カテゴリー: A10ピストンSA性家電

【比較】A10ピストンSAはA10サイクロンSA「3本分」の重さ感と大きさ感がある

   
著:A10ピストンSA研究現場〔胸肉(MUNENIKU.COM)〕

A10サイクロンSA(プラス)を片手で持った後に、続けてA10ピストンSAを片手で持とうとしたとき、その違いに衝撃が走った。重みが腕に戦慄のごとく走っていく。持ち上がらない。とにかく重い。先ほど持ったA10サイクロンSAの「3個」ほどの重さ感がある。

A10サイクロンSAは片手ですんなり持てる

A10サイクロンSA +PLUS(プラス)は化粧箱からも片手でスゥッと取り出せる。

「片手でスゥッと持てる。」

A10サイクロンSAプラスを片手で持とうとしたときに、特に力むことなくスゥッと持ち上げることができる。1合分の炊飯器を片手で持っているような軽さ、1.0〜1.5Lのペットボトルを片手で持っているような楽さ。すんなり持てる。想定内の重さになっている。

「出し入れが楽。」

片手ですんなり持てるので、使用開始時に飾っている収納棚から取り出したり、はたまたしまいこんだ棚から取り出したり、そういったことを日常的に繰り返せる楽さ、軽さ、コンパクトさがある。持ち上げる際に力こぶがモッコリすることもない。日常的な持ち上げ感の範囲内になっている。

「とても持ちやすい。」

A10サイクロンSAの携帯性を一言で言うと「とても持ちやすい。」である。感覚としてはやはり、片手でコカコーラを持っているような楽さがある。クビレがある大きめのコカコーラで、別に片手でもそのまま直接飲めてしまう持ちやすさがある。持ちやすい重さがある。

A10ピストンSAは片手ですんなり持てなくて両手に持ち替える

A10ピストンSAを片手で取り出そうとしている様子

「片手ではスゥッと持てない。」

A10ピストンSAを片手で持とうとしたときに、予想外に持ち上がらなくて、力こぶが膨らんで腕に筋が経つほどに力を入れてやっと持ち上げる。日常的な重さではない。できればそこにずっと置いていたい感がある。できればもう持ちたくない感がある。できれば固定したい感がある。「これからダンベル持ち上げて筋トレしますよ〜!」感がある。

「頻繁な出し入れは萎える。」

片手ではすんなり持てないので、収納スペースから取り出す際は両手を使う必要がある。片手でササッと取り出すような手軽さはない。両手でボディを持ってやっと楽に持ち上げられる。日常的に収納ケースがから出し入れするといった重さや大きさにはなっていなかった。

「両手で持ちたい感。」

A10ピストンSAの携帯性を一言で言うと「片手ではとても持ちにくい。」である。感覚としては片手でパソコンのプリンターをどこか持てるとこを探してそこに指を引っ掛けて持ち上げるといった感覚になっている。「片手では辛いので両手で持ちたい」感がギシギシ湧いてくる。

なにか、片手でガールフレンド第3章やぷにあなミラクルDXを持とうとする感覚がある。「重い」というのが腕にギシギシ伝わってくる。実際に重量は違うものの、感覚的に似ている。

A10ピストンSAはA10サイクロンSAの3倍ぐらい重い

A10サイクロンSAプラスはA10ピストンSAの1/3ほど。

「サイクロン3体が合体した感。」

A10サイクロンSAやその新型A10サイクロンSA+PLUS(プラス)をお持ちの場合で「A10ピストンSAはどれくらいの重さなのか」と不安な場合は【A10サイクロンSA三個分】となる。3本のA10サイクロンSAを合体させたような大きさと重さになっている。

「お米3kgを片手で取り出す感。」

感覚としては、スーパーのお米コーナーで片手で持てそうなお米は片手で棚からスゥッと取り出せるのがA10サイクロンSA、両手で持ったほうが楽そうなお米をあえて片手で持つような辛さがA10ピストンSAとなる。そんな重さの違い感覚がある。

実際に計測するとそのような違いには開きがあるかもしれないが、重さの違い感覚としはそんな感じがある。それほど重い。

「A10ピストンSAはどれくらい重い?」
A10サイクロンSAをお持ちの場合は
その3個分である!


目次|性家電『A10ピストンSA』体験レビュー
===おすすめな人===

===総合レビュー===
===体験レビュー===
===購入レビュー===
===梱包レビュー===
===開封レビュー===
===比較レビュー===
ーーーNLSピストンとの違いーーー
ーーーA10サイクロンSA +PLUS(プラス)との違いーーー
===ご購入前の不安Q&A===
Share
“ラブドールの専門家”胸肉

最新ブログ記事

ラブドールマニュアルTOP