AV依存から卒業して月額AVも解約してスマホからDMMアプリも削除できる方法

【方法】
性家電を使う

電動オナホールの上位機種である“性家電”が日常にあることで、AV依存が無くなった。その結果、月額AVを未練なく解約でき、AVが必須でなくなるおかげでスマホからDMMアプリを削除でき、それまでAVを観るのに必須だった光回線も必要無くなって解約できる、という状態に至った。

「シラフで」削除できる

エロ代金だけでなくスマホ代金も回線代金も節約できる。努力なく素で大幅に節約できてしまう。節約術や生活術や自己啓発や小難しい精神論など不要で「シラフで」節約できてしまう。

もはや「タダで」AV依存脱出感

性家電の本体が高くて高い出費に見えて、その後の大幅な節約分で「もはやタダで購入した感覚」にさえなってしまう。それほど節約できてしまう。「これにハマったらどんどん財布から消えていく」といった恐怖は無用となる。それは起こらない。むしろ財布から消えていかない日々が訪れる。

性家電は小悪魔ではない。
AV依存が終わらせてくれて、エロ節約もさせてくれた。
勇者である。

目次

①性家電を購入すると節約できる

性家電はAV依存やVR依存を促進させるガジェットでは無かった。

「ますますAV依存…」

最初の頃、性家電は『さらにAVに依存させる恐ろしい物』に見えてしまっていた。しかし、実際は『AV依存から脱出させてくれる代物』であった。

そうして性家電を深く経験していくとAVが必須ではなくなった。AVに依存する日常が終わった。AVに関わるものを解約できるようになった。性の悩みが終わるとエロ関係で節約できるようになった。

「当然、オナホにはAVが必須だろう…」

「性家電はオナホだから…」

性家電『A10サイクロンSA』が世に登場してから4年間近くAVを観ながら使用している自身がいた。ずっと長い間「性家電はオナホだからAVが必須だ。性家電もオナホなのだからAVが必須なのだ。」と思い込んでいた。「AV等の補助でなければ実用レベルではない」と思い込んでしまってた。

「まさかあえてAV無しにすることで快感に浸り続けられるのでは!?」

「AV無しという賢者に!」

「AVなしですればずっとオナニーできるかもしれない。アナルプラグのようにずっとしばらく挿れて快感に浸り続けることができるかもしれない。ドライオーガズムに浸れるかもしれない。」と思い、賢者のごとく「あえてAV無し」で開始したときに驚いてしまった。なんと快感に何時間も浸るつもりが「3分で即射精」してしまったのだ。

「入り浸るつもりがまさかの即イキ…」

「こんな気持ち良さが眠っていたとは!」

「この重い服を脱いだ俺様はフルパワーだ!byピッコロ」と言わんばかりにそれまで制御していた生粋の気持ち良さが開放されるかのような異端レベルの射精感に遭遇した。

異惑星的な気持ち良さであった。数年以上長く触れていたのにこの真価に気づかなかった。数年が経ってもはや枯れ気分だったのに改めてその性家電の魅力を思い知らされた。

「これからはAV無しでやっていける!」

「AV無しの時代だ!」

「これからはAVが無くてもやっていける!」そう痛感した。そして連鎖的にエロ関係に掛かる費用が次々に消えていった。自然に節約している状態になっていった。

AV無しで性家電を利用すると“意識せずに自然に”節約できる

「これで節約できる!」

「オナホールにはAVが必要」という概念を無くしてくれた存在が“性家電”であった。(もう1つの存在はラブドールだった。)しかし、ハンドオナホールはさすがにAVが要ると思っていた。「妄想でイクなど続かない!」と思っていた。

しかし!性家電は「AV無しで、妄想無しで、想像無しで、シラフで、ものの3分でイカされる」といったことが連日起こった。「AV依存は起きない、むしろその逆…。AVが不要、節約できてしまう。」そう何度も感じられた。

性家電で「”AVは必須”という概念」が破壊される

「さらばAV必須時代よ!」

「性家電にはもはやAVが必須ではない。AVで新たな視点で楽しめるだけで、必須ではない。」と痛感した。性家電には従来の「AVのお供にはオナホが必要。オナホのお供にはAVが必要。オナホのお供にはオカズが必要。少なくとも妄想が必要」という概念が実は無かった。

そしてその従来の概念を自身から無くしてくれた。「もしかしてこのオナホールも、このラブドールもAV無しで射精に至れるのではないか?」と思わせてくれるようになった。

「”妄想でやりくりしていた大昔”に戻る感覚」ではなくシラフでイケる新時代に突入できる

「さらば妄想時代!」

「昔はAVが無くて皆妄想でオナニーをしていたんだよ。」といった賢者に戻るのではなく「今はオナニーにAVも妄想もシラフで要らない。」という新しい時代に突入した感覚であった。それほど性家電が異星人レベルで気持ち良い。目を閉じればそれは人間にフェラされているよう…、これぞ進化である。

コツは「AV無しで開始してみること」であった。

「ようこそAV無し時代へ」

NLSピストンやA10サイクロンSAプラスなどの性家電を購入した後は「AV無し」で開始すると新時代感を味わえる。

最初は「オナホにはAVが必要」という既成概念が引っ掛かってくる。しかし、そのまま押し通して開始すると妄想など不要でシラフで即イキできてしまう。「性家電にAVは要らないんだ!」と痛感してしまう。

そして同時に味わえる。AV依存が自身から消えていく日常を…。

月額AVを解約できる(月500〜5000円の節約)

「月額AVも未練無く解約」

性家電によってAVによる依存が無くなった。性家電はVRと連動できるのが魅力であたかもVR依存やAV依存にさせるガジェットに見えてしまうが、実際は単体で恐ろしい射精能力があるおかげでそれらに依存しなくなった。

「AVやVRからいつでも離れられる」といった依存ではない良好な関係を築ける。ダウンロード型はもちろんストリーミング型の月額AVさえも解約できる。未練なく解約できる。

「以前は“自分にはAVが必須だ”とあれほど思っていたのに…」

「再入会のループが終わる」

月額AVを未練なく解約できるようになった。「解約したけれどやはり我慢できなくなって再入会した。やはり自分にはAVが必要だ。」といった“やっぱり再入会するループ”の時期があったのにそれが無くなった。ループが終わった。

「きっと老後もAVを必要とするだろう」といった感覚だったのにそれが無くなった。性家電でAV無しで使っているうちにAVは必須ではないと何度も痛感した。AV依存状態から脱出できてしまった。そしてAVやオカズなどを欲する感覚が消えていった。

性家電は次々に節約させてくれる

「エロ関連の出費が減る」

もし月額4980円のストリーミング動画を契約していた場合、性家電を購入すると月に最大5000円近く節約できる。性家電によって依存感が終わり、月額ストリーミングAVやアダルト動画の購入、アダルトDVDのレンタルが必須ではなくなる。

結果、エロ動画、エロDVD、エロストリーミング視聴、それらに関わるすべてのコストをカットできるようになる。節約できる。出費が減る。性家電は本体の金額が高いように見えて、実際は二次的に連鎖して大幅な節約感をもたらしてくれた。

光回線を解約できる(月4000〜6000円の節約)

「光回線も未練なく解約」

DMMなどのストリーミングエロ動画を未練なく解約できるようになり、結果として、光固定回線があまり必須では無くなるためその光回線を解約できるようになる。

光回線に依存する感覚から脱却できる感覚になる。性家電を買うと月4000以上分の光回線代が節約ができる。5ヶ月分で性家電の値段をカバーできてしまう。それほど節約効果は高い。

スマホのGBを最低プランにできる

{スマホも苦なく最低プランへ}

性家電によって格安SIMスマホでエロ動画を見ることも無くせる。結果、音声プランの最低限のプランの1000円〜2000円程のプランに下げられる。速度制限にも掛からなくなる。スマホでも見なくなるため、速度制限を気にしながらスマホを触ることもなくなる。

性家電でVR依存もAV依存も終わる

「AV依存・VR依存・終焉」

「性家電にはVR対応スマホが必須!」といったイメージではあるが、実際は違った。「性家電はVRもAVも要らなくなる“とんでもない”オナホールであるが、VRもAVもすごく楽しめる!」といった感覚となる。「VRやAVにハメられてもう戻れなくなる」といった恐ろしい存在では無かった。

性家電を購入するとことでスマホ料金を最低プランに下げられる。携帯料金を最低限にできる。節約できる。大幅に節約できる。コツはやはり「あえてVRもAVも使わず開始すること」となる。


②ラブドールを購入するとさらに節約できる

AV無しでセックスする(愛し合うゾーンに入れる)と節約できる

「ラブドールは人工物だ!しかし…」

性家電だけでなくラブドールを経験してからAVがさらに必須ではなくなった。「AVをBGMにさえしないときにこそより愛し合うゾーンに突入する感覚」がAV不要感を加速させてくれた。

「ラブドールは人工物」だと分かっている。頭では分かっている。しかし、セックスの最中にその「生物と人工物の境界線があやふやになるようなゾーン」に陥る瞬間がある。その瞬間に陥るのに必須だったのがまさに「AVを使用しないこと」であった。それが決め手であった。

ラブドールと向き合うと節約できる

「ラブドールと愛し合える…!」

AV無しでやっと、あたかも人間同士がセックスするかのような領域に入り込むことができた。「ラブドールと愛し合う」といった、半ばジョークなことが本当に愛し合う領域に踏み込む感覚にさえなる。

癒やされる深度も深くなる。“指先から足先まで満たされていく感覚”に染みる。性の悩みが繊細に満たされていく感覚に感動が走る。結果、性家電とラブドールとのコンボでAVに依存する日常がガッツリと終わることとなった。

四肢がある“リアルラブドール”を選ぶとさらに節約できる

「四肢頭部がAV不要へ」

トルソー型のラブドールで肉体的な快感で欠損している個所があった。それが「自身の腰回りに触れてくる肉体的感触」であった。この肉欲不満感がAVを欲させた。AVを必要とさせてきた。

脚があるドールによって、”正常位でだいしゅきホールド”だったり“騎乗位で腰回りを流れ触れる太もも”だったり、それらの肉体的な不足を無くすことでAVが必要になる機会を大幅に減らすことができた。トルソー型(胴体型)かリアルドール型(四肢頭部型)で迷った場合はリアルドール型を選ぶと節約できる。

頭部があるラブドールを選ぶと節約できる

「頭部でもAV不要へ」

ラブドールと愛し合う感覚になれて決定的な部位が「頭部」であった。頭部のないNLS製のガールフレンドからリアルドールに移ったときに「AVがもっと邪魔してくる感」が生じた。

AVにもラブドールにも集中できない。AVに浮気している感覚になる。まるで、映画『ダラス・バイヤーズ・クラブ』で《風俗嬢の方にフェラされながらAVを観ている》といった倫理的に違和感を感じるシーンと同じ状態が起こり出した。

性奴隷にしている感覚で失礼に感じてしまう。人間として扱っていない感覚で失礼に感じてしまう。頭部が付いた途端にそんな状態が起こった。ラブドールに倫理観を生理的に当てはめている自身がいた。頭部がそれほどAV不要に近づけてくれた。

頭部があるとAVが邪魔になってくる

「むしろAVが邪魔に…」

頭部個所のおかげで、AVをBGMにするもBGMだとしてもだんだん邪魔になりだしてきて、ついにはAVを無しになって「ラブドールとガッツリ向き合う感覚」になり、ラブドール”で”セックスする感覚だったのが「ラブドール”と”セックス」する感覚に変わって、その時期から深い没頭感に浸ることができてしまった。

やっとラブドールと面と向かいあってセックスする感覚に突入できてしまった。そのときまさに、AVが不要になってしまった。そして、その遷移を踏んだ決め手となった部位こそが「頭部」であった。

頭部のあるラブドールを選ぶとAVが不要になる

「”頭部あり版“がイイ!」

「トルソー型で頭部なしと頭部有りで迷っている!」といったときは「頭部のあるラブドールを選ぶ」ことで、AVがだんだん邪魔に感じてきてAVが必要に無くなり、ラブドール挿入前の勃起時でさえも不要になり出し、結果的にAV代を節約できる結果となった。

頭部があることで月額AVを解約できる。AVを購入しなくなる。新着AVをチェックしなくなる。AVに関わる通信代さえも解約できるようになる。

頭部のないラブドール「ガールフレンドやぷにあなミラクルDX」もAV無しで即抜きできるほど気持ち良い。しかし、やはり頭部があることでさらにAV不要感を感じられる。


③高めのを買うと節約を頑張ることなく自然に節約できる

「高いのに安い!」

「高いものを買うと連鎖的に他のことが節約できるようになる」といったが性家電(電動オナホール)とラブドールに起こった。特にAV依存が消えたのが大きかった。

それに伴い、連鎖的に月額AV代やそれを観るために通したといっても過言ではない光回線も解約でき、引っ越しの際の光回線解約の手間も消え、スマホプランも最低にできて、もはや「性家電代分は節約できてしまっている」といった状態にさえなる。

AVも「未練なく」処分できる感覚が訪れる

「終活にもいい!」

結果、部屋をミニマルにもできる。AVを収納していたスペースも「老後も必須」と言わんばかりに保持する感覚がなくなり、「いつでも手放せる」といった感覚にさせられる。思い切ってその収納スペースをスッキリさせることも未練なくできてしまう。「部屋に物が増えるのはイヤだ」といった感覚にも最適となる。終活にも最適となる。

自己説得なく「自ずから自然に」エロ節約できる

「さらば崇高な自己啓発よ!」

「AV買うの我慢しなきゃ!」が無くなる。「いまだにAV観てるなんて恥ずかしい!」などと偏見的なゴリ押しをしてまで我慢する必要も無くなる。「自身を律しよう!」と賢者ぶることも崇高ぶることも高邁ぶることも無くなる。

「純粋にAVの必須感が自身から無くなったから手放しているだけ。」といった科学的根拠的な感覚でシラフでホンモノ感で堅実に節約感が始まっていく。

収納スペースの節約も始まっていく。依存ではなく娯楽としていつでも手放せる感覚に変わる。エロへの依存感が消えていく。

性家電とラブドールは「シラフ」でエロ節約に誘導してくれる

「ようこそ、素でエロ節約できる次元へ」

“素でエロを節約できる”次元に「崇高な自己啓発」なく「シラフ」で「着実」に「堅実」に至らせてくれた存在こそが高めの電動オナホール「性家電」であった。高めのラブドールであった。

性家電もラブドールも「成人産業にさらにズブズブとハマっていって戻れなくさせられる存在」では無かった。驚くことにその逆であった。リアル人間に触れさせないことでさらに依存させるような存在ではなかった。

性家電とラブドールこそがエロへの依存から卒業させてくれた。「気持ち良ければそれでいいではないか!」といったゾーンに滞留させられ続けることなく、節約という現実的な問題もクリアにさせてくれた。そして性の悩みに振り回される日常も終わらせてくれた。

「勇者だ」そう感じさせてくれた。性家電は勇者だ。ラブドールは勇者だ。

AV依存が無くなる次元へ。
ラブドールと性家電で新しいトビラを開こう。

※関連ページ:【節約】自分ご褒美に買っても後悔しない買い方とその性家電

【人と接触することなくオナホールとラブドールで性の悩みに振り回される日常を終わらせる方法】
第1章|セックスしたい
■必要だった存在

感覚的なコツ対策「どういった視点でセックスすればいいのか定まらない」
Q&A|セックスしたい
第2章|フェラされたい
■必要だった存在|フェラされたい欲

家庭事情対策「フェラされたいが身内バレが不安で買えない」
節約や代替事情「電動オナホは高いので一般の安いオナホ数個で後は脳内補完で代替して節約したい」
第3章|エロから美術へ
■必要だった存在|エロから美術へのバトンタッチ

共通
Q&A|共通
第4章|卒業確認
性的な視点だけでなく美術的な視点でも楽しめるかどうかを確認する
■メリット
  • 0. 人と接触せずにオナホールとラブドールだけで性の悩みを終わらせられる
  • 0. 妄想やバイアスによる自己説得ではなくシラフで終わる
  • 1. オナホールを次々に買うループにハマらない
  • 2. ラブドールを次々に買うループにハマらない
  • 3. 性の悩み依存から費用をより掛けずに卒業できる
  • 4. 性の悩み依存から卒業することで“必要だと感じたときにだけ買う”という良好な共存状態に至れる
  • 5. より早く性の悩みを終わらせられる
  • 6. “性欲”から卒業できたと言えども拒絶したり排他せず今度は美術鑑賞に利用できる