カテゴリー: A10ピストンSA

【体験】「だめだ、我慢できない…」A10ピストンSAの開封体験&梱包レビュー

   
著:「風俗嬢の方の“性のプロのフェラと手コキと騎乗位”を自宅に所有できる」
A10ピストンSA研究現場〔胸肉(MUNENIKU.COM)〕

「だめだ、我慢できない…」

そのまま急いで梱包箱を目の前に置き、テープに箇所にすぐさま爪を入れて破り上げた。

「しまった…!手で剥がしてしまった…!」

剥がしている最中に警告のように脳内を鳴り響く。捨てるごみを増やすところだった…。

「手ではない!ハサミだ!」

こういった時はハサミで切り入れるとごみが出ない。梱包箱も劣化させずに済む。

「ハサミハサミ…」

すぐさまカバンからハサミを取り出した。「待ち切れない、待ち切れない!」もう股間がムラムラして暴発状態なのだ!

「サクッサクッ」

暴発気味に勢いを任せて切り出して行った。どんどん切っていく。

「あぁ…綺麗に切れていく…」

「さすがNLSだ!」その感嘆が脳内を走っていく。ガムテープではなくクラフトテープを貼ってくれているおかげでスゥッと切り開ける。ハサミもテープのりで汚れない。さすがだ…

「待ちきれない…」

ガバガバ開けたい欲求を抑えながら慎重に開けていく。切り開けていく。中身は性家電、慎重に、綺麗に開けたい…

「肝心の真ん中へ」

肝心の真ん中へ突入。どんどん切っていく。ここをしくじると中身にキズが付いてしまう。慎重に、慎重に切り開けていく。

「カッタースタイルで行きたいが…!」

全然進まない。「ならばカッターのように!」そうしてカッターのように切ろうと切り替えようとした時、警鐘が鳴った。「カッターのように切って中身の貴重なモノに切り口が付いてしまった過去」が蘇っていく。「ガイコツ警告」で脳裏を走っていく。

「ハサミスタイルで我慢だ…」

ハサミスタイルに切り替え。カッタースタイルではなく、ハサミのスタイルで続行していく。浮かせながらチョキチョキ。切り口は多少汚くなってもいい、やはりこれが中身を傷付けない。これがいい。

「ついに後半戦だ!」

ついに後半戦に切り替わった。あとは1/2を切っていくだけ、もう先は見えている!しかし、慎重に、慎重に切っていく…!

「ついに上面開封へ!」

ついに反対側まで切った。これで梱包箱の上面を切り終わったも同然。しかし、慌てない。ここでガバッと開くと逆に開けにくい。横も…

「慎重に側面へ。あと少し、あと少しだ!」

あえてガバっと開けない。慎重に、冷静に、開けていく。紳士に開けていく。反対側の側面を切ってどんどん進んでいく。あっという間にカットが進んでいく。

「終盤だ!」

切った!あとは向こう側の一片のみ!この慎重に開けていく感覚もたまらない!気持ちいい…脳汁が出てくる、我慢汁がパンツを濡らす、このジワジワ感がたまらない…!

「さぁぁ、あと一息!」

「さぁ!」そう自身に気合を入れるかのように奥の反対側を切っていく。

「切っていく、切っていく。」

最後の一片。味わうように切っていく。切り開いていく。

「ついに切り終わった…!」

ついに切った…ついに切り終わった。やはり毎度毎度この「味わうように開封する感覚」がたまらない。

「開封である…!」

ついに門が開かれた!やっとだ!やっとここまできた!そして、側面の岩と岩から覗き出す「紙の岩岩」。

「岩とととに感動の開封」

「美しい…」美しい紙の壁々が目の前に広がる。やはり適当に置かれた紙では無い。全面に敷かれている。素晴らしい…NLS…

「覗き見されない!」

やはり端から端まで紙で覆われている。もし万が一中身を覗き見するように開けられても「紙しか」見えない施策、素晴らしすぎる。ぎっしり詰まっているのでどこから「クパッと覗き見開け」されても決して覗き見できない鉄壁の壁。実に美しい…

「壁を一枚一枚…」

壁を一枚一枚取っていく。多すぎない。適度な分量。やはりこのあたりの気遣いもイイ。「大量に入っていて処分に困る」といったことに遭遇しない。適度な気遣いがこれまたイイ。

「ついに化粧箱が…!」

紙袋をとっていくとそこにはA10ピストンSAの美しい化粧箱がキラめくように覗いてくる。目にそのきらめきが反射してくる。たまらない、たまらない!誘っている!

「そう言えば今回は黒フィルムではないようだ」

今回は黒フィルムではなかった。『A10サイクロンSAプラスの時は黒色だった(*)』が…黒フィルムで包めない大きさだったのであろう。

「しっかり納品書も入っている」

納品書が相変わらず丁寧に封筒に入れられて入っている。煩雑さが無い。開封の時にその丁寧さを生理的に感じてやはり人の温かさが染み渡ってくる…サイズオーバーで黒フィルムがやむおえない事情なんて許せてしまう。NLSはいつも温かい。

「やはり綺麗に折られている…」

封筒の中からNLSの納品書を取り出すと、やはり今回も綺麗に折られている。「丁寧だ…紳士だ…」そう重ねて重ねて人間味のある温かい感動に包まれていく。

「家計簿もしやすい…」

納品書にしっかり商品名と商品金額が記載されている。紙もしっかりしていてスキャナーに通しやすい。家計簿にも最適になっている気遣い…。

「なんと素晴らしい…側面にまで!」

側面にも紙が敷き詰められている!感動が走っていく。万が一側面からぶつかった時も防いでくれるのだ!精密なA10ピストンSA、壊れる心配が無い!

「緩衝紙を取り除いていく…」

側面に丁寧に敷き詰められているその緩衝紙を取り除いていく。1枚1枚、味わうように取り除くこのゾクゾク感がたまらない。

ガサゴソと耳をそば立てる音に耳が幸せになりながらどんどん取り除いていく。側面に隙間感なく詰められていて感動しながら引き抜いていく。

「こちらの側面にも衝撃対策が!」

すごい!もう片方のサイドには緩衝材が入っている。もし運搬中に側面に衝撃があっても壊れて届く不安がない!どんどん感動が積み重なっていく、どんどん感動が膨れ上がっていく!

「ぴったりな梱包箱だ…」

やはりぴったりだ。まるで“A10ピストンSA専用に作られた梱包箱”みたいだ。衝撃を吸収してくれる程よい余白感、素晴らしい…

「上面も大事な余白感ばっちり!」

ショップ側が見落としがちな「上面の衝撃対策」もしっかりなされていた。上からも横からダメージを受けてもちょうどいい隙間が吸収してくれる。通販店の梱包業務で上面をギチギチに梱包して受け取り側からクレームを受けたことがある。「上にドサッとやられたら壊れるだろう!」と。その初心者通販店の通過儀礼とも言える案件、見事にクリアしている。やはり美しい…NLSは梱包箱の時点で美しい…。

「やはりフィルムでバレない!」

フィルムで追われているので勝手に開けられる心配が無い。もしこれが開けられていたら勝手に見られていることになりうる。たとえホテルやシェアハウス等でもまさかそんなことは倫理的に反するので起こる心配はない。そのため勝手に開けられる心配はない。

「ありがとう、美しい梱包箱よ」

「やはり今回もバッチリの梱包具合だった。」そう感動しながら箱を取っていく。「今まで守ってくれてありがとう」そう名残惜しさを感じながらも取っていく。そしてそこには美しくコンパクトな白化粧箱がまぶたを明るくしていく…

「化粧箱…やはり美しい…。」

先ほどからチラチラ覗いていて、その美しさは垣間見れていた。チラチラ視界に入るたびに目の光度が1段階上がっていく味わいがあった。そして完全に対面した時「その美しい化粧箱」に…惚れてしまった。

「買って良かった…!」

「A10ピストンSAのお届けで〜す♪」そんな妄想シーンが陽気に脳内を走っていく。それほどの美しいお箱。そのお箱が目いっぱいに写り込んでくる。キラキラ入り込んでくる。「買って良かった!」そう感動が反射する光とともに走っていく。

「向き合うとさらに美しい…」

向き合うとフォールインラブ。「なぜ光沢なのか」その謎も解けていく。まるでこの化粧箱がこちらを先に信頼してくれているかのよう、見ているだけでその明るい反射で気分が明るく変わっていく。「買って良かった…」その感情がブーストされていく…『抱き締めたくなる化粧箱』とはまさにこのことだ。

「外見からクリスマスプレゼント感がある…!」

外箱の時点でクリスマスプレゼント感の本腰感がある。こんなに美しい化粧箱は久々。おもちゃでもない、野暮ったい家電でもない、なにかオシャレなファッション店で買ってきたような美しいプレゼント箱。

「自分ご褒美に最適だ!」

「やはり自分ご褒美におススメだ!」A10ピストンSAは化粧箱の時点で痛感していく。

「Vorze製品の化粧箱はとても美麗。」A10サイクロンSA購入時の体験していて事前にわかっていたことでもあった。しかし改めて目の前にするとやはり…美麗だ…。

いざ対面すると改めて『クリスマスの自分ご褒美感』を露骨に感じてしまう。

化粧箱の時点で「今年も頑張った!」と言わんばかりに自分ご褒美感を体験できてしまう。

「1年に一回のご褒美だ!」と言わんばかりの自分ご褒美感を体験できてしまう。

化粧箱の時点で感動が走る。中身を開けて使用してやっと感動する一般レベルではない。

開けているだけで勃起してくる自分ご褒美感。待ちきれなくて急いで開けてしまう美しさ。その流れを邪魔しない梱包の美しさ。

まさに「NLSとのセックス感」。気持ちいい…気持ち良すぎる、快適すぎる、開封の時点でムラムラしてくる…!

やはりNLSの梱包は気持ちいい、癒やされる…。
「開封の儀の時点」でもはやクリスマス感、酔いしれてしまう。
1年に一回の自分ご褒美、
自分クリスマスプレゼントにふさわしい性家電(電動オナホール)である。

さらば普通の自分ご褒美よ!
「開封の時点」で感動が味わえる。
足先から指先、そして天頭部へ走っていく感動を味わえる!
性家電A10ピストンSAによって!


目次|性家電『A10ピストンSA』体験レビュー
===おすすめな人===

===総合レビュー===
===体験レビュー===
===購入レビュー===
===梱包レビュー===
===開封レビュー===
===比較レビュー===
ーーーNLSピストンとの違いーーー
ーーーA10サイクロンSA +PLUS(プラス)との違いーーー
===ご購入前の不安Q&A===
Share
“ラブドールの専門家”胸肉

最新ブログ記事

ラブドールマニュアルTOP