「フェラされたい!」をオナホで自宅体験するにはA10サイクロンSAとNLSピストンとテンガフリップゼロが必要だった。



4つのフェラをオナホで網羅体験できる

人間のフェラ感のうち、それぞれを各オナホールで満たすことができる。それぞれを専属的に満たし、脳内で「フェラを味わった」と妄想する必要があった。

①【レロレロフェラ】 ②【じゅぽじゅぽフェラ】 ③【ちゅうちゅう吸いフェラ】
A10サイクロンSAで体験できる。 NLSピストンで体験できる。 テンガフリップゼロで体験できる。
④【愛して欲してくるフェラ】

事務的で一方的なフェラではなく、愛して欲してくるようなフェラ感が上記のオナホのすべてに在る。ハンドオナホールのフェラホールはこの愛して欲してくる感覚が欠損していることにたびたび遭遇した。しかし、上記は遭遇しなかった。TENGAフリップゼロはフェラホールの見た目をしていないのに挿入感がフェラで、なおかつ電動オナホではないのに愛して欲してくるフェラ感だった。

上記の4つの性能を持ったオナホールは残念ながら現在、存在しない。(いつかNLS社かRENDS社がやってくれそうという期待がある。)



フェラはフェラでもレロレロと亀頭や肉棒を舐め回されるフェラがされたい場合は『A10サイクロンSAプラス』が必要であった。この電動オナホールは亀頭と肉棒を同時に“濃度ばつぐんに”舌で擦り舐めてくる感触を味わえる。

A10サイクロンSA +PLUSのレビュー|胸肉

『A10サイクロンSA』で風俗嬢の方と一致してるフェラ感を体験できる

「舌で包まれてる、いっぱいいっぱい肉厚に包まれてる。。そんな状態でレロレロ愛してくるように濃厚に舐めてくる」といった挿入感になっている。そして「風俗嬢の方のフェラと一致感がある…」そう瞬間的に思ってしまう。

手で上下に動かしてもじゅぽじゅぽフェラ感は体験できない

回転させながら上下に自分で動かしてもじゅぽじゅぽフェラ感にならなかった。これを他の電動オナホールで役割分担する必要があった。それがピストン機構のある電動オナホであった。しかし、ピストン分野どれも“しょぼい”ものばかり。そんな中、2018年にやっと本格的なものが登場した。

≫『風俗嬢の方のフェラが電動オナホのA10サイクロンSA+PLUSにそっくりだった。

「これだ!これだ!」やっとそう感じてしまった。頭部を激しく上下に動かしながらペニスを愛して欲してくるように運動的に獣的に食べてくるフェラ感を体験できてしまった。その電動オナホールが『NLSピストン』である。やっとこのフェラ感を体験できるオナホールに出会った。やっとだった。

“NLSピストン”レビュー|胸肉

『NLSピストン』で機械ではなく人間に舐められてる感を体験できる

NLSピストンは従来のような単調な上下動きではなかった。円を描くようにペニスを擦られる。円を描くようにこすられることで「人間に舐められてる。」といった感覚をモロに感じられた。「メーカーが上下動きではなく、円を描くように動く機構にした理由」の謎が解けた。それは“ロボットに舐められる感覚”から“人間に舐められる感覚”にシフトできる決定的な機構だったのだ。「全てのピストン系電動オナホールの動きがすべて円動き系になればいいのに。」とさえ感じてしまうほど気持ち良かった。

従来は「ロボットに舐められている」感がお決まりだった

従来の電動オナホは単調な上下動きのせいで、ペニスで感じるその動き感に“ロボット感”があった。本命の挿入感である「人間にフェラされている」といった挿入感が欠損していた。「やっぱりオナホだから人間にフェラされてる感は味わえないのだろう…」といった諦め感や妥協感があった。

頭をヘドバンさせながら激しく動物的に舐めてくる感を体験できる

NLSピストンはその球体箇所が視界に入ると「人間の頭部だ…」と思ってしまう。直視するとそんなことは思えない。しかし、いざペニスを挿入して舐められながらその球体箇所が視界に入るとなんとその箇所が人間の頭に空目してしまうのだ。それが毎回起こった。そのため「自分の股間でオンナの人が頭を激しく動かしながらフェラしてくれてる…!」といった体験ができてしまったのだ。

従来は「静かなフェラ感」がお決まりだった

今までのピストン系電動オナホールは「頭を少し動かすだけの事務的なフェラ感、“このあと用事があって疲れたらやなんで。”と言わんばかりの静かなフェラ感」だった。「ちょっとフェラには自信無いんで…」「激しくフェラするのは恥ずかしいんで…」といった事務的なフェラ感ばかりだった。肉体派のフェラを体験できなかった。

やっと「運動会的なフェラ感」に出会えた

この電動オナホールはとにかく野性的で、動物的で、獣的で、一心不乱に頭を激しくヘドバンさせるほどにペニスを舐めてくる感、羞恥心など忘れて野生に還ったかのようにフェラしてくる感、股間で激しい運動会が行われる感、それを体験できる珍しい電動オナホールであった。こんなパワフルで肉体派な電動オナホは久々であった。

≫『「人間にじゅぽじゅぽヘドバンフェラされてる…」NLSピストンの挿入感

A10サイクロンSAやNLSピストンに欠損していたのが”ちゅうちゅう吸われる”感だった。NLSピストンは激しく吸う暇もないほど運動会的なフェラをされる体験ができる。しかし、「まったりちゅうちゅう吸われる感」がなかった。そして、それは『テンガフリップゼロ』で補完できてしまった。

「フェラされたい!」を満たせる。TENGAフリップゼロのレビュー|胸肉

『TENGAフリップゼロ』でゴロゴロ舐められながらちゅうちゅう吸われるフェラを体験できる

まるでサイコロステーキの柔らか肉でペニスがひっきりなしに攻められる挿入感だった。動かすたびに肉棒の周りで運動会が開かれる。肉棒の周りで生物がゴロゴロにゅろにゅろうごめく。そして動かすたびに吸われる。ちゅうちゅう吸われる。射精後の萎んだペニスさえも吸引力が低下することなくずっと強く吸われ続けたのは驚きだった、電動オナホではないのに。

外見はロボ感だが実際の挿入感は“ザ・生き物”だった

外見は透明と白色で挿入感は「無機物感のある人工的な挿入感だろうなぁ…」と思ってしまう。しかし、実際は違った。「生き物のナカに挿れてる!」といった挿入感だったのだ。ただのヌルヌルではない。異星人感がある。ひっきりなしに肉責めしてくる。サイコロステーキ責めしてくる。休む暇がない。動かすたびに運動会的にその肉責め、肉舐め。そのオンパレードだった。目をつむるとさらに生き物感が鮮明になっていく。

射精後さえもずっとちゅうちゅう“吸われながら舐められる”挿入感だった

テンガフリップゼロは本体を潰して空気抜きしたときにずっと終始吸引状態が続いた。激しく動かしてもずっと吸引力が低下しなかったのは思わず驚いてしまった。動かしている最中にみるみるうちに空気が入り込んでリセットされるといったことが起きなかった。さらに驚いたのは、射精後にしぼんだペニスの状態になってもずっと吸われ続けるフェラ感だった。そのときペニスを抜いた時に「お掃除フェラされてる…」といった体験さえできてしまった。

≫『風俗嬢の方に吸われるフェラはTENGAフリップゼロで味わえる

「骨の髄まで愛を感じるようなプロ中のプロのフェラを体験したい」といったときに「やっぱりその人間的で心情的な性の悩みの領域を満たすには風俗に行かないと…」といった諦めがあった。しかし、2018年の電動オナホからその“風俗しか選択肢がない”という時代が終わった。事務的なフェラではなく、機械的なフェラではなく、愛して欲してくるフェラを上記のフェラホールで体験できる。

電動オナホ一本のみ体験できるのが理想だが現実は上記で補完し合うことでフェラをやっとフル感体験できる

A10サイクロンSAとNLSピストンとA10ピストンSAが合体した、A10フェラSAとかA10サイピスSAなどが出て「一本で両方の機能が使える」「上下機能もあり、回転機能もある」「NLSピストンの激しいヘドバン感もある」「AI搭載で上下と回転を無尽蔵に組み合わせて勝手に自由に動いてくれる機能」なんてあればもう未来はすごいことになりそうだ。

しかし、現時点ではそんな理想な電動オナホもなければラブドールもなかった。そのため、それぞれに特化した電動オナホールで補完し合う必要があった。三体の電動オナホールが必要であった。

「今日頑張った!翌朝…」自分ご褒美にオナホを買っても後悔しない買い方

【人と接触することなくオナホールとラブドールで性の悩みに振り回される日常を終わらせる方法】
第1章|セックスしたい
■必要だった存在

感覚的なコツ対策「どういった視点でセックスすればいいのか定まらない」
Q&A|セックスしたい
第2章|フェラされたい
■必要だった存在|フェラされたい欲

家庭事情対策「フェラされたいが身内バレが不安で買えない」
節約や代替事情「電動オナホは高いので一般の安いオナホ数個で後は脳内補完で代替して節約したい」
第3章|エロから美術へ
■必要だった存在|エロから美術へのバトンタッチ

共通
Q&A|共通
第4章|卒業確認
性的な視点だけでなく美術的な視点でも楽しめるかどうかを確認する
■メリット
  • 0. 人と接触せずにオナホールとラブドールだけで性の悩みを終わらせられる
  • 0. 妄想やバイアスによる自己説得ではなくシラフで終わる
  • 1. オナホールを次々に買うループにハマらない
  • 2. ラブドールを次々に買うループにハマらない
  • 3. 性の悩み依存から費用をより掛けずに卒業できる
  • 4. 性の悩み依存から卒業することで“必要だと感じたときにだけ買う”という良好な共存状態に至れる
  • 5. より早く性の悩みを終わらせられる
  • 6. “性欲”から卒業できたと言えども拒絶したり排他せず今度は美術鑑賞に利用できる