カテゴリー: A10ピストンSA

Q.「気遣いシールは必要?(無事に届けて!家族バレしたくない!迷う…)」

   
■A10ピストンSA購入レビュー|Q&A

Q.「A10ピストンSAの注文で“気遣いシール”は必要?」

気遣いシール“有”のほうを選択するべきか“無”のほうを選択するべきか迷う…

A.【不要。勝手に開けられる心配がある場合は必須】

A10ピストンSAの購入中に注文ページで手が止まってしまう「気遣いシールの選択欄」。A10ピストンSAは性家電。それも精密機器。最近ではアプリの不調でモーターが動かなくなって故障するといった事態も。それほどの繊細さを誇る性家電。せっかくの自分クリスマスプレゼント。

「絶対に衝撃を受けずに無事に受け取りたい…」そう不安が駆け巡っていく。しかし、同時に「このシールはNLS特有で逆にオナホを買ったとバレるのでは?」と思ってしまうジレンマ…。そのジレンマが起きた場合は以下の場合で選ぶとサクッと決まる。

配達員の方対策の場合は「貼らない」一択

配送中の破損を防ぐ場合は「貼らない」

配送箱にすでに「こわれもの印字」がされているので配送中の破損の不安はない。そのため「配送中に丁寧に配送してほしい」といった目的で気遣いシールを選択してもあまりメリットはなかった。気遣いシールを選択していない場合でも壊れて届いたことが無かった。そのため、「無事に届けてくれるだろうか…」といった不安解消にこのシールは機能しなかった。

「無事に届けて欲しいのだけれど…」といった不満を解消する目的でこのシールを貼っても効果はない。NLSの梱包はすでに梱包箱レベルで「丁寧に配送して!」というメッセージ印字がされているので破損防止目的の気遣いシールは不要となる。

配達の方にオナホバレするのを防ぐ場合は「貼らない」

配達員の方にとってこのシールを見たときに「あ!あのショップだ!」と分かってしまう。そのため、もし配達員の方にオナホだと知られたくない場合は逆に「貼らない」ことによってオナホバレすることを防げる。ただ…

配達員の方にオナホ隠しをしても接客態度や対応は変わらない

配達員の方や郵便局留めやヤマト営業所で「ガッツリとオナホだと分かる品名・送り元名」そして「気遣いシール」を貼って受け取った結果、何も起きなかった。嫌な対応もされなかった。羞恥心が見え隠れする対応もなかった。「普段と同じ対応」であった。「一般物を受け取るときと同じ接客具合」であった。そのため…

配達員の方にオナホバレ対策をしても疲れるだけであった。

「配達員の方にアダルトグッズを買ったと思われるのが嫌」「オナホ買ったというのが生理的に見え隠れする受け取りは気持ち良くない!」というのは「単なる一方的な妄想」だということに気づき「心情的に疲れるだけだった」ということを体感した。神経質になる必要はなかった。

身内等の方対策の場合は「貼る」と「貼らない」の二択

ネットが得意な家族等にオナホバレされたくない場合は「貼らない」

「勝手に開けられる心配がないが中身をググられるのは嫌」という場合は「貼らないのを選択」することでググられる心配がない。シールの文言を検索するとやはりどこのショップで買ったものかが分かってしまう。

ネットをしない家族等にオナホバレされたくない場合は「貼る」

気遣いシールの主な目的は「勝手に開けないで!」という目的にある。そのため、このシールは同居人の方・身内の方・ご親族の方・ご家族等の方に「勝手に開けられるのを防いでくれるシール」となる。

そして検索されない限り、これがアダルトグッズが入った梱包箱だということに気づかれることはない。そのため、「ネットをしないご家族等の方に勝手に開けられたくない場合」に気遣いシールがより役立ってくれる。

勝手に開封される不安がある場合にのみ「気遣いシール」を貼る

「勝手に開ける身内の人がいる!」といった場合に気遣いシールがより機能してくれる。赤いメッセージで警告し、赤文字で確実に目に止まり、「家族のものだから…」と勝手に開けようとする方の手を止められる。

「勝手に開けられる心配があるかどうか」という疑問で「勝手に開けられる可能性がある」場合でなおかつ「ネット検索されることはない」という環境にいる場合には「気遣いシールが必須」となる。それ以外の目的では選択に迷うほどのメリットはない。基本的に不要となる。

「気遣いシール…?」
開けられる心配がある場合のみ!
もう注文画面で迷わない!

 


目次|性家電『A10ピストンSA』体験レビュー
===おすすめな人===

===総合レビュー===
===体験レビュー===
===購入レビュー===
===梱包レビュー===
===開封レビュー===
===比較レビュー===
ーーーNLSピストンとの違いーーー
ーーーA10サイクロンSA +PLUS(プラス)との違いーーー
===ご購入前の不安Q&A===
Share
“ラブドールの専門家”胸肉

最新ブログ記事

ラブドールマニュアルTOP