本屋で働く場合は「性の悩みから卒業」しているとエロ本やBL本にビビらなくて済む

アニメ『ガイコツ書店員 本田さん』で本屋さんのエロ本事情が1話目から描かれている。主人公はエロいワードに動揺し、またエロい表紙に動揺するシーンが描かれている。だんだん慣れていくことで動揺しなくなるといった雰囲気で描かれている。そしてその過酷さには「慣れで克服できる」と描かれている。そして…

“動物的なエロから卒業する”とビビらずに済む

「動物的には反応しない!」

本屋で働き始める前にあらかじめビビらない方法がもう1つある。それは「性の悩みを終わらせて出向くこと」「動物的なエロに反応しなくなること」でビビらずに済む。「エロい表紙を見たときに性的感情が反応する」のが動物的なエロであり、これに反応しなくなることで対処できる。

「人間的にのみ反応する!」

「薄い本の絵、同人誌の絵、エロ本の絵、裸体美術本の絵、ヌード写真集の表紙を見せられただけではムラムラしない」状態、「人間的なコミュニケーションで愛欲的なものを感じない限りムラムラしない」といった状態に至ることでビビらずに済む。これにより…

「もう動揺などしない!」

「これを探しているんだ」とすごくエロいタイトルの本を見せられても動揺することなく純粋に探して案内するといった仕事をこなせる。

「堂々と本屋業務を楽しめる」

触手モノやすごくエロい表紙をスマホ画面で見せられても、また裏面ではなく堂々と表紙を差し出すようにレジだしされても「ただただエロいものを見せられても反応しなくなる」ことで純粋にレジ業務をこなせて堂々感を得られる。

「人間観察をしなくて済む」

作中で描かれている人間観察シーンも無くなる。「レジ中にあれこれと心の中で人間観察的なことを思う」といった自身の脳内メモリを多く消費する行為も無くせる。人間観察などといった行為から開放される。そして本屋業務を純粋に没頭するように楽しめる。

「不安を正当化することもなくなる」

本屋側のガイコツ主人公は「自分のことを童貞と表現する」ことで、その「動揺の強さをさらに強く描こうと」している。“色々な童貞心”をわざわざ自身に思い起こさせて「不安に思うことを正当化する」といったその行為は性の悩みを終わらせることで大幅に減らせることができる。

「安心してください。私はビビらない人間です。」

「安心して!本屋さん!ビビりません!」

雇う側である本屋側が面接時に「エロいのを見せられたときにその過酷さにビビって逃げたりしないだろうか」といった不安を抱かれても「安心してください。私はビビらない人間です。」と即解消して差し上げることができる。BLであろうが、触手であろうが、エロ本であろうが、デスメタル本であろうが、ヌード本であろうが、動物的なエロに無反応になることで、純粋に書物として一括りにできる。

「成人漫画でもなんでもOKです!」

成人漫画であろうがなんであろうが、分野を越えて純粋に本として扱える。「先入観を抱かないようにする!」「仕事だから!」などといった自己説得的な対処法ではなく、エロも受け入れられるといった極めて「シラフ」で「楽」な心情状態で本屋業務にあたれる。「成人漫画に耐性がある」などといった“耐久行為”さえも無い。「なぜ耐久しないといけないのですか??」といった疑問さえ生まれてくるほどに受け入れられる。

「お探しの本、
何でも恥ずかしがらずにお聞きください!」

「恐れ入ります〜ちょっとタイトル言いにくいのですが…」と紳士淑女なおうかがいでも「BLでも触手でもなんでも全部OKですよ!むしろ私も読みますし、ところで何をお探しですか?」といった感覚で堂々としていられる。そして、何の先入観も抱かずに、「こういった人がこんな本を読む」といった「レッテル張り作業」もすることなく、それらの行為から開放されて純粋に仕事した感に達成感さえ覚える。「このバイトはこういった客層が多い」といった口コミに左右される次元からも開放される。どこの仕事でも楽しめるようになる。

「不満無く純粋に貢献感を抱ける!」

「今日もお客さんに貢献できて楽しかった」と達成感を覚えられる。そこに「エロ本だけど。今日はBLが多かったけれど。」といった不純物が達成感の心情に介在しなくなる。その純粋な貢献感を抱く際の純度こそが、性の悩みを終わらせることで純度を上げることができる。

アニメ『ガイコツ書店員 本田さん』は本屋で働く醍醐味を教えてくれる。そして性の悩みに振り回される状態から脱出した状態においてさらに純粋に楽しめることを教えてくれる。

性の悩みを終わらせれば、
本屋の仕事も楽しめる!



※著作権(スクリーンショット画面):アニメ『ガイコツ書店員 本田さん』https://www.amazon.co.jp/dp/B07HZ6NJPR/

 

【人と接触することなくオナホールとラブドールで性の悩みに振り回される日常を終わらせる方法】
第1章|セックスしたい
■必要だった存在

感覚的なコツ対策「どういった視点でセックスすればいいのか定まらない」
Q&A|セックスしたい
第2章|フェラされたい
■必要だった存在|フェラされたい欲

家庭事情対策「フェラされたいが身内バレが不安で買えない」
節約や代替事情「電動オナホは高いので一般の安いオナホ数個で後は脳内補完で代替して節約したい」
第3章|エロから美術へ
■必要だった存在|エロから美術へのバトンタッチ

共通
Q&A|共通
第4章|卒業確認
性的な視点だけでなく美術的な視点でも楽しめるかどうかを確認する
■メリット
  • 0. 人と接触せずにオナホールとラブドールだけで性の悩みを終わらせられる
  • 0. 妄想やバイアスによる自己説得ではなくシラフで終わる
  • 1. オナホールを次々に買うループにハマらない
  • 2. ラブドールを次々に買うループにハマらない
  • 3. 性の悩み依存から費用をより掛けずに卒業できる
  • 4. 性の悩み依存から卒業することで“必要だと感じたときにだけ買う”という良好な共存状態に至れる
  • 5. より早く性の悩みを終わらせられる
  • 6. “性欲”から卒業できたと言えども拒絶したり排他せず今度は美術鑑賞に利用できる