カテゴリー: A10ピストンSA性家電

「A10ピストンSAのお試しローションはすぐ無くなる?」→無くならなかった。

   
著:A10ピストンSA研究現場〔胸肉(MUNENIKU.COM)〕

性家電のA10ピストンSAやA10サイクロンSAプラスを購入すると、他のオナホールと同じくお試しローションが付属してくる。

そのローションは意外に3回以上使える量があった。そしてお試しとして付属するには割に合わないほどのハイグレードなローションが付属している。節約できる。

何回も使える量がある

普通のお試しローションではない

「一回使って終了」といったことにならない。猫のチュロスのようなパックでもなければ、駄菓子のゼリーのようなパックでもなければ、コンドームようなパックでも無い。

お試しローションの割にはやけに量が多い

フェイスローションの一回は少量でなかなか無くならない。

何かのフェイス化粧品と言わんばかりの大きさのミニボトルに入っている。「フェイスローションみたいだ!」と言わんばかりのボトルになっている。そしてその量が意外に多い。

節約しながら使えば20回は使える

1回で無くなる事は絶対に無く、一回を大量に使っても3回以上は普通に使える量がある。慎重に節約しながら使えば20回ぐらい使えそうな量がある。

お試し版なのに少量でもヌメヌメが続いてくれる

さらに「少量でも痛くないほどハイグレードなローション」になっている。なので他のローションに比べて一回の量が非常に少ない量で済む。

ハイグレードのローションで節約できる

お試しローションではなく“本命ローション付属”

性家電に付属しているローションは『VORZEスムースローション』のミニ版になっている。

お試しローションという名前を被っているだけで、中身はVORZEスムースローションをミニ分量にしただけで本命ローションである。

“100円の食器用洗剤”感がない

そしてこのローションは少量でもガッツリヌメヌメが持続してくれる優秀さがあった。

「100均の食器用洗剤を買ったら一回の量を多めに出さないと泡立ってくれない」といったことが起こらない。

「付属のローションは一回の量を大量に出さないとヌメヌメが続いてくれない…100円ショップレベル!」といったことが起こらない。

「一回の量が多いのですぐに無くなる」といったことが起こらないのである。

性家電に付属しているローションは食器用洗剤で言うと「ジョイ」である。

ジョイはガールフレンド第3章の挿入箇所の洗浄にも重宝する。

100円ショップと比べると高い…

しかし!しずくレベルの一滴でも泡立ちそしてその一滴だけで綺麗に洗えてしまう。

100円の食器用洗剤はあっという間に無くなったのに「物理的にジョイのほうが内蔵量が少ないはず」なのに全然無くならない。

付属ローションはオマケではなく本命

「付属のローション=オマケ」といった概念が性家電には当てはまらない。本命ローションが付属してくる。しばらくローションを買わなくていいぐらいにあるのでその良心さに感動さえ覚える。

意外にローションを買わなくて済む

性家電に付属してくるローション、VORZEスムースローションのミニ版

本命ローションの同時購入は不要

A10ピストンSAやA10サイクロンSAプラスを買うときにローションを同時に買うべきか迷う。

「ローションは必要なのだろうか?」「付属のローションはきっと一回使ったら全部無くなるパターンだろうから…」と思い、ローションの同時購入を検討してしまう。

しかし性家電に付属しているローションはハイグレードローション、「同時購入するはずのVORZEスムースローション」のミニボトル版になってくれている。

付属ローションは廉価版ではなく本命

おまけに廉価版ではなかった。ただ分量が少ないだけであった。「性家電の初体験を普通のローションのしたくない!」といった欲求を付属のローションでフルに満たせてしまう。

本ボトル版を買わなくても付属のミニボトル版で「性家電と言ったらこのローション!」といったローションで性家電を使用開始できてしまう。

1段階飽きるまでの回数分使える

そして少量でずっとヌメヌメが続くのでミニボトルと言う割には「何回も何回も」使えることに驚く。

「性家電を試して良かったら本命であるVORZEローションをすぐ買い足そう」と予定していたのがキャンセルになるほど分量がある。何回も使える。

性家電を購入するときはローションをセットで買う必要はない。「楽しんだのでしばらくはいいかな」という一段落する回数分ぐらいまで使えてしまう。

「次回再び使いたくなったときにローションを買う」といった節約志向な流れにできる。

ローション代が不要になるので節約できる

性家電は節約できる。付属の分量や付属しているローション、それらがすべて節約志向になっている。

なお、性家電のNLSピストンはローションが付属していなかった。ちなみに、そのNLSピストンもやはりVORZEスムースローションがメーカーが想定した挿入感をより体験できる。

NLSピストンは当初17800円もしていた。しかし、今では11800円である。なにか節約的な志向が本体レベルにもある。「安物ではなくイイものを長く使う」といった節約感がある。

節約志向において「これだけは買うべき!といったものは?」と言われると専用固定具ぐらいとなる。

「性家電は一緒にローション買う必要ある?」
必要なし!

→関連ページ:「エロ漫画のお供を最高にしたい」→NLSピストンやA10ピストンSAが必要

エロ漫画に合うのはA10ピストンSAとNLSピストン。A10サイクロンSAは合うシーンが限られる。

目次|性家電『A10ピストンSA』体験レビュー
===おすすめな人===

===総合レビュー===
===体験レビュー===
===購入レビュー===
===梱包レビュー===
===開封レビュー===
===比較レビュー===
ーーーNLSピストンとの違いーーー
ーーーA10サイクロンSA +PLUS(プラス)との違いーーー
===ご購入前の不安Q&A===
Share
“ラブドールの専門家”胸肉

最新ブログ記事

ラブドールマニュアルTOP