キャップからシリコン箇所が無くなったことは改悪では無かった。

黄ばまなくなった

A10サイクロンSAのキャップ箇所がプラスチックになって黄ばむことがなくなった。汚れなくなった。そのため、いつまでも清潔な見た目を維持できるようになった。以前はここが汚れないように気をつかっていた。黄ばんでしまったら飾れないからだ。「なんだかインテリアの土俵から外れてしまう感」があった。それが無くなった。ずっとインテリアとして飾れる感じになった。

飾りやすくなった

旧型のA10サイクロンSAはオナホール感が少しあった。原因は「キャップのシリコン箇所」だった。それが今回の新型A10サイクロンSA+PLUS(プラス)でプラスチック感に変わった。そしてそのおかげでさらに堂々と花瓶として飾れるようになった。

シリコンからプラスティックに変わって一層オナホール感がなくなってくれた。いよいよオナホールから性家電に変わった感じがした。マイナーチェンジかもしれないがこの違いは感覚的にとても大きかった。

以前は「これは花瓶です」って言っても「じゃあこのシリコン箇所はなに?」といった疑問がうっすら生まれていた。しかし新型になってそれさえも無くなったのだ。

それまで完全に花瓶としてカモフラージュさせるにはこのシリコン箇所を隠すためにキャップだけをどこか別に収納する必要があった。しかしそれさえもなくなった。いちいちキャップだけを外さなくてもオナホールではなく家電に見える。花瓶に見える。隠すのは内部のホール箇所だけでよくなった。

挿入感に影響は無かった

一部にシリコン素材を使用し、クッション性のあったエントランスキャップが、プラスチック一体型になっています。

その記載を見たときに「まさか挿入感を犠牲にしてまで…使用している際にプラスチック感を股間に感じて気持ち良さが減少してしまうのでは…」その不安があった。しかし、実際に使用した結果、そのプラ箇所がペニスの根元に接触する感じは意外に何も感じずペニスで感じる挿入感やペニスの根本で感じる快感に影響を与えることはなかった。

「挿入感にプラが接触してくる無機物人工感のせいでせっかくの生物的挿入感が無機物感で侵される」といった予想が起きなかった。完成されていた。キャップがシームレスにプラになって外見からオナホール感がさらに無くなった上に、さらに挿入感の気持ち良さも変わらなかった。このキャップ箇所の変更は改悪ではない。「正解」であった。

A10サイクロンSA +PLUS(プラス)のレビュー