カテゴリー: A10ピストンSA

Q.「周辺グッズは必須?」A.【必須ではない】|『A10ピストンSA』購入前不安Q&A

   

Q.「周辺グッズは必須?」

A10ピストンSAの『ピストン・サイクロン専用スタンド』や『各種専用ホール』や『VORZEスムースローション』などの周辺グッズの同時購入は必須?それらがないと機能しない?もしくは気持ち良さが50%未満になったりする?やはり必須?

A.【必須ではない。】

A10ピストンSAは本体のみでも「今日は抜きまくるぞッッッ!」といった気合いの入れた欲求をもフルに満たせるほどの「ゼウスレベルの射精能力」がある。そしてA10ピストンSAには専用ホールも付属している。専属系特化ローションも付属している。すぐにフル感を染みるように味わえる。そのため、周辺グッズは必須ではない。

専用ホールが付属している

A10ピストンSAには専用ホールが付属されている。なお、基本的に性家電は2018年から専用ホールが付属した状態で登場するようになった。それまで性家電では専用ホールは別売り仕様であった。その流れは2018年から変わった。今回のA10ピストンSAにも専用ホールが付属している。

「なっ!?専用ホールが無い…!」が無い

すぐに開始できる。「届いたら専用ホールが付属していない仕様で、今日使用しようと意気込んでいたのに今度注文してそれが届くまで待とう…今日はおあずけだ。」といったことが起きない。

ただ例外的に、2018年に登場したNLSピストンには「超節約仕様」で専用ホールが付属していなかった。

なにかこれには謎が隠されているのではないかと日夜考えていてふとA10サイクロンSAプラスの専用ホールをゴリ押しで装着したところなんと装着できてしまった(※『「NLSピストン、まさかA10サイクロンSAの専用ホールが使えるのでは…?」』)

謎が解明した瞬間だった。なぜなら公式では「NLSピストンにはA10サイクロンSAプラスの専用ホールは対応していません。対応しているのはA10ピストンSAの専用ホールです。」といった見解がなされていた。

しかし、「実はその見解には続きがあって…」といわんばかりに「裏技的にA10サイクロンSAの専用ホールや普通の一般ハンドオナホールもゴリ押し的ではあるが装着できる」といった隠されたメッセージがそこにあった。そうして謎が溶けていった。ただ、NLSピストンは「A10ピストンSAの試作機を製品化したもの」といった特殊な存在であり、必然的に例外的存在となっている。

そしてA10ピストンSAには「万人受け挿入感」の専用ホールが付属しているので「この挿入感は自分に合うのだろうか…」といった不安が起こらない。届いたらすぐに開始できる。

公式ローションが付属している

A10ピストンSAはVORZEスムースローションが付属している。VORZEとはA10ピストンSAのブランド名であり、すなわちこのローションはA10ピストンSAを作ったメーカーが作ったローションになっている。

相性が抜群のローションで即開始できる

「専属的な特化ローション」と言っても過言ではない。A10ピストンSAを知り尽くしているメーカーが作っているローション…、相性は染み渡るほどに良い。「他のローションのほうが…」といった迷いがない。

意外に何回も使える量が付属している

さらに50mlも付属している。普通は「コンドームのパッケージ」や「駄菓子の細長いゼリー」のような大きさのミニローションが付属している。大抵は1回で終了、封もできない。しかし、Aq10ピストンSAに付属しているローションはミニボトルタイプで蓋ができるため「一回で使い切らない感無く」使用できる。おまけに肝心の「50ml」は「わりと何回も使える」ぐらいある。

少量でも続いて減らないので割と何回も使える

なぜならこのスムースローションが少量でも普通に摩擦感なく機能してくれるためでもある。ちょびちょび使ってもぜんぜん使い切れないので割と長く使える。お試しローションなのに長く使える。そのため、本体購入時に同時購入に「ローションがすぐに切れそうだから…」といった不安によってローションを買い足すといった必要はない。周辺グッズはやはり必須ではない。

2週間後に再検討するとポイント買いで節約できる

本体を購入すると1000円以上分のポイントが2週間後にマイページで自動付与されるため、「別売り専用ホールもこの機に…」と衝動買いしてしまいそうではあっても「まずは付属の専用ホールを使ってみて、良さそうだったらポイントも使って別売り専用ホールも買おうか…。」といった具合に節約買いできる。

専用スタンドは必須ではない

スタンドも必須ではない。必須レベル具合は「Rキーが故障で反応しなくなったキーボード」といった感覚で「買い替えたいのだけれどバーチャルキーボードでなんとかできるからまだいいかな…」といった具合となる。必須級ではあるものの、必須ではない。「あったら最高なんだけれど…」といった感覚となる。「壊れるまで買い替えはしない!」といった「筋骨級の節約モードにおいて」は買う必要性は生じない。

手や腕で固定すると意外にスタンド無しでもイケる

使用中は、手をあてがったり腕で固定したりしながら本を読んだりしていると以外にスタンドが要らない感はある。しかし、「あったらなぁ」といった願望が薄っすらでてくるだけとなる。『ピストン・サイクロン専用スタンド』は必要に感じたときに検討すると楽しめる。

さらば衝動買いよ!
必要なときに必要なものだけを!


目次|性家電『A10ピストンSA』体験レビュー
===おすすめな人===

===総合レビュー===
===体験レビュー===
===購入レビュー===
===梱包レビュー===
===開封レビュー===
===比較レビュー===
ーーーNLSピストンとの違いーーー
ーーーA10サイクロンSA +PLUS(プラス)との違いーーー
===ご購入前の不安Q&A===
Share
“ラブドールの専門家”胸肉

最新ブログ記事

ラブドールマニュアルTOP