カテゴリー: 性家電電動オナホール

「オナホールを“一生に数本だけ”買うとしたらどれがオススメ?」→性家電

   
著:A10ピストンSA研究現場〔胸肉(MUNENIKU.COM)〕

「買って使わなくなって押し入れ行きになるのが嫌…」

使わなくなって長期保管すると生挿入する気が起きなくなってしまう。

オナホール売り場に行くとどれも欲しくなってしまう。前回は数千円の安いオナホールで飽きてしまったので今度はより飽きないようにと、テンガの高いオナホールへ。

しかしそのテンガも飽きてしまって結局押し入れ行き。長く押し入れに入れすぎていて洗浄したとしても生挿入するには不安すぎる。

かといってコンドームで挿入するほど使いたい欲求は湧かない。「最初から飾っていればこんなことにならなかったのでは?」と思うものの、

テンガはオシャレであっても「今さらオナホを恥ずかしいと思うなんて…ハッチャケていこっ!」と言わんばかりに堂々とテンガを飾っても、そもそもやはり外見に性的な印象があって落ち着かない。

結果、押し入れになる。そして押し入れを見ると何本もオナホールが眠っている始末。

「もうこれを繰り返したくない。節約したい。」

そう思って悩んでいた時に、そのループを止められたオナホールがある。それが「性家電」である。

人間にしてもらう体験なので非常に長く使い続けてしまう

性家電の『A10ピストンSA』と『A10サイクロンSA』と『NLSピストン』を並べた様子

自分で抜く感覚では長続きしない

性家電はA10サイクロンSAもNLSピストンもA10ピストンSAも共通して「人にしてもらっている」といった体験だった。

自分でする感覚ではないのでやはり長続きした。

そのため、やはり「自分でする」のは「性処理」のようになって続かなかった。

ロボにしてもらう感覚では長続きしない

また、ロボットにしてもらう感覚ではないので長続きした。自分で抜くよりも抜いてもらうと新たな快感があって気持ちいい。

しかし、ロボットに機械的に抜かれるとやはり性処理感になってしまう。

やはり“性処理感”が出ると長続きしなかった。

性家電は人間という相手にしてもらう体験なので長続きする

性家電は「相手にしてもらう体験」であり、なおかつ「人間にしてもらっている体験」であった。

オナニー具なのにオナニーではなかった。ロボットの外見なのにロボットではなかった。

やはり、人間にしてもらう体験だからこそ最終的に残るようなカタチで長続きしていった。

飽きても押し入れ行きにならずに飾れる

性家電(電動オナホール)『A10ピストンSA +PLUS(プラス)』を花瓶として飾っている様子

性目的で飽きても美術目的で飽きない

問題は性的な目的で飽きてしまった段階である。

性的な目的自体でもう性家電で満たされ過ぎて飽きてしまった段階、ここでも性家電は共通して新たな役割で生まれ変わってくれた。

それが美術である。

美術品として飽きない

性家電は性具としての役割を終えた後に、美術品として飾れてしまう。

正直、性欲ムンムンの時は「これはオナホでは?」と容易に推測できる感覚があった。

しかし、性欲が無くなった段階で改めて見ると驚く。

それが性家電という本来の用途を知らないという前提で見たときに「置物」にしか見えないのである。

「なにかの家電。正体不明の家電」にか見えないのである。

この境界線こそが美術として再利用できる決め手であった。

性家電の外見からやけに性的な印象を感じないように作っている理由はここにあった。美術である。性具の枠組みではなく、美術品の枠組みとしても生まれ変われてしまう、ここにあった。

いつ見ても美しい。いつ見ても美術に感じられる。

使えて飾れる美術品として飽きない

とにかく飾れる。花瓶として飾れる。箸立てとして飾れる。物入れとして飾れる。ペン立てとして飾れる。リモコン入れとして飾れる。老眼鏡入れとして飾れる。

飾るだけでは長く続かない。飾るだけではなく、何かに使用できる美術品になってやっと長続きする。それが性家電であった。

性家電は性的目的で飽きても今度は美術目的としても再利用できる。長く使える。

「長く飽きないのが欲しい」といった場合には性家電が最適でオススメとなる。

肝心の挿入感についてはA10サイクロンSAプラスは「ローリングフェラとペロペロフェラ」を体験できる。A10ピストンSAは「じゅぽじゅぽ激しいフェラと手コキと騎乗位」を体験できる。NLSピストンは「じゅぽじゅぽ激しいフェラのみ」を体験できる。

なお、A10サイクロンSAプラスを自力で上下に動かしてもA10ピストンSAの体験に代替することはできなかった。

理想はA10サイクロンSA +PLUS(プラス)とA10ピストンSAとリアルドールが合体してくれること。

そして「節約したい!」といった場合はNLSピストンを除外してA10サイクロンSAプラスとA10ピストンSAの2本のみでオナホール代を最終的に節約できる。

理想はA10サイクロンSAプラスとA10ピストンSAが合体して1本になってくれること…しかし、現時点ではその未来は技術的にすごく遠いように感じる。もっと理想を言うとさらにリアルドールと合体して“一体”やおろか“一人”になってくれること…

ただ、現実的にこの2本がベストとなる。

「一生に数本だけ買うとしたら?」
“使えて飾れる美術品”性家電である!

→関連ページ:「節約&断捨離したい!」際は性家電でミニマルにできる ※例:A10ピストンSA

トイレットペーパーやティッシュ自体使わなくなって節約できるようになったのは『A10サイクロンSA+PLUS』や『A10ピストンSA』や『NLSピストン』などの性家電であった。

目次|性家電『A10ピストンSA』体験レビュー
===おすすめな人===

===総合レビュー===
===体験レビュー===
===購入レビュー===
===梱包レビュー===
===開封レビュー===
===比較レビュー===
ーーーNLSピストンとの違いーーー
ーーーA10サイクロンSA +PLUS(プラス)との違いーーー
===ご購入前の不安Q&A===
Share
“ラブドールの専門家”胸肉

最新ブログ記事

ラブドールマニュアルTOP