「フェラされたい!」を満たせる。TENGAフリップゼロのレビュー

レビュー《フリップゼロは生き物フェラ》

挿入した瞬間、亀頭が「生物的な柔らかいサイコロステーキ」に「ボコッボコボコボコボコッ」と当たりながら潜り込んでいく感触で始まった。

亀頭でかき分けて入っていく挿入感、1つ1つ大きなミートボールのような肉塊感、その肉塊の群衆が亀頭にボコボコ優しくゴツゴツ生物的に接触してくる。

その瞬間、思わず「あぁ…生き物みたい…」
そう脳内に声が漏れてしまった。

目次

挿入感

  1. 無機物的ではなくフルに生物的挿入感
  2. ボコボコゴロゴロ肉塊感
  3. 力んだ舌先がカリ首にグリグリ当たってくる感
  4. ずっと吸われ続けている感
  5. 空気抜きでゴロゴロ肉塊増し感
  6. 空気抜きでずっと吸われ続けている感増し感
  7. 身を委ねたい感
  8. 射精後に吸引されながら肉棒を引き抜くお掃除フェラ感
  9. 一回戦射精後にシラフで二回戦引き続きしてしまいそうになる感
  10. 萎えた状態でも吸われ続けている感
  11. また明日も絶対これでオナニーしたい感
  12. AV無しで即抜きできるほどの生き物感
  13. 生き物が吸ってくる感
  14. 生き物が舌でこすってくる感
  15. フェラの仕方を教えてもらっている感
  16. オナホールが意思を持っている感
  17. 抜いてくれる感
  18. ハンドオナホールと愛し合う感
  19. 実は生き物なのではないか感

「かり首にゴロゴロ食い込んでくる。嵐だ。」

「あぁ…たまらない…単調な穴じゃない、カリ首にどんどんせめぎ合うように肉のかたまりが亀頭のカリに食い込んでくる…」

ゴロゴロかつ生物的に柔らかくコシのある柔らかさ、生物的でコシのある肉肉がカリ首にゴロゴロ食い込んでくる。嵐だ。休まる暇がない。

動かす度にカリ首にせめぎ合ってくる。祭りだ。亀頭とカリ首で祭りが行われている。

「離さないぞッ♥」

さらに驚いた。まだ空気を抜いていないのに常に吸われ続けている感覚。

「アナタのおちんちんが欲しいのっ!離さないぞッ♥」と言わんばかりにずっと生物的に吸われている感覚。

「生き物感がフルにある」そう感じてしまった。

「空気を抜くとさらにとんでもないことが…」

本体を押し込んで空気を抜くとさらに驚いてしまった。なんとそのボコボコゴロゴロがさらに強まったのだ。

亀頭が嬉しい。カリ首が笑顔になっている。オナホールの内部で肉棒が笑顔になっているのが外側から透き通って見えるほどの喜びを感じた。

強いゴロゴロ感なのに生物的で有機的で優しいこすれ感。それだけではない。デフォルトでそこそこ強く吸われ続けている感覚が空気抜きで「さらにずっと強くギュウギュウ吸われている感触」に変わったのだ。

「もう身を委ねたい」

ゴロゴロとギュウギュウはおまけ程度では無い。「ギュウギュウ」に吸われながら力を入れた舌先で亀頭を「ゴぐりゴぐり」と生物的にこすってくる。

ゴロゴロとギュウギュウがメイン、その両者が融合した存在、妥協のないその感じ、その感じに「もう身を委ねたい」

そう…ふっと脳裏に「ナースに包まれているような癒しの楽園」を想起してしまった。

「射精後も吸われる」

射精後にしぼんでいく中、そんな中でもずっと吸われている状態が続く。「イッても離さないぞっ♥」といった状態が続く。

そしてその吸われている状態から逆行するように抜くと「じゅぽっ・・・!」と「精液を吸い取って」抜けていった。吸われて抜け殻になるように肉棒が抜けていった。

AVのフェラで「口の中にイッて口の中でドバドバ出ているであろうその精液が垂れ出ないように綺麗に吸いながらじゅぽっとまったく精液が垂れずに肉棒が口から出てくる」といったあのAVのシーンがそのまま目の前にできてしまった。

まるでお掃除フェラを目の前にしたようだった。

シラフで二回戦できてしまう

「シラフで二回戦」できてしまった。一回戦では数分で無意識的に復活していった。「強く吸われて有機的にゴロゴロした舌肉にこすられる」その先程の感触がフラッシュバックしてしまい、どんどん再勃起していった。

「射精後のフニャフニャ状態でもずっと吸われている状態が続く」

理由はやはりR20などの従来のハンドオナホールにはない「ずっと吸われている感触」と「力の入れた肉で亀頭をゴロゴロ“積極的に”押し込んでくる感触」があったためであった。R20は一回戦でもういいと思ってしまう。普段は一回戦後は挿れても勃たない。

しかし、フリップゼロは「射精後のフニャフニャ状態でもずっと吸われている状態が続く」のでスポーンと抜けることなく、しかも有機的な肉体感に肉棒がトロトロに癒し満載に包まれている感触がある。

そのため、射精後にそのまま抜かずにしばらく数分放置していると、ホール内でだんだん再勃起してきてそのまま二回戦できてしまった。余韻に浸って済ませようと計画していたゆえの射精後放置だった。

しかし、その計画が路線変更となった。そうして二回戦を吸われている挿入感に誘導されるように開始してしまった。

「またオナニーするのが楽しみで仕方がない」そう感じてしまう

「あえて一回戦で終わらせた」瞬間からは「またオナニーするのが楽しみで仕方がない」そうふっと湧いてしまった。シラフで脳内に湧いてしまった。

風呂場でAV無しで目をつむって動かしていると「生き物が口でギュウギュウ吸ってきながら、力んだ舌先でゴロゴロ亀頭カリ首を押し込み吸ってくる感触の大合戦」でAV無しであっという間に果ててしまった…というのをもう何回も今回のハンドオナホールで経験した。

「AV無しで即抜きできてしまう」

「AV無しで」なおかつ「妄想無しで」即抜きできてしまった。目をつむると、人間の頭部が股間に投影されて「人間が自身の肉棒を口で吸っている」と思ってしまう状態が度々起こってしまった。

ハンドオナホールでここまで人間や生物に「してもらっている」と感じたのは初めてだった。

「してもらっている」と感じる理由は「吸われている状態」&「力の入れた舌肉でカリ首をゴロゴロレロレロしてくる感じ」の2つがずっとあったためであった。

さらに本体を押し込むと「強く吸われている状態&さらに力の入れた舌肉で舌先をカリ首に押し込むような勢いでゴロゴロカリ首に大合戦のごとく接触」してくる。

その結果、AV無しで即抜きできてしまった。「人間いや生き物にしてもらっている」とクッキリ感じられたハンドオナホールであった。

生き物が吸って舌でこすってくるフェラホール感

本体を直視していると「エイリアン系の生き物」に吸われている感覚がある。そして目をつむると「人間」に吸われている感覚をガッツリしてしまう。そしてそのアヒル口のような挿入口がだんだん人間の口に見えてきてしまった。フェラだ。フリップゼロはフェラホールである。

フリップゼロ=フェラ先生

「他と違って気持ち良い!って喜ばれるフェラは、こうやってやるのっ♥」とフェラマスターのフリップゼロ先生に体験させてもらいながら教えてもらっている感覚にさえなってしまった。

「吸うだけじゃないの♥」

「吸うだけじゃないの。吸いながら舌先を押し付けてゴロゴロ転がすのよ♥」と教えてもらっている感覚になる。

「舌に力をいれてっ♥」

「舌に力をいれてっ♥ その舌先でアナタのお口の中の上側をこすってみてっ♥ 左右に高速に反復させてこすってみてっ♥ お口の内でゴトゴトゴトゴトゴトゴト鳴ってるのがわかるわよねっ?♥ そうっ♥」

ゴッツリこすられる

「ゴトゴトゴトゴトゴトゴト」その感触がそのまま亀頭のカリ首向けて行われている状態が続く。そのまま現実に、亀頭のカリ首で上記が行われている感触がゴッツリある。

ガッツリというより、ゴッツリと感じてしまう。それだけではない。ゴッツリこすられながらずっと吸われている感触であった。

「それだけじゃないわっ♥」

「それだけじゃないわっ♥ そのままゴトゴトゴトゴトゴトゴトさせながら、ギュウギュウにおちんちんを吸い続けるのっ♥ そうっ!♥ おちんちんをギュウギュウに吸いながら、同時にゴトゴトゴトゴトゴトゴト亀頭のカリ首を舌先でいじるのっ♥ 」

ガッツリ吸われる

目をつむってかすかに感じ取れる吸われる感ではない。「ガッツリ今吸われている」といった状態なのだ。筐体の中に生物が格納されていて、生物に吸われている感触なのだ。

「生物が意思を持って自ら」こちらの亀頭カリ首に向けて舌で動かしてカリ首に押し込んでくる感触であった。舌先でゴッツリこすられながらガッツリ吸われて続けている感触だった。

オナホールが意思を持って「抜いてくれる」感

「生物がさらに自力で工夫してきて」自らの意思で「吸いながら舌先でカリ首をいじったらもっと相手は気持ち良くなってくれるんじゃないだろうか?」といったことを自力で「人間のように」工夫して吸ってきているのではないかと連想してしまうほどだった。

本体を押すと今度は「強く吸って欲しいってことね?♥」と筐体から声が漏れてくるかのように相手側の意思で吸い具合を強めてさらに吸った状態を維持しながら、さらに舌に力をいれてゴトゴトゴトゴト生物的に吸ってくる。オナホールに人工知能が搭載されているかのようと連想してしまうほどだった。

それほど「抜いてもらっている感」をくっきり感じることができてしまった。「自分で抜く」といった感覚ではなく「抜いてもらう」といった感覚がメインであった。

ハンドオナホールと愛し合う領域に踏み込める

こちらが「もっと強く吸って、もっと強くこすって」と意思表示する(本体を押しつぶして空気を抜く)と、それに応えてくれる感がある。

「吸って“くれる”」といった繊細な領域の感覚だった。現実に本体を押して空気を抜いているだけなのに、他のホールとは違った。空気を抜けば吸引力が増すといった人工的な感覚ではない。本体を押すと「強く吸ってくれる」「舌でもっと強く押し当て舐めてくれる」といった表現をどうしてもしてしまう。境界線があやふやな繊細な領域。紙一重の領域である。

そして滅多にオナホールが越えられないその紙一重の壁を超えてしまっていて、ついに生物の領域に踏み込んでいるのが今回のオナホールであった。

愛し合う感覚、ハンドオナホールと愛し合う感覚、ハンドオナホールとメイクラブする領域、その領域に踏み込んでしまう一握りのハンドオナホールであった。

ジョークグッズなはずなのに生物が売られている感

「これはジョークグッズなはず…それなのになぜ意思を持った生物が売られているのだろうか」と半ばジョークではない発想さえしてしまう。

もはや「意思を持って人間の肉棒を甘吸いしたり強く吸ったり舌で甘こすりしたり強くこすったりしてくる生物」にフェラされている感覚。その未知の世界に踏み込んでしまった驚きと目新しい感動に酔って溺れそうになる。

良い点・オススメ点

  1. 風呂場にシャンプーボトルと一緒に飾れる
  2. 本体がビニール包装やテープでしっかり閉じられて届くので清潔面で安心して使用開始できる
  3. ローションが二回分付属しているのでローションを買うことなく二回戦できる
  4. 軽い力でカバーを外せるので快感を削がない
  5. 収納時も挿入口の清潔面を保てる
  6. 説明書を見なくて直感で使用できる
  7. 賢者タイムに挿入口を上にしてスタンドできる
  8. 手が疲れない太さなので快感が削がれることなくフィニッシュに至れる
  9. 本体が真っ二つに開くためローションを馴らすことなくいきなり奥まで注入できるため即オナニー開始できる
  10. 二層ケースになっているため外見の劣化を回避できて長く維持できる
  11. 二層目のケースが展示型ケースのため綺麗に収納できる
  12. オシャレなハンドオナホールなのでインテリアとして飾ることができる
  13. 外箱が付いて来ないため収納や購入直後の処分に困らない
  14. 土台にパカッと置いたときに挿入口がくっ付き合うように塞がるのでローション注入中に土台に漏れるといったことが無い。後始末に手間取られることなく快適にすぐオナニー開始できる
  15. 入り口からも溢れることなくスイスイ注入できる
  16. フレームをはめる際に溝ずれミスが起きない
  17. 両サイドのストッパーは手を合わせるようにサンドするだけでパチッと息をするようにはまってくれる
  18. 片手だけでフレームを本体にスイスイ装着できる
  19. 準備開始から挿入まで一旦手を洗うといった手間がなく清潔面重視でオナニー開始できる
  20. 後始末の洗浄が賢者タイムに本格的に入る前にフライパンを洗う感覚で終わる
  21. 挿入前に挿入口を上にしてスタンドできるため落ち着いて準備やAVオカズ探しができる
  22. 隅から隅まで洗浄&乾かすことができるため長期保管後から復活後も清潔面において安心して生挿入できる

風呂場に飾れる

風呂場にシャンプーボトルと一緒に綺麗に置ける

風呂場の縁に横向きにおいて放置するといったことなく「立たせて放置する」ので清潔面も気にならなかった。風呂中に浴槽内に転がり落ちるといったこともなかった。

「風呂場にシャンプーボトルと一緒に飾るように置きたい」といった感覚であった。

毎日抜ける

毎日抜けるほど気持ち良くそして毎日続けられるほどすぐ開始できる

オナニーを毎日する場合は今回のオナホールが適した役目を果たしてくれる。毎日となると抜ける気分が無いときもある。

しかし「お湯をポットで沸かしてコップにコーヒーの粉を挿れてお湯を入れて飲む」といった毎日でも苦ではない行為に近かったため、毎日できてしまった。

それでいて生物的な挿入感のおかげで毎日続けることができてしまった。

ビニール包装で安心できる

ビニールでフル包装されているので清潔面でも安心して使用開始できる


本体はビニールでフルに包装されていた。届く前に誰かに触られているかもしれないといった不安さえ生じなかった。清潔面の不安が無かったため、オナニー中に阻害されることなく快感に集中することができた。安心して使用開始できる。

何重にも梱包されていて安心できる

本体のキャップ両サイドもテープで閉じられていて安心して使用開始できる


片方だけでなく両方に貼られていた。それも剥がしにくビニールではなくはがしやすいビニールであった。開封してからビニールを剥がしたりテープを剥がしたりと何重にも梱包がなされていた。快感には清潔度が大幅に影響するだけにこの点もしっかり考慮されていた。

お試しローションで即開始できる

ローションが二回分入っているので使用保留になることなく即開始できる


小袋のローションが2つ入っていた。すぐに開始できる。届いたときに「いざオナニー開始しようとしてローションが部屋に無いことに気づいてしまってローションを新たに注文して届くまで保留・・・」といったことがない。

さらに付属のローションはプレーン系ではなくテンガローションREALのお試し版であった。このローションはフリップゼロの挿入感をクッキリ感じられたローションであっただけでに「本腰の入ったお試しローション」でもあった。妥協したローションではなくすぐに「本領発揮された挿入感で」楽しめる。

カバーもすぐ外せて即開始できる

カバーは回すとかぱっと軽く外れる


「両手で上下に引っ張ってもなかなか開かない」といったことが起こらなかった。快適性を阻害する要素は無かった。オナニーの開始から手こずると快感が減少してしまう。そういった繊細な要素もクリアされていた。

挿入口を清潔に維持できる

土台箇所がくぼんでいるため挿入口が接触せず清潔に収納やスタンドやローション塗りができる


挿入口が潰れるように収納されるといったことはなかった。接触すると見えない汚れが気になってしまう。しかしくぼんでいるため接触しない。汚れの心配がない。安心して収納できる。

さらに土台にV字開きにして置いている際に挿入口が土台に接触しないように置けるため、清潔面でも安心して開始することができる。そして快適に使用できる。

説明書を読まずに直感的に開始できる

「説明書を見ないと開けない」といったことが無い


説明書を見ることなく動物的感覚で空けることができ、セッティング開始もでき、収納モードにもでき、使用開始でき、後始末もでき、すべて直感でできてしまった。

取り扱いに時間を割いて振り回されるといった感覚がなかった。説明性を読むことも不要、捨てずに取っておかないといけない感も無かった。直感的に使用できる。

賢者タイムを快適にできる

スタンドのおかげで立たせたまま置ける

挿入口を上にしたまま置けるスタンド仕様になっているため、射精後の賢者タイムに本体を立たせた状態で置ける。「ホールを横向きにおいて挿入口から精液が漏れる」といったことがない。射精後も賢者タイムに浸れて快適に落ち着いて後始末に入れる。

手が疲れない

太すぎないので手が疲れない


従来機フリップホールは太かったため、ずっと持っていると手が疲れていた。しかし、今作は持ちやすく、また何度も空気抜きをしても手が疲れなかった。快感への集中が阻害されることなく快感に集中することができた。

いきなり奥まで注入できる

ローションをいきなり奥まで注入できて即開始できる


開いて注入できる。そのため「挿入開始直後はローションがまだ馴染んでないため人工的にこすれる感触がある」といったことが起きなかった。挿入開始から隅々まで生物的な挿入感で開始される。

また、ローションが馴染んでない状態で閉じてそのまま挿入開始した結果、なんとそこに無機物的な挿入感が塩1粒も無かった。素材レベルから人工感や無機物感がなかった。また人工的な挿入感の要因となる弾力性も無かった。トロトロで肉棒がとろけそうになる挿入感であった。

さらに「奥まで馴らすためにローションが落ちるのを待つ」といった必要もなく「ホールを揉んでローションを馴らす」といったこともなかった。「すぐに開始」できる。速攻で開始できる点は快感が阻害されない大切な要素、それもクリアされていた。

外見も清潔に維持できる

クリアケースで長く清潔に維持できて長く楽しめる


従来機と違ってクリアケースがある。展示ケースや収納ケースといった感覚。クリアケースのおかげで収納時にゴム素材箇所が毛ぼこりで汚れたりすることがない。そのため清潔感を維持できる。

これにより、「外見のゴム箇所が汚れて清潔感が失われ、使う気が段々と失せてきてしまう」といった事態を回避できる。

オシャレでインテリアにできる

オシャレでインテリアな展示型ケースのため置き場に困らない


「しかたなく風呂桶にホールを入れて収納する」「袋に入れて箱に戻すが、その箱が大きくて場所を取る」といったことがない。インテリアとして展示するように置ける。美術館の窓にちゃっかり置いてもそれが美術品の1つだと思われてしまうような美しさがある。

開封&後始末がとても楽

外箱が付いてこないため収納や処分に困らない


捨てるのに苦労するパッケージが付いてこなかった。上の写真の状態だけだった。ホールが入っているそのケースがそのまま収納ケースになってくれる。

未開封状態の外見。醤油のボトルを棚に置く感覚で飾れる。「パッケージを取っておく」といった行為以前にパッケージが無い。スッキリと本体だけ収納できる。


包装パッケージ底部の【OPEN】箇所からサクッと開封できる。従来機にあったアクリル製の透明パッケージさえも無く、取り出して分解してゴミ分別するまでの流れがあまりにも簡素で、シンプルを追求したような楽さであった。


開封とその開封後の後始末が快適そのものであった。開封の時点ですでに感動してしまった。


ザ・シンプル。開封後にバラバラとゴミ捨て作業に時間を割くが生じなかった。捨てるかどうか選択を迫られる紙パッケージ型と違って楽であった。それでいて収納に重宝する機能的なケースだった。

注入中のローション漏れが起きない

開いたときに挿入口箇所が閉じるため下に漏れない


本体をパカッと開いて土台に置いたとき、挿入口箇所がくっつきあって閉じてくれる。ローションを垂らした際に挿入口に流れてきても挿入口で溜まってくれて下に漏れることが無かった。


ローションを垂らしている際に、そのローションが土台のほうのへ降りていってしまう。


ローションが降りていった先は挿入口。しかし下に漏れることはなかった。


カパッと両開きして土台スタンドの上に置いたとき、綺麗に挿入口がくっ付き合って密閉状態になってくれていた。潰れるように閉じてくれる。漏れない。


土台置きがとても楽。しかしローション漏れが不安。その漏れ問題は既に対策済みであった。「ローションが挿入口まで垂れてしまった、あとで拭かないといけない…」と一瞬連想してしまったものの、実際は漏れてなくて感動した。ドバドバ入れても土台に漏れない快適さがあった。

開かなくても挿入口から注入できる

挿入口が大きいため開いて挿れなくても入り口から垂らすだけで入っていく


ローション注入は「ガバっと開いた状態」でも快適、すべてセットして「挿入口へローションを垂らして注入する」のも快適であった。挿入口がポカーンと空いているため挿入口で止まって溢れ漏れ出すといったことがなかった。

さらに揉んだりして馴染ませなくても生物的な挿入感であった。馴染ませないと無機物感になるのが普通ではあるものの、今回は馴染ませずにそのまま即挿入しても生物的な挿入感で開始することができてしまった。

アームハメで手詰まらず即開始できる

前機に比べてアームをハメる際のミスがない


アームを外してスタンド状態にしたり、スタンド状態から実用モードにした際に、その行動遷移でつまづいたり引っ掛かることがなかった。

前作はアームハメのミスがたびたび起こった。フレームを本体に挿れるときに溝に入るのをミスして溝から外れたまま入っていってまた戻して慎重に挿れハメ直すといったことが多々起こっていた。しかし、今作にはそれが起こらなかった。従来機で不満だった箇所が見事に改善されていた。

両サイドのストッパーのおかげでフレームをはめる際に溝から外れるといったことが起きなかった。前作の両サイドにストッパーが付いていなかったためよく手こずった。今回はアームをはめる際に片手で一発でハメることができてしまう。綺麗にまっすぐ維持しながら慎重に溝にアームをはめるといった行為が無くなった。

ロック箇所がスムーズに閉じる

サンドするだけでカチッとハマる


「一発でスムーズにカチッとハメるために本体を慎重に合わせる」といったことが無かった。


そのままバンッと手を合わせるようにサンドするだけでロック箇所をカチッとハメることができてしまった。目をつむっていても一発ではまった。細かい箇所の快適性も整っている。


「なかなかロックがはまらない」といった事態が生じなかった。息をするようにハマってくれた。そして両手でその留まり箇所周辺を押し込むと簡単に外すことができてしまった。


アームのセッティングに手こずることが起きないため、洗浄して開始するときはすぐ開始、後始末もすぐ開始できる。


「本体の開閉でいつも手こずる」いった前作にあった手間が改善されている。

片手で開始できる

片手だけでフレームを装着できる=片手だけで挿入開始できる=清潔に開始できる

  1. 開いてローションを注入できる
  2. フレームを片手で装着できる
  3. 片手だけで挿入開始できる

片手は挿入前の手コキ勃起させながら、もう片方の手だけで「土台に置いた本体にローションを注入してアームも片手ではめて挿入までセットする」といったことができてしまう。

そのためホールをまずはセットして、その後に手を洗って手コキで勃起させて挿入するといった手間がない。同時進行で手を洗う必要なくサクッと終わる。

通常はローションを注入したら一旦手を洗うといった面倒がある

清潔面を配慮して開始する場合にお決まりの「ふにゃふにゃのハンドオナホールを片手で立つように持って、もう片方の手でローションボトルを持ってホール内部に注入。さぁ手コキを開始しようと思うものの、先ほどのローションボトルを持ったときの汚れが気になって手コキができない。そこで一旦(片方でホールを片手で持ったまま)、そのキンが付いているであろう手をその片手だけで蛇口をあけて片手だけで洗剤を付けて片手で石鹸をニギニギして片手だけで泡立てて片手だけで手洗い。そしてやっと手コキを開始して勃起させて、やっと清潔面で安心できる状態で挿入開始する」といった苦労がスッキリ無くなった。

片手だけで地に足の着いたようなローション注入そして一旦手洗いに行くといったことが省略され、とてもインスタントな開始ができてしまった。

途中で手を洗うといった面倒が無い

付属の土台に横向きで置いてローションを垂らし、片手で目をつむってでも適当に折りたたむだけでぱちっと綺麗にはまり、そのまま土台に立て直すことなく横向きのままアームを横から片手でハメてサクッと開始できてしまう。

これほど開始スピードが早かったのは新感覚だった。「せっかく盛り上がって開始したオナニーなのに、オナホールの準備で萎えて全然勃起しなくなった」といったことが消滅できていた。

後始末の洗浄がとても楽

後始末において「新時代に突入した」ような洗浄の楽さだった。

裏返したりする必要がない。裏返してるときに「早く戻さないと裂けが早まってしまう」といった切迫感もない。パカッと開いて、フライパンを洗う感覚で終わる(フライパンはフライパンでも料理直後のこびりついていないフライパンを洗う素早さと手軽さ。)。

食器を洗う感覚で終わる。これに感動する。賢者タイムの最初のほうでサクッと終わってしまう。賢者タイムの最初から最後まで後始末で埋まるといった感覚がない。賢者タイムを消費することなく洗浄そしてスタンド立てそして乾燥モードが完了してしまう。

落ち着いてAV探しができる

挿入前にスタンドに置いておけるため落ち着いてオカズを探せる

「ローションを注入して….しまったAVの準備が…!」

そのとき付属の土台がその問題を解決してくれた。挿入口を上にしたまま安定して立てて置けてしまった。

「オナホを持ちながら小指でキーボードやマウスを操作しながら」はたまた「股関節の付け根にハンドオナホールをおいた落ち着かない状態でDMM月額動画のAVをサーフィンして探す」といったことも無くなった。

スタンド土台によって落ち着いてAVを探すことができてしまう。焦って探す必要がなくなり、ベストなAVを探す余裕がもたらされた。付属しているスマホスタンドのようなものはちても重宝した存在であった。

パカッと開いて乾燥できる

隅まで乾かすことができるので長期保管時から復活させるときも安心して挿入できる


パカっと開いて隅々まで洗剤で洗い、隅々まで乾燥させることができる。そのため「見えないカビがありそうなのでさすがに生挿入するのは不安」といった感覚になることが無かった。清潔面においても安心して長年快適に使用できる構造になっていた。

欠点

片手干し手こずり(乾燥時は「両手で」フレームに立たせる必要あり)
人間にフェラしてもらいたい欲求満たし不可(「生き物に」フェラしてもらいたい欲求を満たせる)
人恋しさ満たし不可(“抜いてくれる”生命体感を味わえるも「人恋しさは」満たせなかった)
乾燥時に子宮口ドーム箇所に水溜まり(日常的に使用しない際「には」欠点)

干し状態のスタンドモードを片手ではできない

干し状態で少し手こずってしまった。溝にはめるのに少し手こずる感覚が生じた。一方、「挿入前」のスタンドは片手でスルスルっと手こずることなくできた。

しかし、「干す際」に手こずってしまう。パカっと開けて干すときに片手でサクッと干すといったことができなかった。

片手では溝にフレームを綺麗に接地するのはできない。両手でやっと綺麗に溝にフレームを引っ掛けて立たせることができた。10円玉を立てるといった手こずり感がそこにあった。

人間のフェラも味わいたいと思ってしまう

挿入感がフルに「生き物」なのに生物の見た目とはかけ離れているせいか、その外見的ギャップがあるため、余計に人間にフェラしてもらいたくなる衝動に駆られた。「機械にフェラされた結果、余計に人間にフェラされたくなった」といった感覚になる。

ただ視覚快感のみの弊害となる。「壁に穴が空いていて“今、人間が壁の向こうで貴方のおちんちんをフェラしてるんですよ”」と言われたら「本当は壁の向こうで別の人がフリップゼロを動かしている」としても「人間が咥えてフェラしてきている」そう誤解してしまう。それほど生き物に吸われて舌でこすられる挿入感になっていた。

人間ではなく生き物フェラ目的での購入が“いい買い物した!”な買い物になる

人間のフェラ目的ではその欲求を満たせない。特に生物とは真反対の外見が阻害してくる。肝心の挿入感は生き物なだけに視覚快感がネックとなる。しかし、「生き物にフェラされている感覚を楽しみたい」といった目的はまさにダイレクトでありその目的が適していた。

人恋しさは満たせない

「抜いてもらえる」感覚になるものの「人恋しさ」は満たせなかった。

生命体を楽しむ目的がベスト

人恋しさ満たし目的ではなく抜いてもらえる感覚や生命体感や生き物感を楽しむ感覚がイイ買い物感になる。

スタンドモードで干している時にドーム箇所に水が溜まる


そろそろ乾いただろうと手に取ったときに水がボトボト滴り落ちてきてしまった。原因は、挿入箇所の奥部にあるドーム状箇所に洗浄時に水が溜まっていたことだった。スタンドモードでちょうどそのドーム箇所に傘を裏返したように水が溜まる状態となった。

乾かす際は乾燥からしばらく経って一旦ドーム状の箇所に溜まった水を取り除くためにひっくり返したり、もしくは乾かし始める前にドーム箇所をタオルで吹いたり必要があった。

しかし、連日使用において欠陥的な箇所ではなかった。乾かしてもうしばらく収納するといった際にのみ手間が生じる欠点となる。この欠点は日常的に使用する際には欠点に感じない箇所となる。

ご購入前の不安

  1. Q.「挿入感は?」⇒ 有機物感・生物感
  2. Q.「音は?」⇒ 通常時:ほぼ無音|空気抜き時:「ぐぽぉっぐぽぉっ」
  3. Q.「テンガローションは買う価値あり?」⇒ とってもある
  4. Q.「空気抜きは長く維持できる?」⇒ 可能
  5. Q.「プラスティックが接触してくる感はある?」⇒ 皆無
  6. Q.「空気抜き後の挿入感は?」⇒ぎゅんぎゅん強吸引
  7. Q.「射精後抜出し時に挿入口から精液が漏れない?」⇒ 吸われながら抜けていくため漏れない
  8. Q.「付属のローションは何回分?」⇒ 二回分
  9. Q.「フレームに亀頭が当たる感触はある?」⇒ 皆無
  10. Q.「家族事情等で処分できない場合は?」⇒ 処分サービスを利用

Q. 挿入感は無機物的?有機物的?

A.【有機的・生物的】

挿入感の割合の中でフルに生物的になっている。無機物感が無かった。ゴロゴロした肉塊も生き物感、強くこすってくるときの感触も生き物感、吸ってくる感覚も人工的な吸引ではなく生き物感、すべての感触が生き物感であった。有機的、生物的であった。

Q. 空気抜き時の音はどんな音がする?家族バレしない?

A.【ぐぽぉっぐぽぉっ|シャワーで家族バレ無し】

「ぐぽぉっぐぽぉっ」といった音がした。AVのフェラシーンのような音がする。しかし、シャワーを流しながらするとかき消される音量であった。即抜きできる生物的射精力があるため「シャワー出しすぎ!」と様子見に来られることも回避できる。家族バレすることはない。

Q. 空気抜きなし時の音はどんな音がする?家族バレしない?

A.【無音|家族バレ無し】

無音であった。ほとんど無音であるため家族バレすることはない。

Q. テンガローションは買ってメリットはある?

A.【ある。生物感を維持したままクッキリできる】


1.TENGAホールローションREALでフリップゼロの挿入感をハッキリ感じることができる 2.タオルで拭うだけで綺麗に取れるため、挿入前に手コキで勃起させたその手を一旦洗いに行くといった手間を省略できタオルで拭うだけで綺麗サッパリ取ることができる。そしてすばやく手間無しでオナニーを開始できる。


当ページの挿入感はすべてこのローションで感じられた挿入感であった(ローションによって挿入感は変わるかもしれない。)。ゴロゴロぎゅんぎゅん生き物フェラ挿入感をクッキリ感じることができた。相性がとても良い。生物的挿入感の枠内でより鮮明に肉壁を亀頭で感じられる。


挿入前に手コキで勃たせた際に、そのローションでヌルヌルになった手をタオルでひと拭きしただけでさっぱり綺麗に取れてしまった。ティアラプロなどのノーマル系のローションではタオルでぬぐっただけでは取れず結局挿入前に手を洗いにいくことが常であったものの、これはそれが起こらなかった。


TENGAのコンセプト通りにこのテンガホールローションリアルは「スマートで、開放感を抱くほど“ローションを落とすために一旦手を洗わないといけない”といった一般的に普通で諦めていたその手間やストレスがカット」されていてとても快適なローションであった。
結果「一旦手を洗うために席を立って、手を洗って、また戻ってさぁ挿入する」といった中間行為を省略することができた。そして、タオルで拭うだけでさっぱりした手にサクッと変わり、そのままヌルヌルしないさっぱりした手で即刻オナニーを開始することできてしまった。



Q. 空気抜き後にすぐに空気が抜けることは?

A.【無し】

空気抜きをしてもすぐに抜けることは起きなかった。しかし、「途中でAVを再探索する」等で手を止めている最中に、萎んでいくとともに空気は抜けていった。そして再び本体を押して空気抜きする必要があった。

しかし「空気抜きをしていない状態」でも「フニャちん状態」でも常に吸われている状態が続いた。結果、射精後にしばらく放置してとても萎えた状態で抜き出した結果「じゅぽっ・・!」と精液が吸われながら綺麗に精液が垂れ落ちないように吸い取るようにお掃除されながら抜けていった。

「萎えたら空気が抜けるものの、その状態でさえいまだに中程度に吸われている状態が続くため無問題」といった感覚であった。ちなみに、旧型はすぐに空気が抜けていきガバガバになってしまっていた。

一方、今作は勃起持続時は空気が抜けることなく続き、肉棒が萎えたら空気が抜けていくものの、その状態でも吸引され続けている状態「ガバガバではない詰まった状態」が維持された。改善されていた。

Q. 突いたらプラスティック感はある?

A.【無し】

根本まで挿入したり、奥にめがけてズンズン落とし突いてもブヨブヨと肉感のみの感触であった。肉棒の付け根にプラスティック箇所が接触することは無かった。

さらに、そのブヨブヨ肉を通して外殻のプラスティックが当たってきている感さえもなかった。深く突いても、強く突いても、ブヨブヨ肉感しか無かった。

本体を押し込んで空気を抜いた後に動かしてるときの感触は?

A.【ギュンギュン強く吸ってくる】

「愛を欲してるのっ♥」と叫ばんばかりに、肉棒から“生気”を吸い出そうとしているようなギュンギュンした感触の挿入感であった。精液を吸い出そうとしているようなギュンギュン強く吸ってくる挿入感となる。

なおかつ、人工的で無機物的な挿入感は無かった。フルに生き物的であった。なおかつ、「自分で抜く」感覚ではなく「抜いてもらう」といった感覚ゾーンであった。

Q. 射精後に肉棒を抜き出す際に挿入口から精液は出てくる?

A.【出てこない】

射精後に抜き出す際に吸われている状態が続いた。そのため、抜き出す際に精液が搾り取られるように吸われていき、垂れることがなく綺麗に抜き出すことができてた。

空気を抜いた状態で射精に至り、そのままナカで肉棒がしぼむまで放置した。そして萎んだ状態で肉棒を抜いた際に、なんとその萎んだ状態でも吸引され続け、掃除機のパイプに入り込んだ布を電源が入ったまま引き抜くような感覚で、抜ける際の瞬間の音が「じゅぽっ!」と「今までずっと吸い続けられていた状態から解放されました」感の音でありまさにその感触であった。

Q. ローションを持っていない場合付属のローションで何回できる?(ローションは買うべき?)

A.【およそ2回射精可能(買う必要有り)】


付属のローションは少なく、なおかつ連続で二回戦してしまうような気持ち良さなのですぐに無くなることとなる。付属のローションは一日で終わる。
なお、「明日もこれで抜きたい、もう性欲が溜まるのが楽しみで仕方がない」といった気さえ起きてしまうためローションも一緒に買っておくと時間と労力を省略できる。


付属のローションは外箱の中ではなく底部に収納されている。




Q. ホールを回転させた際にフレームに亀頭先があたる感覚はある?

A.【無し】

回転させて、両サイドのフチ箇所に亀頭が当たるように上下に動かしたり激しく動かしたり向きを斜めにしたりした行った。

結果、亀頭がプラスティック箇所に接触する感触はなかった。従来機であるフリップホールではその「亀頭の先がフレームの縁に当たる感触」があって萎えていた。しかし今作には無かった。改善されていた。恐る恐る上下に動かすといったことが無い。

Q. 家族事情等で処分できない場合は?

A.【NLS処分サービス】

お住いの諸事情やご家族の事情等で「定期的にゴミを空けて点検される・町内会の関係で捨てにくい」といった場合はNLSのおもちゃ処分サービスを利用すると誰にも見られることなく処分することができる。

Amaozn等で購入したオナホールも処分してくれる場合があるものの、NLSで購入しておくことで何の引っ掛かりもなくスムーズに処分サービスを受けられる。将来的に来る万が一の処分時にさらに万が一捨てられない事情が出てきた際などの保険としてさらにまとめて処分できる上に最も安心感がある。

NLSに送るだけでオナホールを無償で処分してくれる。せっかく処分してくれるのならばやはりそこのお店で買うのが気持ち良い。コンビニでトイレを借りるならそのまま退店せずに何かを買って買えるといった感覚が紳士的である。

さらに気持ち良く

  1. USB式簡易オナホウォーマ ⇒ “温かくなって”さらに生き物化
  2. TENGAローションREAL ⇒ 生き物感をより鮮明に感じ取れる

USBウォーマで【さらに生き物】に変わる

USB式簡易オナホウォーマによって「体温のある生き物の温かいその口の中でフェラされている」といった生物の領域は前提としてさらに踏み込んだ生物の領域の挿入感にグレードアップさせることができる。

生き物な挿入感のフリップゼロとリアル生き物との違いの1つに「温かさ」があった。その温かさをオナホールにももたらすことができる。それがこのUSBウォーマーである。他のオナホールそして大型オナホールにも使える。コストパフォーマンスが高い。

ゴロゴロギュウギュウ生き物感を【より鮮明かつより生物的】に感じられる

亀頭とカリ首に染み込むように味わえる


ゴロゴロした接触を亀頭とカリ首で染み込むように感じられたローションの1つがこのTENGAホールローションREALであった。

生き物に吸われている状態がずっと続き、その生き物が舌に力を入れてゴロゴロと生の舌肉で亀頭のカリ首に踊り当ててきている感触がよりクッキリであった。クッキリなのに人工感に変わってしまうこともなかった。

トロトロの生物的挿入感がベースで、さらに生き物肉のゴロゴロが生物的に亀頭とカリ首で乱舞する感触を鮮明に感じられた。

乾くこと無くフィニッシュまで生き物挿入感を味わえる

またたく間に乾いてしまう場所で検証した結果、長めのオナニーでも継ぎ足すことなくギュウギュウと生物的に吸われたり感覚もゴロゴロと生物的に接触する感触もずっと続けることができた。乾きにくくて継ぎ足しが要らない。

手についてもタオルでひと拭きでサクッと取れてしまう

手を洗う必要がなく掴んで即開始できてしまう。挿入開始時に勃起させるために「ローションを塗って手コキ、ローションが付いた手、その手の置き場に困った際にタオルで臨時的に拭いたところ」なんとサッと取れてしまった。

「いったん手を洗いに行くことなく即挿入開始」することができてしまった。普通は何回もタオルで拭い重ね無いと取れない。ローションがベットリついた手も布一拭きでアッサリ綺麗に取れたローションであった

※ご利用規約|このページは18歳以上の方がご覧になれます。/体験及び挿入感等には個人差が御座います。/掲載している写真内の被写体はすべてジョークグッズで御座います。
校正・編集:COMPANY|WWW.MUNENIKU.COM