カテゴリー: A10ピストンSA性家電

「布団に入って横になりながらオナニーしたい!」場合は“性家電”が必要。

   
著:A10ピストンSA研究現場〔胸肉(MUNENIKU.COM)〕

「眠い…誰かに抜いて欲しい…」→ 性家電

リアルドール『6YEdoll』での添い寝シーン。

「毛布の中で横になりながら誰かに抜いて欲しい」といった場合は性家電がその役目を担ってくれる。

「毛布の中で抜きたい…」

「寒い冬、毛布にくるまって出たくない…」そんなときにふとオナニーしたくなる。横向きになってスマホでAVを見ているとやはりオナニーがしたくなってくる。

「窮屈だ…」

そうして、毛布にくるまりながら横向きでオナニーを開始するとなんとも窮屈。動かす手も疲れてくる。

シコシコの先が床なので真っ直ぐにシコシコするように配慮する手間も出てくる。

「やはり王道の仰向けへ…」

そうして斜めの体勢へ変更、しばらくするも窮屈で続かず、やはり王道の仰向けに体勢に変えていく。

「イケない…寝れなくなる…」

運良くサクッと射精に至ればいいものの、なかなか至れないときはどんどん疲れてくる。そして目が冴えてくる。そして寝れなくなる。

「中断したら余計に面倒になる…」

しかし、オナニーを開始してしまったので中断すると、ティッシュがこびりついた亀頭がカラッカラで全然取れなくて、結局射精まで至らないと綺麗に終われないジレンマ。

運良く亀頭が綺麗でもそのままパンツにしまうと、抜いていないのにパンツが臭くなるジレンマ。

「何がなんでも抜かないと…」

そのジレンマにさいなまれ、オナニーをフィニッシュまでしないと翌朝の後始末が逆に面倒になるという結論へ。そして結局オナニーを続行。

深夜の3時、もうそろそろイカないと明日起きれなくなる…。

「やっとイケた…ペニスに負担感…」

ようやく射精に至り、亀頭を新しいティッシュでこびりついたティッシュを拭き取って、ティッシュを丸めてゴミ箱へ、そうしてもはや入浴が面倒なのでペニスにティッシュをくるませてパンツの中にいれて就寝。

そして思いのほか長時間かかってペニスへの負担が気になり出す。それが気になって余計に寝れなくなる。

「誰かに抜いてもらえれば即抜きできて負担感もないだろう…」

「誰かに抜いて欲しい…」その欲求がたびたび訪れる。特になかなかイケずに射精に手こずった日には強く感じてしまう。

そうしてスッキリしない朝を迎える。

…といった流れを少しスマートにできる。

それが性家電である。前回の使用から洗浄済みでスタンバイ状態であればサクッと終わる。ヒトに抜いてもらい、そしてオナニーを限られた時間内に済ませ、スッキリした朝にできる。

勃起せずに開始できる

性家電の専用ホールは挿入口や挿入内部が広いホールが多い。

ナカが広めなので未勃起で入る

A10ピストンSAもA10サイクロンSA +PLUS(プラス)もNLSピストンも専用ホールの挿入口が大きめで内径も大きいため、未勃起状態のペニスでも入る。入れ込むと入る。

ナカが広めなのに濃厚な挿入感で意外

そして内径がすこし大きめなのに淡白な挿入感ではなく濃厚な挿入感なので、人に抜いてもらっている感覚から始まる。あっという間にムクムクと勃起し出す。

手コキ開始感は無いがフェラと騎乗位感で開始できる

「ペニスを握って開始してもらう」というのが理想ではあるが、性家電はヒトの手のカタチをしていないためそれができないのが難点…

しかしその難点も忘れるほど、気づいたら勃起している。「フェラしてもらっている感覚」もしくは「添い寝バックしてもらっている感覚」なので「むしろこっちでいい」感に変わる。

そして、あのオナニー特有の「シコシコ風景」が無くなる。非常にスマートにできる。

人に抜いてもらえる

性家電は「ロボットに抜いてもらう」といった連想を外見からしてしまう。しかし、実際は違う。実際はロボではなく「ヒトに抜いてもらう」といった体験となる。

これが布団や毛布の中に挿れていると一層それを感じられる。

濃厚フェラで抜いてもらう

性家電『A10サイクロンSA+PLUS』は亀頭と肉棒を舌で巻き付くように濃厚舐め舐めレロレロしてくる濃厚フェラを体験できる。

A10サイクロンSAは濃厚フェラである。毛布の中で、濃厚まったりと舐め舐めレロレロとフェラしてもらっている体感で射精に至れる。

A10サイクロンSAはマイナーチェンジされた新型のA10サイクロンSA +PLUS(プラス)も含めて最高速度でも濃厚まったりした体感が限界となった。激しい舐め舐めは体感できない。

激しいのを求める場合はA10ピストンSAまたはその試作機であるNLSピストンとなる。

激しいフェラで抜いてもらう

性家電『NLSピストン』はヘドバンのようなフェラ感・獣のような非常に激しく躍動的なフェラを体験できる。

NLSピストンはジュポジュポ獣フェラである。毛布の中で、ジュポジュポとヘドバンしながら激しく獣のようなフェラをしてもらっている体感で射精に至れる。

激しい添い寝バックで抜いてもらう

性家電『A10ピストンSA』はNLSピストンの激しいフェラだけでなく『騎乗位モード』も体験できる。

A10ピストンSAは獣フェラと騎乗位である。NLSピストンの獣フェラだけでなく、まるで「横の体勢のまま並んでお尻を突き出動かして、エビのような体勢で騎乗位してくる」「添い寝バックで自ら腰振りしてくる」といった体感の体勢で射精に至れる。

布団で隠すとさらにヒト感が増して即抜くできる

毛布や布団で隠れている分、その感覚はさらに濃度を増す。目で直接見るとそれは円柱系のロボな見た目であっても、布団や毛布で隠れているとフワフワと人が浮かんでくるほどにヒトの動きをしてくる。それがやみつきになる。

挿れたまま就寝

萎えペニスでもスポンと抜けずに寝れる

射精後の後始末はせずにそのまま挿れたまま就寝できる。性家電の専用ホールはペニスを挿れていても、萎えた状態であってもスポーンッと抜けたりしなかった。ホール内径が大きいのでペニスを保有し続けられる。

筐体のカセット穴と同じ位置に挿入口があったり、ピストン系は出っ張っている。そのため、ペニスが抜けないようにグッと股間を押し付けながら寝るといった手間もない。

衛生面の心配は特化ローションを使用する

衛生面の心配は『洗い不要ローション デオケア』というローションを使用することで無くなる。

特化ローションでパンツが臭くなりにくい

そのまま寝られればいいものの、なかなかお尻を出していると落ち着かない。そんなときは、従来と同じようにペニスを抜いてそのままティッシュでサクッと抜いてティッシュでくるんでパンツにしまうと寝られる。

使用したローションが消臭除菌系なのでパンツが臭くなる心配がない。そのため、安心して寝られる。

起きて洗わずにそのまま外出しても意外に何も不都合がない。パンツがやけに臭いといったことにもならなかった。

特化ローションで専用ホールをすぐ洗わなくて済む

そして外出中に「洗っていない性家電のあのホール、洗わないと…」といった心配もない。その心配もこの除菌系のローションで無くなる。「帰ってから暇ができたときに洗えばいい」といった安心感が訪れる。

それに性家電の専用ホールは完全に本体の筐体と隔離内蔵されているため、内部に汚れが浸透することもなければ、不衛生な要素が内部に浸透することもない。

万が一、数週間レベルで放置しすぎてしまってもはやカビだらけになってしまって挿入できなくなってしまった場合は新しく専用ホールを買い直すことで解決できる。

特化ローションは朝準備を邪魔しない

そしてもちろん朝の限られた時間に朝シャンする際にもこのローションは標準ローションに比べて洗い落としやすい。限られた朝活タイムを無駄に消費せずに済む。

性家電はオナニースタイルを「ザ・オナニー」から「セックス系」に変えてくれる

オナニーを性家電に変えることで「シコシコする行為」が無くなり「後始末の切迫感」が無くなる。

それにより「横になりながらでも」後のことの心配もなくそして「誰かに抜いてもらう体験」であっという間に射精に至れる、たとえ「連日」であっても。

新しいオナニースタイルが日常に訪れる。誰かに抜いてもらうといったスタイルが訪れる。そして連日そのスタイルを浸透できるのはヒトではなく性家電である。

性家電は昔のオナニーも迎え入れる

性家電を使用しまくっていると気づいてしまう「シコシコするオナニーも再びしたくなる」ということを。

性家電は従来のオナニーを追いやらない。再び迎え入れてくれる暖かさがある。暖かいロボである。ヒトの暖かさを秘めているからこそ、ヒトの動きができるのである!

これだ、この毛布の中のような暖かい感覚、暖かいヒトの感覚、これぞ新しいスタイルである!

「布団の中でヌクヌク抜きたい…」
そんなときは
“ヒトが入った”性家電である!

▼関連ページ:「オナホが欲しいけれど節約したい!」場合はA10ピストンSAを買うと節約できる

電動オナホール・性家電の『A10ピストンSA』と『A10サイクロンSA』と『NLSピストン』を並べた様子。

目次|性家電『A10ピストンSA』体験レビュー
===おすすめな人===

===総合レビュー===
===体験レビュー===
===購入レビュー===
===梱包レビュー===
===開封レビュー===
===比較レビュー===
ーーーNLSピストンとの違いーーー
ーーーA10サイクロンSA +PLUS(プラス)との違いーーー
===ご購入前の不安Q&A===
Share
“ラブドールの専門家”胸肉

最新ブログ記事

ラブドールマニュアルTOP