カテゴリー: A10ピストンSA

“壊れ物ラベル”で破損無く無事に届く|『A10ピストンSA』梱包レビュー

   

破損対策で無事に受け取れる

「こわれもの」といった表示が梱包箱に大きく印字されて届いた。「運搬中の故障が心配な」A10ピストンSAを無事に破損することなく受け取ることができた。梱包経験者の視点でも「ほぼ確実に無事に届く梱包」であった。そのため運搬員の方々等に「乱暴に扱われることなく」運搬されて届く。※こわれものとは「こわれもの(なので注意して運搬してください)」といった意味となる。

「壊れて届きませんように」といった気遣いがある

「赤文字こわれもの表示」と「赤背景白文字こわれもの表示」と「垂れ貼り印字」と「こわれものイラスト」の4連コンボの徹底された「こわれもの対策表示」が施された梱包箱のおかげで、精密機器である性家電のA10ピストンSAが「破損することなく無事に」届く。

連続コンボの壊れ物表示対策梱包箱で無事に届く

垂れ貼り印字で無事に届く

「なぜこわれもの表示が垂れるように印字されているのか」「なぜ側面にキレイに貼らないのか」「なぜ上部にキレイに貼らないのか」「なぜ八百屋のおじさまが急務で貼ったような梱包箱をそのまま再現して“無事に届くよりもリアル感”を演出しているのか」そう疑問が生じる。実は、「垂れるように貼る」ことで壊れずに届く。

梱包経験者「上部に貼るか…側面に貼るか…」

一般通販店で梱包作業をしているときに「こわれものシール」をどこに貼るか一時期迷っていた。受け取る側のことを考慮して上部にキレイに「名札のように貼る」のか、それとも「側面に貼るのか」迷っていた。

上部に貼ると壊れて届く不安がある

上部に貼ると積み重なって運搬されたときに乱暴に扱われる。配送業者の方がその積み重なった箱を乱暴に取り出した際に「上面にこわれものシールにはじめて気づく。」といったことになりかねない。

積み重なって荷積みされたときにせっかく貼った荷積みシールが隠れてしまう。そのため、積み重なっている状態でも「その梱包箱はこわれものだ!」ということを表示するために側面でアピールする必要が梱包経験時にあった。

側面のみに貼ると壊れて届く不安がある

そこで側面に貼っただけでは今度は「上部から取り出す運搬の流れで、乱暴に引き上げたときに側面に貼ってあるこわれものシールにやっと気気づく」といったことにならないように、側面だけでなく上部にも貼る必要が出てしまった。

「2箇所は贅沢すぎる…」

このこわれものシールは梱包時に意外に消費頻度が高くすぐに無くなってしまう。おまけに少し高いものであった。そのため「側面にも上面にもこわれものシールを貼る」といった贅沢はできない。そこで…

上面と側面に垂れるように貼ると無事に届く

側面だけでなく上面も一枚だけで機能するように、結果的に、側面と上面に垂れるように貼るようになった。これが梱包実務経験で起こったことであった。そしてNLSが使用しているこの梱包箱は、梱包箱に直接こわれもの表示が「経験的かつ最終結論的な位置に」印刷されている、という“無事に届く”梱包箱になっていた。

こわれものイラストで無事に届く

配達中の忙しいときに「文字だけでは」目に入らないときを考慮して「イラストも」描かれている。花火のような警告イラストですぐに目にいく。

そのため、車の荷台から取り出されるときに「これはこわれものだ、今からこわれものをこの積み上げた荷物から下ろすんだ、慎重に、慎重に…。」といった感覚に少しはなってくれる。

たまたまそのときに文字の壊れ物箇所が目に入らなかったときにでも少なくともイラストのこわれもの表が目に入る。そのため、無事に届く率が上がってくれる。

赤文字と赤背景文字のコンボで無事に届く

「背景がカラーで白色の文字」は「意識しないと」認識できないときがある。そのため、2つコンボで同じメッセージが違う形態で印字されている。これにより壊れずに届く比率が上がる。結果、無事に受け取れる。

「赤文字のほうがより無事に届く…」

通販で梱包していたときの梱包素人時代、「赤背景白文字のこわれものシール」もしくは「白背景赤文字のこわれものシール」のどちらか一方を貼っていた。しかし、日常生活でその「白文字系」が後から気づいたら目に入っていたはずなのに「目の前でスルー」していた事実に気づいた。「白文字は認識できない。」そう痛感した。「赤文字でやっと認識できる。」そう痛感した。結果、貼るときは優先的に赤文字、次に保険的に赤背景の白文字のこわれものシールを貼るようにしていた。NLSの梱包箱はリッチな梱包箱になっている。

「NLSの梱包箱は徹底的にこわれもの対策がされている….」

そして2枚同時に貼るのは「贅沢」であった。NLSの梱包には「赤文字タイプ」と「赤背景白文字タイプ」の2種類の印字がなされていた。すなわち、NLSの梱包は簡易梱包や標準梱包ではなく「贅沢なこわれもの対策が施された贅沢梱包」に位置していた。

「確実にこわれものだと気づいてくれる対策」

白文字のほうが認知できなくてもそのスルーしていく目線の先に赤文字のこわれもの表示が目に入る。結果、それが壊れ物だと気づいてくれて丁寧に運搬してもらえる率が上がる。赤文字のほうに気づかなくても白文字のほうに気づいてくれる可能性もある。「ガッチリとこわれもの表示対策」が施された梱包箱がNLSで採用されていた。

「外見でオナホだとバレませんように」といった気遣いがある

いくら徹底された「こわれもの対策」が施されていも「特有すぎて」逆に「オナホールのショップだ」とわかってしまうと受け取りにくい。無事に届くのはいいのだけれど「オナホ買いました!」と発表している感覚になって気まずい時期は誰にでもあるもの…。

年齢とともにその羞恥心はどうでもよくなってくるものの、そのあたりの繊細なゾーンもNLSは考慮してくれていた。「外見からオナホだとわからないように」見事に「一般流通されている梱包箱」が採用されている。昔からそうだった。昔も今も変わらず、アダルトグッズだと気づかれることなく受け取れる。たとえそれらの羞恥心に慣れていようとも気持ちよく受け取れる。

他の一般通販店と同じ印字箱なのでオナホだとバレずに届く

この「あらかじめこわれもの表示が印刷された」梱包箱は他の通販店でも使われていたものであった。全国共通的な感覚があるものだった。NLSが特注で作っているものではなかった。

「他の一般通販店と同じ箱だ!」

他の一般の通販店と同じ梱包箱なのでNLS特有ではない。そのため、「梱包箱の外見からNLSの荷物だと分かる」といったことが起きない。「外見からアダルトグッズだと分かる」といったことが起きないように気遣いが施されていた。

「箱だけではNLSだとわからない…」

配達員の方が「これはNLSの梱包箱だ」と、この「こわれもの表示がされた梱包箱」から憶測することはできない。理由は「全国共通的に流用されている梱包箱だから」となる。

配達員の方が日常的に目にする同じ箱なのでオナホだとわからない

一般の通販店でもこの「同じ角度で垂れ貼られた印字とイラストの梱包箱」で届いたことが多々あった。小規模なお店はシールで貼る。しかし、大規模なところは印字タイプの箱がもっぱら使われる。その大規模な一般通販店と同じ梱包箱になっていた。そして配達員の方が日常的に目にする“全く同じ梱包箱”でカモフラージュ感ばつぐん。そのため、外見からオナホだとバレずに受け取れる。そして故障することなく破損することなく無事に受け取れる。


壊れ物赤背景白文字で安心。
壊れ物赤文字で安心。
壊れ物イラストで安心。
壊れ物垂れ貼り印字で安心…
4連コンボで無事に届く!

そしてオナホとわからない
“一般箱”の安心感…
感じる…感じる!梱包の愛を!


目次|性家電『A10ピストンSA』体験レビュー
===おすすめな人===

===総合レビュー===
===体験レビュー===
===購入レビュー===
===梱包レビュー===
===開封レビュー===
===比較レビュー===
ーーーNLSピストンとの違いーーー
ーーーA10サイクロンSA +PLUS(プラス)との違いーーー
===ご購入前の不安Q&A===
Share
“ラブドールの専門家”胸肉

Published by
“ラブドールの専門家”胸肉

最新ブログ記事

ラブドールマニュアルTOP