家族バレしない電動オナホを選ぶ場合は“電源コードが脱着型”を選ぶのが正解

電動オナホールが欲しい場合に、絞り込んだ電動オナホールの中でふと“家族バレする環境であるという現実”に向き合った時に、「コンセントが脱着型になっているほう」を選ぶことでその制限された環境でも妥協感なくフルに性の悩みを満たせる。

これにより、「直付けのほうを買った結果、押し入れに隠さないといけない感に疲れた。結局、それが億劫で使わなくなってしまった。これを処分して、脱着型か充電型などの“インテリアとして飾れる”電動オナホにしたい。しかし、、あのとき脱着型のほう買えば良かった…。」といった遠回りを回避できる。遠回り費用もカットして節約できる。

電源が脱着型は家族バレ対策も考慮されている

機能面を優先すると直付けになる。しかし家族バレを優先すると脱着型になる。より早くオナニーを開始するという視点においては、直付けがベストだ。しかし、あえて脱着型になっていた。それはやはり家族バレにも対処できることも1つに考慮されていた。

直付けは勝手に動作させられてオナホだとバレる可能性が生まれてしまう。実際は、NLSピストンにおいては勝手に動かされてもまだオナホだとは分からない。しかし、他の電動オナホではオナホだとわかってしまう。

家族バレを防ぐ場合は、もしその電動オナホールが電源型の場合には直付け型か脱着型かを確認し、脱着型を選ぶのが最適となる。

「直付けならばよりすばやくオナニー開始できるものの…」

NLSピストンを使用する際にいちいちコンセントにつないで、その反対側のさきっぽを本体に挿すステップが面倒だった。これを省略して欲しい。はっきり言って省略したい。「直付けにして欲しい」と感じてしまう。利便性のみを優先した場合はやはり直付けを望んでしまう。

しかし!

あえてここは脱着型が採用されている。やはり身内の方に勝手に作動させられる可能性を排除するためでもある。利便性を欠損させてまでそれを優先させている。犠牲である。犠牲によって家族バレ対策のパワーが上がっている。利便性を少しマイナスにさせてでも家族バレ対策性能がプラスされている。

直付けでないことで花瓶などのインテリアとして飾れる

直付けでないことで煩雑なコンセントを本体から外して飾れる。そのため、インテリアのオブジェとして飾れる。利便性を犠牲にしてインテリア性が優先されている。

コンセントが無いおかげで飾りやすい。外見から野暮ったさや煩雑さが消えて美しく飾れる。直付け型ではなく脱着型が採用されていることで、押入れ行ではなく「押入れの外でも飾れる!(押入れ行きにならない)」というメリットがそこにある。

本体の機構レベルで家族バレ性能が高い電動オナホを選ぶ

もし、家族バレや身内バレする事情がある場合において、その制限された環境下においても「本当は一人暮らしで誰にも見られずに誰にも会わずに使いたいんだけど…」といった妥協感無く使用したい!といった場合において、

さらにもし絞りに絞った電動オナホールがコンセント型だった場合は【脱着型を選ぶ】と、より”家族バレ防止目的に”合致したオナホールを所有できる。

例:電源型であるが直付けではない電動オナホールのNLSピストン

NLSピストンはAC/DC電源型で登場した。しかし、なぜここを直接付けではなく、脱着できる機構にしたのか。その謎が渦巻いていた。そしてようやく謎が解けた。理由は「家族バレを防げるのは脱着型」だからであった。

NLSピストンは、そのような煩わしい選択にいちいち迷わせてくるといったことをそもそもさせてこなかった紳士な電動だったということを改めて思い知らされた。

【人と接触することなくオナホールとラブドールで性の悩みに振り回される日常を終わらせる方法】
第1章|セックスしたい
■必要だった存在

感覚的なコツ対策「どういった視点でセックスすればいいのか定まらない」
Q&A|セックスしたい
第2章|フェラされたい
■必要だった存在|フェラされたい欲

家庭事情対策「フェラされたいが身内バレが不安で買えない」
節約や代替事情「電動オナホは高いので一般の安いオナホ数個で後は脳内補完で代替して節約したい」
第3章|エロから美術へ
■必要だった存在|エロから美術へのバトンタッチ

共通
Q&A|共通
第4章|卒業確認
性的な視点だけでなく美術的な視点でも楽しめるかどうかを確認する
■メリット
  • 0. 人と接触せずにオナホールとラブドールだけで性の悩みを終わらせられる
  • 0. 妄想やバイアスによる自己説得ではなくシラフで終わる
  • 1. オナホールを次々に買うループにハマらない
  • 2. ラブドールを次々に買うループにハマらない
  • 3. 性の悩み依存から費用をより掛けずに卒業できる
  • 4. 性の悩み依存から卒業することで“必要だと感じたときにだけ買う”という良好な共存状態に至れる
  • 5. より早く性の悩みを終わらせられる
  • 6. “性欲”から卒業できたと言えども拒絶したり排他せず今度は美術鑑賞に利用できる