カテゴリー: A10ピストンSA性家電

「A10ピストンSAの同時購入でこれだけは必須なものは?」→スタンドのみ

   
著:A10ピストンSA研究現場〔胸肉(MUNENIKU.COM)〕

A10ピストンSAが長い在庫切れ状態からついに再び入荷された。勢いに任せて衝動買いしなくて済んで節約できる付属オプションは「スタンドのみ」となる。

ローションは付属ローションで意外に何回も使える。さらに、付属ホールはこれ一本だけでいいとさえ感じるほど。買うのはスタンドのみが節約できる。

スタンドを使用することで手で支える必要がなくなり、「オナニー感」をより一層無くすことができ、「誰かに抜いてもらっている」といった体験をより濃くできる。

ローションは必要?→不要

性家電『A10ピストンSA』に付属してくるローション。VORZEスムースローションのミニボトル版になっている。

A10ピストンSAには『VORZEスムースローション』のミニボトル版が付属していた。A10サイクロンSA +PLUS(プラス)のときも同じものが付属していた。

これは今回もやはり数回で使い切る量ではなかった。少量で節約しながら使用しても意外に気持ち良い。少量でも機能してくれるヌメヌメ持続さがある。

さらに、入っている量がお試しローションの常識ではないほど多量になっている。これもA10サイクロンSAプラスのときと同じだった。

そしてやはり今回も多数回使用してもなかなか使い切れなかった。

「別売りローションは同時購入するべき?」といった不安がある場合は「必要なし」となる。「付属ローションを使い切ったときに買う」といった流れにするとちょうどいい具合に節約できる。

別売りホールは必要?→不要

A10ピストンSAには専用ホールの『クローバー』が付属している。

NLSピストンと違って、A10ピストンSAは専用ホールの『クローバー』が付属している。

性家電の付属専用ホールは「余計に別の専用ホールが欲しくなるようなつなぎのホール」にはなっていない。正直、付属の専用ホールだけで完全に満足してしまうほど気持ち良い。つなぎではない。

A10サイクロンSAプラスのときも付属ホールがつなぎではなかった。A10ピストンSAのときも付属ホールがつなぎではなかった。「専用ホールはつなぎにしない」といった潔さがこのメーカーにはある。

そのため、「付属の専用ホールに飽きた頃にまた新たに別の専用ホールを買う」といった方向性で節約できる。

「付属ホールがただのつなぎなホールだったので結局、新しい別の専用ホールが欲しくなってそれを買う必要があった。本体を買う時に一緒に買えばよかった。」といったことにはならない。

これだけは必要なものは?→スタンド

A10ピストンSAを固定できる固定具『ピストン・サイクロン専用スタンド』の様子(A10サイクロンSAプラスとNLSピストン)

A10ピストンSAと一緒に買うものを検討する際に、ローションは不要。別売り専用ホールも不要。

ならば本体だけでいいのでは?

といった疑問が生まれる。しかし、「これだけは必要!」と感じたものがあった。

それが「専用スタンド」である。これだけは必要だった。

これがあることで「オナニー感」が消えてくれる。やはり、電動オナホールである性家電であっても「支えて持っている時」にオナニー感を感じてしまう。

そのオナニー感をこのスタンドが消してくれる。本当に、純粋に「人に抜いてもらっている」といった体験がこのスタンドによってできる。

この専用スタンドが入荷未定の場合は「今回はA10ピストンSA本体(専用ホール付属)だけを買って再入荷されたときに買う」といった流れにすると節約できる。「無駄遣いした!」と感じなくて済む。よりA10ピストンSAを楽しめる。

また、本体を買うとポイントが2週間後に1289円以上分付与されるため、次回スタンドを購入する際に1289円分値引きして購入できる。送料無料で購入できる。

「A10ピストンSAと同時購入でこれだけは必須なものは?」
スタンドのみとなる!

→関連ページ:「電動オナホは激しいのがいい!」場合はA10ピストンSAまたはNLSピストン

電動オナホール・性家電の『A10ピストンSA』と『A10サイクロンSA』と『NLSピストン』の中で激しいのはA10ピストンSAとNLSピストン

目次|性家電『A10ピストンSA』体験レビュー
===おすすめな人===

===総合レビュー===
===体験レビュー===
===購入レビュー===
===梱包レビュー===
===開封レビュー===
===比較レビュー===
ーーーNLSピストンとの違いーーー
ーーーA10サイクロンSA +PLUS(プラス)との違いーーー
===ご購入前の不安Q&A===
Share
“ラブドールの専門家”胸肉

最新ブログ記事

ラブドールマニュアルTOP