ぷにあなミラクルDXのおっぱいの柔らかさは「脱力した力こぶ」※手揉み時

おっぱいの柔らかさ|ぷにあなミラクルDX【手揉み感=腕の力こぶ肉感】アウトヴィジョンぷにあなミラクルDX|レビュー
写真内著作物:MANNEQUIN/REALDOLL|4WOODS、ラブドール|ぷにあなミラクルDX

ぷにあなミラクルDXのおっぱい=脱力した力こぶ=肉

ぷにあなミラクルDXのおっぱいの手揉み時の柔らかさは脱力させた力こぶを揉んでいる際の柔らかさに酷似しているシーン

ぷにあなミラクルDXのおっぱいの手揉み時の柔らかさは「腕を太ももの上に置いて、その腕から力を抜いて、その全脱力した腕の力こぶを、片方の手で揉んでいるときの柔らかさ」に酷似していた。脂肪ではない。ぷにあなミラクルDXの胸は【肉】である。

※【4woodsの手の写真について】リアルドールの中で「人間と手を繋いでいる」といった感覚に“やっと”至ることができたのは4woodsであった。他のドールの手は「人形の手を持っている」といった感覚であった。そんな中、人形から人間の感覚領域に踏み込んでいたドールは4woodsであった。「リアルドールにおいて人間と手を繋いでいる感覚になる次元のドール」「手を繋いでいるだけで癒されるドールが欲しい」といった場合は4woodsが失敗しない。「人間と手を繋ぎたい」といった性の悩みを満たせるのは4woodsだけだ、と言っても過言ではないくらいに失敗しない。これまでシリコーンでは人工物から生物の感覚領域に至れなかった。TPEでなければ生物の感覚領域に至れなかった。しかし、4woodsはシリコーン製なのに生物そして人間の感覚領域に至れてしまった。「シリコーンでは生物の領域を再現できない」といった常識を4woodsはくつがえしている。神だ。4woodsを神の1存在として信仰してもいい!とグッドジョークを言えるぐらいリアルドール業界において神がかっている。

中程度に揉んでもふにゅんふにゅん。しかし、強程度に揉むと弾力的に変わり出す

脱力した力こぶを「軽く」揉むとふにゅんふにゅんしている。さらに「中程度に強く」揉んでもふにゅんふにゅんする。しかし、「ガッツリ強く」揉もうとすると筋肉を掴んだ状態で弾力感を感じる。

ぷにあなミラクルDXのおっぱいも同じく、軽く揉むとふにゅんふにゅんしている。中程度に強く揉んでもふにゅんふにゅんしている。しかし、ガッツリ揉むと根本のほうに弾力的な箇所のベースが巻き込んできて弾力感を感じておっぱい箇所に一気に人工感が発生してしまった。

時代が変わったような柔らかさ

先代のラブドールに比べて「時代が変わった」ような柔らかさであった。「これだ!これだ!!これを求めていたのだ!!!」と、ふにゅんふにゅんかつ生き物な柔らかさが「ようやく到来した」感覚であった。しかし、それは中程度に強く揉んだ段階までの感動であった。強くガッツリ揉んだ途端にその感動は消沈した。しかし!中程度に揉み直すとやはりその進化に再び感動してしまった。

 
※表面シリコーン&内部エラストマー型おっぱい

シリコーンドールの中で最も柔らかかかった「おっぱい内箇所がエラストマー型のシリコーンリアルドール」と比較して、ぷにあなミラクルDXのおっぱいはさらに柔らかい段階であった。

 

皮が剥がれてしまうほど繊細で異常な生き物感だった革命的ラブドール『ガールフレンド(おっぱい内箇所ソリッド型)』と比較して、ぷにあなミラクルDXのおっぱいはさらに柔らかい段階であった。

 

オナホール業界のラブドールの中でガールフレンドに比べておっぱい箇所が大きいのもあって繊細な差ではあるがさらに柔らかかった『ミラクルエンジェルボディまお(おっぱい内箇所ソリッド型)』と比較して、ぷにあなミラクルDXのおっぱいはさらに柔らかい段階であった。

 

シリコーンリアルドールにおいて、おっぱい内箇所が【空洞ではないので内部空洞ゴムボール人工物感は無いものの揉むと「モッシュモッシュ」と揉みごたえ(※空洞ゴムボール感は無くて感動するも生物感は残念ながら無い人工的な揉み感)の『表面シリコーン&特殊構造型おっぱい』】と比較して、ぷにあなミラクルDXのおっぱいはさらに柔らかい段階であった。

 

シリコーンリアルドールにおいて、おっぱい内箇所が【空洞】の『表面シリコーン&空洞型おっぱい】と比較して、ぷにあなミラクルDXのおっぱいはさらに柔らかい段階であった。

WMdolls系の一般的で標準的なTPEリアルドール

TPEリアルドールは当初はソリッド型のみであった。そして空洞型の登場によって格段に柔らかく進化した。しかし、空洞であるためか“中が空洞のゴムボールを揉んでいるような人工感”に萎えてしまった。その『おっぱい内箇所が空洞型のTPEリアルドール』と比較して、ぷにあなミラクルDXのゲル状素材型おっぱいはさらに柔らかい段階であった。なおかつ、“中に何も無いわけではなく何かがある..脂肪とは言えないが生の肉が入ってるような生物感”を生理的に感じてさらに柔らかく感じられた。

 

TPEリアルドールは弾力的な表面が主流になっており、耐久性が向上させられていてどんどん無機物人工感になってしまっていた。そんな中、この6YeドールはガールフレンドやこのぷにあなミラクルDXと同じように擦るとただれる。「擦るとただれてしまう繊細さ」が表面にある。生物的な表面になっている。無機物人工感から少し脱却した生物的な肉体接触感がある。しかし、耐久性が向上された生物感になっているため弾力系無機物感が多く残留している。生物感が4割で人工感が6割といった感覚、それでもTPEドールの中でも柔らかいこのTPEドールの『おっぱい内箇所ソリッド型TPEドール』と比較して、ぷにあなミラクルDXのおっぱいは内部の柔らかさはもちろん表面の柔らかさもさらに柔らかかい段階であった。

※TPE(熱可塑性エラストマー[Thermoplastic Elastomers (TPE)])

おっぱい箇所の感覚的な柔らかさの違い

手で揉んでいる際+肉体で接触している際の総合感覚
ぷにあなミラクルDX ※ゲル状素材型おっぱい
ミラクルエンジェルボディまお ※オナホール業界のソリッド型おっぱい
ガールフレンド(第1章) ※オナホール業界のソリッド型おっぱい
TPEリアルドールの空洞型おっぱい
TPEリアルドールのソリッド型おっぱい
シリコーンドールの特殊構造型おっぱい(表面シリコーン&内部エラストマー)おっぱい
シリコーンドールの特殊構造型(モッシュモッシュ揉み感)おっぱい
シリコーンドールの空洞型おっぱい

リアルドール業界のラブドールのおっぱい、オナホール業界のラブドールのおっぱい、それらを総合した中において、ぷにあなミラクルDXのおっぱいの手揉み時の柔らかさは「業界内の時代が変わったような革命」を感じた瞬間であった。

【揉み】の柔らかさが目新しく進化。【揺れ】の柔らかさは目新しい進化なし

時代が変わったような柔らかさに進化していた。しかし、揺らしても水が入ったようにたゆんたゆんに揺れるわけではなかった。

先代に比べて「揺れの際」と「ガッツリ強く揉んだ際」に現実的に弾力的な根本は先代からそのまま残留していた。しかし、先代に比べて「中程度に強く揉んだ際」に進化があった。中程度に強く揉む段階まではふにゅんふにゅんであり、柔らかさがワンランク上へ進化していた。【手で揉んだときの柔らかさ】がワンランク上へ進化し、【揺れの柔らかさ】は目新しい進化はなかった。

ぷにあなミラクルDXは革命

ラブドール業界においてこの手で揉んだ際の柔らかさの進化は凄まじい事件である。もはやそれは革命だ。『生き物とセックスしている領域だったガールフレンド』同様に、『今までラブドールのおっぱいは弾力的で人工的だった事情の中、脱力した力こぶまで柔らかく進化しもはやそれは“時代が変わった”と感じるほどであったぷにあなミラクルDX』もラブドール業界の革命的存在である。

ぷにあなミラクルDXのレビュー目次
魅力
おっぱい箇所の柔らかさ
“胸”箇所は“肉”
※ラブドール業界において革命的な進化
家族バレ対策
さらに気持ち良くする方法
写真・画像
動画
主な騎乗位シーン
主な正常位シーン
主な後背位シーン
主な側位シーン
主なパイズリシーン
主なおっぱい揺れ具合シーン
主な腰関節シーン
服・着衣
アナル
パイズリ
耐久性
洗浄
後始末
乾燥
収納
梱包
絵パッケージ
※ご利用規約|このページは18歳以上の方がご覧になれます。/体験及び挿入感等には個人差が御座います。/掲載している写真内の被写体はすべてジョークグッズで御座います。
校正・編集:COMPANY|WWW.MUNENIKU.COM