SA+の専用ホールは裏返しても裂けない+また挿れたくなる挿入感だった。

A10サイクロンSA+PLUSの専用ホールは裏返しても裂けなかった。メリメリ裂け始めなかった。長く持つ。「すぐに裂けさせて次々別売りホールを買わせられる」といったタイプではなかった。誠実であった。さらに肝心の挿入感が「何度もそれで抜きたくなるほどペニスが本能的にうずいて欲してしまう」ような気持ち良さであった。お店には申し訳無いけれども専用ホールは1つだけでも何年も続けられてしまう。そして義務感ではなく、純粋に欲しい専用ホールを落ち着いて買えるといった心温かい状態がそこにあった。

裏返した時に裂ける心配がない

洗浄するたびに億劫になることがない。裏返している途中でも裏返しきった際もジリジリ裂け始めた箇所はなかった。そして裏返している際にも「あぁ…ちょっと慎重に裏返さないと裂け始めるかもしれない…」といった不安さえ生まれなかった。

裂けるのを心配しながら急いで洗う必要がない

「裏返したはいいものの早く洗浄しないと裂けてしまう」といった緊迫感があるオナホールが多い。しかし、A10サイクロンSA+PLUSの専用ホールはそれがなかった。内部がぽかんと開いていて洗いやすいものばかりだった。それでいて裏返した状態でじっと待って見ていてもメリメリと裂けていく様子もなかった。

裏返しやすいのに挿入感が濃厚

裏返しても裂けないのに挿入感が濃厚なことに驚かされた。外見はカポカポであり、いかにもアッサリした挿入感に見える。しかし、実際は挿入すると肉壁がまるで力を挿れた分厚い舌のようになって亀頭と肉棒をズリュッと濃厚にこすってくる。さらに人工的ではなく生物的な擦れ感になっている。それに毎回感動してしまった。

耐久性等の利便性を上げると気持ち良さが犠牲にされるのが普通

大抵は利便性を犠牲にすることで気持ち良さを引き上げる。裏返しするといった利便性を引き上げると必然的に気持ち良さが犠牲になってしまう。「肉が詰まった挿入感」と言われれば「あぁ…裏返したときに裂けるかもしれないタイプ…」と連想してしまう。そして「裏返ししやすい利便性」と言われると「あぁ…あっさりしたつまらない挿入感なのだろう…」と連想してしまう。それが普通だった。

耐久性が高いのに気持ち良さが犠牲になっていない

しかしA10サイクロンSAプラスの専用ホールは違う。利便性が引き上がっているのに挿入感も犠牲にならずに引き上がっていたのだ。これは「職人、玄人、素人にはできない次元」に位置する。「本体の製造に力尽きて専用ホールが手抜きになっている」とあるあるが起こっていなかった。それがすごい。

A10サイクロンSA +PLUS(プラス)のレビュー