宅で電動オナホで抜けばよかった…と後悔する事態と無駄遣い感を省ける。
「あぁ…性処理みたいだった。。。電動オナホでサクッと済ませばよかった…」

風俗利用時に70分間、90分間、120分間などの利用時間を選ぶ手間がある。そのときに「70分=性処理感、90分=性処理感に加えて対人サービスも、120分以上=性処理感ではない対人サービス満載タイム」になる。性処理に払うのではなく、やはり会話やコミュニケーションや人間にしかできないサービスに払うメリットが風俗でこそ楽しめるため、120分以上を選ぶと割に合う消費になる。しかし、やはり高い。しかし、万が一プロだった場合は70分でも人間的なサービスを受けられる。しかし、結局、渋って70分にした結果「性処理に費用を払ってしまった」感で退店するという結果となる。

一方、そのせめぎあい感やギャンブル感が電動オナホールにはない。「性処理は電動オナホールで済ます。最近は進化して“抜いてくれる感触”だったり“愛して欲してくる感触”をペニスで感じられて人間的な感覚も楽しめるので、いっそう電動オナホでサクッと済ませたい。」といった棲み分けができる。そして「人間的な接触目的でのみ風俗を利用する」という選択になり、“風俗にお金をつぎ込んで溶かす事態”も回避できる。

「普段の性処理は電動オナホ」で「どうしても人間を体験したい場合は風俗」といったガッツリした割り切りと節約ができる。

「今、ここで、すぐしたい」都合に関係なく今すぐフェラ体験できる

ソープを利用する場合は、風俗マナー的に自身側の清潔面を再確認したり、営業時間を確認したり、どの風俗嬢の方が出勤しているか確認したり、料金を確認したり、射精に至るまでに多数のプロセスがある。デリヘルの場合は風俗利用可能なホテルかどうか確認したり、また同様に料金を確認したりキャストの方を確認したり、電話せずに行ける店舗型と違って電話する必要があったり電話でホテル名を言ったりとにかくこれまた多数の手数がある。

しかし、風俗嬢の方のフェラが体験できる電動オナホールを所有していることで「風俗嬢の方にフェラされたい、でも面倒」といった時に今すぐその場ですぐに挿入開始し「す、すごい!風俗嬢の方のフェラに一致感がすごいある…!」と「あぁ…今回も風俗にわざわざ行く必要は無かったようだ。節約できた、節約できた。」と満足するフェラ体験ができてしまう。時間と手間と労力とお金を大幅に節約できる。

風俗を機に色々と外見や清潔面等がさらに磨くが掛かるというメリットがある。しかし、「そんなメリットは今回要らない!」というさらなる次元の比較においては、電動オナホールこそが“自宅”風俗の役目をよりお金をかけずに果たしてくれる。

「性○が不安…」前戯したくないジレンマにハマる事態を省ける

「舐めても大丈夫なのだろうか…数週間後に予定があるし…」

クンニをする際に「性○対策は大丈夫だろうか…実は風俗であっても滅多にかからないと知っているけれども、このまま舌で舐めるのに躊躇してしまう。もし現れる場合は数週間と言えども体調を崩して予定を変更するのも面倒。しかし、舐めたい…」といった感覚的なジレンマや障壁が電動オナホールにはない。「決して性○にかからない」という安心感がメリットでもある。

「お金を溶かしたくない…」射精後に費用と手間を溶かした感を防げる

「あぁ…性処理に費用を溶かしてしまった…」賢者モード

射精したときに支払った費用と、今回の風俗のために準備した手間が一瞬にして空気に溶けてしまう感覚にさいなまれる。

特に事務的に性処理されてしまったときには「あぁ…電動オナホールで済ませばよかった」とさえ感じる事態に陥ってしまう。電動オナホールはその溶けていく感覚やペニスを挿入するまでの手間とその後の後始末が賢者モード中に溶けていく感覚がない。

溶けるものが無いほどサクッと準備や後始末が終わる。そして何よりも、商品価格のことを忘れてしまうほど何回も何回も何回も何回も使っている自身がいることに気づく。そのため、溶ける感覚がない。割りに合っている。値段以上の価値を感じてしまう。精神的快楽にお金を溶かしている感覚が非常に薄い。空気に溶かさずに本当に価値のある物にお金を使った感に感動さえ覚えてしまう。「電動オナホなのに風俗を利用した感がある…」とさえ7.8割ぐらい感じることとなる。

「“人”に触れたい」といった時にだけ風俗を利用できる

身だしなみをより整備して、手間を掛けて、時間を掛けて、費用を掛けてまで、そうしてまで心情的にも触れ合いたいといった時にだけ風俗を利用できる。性処理ではなく7割〜9割程度の人間味を感じながら性欲を満たす場合は電動オナホールで満たせる。性欲を満たすための選択肢を多く持てる。これにより、依存感も減退し、節約もできる。風俗もオナホールもどちらか一方だけといった排他的な利用ではなくどちらも共存的に利用できる。オナホールは人を笑顔にする正義、風俗嬢の方も人を笑顔にする正義、そうに違いない。どちらも優劣無くお互いに楽しめてしまう。

「今日頑張った!翌朝…」自分ご褒美にオナホを買っても後悔しない買い方

【人と接触することなくオナホールとラブドールで性の悩みに振り回される日常を終わらせる方法】
第1章|セックスしたい
■必要だった存在

感覚的なコツ対策「どういった視点でセックスすればいいのか定まらない」
Q&A|セックスしたい
第2章|フェラされたい
■必要だった存在|フェラされたい欲

家庭事情対策「フェラされたいが身内バレが不安で買えない」
節約や代替事情「電動オナホは高いので一般の安いオナホ数個で後は脳内補完で代替して節約したい」
第3章|エロから美術へ
■必要だった存在|エロから美術へのバトンタッチ

共通
Q&A|共通
第4章|卒業確認
性的な視点だけでなく美術的な視点でも楽しめるかどうかを確認する
■メリット
  • 0. 人と接触せずにオナホールとラブドールだけで性の悩みを終わらせられる
  • 0. 妄想やバイアスによる自己説得ではなくシラフで終わる
  • 1. オナホールを次々に買うループにハマらない
  • 2. ラブドールを次々に買うループにハマらない
  • 3. 性の悩み依存から費用をより掛けずに卒業できる
  • 4. 性の悩み依存から卒業することで“必要だと感じたときにだけ買う”という良好な共存状態に至れる
  • 5. より早く性の悩みを終わらせられる
  • 6. “性欲”から卒業できたと言えども拒絶したり排他せず今度は美術鑑賞に利用できる