ぷにあなミラクルDXの絵パッケージの内側の様子

「ぷにあなミラクルDXは絵パケで買いにくい!」絵パケの理由は…

絵パケの理由

パッケージがあえて無地でない理由は二次元キャラとセックスする感覚に至れる重要な要素であるため。ぷにあなミラクルDXがパケ絵のせいで買いにくい問題は実際に届いてパッケージを目の前にした瞬間、打ち砕かれる。「絵パケもイイかもしれない」その価値観に変わってしまう。

検証現場結果報告絵パケ=二次元セックスできるアウトヴィジョン製|ぷにあなミラクルDX|レビュー

「なぜパッケージが無地じゃないんだ!買いにくい!!!」

ぷにあなミラクルDXの絵パッケージの内側の様子

「無地」パッケージも神。「絵」パッケージも神。

実際に目の前にすると今回だけは例外的にパケ絵有り派に変わる

写真『ぷにあなミラクルDX』のパッケージの外観様子
ぷにあなミラクルDXはパッケージが無地ではないのでそこだけがネックで買えない」といった躊躇があった。しかし、それは完全に間違いであった。このパッケージを目の前にしたとき間違いだと悟った。

目的「人間とセックスしたい」が消滅してしまう


パッケージをリアルに目の前にしたとき「人間とセックスしたい」という目的が消滅してしまった。そして新たな願望が出てきてしまった。

目的「二次元キャラとセックスしたい」にすり替わってしまう


新たな願望「二次元キャラとセックスしたい」といった感覚が湧いてきてしまった。二次元の生命体とセックスしたい。セックスはセックスでも肉体的にセックスしたい。その願望を叶えてくれた存在、それがパッケージであった。あえて無地ではない理由はここにあったのだ。

パッケージのおかげで二次元とセックスする感覚にやっと至れる


「人間ではなく二次元キャラと肉体的なセックスがしたい。だからこそ、ぷにあなミラクルDXが必要なんだ」その感覚に変わってしまった。

二次元キャラと三次元で肉体的セックスできる


〈二次元「しか」興味ない、三次元「しか」興味ない〉その戦争状態はぷにあなミラクルDXによって終戦する。ぷにあなミラクルDXの前に戦争は無い。平和の女神『ぷにあなミラクルDX』によって二次元と三次元との間に平和が訪れる。三次元「も」二次元「も」楽しめてしまう日常が訪れる。ぷにあなミラクルDXによって革命が始まる。

二次元キャラとのセックスでしか体験できない快楽を味わえる


「二次元だからこそ」楽しめること、そこからさらに「肉体」という三次元の良い点を取り入れて二次元を「さらに」楽しませてくれる存在、その存在こそがぷにあなミラクルDXであった。

豪華なパッケージには深い理由あり


「二次元だからこそ楽しめること」それを改めて教えてくれたのもこのぷにあなミラクルDXの豪華なパッケージであった。

どこから見てもこちらを見てくる

右斜め上から見ても視線が合う


どの角度から見ても見つめられている感覚。

正面のどこから見ても視線が合う


ぷにあなミラクルDXのパッケージはどこから見てもこっちを見てくる。モナリザもそうだった。

左斜め下から見ても視線が合う


どの角度から見ても視線が合う。見つめ合っている感覚に陥る。

右斜め下から見ても視線が合う


「上からも斜めから360度グルグル回りながら見ても」このキャラクターが見てくる。

「すでに向こうから見てきている」感覚から始まる


こちら側から見始めるのではなく「すでに向こうからこちら側を見てきている」といった状態から始まる。そして見つめ合ってしまう。

「もうアナタしか見えない」ゾーンに入ってしまう


さらに見つめ合っていると「もうアナタしか見えない」なゾーンに入ってしまう。

眺めているとフォールインラブしてしまう


パッケージのキャラクターとずっと見つめていたくなる。美しい。パッケージを眺めているだけでフォールインラブしてしまった。

どんどん瞳に吸い込まれていく


そのままフォールインラブに溺れていってしまう。

ぷにあなミラクルDXのパッケージ=神









ぷにあなミラクルDXのパッケージは神がかっている。

ぷにあなミラクルDXのパッケージ=美術芸術


美術。芸術である。

「この二次元キャラクターとセックスしたい」

ぷにあなミラクルDXのパッケージは怖ろしいパッケージ


見つめ合った直後にフォールインラブしてしまった瞬間、「人間とセックスしたい」といった感覚から「このキャラクターとセックスしたい」といった感覚に切り替わってしまった。怖ろしいパッケージである。

絵パッケージは「時には」重要だということを教えてくれる


パッケージを無地にする常識の中、絵パッケージは「時には」重要だという事実を目の前にした。

パッケージ絵有派の価値観にもなれる


「パッケージ無地派もパッケージ絵有派もそれぞれ良い点がある」その事実に向き合った瞬間であった。

「購入後はパッケージは処分してしまおう」⇒「やっぱり処分しない」


最初は「購入後はパッケージは処分してしまおう」と思っていても、結果、辞めることになってしまう。それほどぷにあなミラクルDXのパッケージは色々なことを教えてくれる価値ある存在であった。

「ずっと取っておきたい」と感じさせられる


「ずっと取っておきたい」そう感じさせられたパッケージであった。

キャラクターに感情移入してしまって捨てられない


捨てたくないほどそのキャラクターに感情移入してしまった。

見つめていると人恋しさが癒やされる

絵パッケージは性の悩みの1つである「人恋しさ」を少し解消できる。

パッケージが人恋しさを癒やす


ぷにあなミラクルDXのパッケージを眺めているだけで人恋しさが満たされていく。

人恋しい渇望が満たされていく感覚がある


その巨大なパッケージに描かれたキャラクターと見つめ合っているだけで人恋しさが満たされていく。人恋しい渇望が満たされていく感覚を感じる。

パッケージのキャラクターが生きている感覚がある


そのキャラクターがずっと生きている感覚がパッケージからする。死んでいない。目の前にするとずっと瞳に吸い付いてくる。視線を外してこない。チラッと見たらずっと見てきている状態、その美術がぷにあなミラクルDXのパッケージに描かれていた。

絵も人恋しさを癒す重要な存在


「絵は人恋しさも癒す」その魅力をこのぷにあなミラクルDXで改めて知った瞬間であった。

「癒してあげる」感を素で感じられる


「大丈夫、ワタシが癒してあげる」

「食べて。愛して。」感を素で感じられる


「ワタシを食べて。」「愛して。」そんな激しい妄想がポンポン出てしまう。

冷酷無慈悲「ただの紙」⇒ 生きているような紙


このパッケージ、冷酷に表現すると、“たかが”紙。しかし、そのぷにあなミラクルDXのパッケージは怖い。キャラクターのその瞳を見ると、観賞感覚だったのが段々と見つめ合っている感覚に陥る。そこで止まらなかった。そのキャラクターが話しかけてくるような感覚ゾーンにも溺れていってしまった。

パッケージを開くとさらに癒される


開封した際に予想外なことが起こった。なんと上の蓋の裏面全体を占めるほどの大きさでキャラクターが描かれていたのだ。

パッケージ蓋裏面の絵もどこから見ても視線が合う


こちらの絵もどこから見ても見つめ合っている感覚に陥る瞳であった。

ぷにあなミラクルDXのパケは「生きている遺影」


「人間が死んだときに遺影を掲げる」その理由をぷにあなミラクルDXで改めてリアルで知った。死んだ人が恋しくなった際、その人の遺影を見ることで見つめ合っている感覚になり、人恋しさが少し和らいでいく。その感覚と同じく、ぷにあなミラクルDXのパッケージのキャラクターと見つめ合っていると人恋しさが和らいでいく。ぷにあなミラクルDXのパッケージはただの紙ではなく遺影レベルの人間的な存在であったのだ。ぷにあなミラクルDXのパッケージはただの紙ではない。人間的な存在なのだ。「パッケージが大きくて実在しそうな感じの大きさ」もあって余計に人間的に感じてしまう。

パッケージ絵は二次元とセックスするための重要な要素


「絵パッケージが邪魔」「パッケージが無地だったらいいのに」と目の前にするまで抱いていた。しかし、今回においては例外であった。予想を裏切ることとなった。絵パッケージがあるからこそ「人間とは違う違うもう1つの次元の生き物」と「肉体的に」セックスしている感覚に至れる重要な要素であった。脳内的にセックスする感覚ではなく、肉体的に二次元とセックスする感覚に陥ってしまう。

「二次元キャラと肉体的セックスがしたいんだ!」を満たしてくれる


この絵パッケージが無ければさらに上を行くレベルの快楽に及ぶことは無かった。結局「人間と比較してしまう結果」になっていた。しかし「この絵パッケージがあるからこそ」人間との比較ではなく「二次元のキャラクターと肉体的なセックスがしたいんだ」といった志向に変わってしまった。このパッケージを実際に目の前にしたときに、その感覚に変わってしまう。

パッケージ絵によって「心情的な快楽」が追加される


「人間とセックスしたい」から買ったのに、実際に届いてそのパッケージ絵を目の前にしたときに「二次元のキャラクターとセックスしたい」といった目的に変わってしまう。商品画像ではその感情はまったく抱かなかったのに、いざ届いたらその感情に抱いてしまった。本当に怖い。この怖さには絶大なメリットがある。そのメリットは肉体的な快楽に「心情的な快楽も味わえる」がプラスされるメリットである。このパッケージによって「“大型オナホール”ぷにあなミラクルDX本体」に「人間味」がもたらされている。

ぷにあなミラクルDXのパケには額縁で飾られるべき魅力がある


ぷにあなミラクルDXはパケ買いレベルの美術・額縁に入れて飾られるべきレベル。アーティストが描いた素晴らしき絵があっさり捨てられるほど悲しいことはない。ぷにあなミラクルDXのパッケージは展示されるべき美術である。

「おっきなおっぱい、嫌い?」


「おっきなおっぱい、嫌いですか?」− 好きだ!!!!おっきなおっぱいが大好きだ!!!!いや!ぷにあなミラクルDXがちっぱいだろうが巨乳だろうがアナタのおっぱいだからこそ好きなのだ!!!…と、フォールインラブ、愛し合うゾーンに開封時から入り込んでしまった決定的な要素、それがパッケージであった。

パッケージでご購入を躊躇される理由は今回は「例外」となる。「例外的に」ぷにあなミラクルDXのパッケージは絶対に無地であるべきではない重要な箇所であった。「無地だったらいいのに」その願望は届いた瞬間、打ち砕かれる。

■製品情報:ぷにあなミラクルDX / メーカー:アウトヴィジョン / 対応配送業者:日本郵便・ヤマト運輸 / プライバシー梱包で発送:✓ / 即日発送:14時までの決済完了 / 送料:無料 / 土日発送:あり / 正規代理店:NLS

ぷにあなミラクルDXのレビュー目次
魅力
おっぱい箇所の柔らかさ
“胸”箇所は“肉”
※ラブドール業界において革命的な進化
家族バレ対策
さらに気持ち良くする方法
写真・画像
動画
主な騎乗位シーン
主な正常位シーン
主な後背位シーン
主な側位シーン
主なパイズリシーン
主なおっぱい揺れ具合シーン
主な腰関節シーン
服・着衣
アナル
パイズリ
耐久性
洗浄
後始末
乾燥
収納
梱包
絵パッケージ
※ご利用規約|このページは18歳以上の方がご覧になれます。/体験及び挿入感等には個人差が御座います。/掲載している写真内の被写体はすべてジョークグッズで御座います。
校正・編集:COMPANY|WWW.MUNENIKU.COM