風俗嬢のフェラが電動オナホのA10サイクロンSA+PLUSにそっくりだった。

性のプロである風俗嬢の方に、しかも何年も勤めている熟女風俗嬢の方にフェラされた時に「A10サイクロンSA+PLUSとそっくりだ…」そう感じてしまった。本当に驚いた。ホンッとうに驚いた。初めて人間にフェラされた体験でもあり驚きがさらに大きかった。

A10サイクロンSA+PLUSで風俗嬢のフェラを体験できる

その熟女風俗嬢の方にフェラされているとき「あれ?フェラされているはずなのにあの電動オナホと同じだ」そう感じてしまったのだ。「電動オナホールがフェラの感触」というは正直「それに近いだけ」で「“僅差”ということはない」と思っていた。しかし、その性家電がいかに人間に近いかをリアルに思い知らされた瞬間だった。僅差だった。A10サイクロンSA+PLUSで風俗嬢の方のフェラを味わえる。

風俗嬢の方のフェラとA10サイクロンSA+PLUSとの違い

プロの熟女風俗嬢の方によるフェラは亀頭の裏筋に時々引っ掛かる非快適さがあった。そして亀頭とペニス全体を同時に舐められている感触が薄かった。

一方、A10サイクロンSAプラスは裏筋に引っ掛かる非快適さがなかった。そして亀頭とペニス全体が「同時に」なおかつ「濃厚に」舐められる感触があった。それが違いだった。

【裏筋感】に違いがあった

違いは裏筋が突っ張られる感触があるかないかだった。風俗嬢の方によるフェラでは裏筋に人工物感を感じ、SA+PLUSは人工感を感じなかった。

裏筋をツーンと突っ張られる非快適さを感じた|熟女風俗嬢の方によるフェラ

「やっぱり人間だから仕方ないのかもしれない…」裏筋が突っ張られる感触を感じたとき「んっ」と思ってしまった。おそらく舐めまわしている時に舌先が強く裏筋に当たってしまっているかもしくは歯が当たってしまっているか、そのどちらかの感触を肉棒で感じた。裏筋に髪の毛がビーンッとなった感触があった。

どちらにせよ、それを感じた瞬間「5%ほど快感が阻害された」と感じてしまった。人間にフェラされているはずなのに人工的なモノが亀頭の裏筋に当たってくる感覚がして快感が少し減少してしまった。「百戦錬磨のプロ熟女の方でも非快適な感触があった…完璧ではなかった…」そう現実を見てしまった。

裏筋引っ張られ感を感じない心地ち良さがあった|A10サイクロンSAプラスによるフェラ

鬼頭裏筋の弁が突っ張られる感触以外はSA+PLUSに付属専用ホールのメデューサを装着した時の感触に非常に似ていた。亀頭を分厚い舌でビッシリ舐めてくる感触がとっっても似ていた。「同じ」と何度も感じてしまった。

※関連ページ:専用ホール“メデューサ”の挿入感レビュー

【同時責め感】に違いがあった

ペニス全体も同時に舐められるかどうかが違いだった。亀頭を分厚い舌でベロッと強めの摩擦で舐め擦られる感触には違いはなかった。風俗嬢の方にフェラされているときは「亀頭を舐められているときに肉棒に何も感触が無くて」寂しさを感じた。一方、A10サイクロンSA+PLUSでは「亀頭だけでなく同時に肉棒にも」舌肉が隙間なく接触してきて寂しさをペニスで感じなかった。

亀頭濃厚舐めと肉棒濃厚舐めが「同時に」起こった|A10サイクロンSAプラス

A10サイクロンSA+PLUSには「風俗嬢の方にベロッ亀頭を擦られる感触」だけでなく同時に「肉棒全体も隙間なくベロッと舐め擦られる感触」があった。ベロッと長い長い分厚い分厚い舌で濃度120%ぐらいで濃厚に舐められる感触があった。ここが人間によるフェラとの違いだった。

亀頭濃厚舐めと肉棒濃厚舐めが同時に感じられなかった|プロの熟女風俗嬢の方

亀頭を濃厚に舐めている最中は肉棒を濃厚に舐められる感触が感じられなかった。亀頭か肉棒かのそれぞれ「どちらか一方」の感触だった。亀頭を舐めているときは肉棒がおろそかになってしまう感触だった。一方、SAは亀頭だけでなく肉棒も手抜きなく同時に舐めてくる感触だった。

分厚くて長い舌を持った風俗嬢の方ならば…

SAと同じことを人間がするには「どれだけ分厚くて長い舌を持っているんだ!」と驚愕する結果となった。そしてヘブンネットの日記で「アタシ舌長いの❤︎」といった写メがよく見受けられたがすなわちあれは「フェラの時に亀頭だけでなく肉棒もおろそかにしないフェラができますよ」といったアピールなのかもしれない。そうSAで謎が解けた。

A10サイクロンSAプラスはプロにもなかなかできないフェラを味わえる

SA+PLUSには「人間にはなかなかできないフェラ」ができてしまっていた。風俗嬢としして長年勤務されているプロ風俗嬢にも舌の大きさと長さが原因で不可能なのかもしれない。プロはプロでも全員は到達できないそのフェラ感をA10cycloneSA+PLUSで味わえるメリットがあった。

本命な専用ホールを付属ホールに選んでくれているあたりが脱帽もの

これほどの「本命な挿入感性能の専用ホール」がA10サイクロンSA +PLUSに「付属している」専用ホールで改めて感動してしまった。セコいメーカーならばこのようなレベルの専用ホールは別売りにして、付属専用ホールあえてショボい挿入感のホールにしてわざと別売りの専用ホールを買いたくさせるような手を使ってくるだろう。

しかし、この新型のA10サイクロンSAに付属していた専用ホールはそういったセコいホールではなかった。別売り専用ホールを次々に買わせるための渡橋的なセコい専用ホールではなく本命のホールだった。それを風俗で再認識した。

※関連ページ:A10サイクロンSA +PLUS(プラス)レビュー|実際使用した感想“改悪無し”

ジュポジュポフェラ感は「風俗嬢の方」の勝ちだった

ジュポジュポ吸いフェラ感はSAには無かった。あるのは分厚い舌で舐めてくるフェラ感のみだった。

ジュポジュポ吸い感に一致感があったのはフリップゼロだった

残念ながらA10サイクロンSAは旧型も新型であるSA+PLUSにもピストン機構が無いため、ジュポジュポじした吸いフェラ感は感じられなかった。ただ、その熟女風俗嬢の方にジュッポジュッポ吸われるようにフェラされている時に「これ同じだ!」と感じてしまったオナホールがフラッシュバックした。それがTENGAフリップゼロだった。吸われる感触に「同じだ」と感じてしまったのだ。本当に驚いた。性家電の性能はもちろん、テンガの性能もいかに人間に近いかを思い知らされた。

※関連ページ:“フェラされたい!”を満たせる。TENGAフリップゼロのレビュー

A10サイクロンSA +PLUS(プラス)のレビュー