「安いほうが…」迷ったら若干高いコインランドリーでパンツが臭戻りしない

「安いコインランドリー」と「若干高いコインランドリー」の違いは「パンツが臭くなるかどうか」であった。そして何がその決め手だったのか、何がその価格の違いだったのか。それは「抗菌剤入り洗剤」であった。

(というのも実はラブドールもAg+抗菌ローションを使うことでカビ問題を随分に回避できた代物であった。)

「洗ったのに…!またぶり返すとは…」

「迷う…」

近くにコインランドリーがあり迷ってしまっていた。しかし、「コインランドリーはどこに行っても同じ」とさえ感じていた。もはや価格競争状態で「違いは無い」と感じていた。

「安いほうへ。」

そのため、1番安いほうのコインランドリーをまず選んだ。ポリ袋40リットル分ぐらいを洗濯。そしてそれを持ち帰り、畳まないまま部屋に放置をした。袋に入れたまま放置をした。

「洗ったのに臭い..!」

しかしある時、パンツを取り出して驚愕してしまった。なんと股間の箇所が再びKUSAKUなっていたのだ!洗濯前にぶり返されていたのだ…!「洗って着てないのに再び臭くなる」という本末転倒なことが起こってしまったのだ。

「後始末が必要…」

「おそらくコインランドリー後に畳まなかったからだろう…」いや、「1枚1枚ファブリーズをかけて畳めばそういったことにならなかったのかもしれない…」「もしかすると、コインランドリーというものは、洗濯後に帰宅したら“ファブる”のが普通であり、そうしなかったことが今回臭くなった原因だったのでは?」そう憶測が飛び交っていく。

「また洗い直しだ…」

少なくとも、せっかく洗濯した40Lもの洗濯物をすべて台無しにしてしまった。再び洗わないといけなくなってしまった。ペニスが直接触れる場所…洗わないと“清潔面で不安になることなく”着ることができない。もう袋の中は菌でいっぱいだろう…そんなジョークな妄想さえしてしまっていた。

「すごい…ぶり返してない…!」

あれからしばらく日が経っていた。そして、再び洗濯するタイミングがようやくでき再び出向いた。

「高めのほうへ!」

「あの少し高めのコインランドリーはどうなのだろう。やはり前回のあの安いコインランドリーと同じようにまたパンツが臭戻りしてしまうのだろうか?」と半ば不安になりながらもそちらのコインランドリーに出向いた。

「前回と同じように…」

同じように40リットル分の洗濯物を持っていった。そして洗濯が終わりその後は以前と同じように、ランドリーから「サンタさんか!」と言わんばかりに無造作に入れ、さらに「これからクリスマスプレゼントを家に持ち込むサンタさんか!」と言わんばかりにその袋を片手で縛るように持ち帰った。そうして、以前と同じようにそのまま開封して畳むことなく部屋に長期間放置した。

「!?臭くない!!」

ある時、パンツを取り出そうとした瞬間に「きっと股間のとこに鼻を近づければKUSAIだろう」と思っていた。しかしなんと!「匂いがしなかったのだ!!」これに驚いてしまった。一体何が違うのかどんどん疑問が沸き起こってしまった。

「後始末してないのに…すごい」

以前は、「原因は畳まなかったから」だと思っていた。「ファブリーズをかけて保管しなかったからだ」と思っていた。しかしそれは違った。

違いは「抗菌剤入り」だった

「抗菌入り」

再びその2つをコインランドリーを行き来して、何が違うのかを吟味して何回も行き来をして違いを比べた結果、判明したのだ「抗菌剤入り洗剤」である。オナホール業界で言う「銀配合AG+」などのあのような「抗菌タイプの洗濯洗剤が使われているかいないか」が違いだったのだ。

「気休めではない…!」

「抗菌なんて所詮気休めだろう」と思っていた。「ただのプラシーボ効果だ」と思っていた。値段の違いはそのプラシーボ効果の有無だと思っていた。しかし違った。

「全然臭くならない…」

なんと抗菌入りの洗剤が使われていたそのコインランドリーで洗濯したものは、干したり畳んだり収納したり空気が通うところに置いたりすることさえもなく、ただただカビの生えそうな暗室に袋にギチギチに入れたまま入れた状態で「数ヶ月」経って放置させても「全く臭くならなかった」のだ。

「抗菌入りは“重要”」

コインランドリーのその洗濯機の筐体に「抗菌タイプの洗剤です!」といった旨のシールが貼られていて「気休め程度、気休め程度。」と思っていたその小さな違いこそが、なんと恐ろしいほど大きな違いがあったのだ。

「そう言えばラブドールも…」

「ラブドールに似ている…!」

そしてふとラブドールの事を思い出してしまった。それは「普通のローション」と「抗菌ローション」の違いである。「抗菌ローションは気休めでは無かった」という事実を思い出してしまった。

「即セックス環境に最適…」

「セックスしたいと思った瞬間にすぐにセックスができる環境」これを実現するにはラブドールにローションを注入し、セックスした後は洗浄することなくそのまま収納するということだった。

「4日間ぐらいは別に。」

この時、焦燥感に駆られる。特に、前回の挿入から4日間以上間隔が空いたときに衛生面が気になり出してくる。しかし、指を入れてニオイを嗅いだところ無臭であった。挿入をした結果、問題は起こらなかった。

「一週間はさすがに…!」

しかしこれが「1週間放置」となると「さすがに洗浄しないとまずい…」といった感覚にさせられてしまう。特に2週間放置は「本当に洗浄しなければ挿入できない、挿入なんてすれば大変なことになりそうだ。」といった不安が押し寄せてくる。

「一週間以上は抗菌ローション使うしか…」

そしてまさにこの瞬間、以前の挿入から1週間以上放置してしまった場合に、もし抗菌ローションを使用していたら「さすがに洗浄しないと清潔面でまずい」といったことになるのを防げる。「まだ大丈夫だろう」といった安心感を得られる。安心して気持ちよさに没頭できる。ラブドールとのセックスに没頭できる。

抗菌ローションで清潔面の不安からさいなまれなくなる

「清潔面の不安が失せていく…」

性の悩みを解決する過程で「清潔面において不安にさいなまれる瞬間」を抗菌ローションでカットできる。性の悩み解決までの道のりをよりスムーズにできる。不安感や手間感や労働感を大幅にカットできる。より気持ち良くできる。快感に集中できる。セックス後に必要以上に入念にペニスを洗う手間や不安感からも開放される。

「安心感で気持ちイイ…」

抗菌ローションは清潔面で安心感をもたらしくれる。そして手間や世話から開放される。コインランドリーのパンツのように。コインランドリーに限らず、ラブドールに限らず、「抗菌」は臭くなる不安から開放させてくれた存在であった。

関連ページ『前回セックス挿入から洗わず4日放置して再挿入しても問題は起きなかった。

【人と接触することなくオナホールとラブドールで性の悩みに振り回される日常を終わらせる方法】
第1章|セックスしたい
■必要だった存在

感覚的なコツ対策「どういった視点でセックスすればいいのか定まらない」
Q&A|セックスしたい
第2章|フェラされたい
■必要だった存在|フェラされたい欲

家庭事情対策「フェラされたいが身内バレが不安で買えない」
節約や代替事情「電動オナホは高いので一般の安いオナホ数個で後は脳内補完で代替して節約したい」
第3章|エロから美術へ
■必要だった存在|エロから美術へのバトンタッチ

共通
Q&A|共通
第4章|卒業確認
性的な視点だけでなく美術的な視点でも楽しめるかどうかを確認する
■メリット
  • 0. 人と接触せずにオナホールとラブドールだけで性の悩みを終わらせられる
  • 0. 妄想やバイアスによる自己説得ではなくシラフで終わる
  • 1. オナホールを次々に買うループにハマらない
  • 2. ラブドールを次々に買うループにハマらない
  • 3. 性の悩み依存から費用をより掛けずに卒業できる
  • 4. 性の悩み依存から卒業することで“必要だと感じたときにだけ買う”という良好な共存状態に至れる
  • 5. より早く性の悩みを終わらせられる
  • 6. “性欲”から卒業できたと言えども拒絶したり排他せず今度は美術鑑賞に利用できる