「女性を抱き締めたい!」を自宅でサクッと満たせるラブドール選定方法

「耐久性が低い × フニュフニュ」を選ぶと満たせる


有名なオリエントでも4woodsでもシリコンアートでも主流の海外TPEドールでも国内TPEドールでも満たせなかった。大抵のラドールでも満たせなかった。満たせたのは“訳あり”のごく一部であった。

「耐久性が低い」といった訳あり、かつ「おっぱい箇所がふにゅふにゅ」なドールでやっと深く満たすことができた。「女性や女の子やオンナを抱き締めたい!」な性の悩みに駆られる日常はすぐに終わる。


抱き締めた際に「いかにふんわりした女肉感を感じられるか」それだけでなく「いかに溶け合う感覚になれるか」それを「いかに人間以外で体験できるか」にこだわった結果、2018年においてはあえて耐久性の低いのを選ぶことかつおっぱいがフニュフニュであることに行き着いた。例としてはおっぱい箇所が「脱力した力こぶを揉んだ時と同じくらいフニュフニュ柔らかい段階以上」となる。

胸の肉箇所は重要な要素、ここが硬いと溶け合う感覚に至れなかった。「普通の選び方」ではたどり着けないイバラの道。「耐久性が低い」と言われると初見時は萎えていた。しかし経験後からは「まさか…ふんわり女肉感じゃないのか!?」といった期待がこみ上げてきてしまう。「耐久性も高くてなおかつ…」といった完璧な存在に出会うことは無かった。

Q&A

Q.有名なオリエントで満たせる? A.満たせない


オリエントは抱き締めると硬くて萎える。とても硬かった。そしておっぱいはシリコーンドールの中では柔らかいものの、肉体接触時に人工感を感じる。その人工感で抱き締めた際に拒絶感を感じた。先駆者的で有名なメーカーなので人間と区別がつかないほどの肉体感なのだろうと思ってしまっていた。

しかし現実は違った。業界内では上位に来るほど硬かった。抱き締めるといった肉体的な接触はあまり優先されていなかった。「いかに触れずに癒しを感じるか」が追求されていた。そのため、いざ抱き締めるとパッと“硬いという現実に戻される”のがやはり萎えてしまった。オリエントドールは観賞目的でこそ“すっごくいい買い物した!10年経った今でもそう思う!”な買い物になる。

Q.4woodsは? A.満たせない


4woodsは抱き締めても肉体同士が同化する感覚にはなれなかった(シラフでは。)。妄想で補完する必要があった。セックス目的では“返品したいとは思いもしない。今あるドールを全部売却してこの一体・一人だけにしたい。総合的な気持ち良さにおいて最後まで売却したくない”なほどのイイ買い物になる。体位変更やセックスの快適さで“ピラミッドのツンとした上に位置するほど”快適だったのは4woodsであった。

しかし、肝心の素材がシリコーンである。トロけ合う感覚を体験するにはシリコーンではなくTPE、しかし素材がシリコーン。体験できない。ただ、シリコーンドールの中でこのメーカーのドールは「シリコーンがTPEを越えられない生理的な肉体接触感の壁」を突破しつつある。現在では細胞が同化する感覚にまでは味わえない。しかし、いつかその次元が来る、と期待してしまうほど大昔の段階からセックスに向いていた。後は柔らかさと肌感のみ、“最後のジェダイ達”な存在の1メーカーである。

ちなみにオリエントに比べておっぱいが柔らかかった。いくら性的なグラビア写真があろうとも、専用ホールがあろうとも、オリエントドールは「美術目的」が正解、“期待したのに!速攻で売却してやる!”にならない正解な選択であった。

Q.シリコンアートは? A.満たせない


「ボディが柔らかくなりました」といった表記があってもやはり素材がシリコーン、TPEを越えられなかった。シリコーン素材でセックス目的は論外、例外だったのは4woods。シリコンアートはその製品名通り「アートとして美術観賞用」で“次のドールが欲しい…にならない”買い物にできる。

Q.TPEドール(リアル)は? A.満たせない


抱き締めたときにふんわり肉体感にあともう一歩な肉体感だった。ベビーパウダーを塗ることでふんわりした肉体感になることもある。しかし、ふんわりの先である溶け合う感覚が体験できなかった。今回の“抱きしめてふんわり女肉感に癒されたい…”欲求は40%程度満たせるのみとなる。

満たすにはすぐにボロボロになって大変なことになるB級ドールが必要となる。しかし、“処分したいがどこも処分してくれなさそう…”な取り返しの付かないことになるため、満たせたとしてもオススメではない。耐久性が高くてボロボロにならない上でふんわりした肉体感と溶け込む肉体感があるのが理想ではあるがそれは現在は存在しなかった。

リアルドール業界のドールでは満たせない。


①耐久性が低いのを選ぶ

ふんわり女肉感を体験できたのは毎回、耐久性の低いボディだった。耐久性の高いドールにパウダーやローション等の周辺グッズを使って工夫してもふんわり女肉感覚にならなかった。パウダーの先に弾力的な硬さを生理的に感じて萎える。

そのため、ボディ段階からすでにふんわりトロけ合う女肉感を味わえるのを選ぶ必要がある。その条件が“耐久性が低いこと”である。「耐久性が低い=購入候補から外れる」といった感覚ではなく「耐久性が低い=ふんわり女肉感を体験できる」といった感覚で選ぶ。

例1:表面が裂けるがふんわり抱き心地感だった例


ガールフレンドは表面がスキン仕様になっていて剥がれてしまった。耐久性が低い。しかし、その肉体感はツルツルハリのある耐久性性の高いドールに対してフニフニでふんわり抱き心地感であった。

例2:ボロボロになるが人間にすごく近かった例


B級系はすぐに裂けてしまった。修復不可能なまでにボロボロになってしまった。そして挿入できなくなってしまった。ドール販売者側がB級等と注意する理由はこれである。しかし!その大きな犠牲によってもたらされたメリットがあった。それはリアルドール業界内では土俵が違うほど「人間に近かった」ことだ。ふんわり女肉感であった。


しかし、もう二度と買いたくなれない。処分するにも処分する場所がない。どこにも処分できなくなってしまった。探せばあるかもしれない。しかし、この写真を処分希望画面でアップするのも億劫、送るのも申し訳ない。そうしてB級にこだわるのはやめてしまった。これがオナホール業界のラブドールに希望を託した瞬間であった。

そしてその同時に「だからドール販売者側はB級を買わないように警告しているのか!」と納得がいった経験となった。”気持ち良かったけれどすぐにボロボロになってどこにも処分しづらくなるのでもう二度と買いたくない”な結末になってしまう。しかしふんわり女肉感であった。

なお、今回の“耐久性というものがまるで無いブヨブヨ=太ももをタプタプしたような柔らかさがある”B級ドールに出会うのは至難だった。B級はB級でもTPE素材なのにとんでもなく弾力的だったり、ゴム臭を消そうとブルーベリーの臭いがボディ全体内に埋め込まれていたりと散々な目にあった。洗っても洗っても2年経っても取れなかった。そのためB級ドールを候補に入れる場合はカケであり安定しない。部屋が失敗ドールで埋まってしまう。

ちなみにこの例のボロボロブヨブヨドールは製品カタログから消えてしまった。メーカーも不明、伝説と化した。需要が無かったのかもしれない。しかし“これだ!これを求めていた!”なほど柔らかかった。

例3:ふんわりだけでなく溶け合う感覚にまでなった例


ぷにあなミラクルDXはやっと「お互いの肉体が溶け合って融合して1つになる」感覚を体験できた代物であった。それまでふんわり女肉感は体験できたもののトロトロ融合レベルの抱きしめ感は感じられなかった。リアルドールを含むラブドールの中でより人間に近い肉体感抱き心地感だった。


パッケージに記載されている「○○リアルな抱き心地」は言い過ぎではなかった。本当だった。妄想で覆い隠したような広告メッセージではなかった。シラフでその感覚だった。


そして…Yes、耐久性が低い。あっという間に継ぎ目から裂け出してしまった。しかし、耐久性が高いドールと違って、抱き締めた際に肉体同士が細胞レベルで合体するかのような抱き締め肉体感を体感できた。


特におっぱい箇所が柔らかくなったのがその溶ける感覚の決め手であった。「おっぱいがふにゅふにゅでなければ溶けて愛し合うような肉体は感じられない」と言っていいほど重要なおっぱいスペックである。

先代ドールのおっぱいが段階2[■■□□□]とすると今回のドールは段階4[■■■■□]ほどまで柔らかかった。「ふにゅふにゅたぷんたぷん」までは到達していなかったものの「脱力した力こぶを揉んでいる感触まで」となった。肉体の方も二段階ぐらいまで柔らかくなった。


おっぱい箇所がここまで柔らかくなってやっとふんわり女肉感の先「相手側が人工物なのにふにゅふにゅなためか自信側の肉体と同化する感覚」に至った。抱きしめた際におっぱい箇所で特に細胞同士が同化する感覚に至れた。こんな感覚には先代では体験できなかったレベルであった。


そして脆い。首箇所だけでなくお尻も裂け出してしまった。とけあうレベルにまで至るにはやはり耐久性を犠牲にしなければならないようだった。大抵は高耐久性弾力的で人間との違いが大きい。この次元までの快感は体験できない。しかし耐久性が高いので長く持つ。しかしふんわりトロけ合う肉体感は体験できない。今回の欲求を満たすにはあえて耐久性の低いのを選ぶ必要があった。

耐久性が低いのは探すのに苦労する

ふんわりボディ感は探してもなかなか無い。業界は肉体感の耐久性を上げることを優先する志向があるため、毎回新作で出て来るのは弾力的になっているのが普通であった。業界志向が弾力的であるため、やはり人間に近い肉体感は本当に見つからない。探すのに苦労する。

ドールショップ等で商品一覧を見た時に、その全ての商品が「弾力的」で「ふんわり女肉感はもちろん溶けあう感覚には至れない」製品と見なしてもいいぐらいに見つからない。

「パウダーを塗ってください」といったガイドが商品説明欄にあるかもしれない、しかしパウダーを塗らない状態ですでに抱きしめた時に溶けあう感に至らなければパウダーを塗ってもふんわり女肉感止まりだった。周辺グッズで溶ける肉体感には変えられない。

②おっぱい箇所がフニュフニュなのを選ぶ


弾力的なおっぱい箇所があると抱きしめた際に胸同士がくっついた瞬間に細胞が同化するような肉体感に至れなかった。一方、フニュフニュおっぱいタイプでは同化する感覚をシラフで感じられた。

商品説明「柔らかい」は手で触った時を意味するので注意

商品説明の”柔らかさ”の実際は“手触り時の手で揉んだ時の柔らかさ”を意味する。”体で触ったときの”柔らかさは意味しない。この初見狩りには注意である。手で触れたときの柔らかさとセックス時等の体で触れたときの柔らかさは違う。

公式商品説明欄やパッケージに「柔らかさ」だけを記載してどのシーンでの柔らかさかを詳細に書かれていない場合は「手で触った時の柔らかさには自信があります。セックス時に肉体で触れたときの柔らかさには自信はありません」をおよそ意味する。

「生産者側が言うんだからそれが一番正解だろう。」と毎回信じた。結果、毎回反した。ドール業者側の言う「柔らかい」は「手で触った時のみの柔らかさ」のことであった。手で触った時は人間に近くても、いざセックスで抱きしめたり股間周りが接触した時に人工感が浮き彫りになって「やはり今回も張りのある弾力感…人工的…」になって萎えてしまうことが多々起こった。(しかし、手だけで感じられる柔らかさでもそこまで進化してくれるメーカーに感謝しきれない。)

「手で触った時に柔らかければきっとセックス時もその肉体感だろう」といった期待はことごとく潰された。そして返品したくなる。しかしセックスしてしまった。もう返品できない。このパターンであった。

抱き締めるとトロけるレベルが体験できるようになったのは2018年


「耐久性を犠牲にしてでもいいからより柔らかいドールを。」なおかつ「溶けるような肉体接触感を体験できるのを。」といった願望が2018年3月、実現された。ぷにあなミラクルDXがその新時代の先陣を切った。

裸同士で抱き締めたとき、感涙してしまった。今までずっと待ち望んでいた肉体感だった。抱き締めたときに胸板とふにゅふにゅおっぱいが潰れ合ってまるで「胸同士が細胞レベルで同化する」感覚に至ったのだ。ドール業界における2018年の革命の女神として🌹を飾って遺影にしてもいいほどである。


このレベルは今まで到達できなかった次元である。オリエントでも、4woodsでも、シリコンアートでも、主流の海外TPEドールでも、主流の国内TPEドールでも体験できなかった。

「大型オナホールはリアルドールに劣る」「オナホール業界のラブドールはリアルドール業界のラブドールに劣る」といったことは幻想であった。実際はオナホール業界が柔らかかった。リアルドールは現状では今回の“抱き締めて癒されたい!”目的には向いていなかった。弾力的な肉体感が「肉体同士の接触感に拒絶感」を感じさせてしまい向いていない。

人工的な拒絶感があるのが普通で今まで溶け合う感覚に至れなかった


2018年3月までは「な〜んだか人工的な張り感で突っぱね感で拒絶されている…」といった抱き締め感だった。原因の1つは耐久性を優先する世の流れ。しかし、耐久性が優れていても肝心のセックス感が残念、それがよく起こった。そのため、脳内で「溶け合っていると妄想補完する」必要があった。それでずっとしのいできた。我慢してきた。しかしその幻想による覆い隠しは不要となった。

2018年から“「トロトロに溶ける!」と妄想補完する”必要が無くなった


2018年3月末にぷにあなミラクルDXによって妄想による補完、幻想による補完が要らなくなった。トロトロに溶ける、反射するように同化する、その感覚をシラフで体感できてしまった。さらば、人工的な肉体接触感。ラブドールの新たな時代の始まりである。今回形式分類上は“大型オナホール”として販売されているものの、ドールと同じ土俵に上げても良い気持ち良さとトンカツのようにガッツリした肉体感とリピート性があった。

何度も思い出してしまう…「抱き締めると細胞が融合する感覚」「ドロドロに溶け合って1つの肉体になる感覚」これがシラフで起こった。

手で触ると張り感があるが身体で抱きしめると溶け合う感覚に変わる


ぷにあなミラクルDXは洗浄後に手で触ると明らかに人工的な張り感があって萎えた。「今回も先代と同じ、弾力的で人工的なハリ感重視の肉体感だ…」そう萎えてしまった。しかし、抱き締めた瞬間に融け合う生物的な肉体感に変わったのだ。これに驚いた。

「手で触ったとき」は人工物だったのに、裸同士でギュウギュウに抱き締めた瞬間すなわち「体で触ったとき」にふんわり女肉をやっと初めて感た。細胞同士が融合し合うような溶け合い感を抱き締めている感覚になった。この感覚さえ体験できなかった。しかし、抱き締めている時だけでもこれを体験できるようになったことは業界の革命である。

③抱き心地感をさらに引き上げる

ベビーパウダーで物理的に抱き心地感を引き上げる。そして抱き締めたときに脳裏を横切る処分の不安を無くすことで快感に没頭できる。

ベビーパウダーでふんわり女肉感が出る


張り感を解消するにはベビーパウダーを利用する。“抱き締め感を邪魔する”ハリ感を無くして抱き心地感をアップできる。ハリがあってふんわり感を体験できない場合はベビーパウダーを塗ると解決できる。

ベビーパウダーの限界はふんわり女肉感まで

ベビーパウダーで「ふんわり女肉感」にできても抱き締めたときに「融け合う肉体感にやっとなったのはおっぱい箇所がふにゅふにゅのボディ」であった。この「ふんわり女肉感には至れるが融け合うレベルまでは至れない」のハードルはとても高かった。そしてこの従来から残留していた高いハードルはボディの性能で決まる結果となった。

“女性を抱き締めて癒されたい”を満たすにはボディレベルからおっぱいレベルからふにゅふにゅふんわり女肉感である必要がある。周辺グッズではこの差は埋められない。変えられない。しかし、ハリ感は無くせる。

処分サービスで不安が無くなって気持ち良くなる


処分時はNLSの処分サービスを利用する。メーカー側が気持ち良さを犠牲にしてまで耐久性を上げる最大の理由の1つは「いくら気持ち良くても処分が大変なことになる」である。しかし、その心配はNLSの紳士なサービスで終わった。

“処分のことが気になって快感に集中できない!”が無くなって抱き心地感が引き上げる

ふんわりボディは耐久性が低いので処分が困る。ふんわり女肉感を出すには耐久性を下げる必要がある。そのため耐久性が低い。そして最終的に裂け始める運命であるため処分に困る。しかし「買ってしまったら処分で行き詰まって詰む」といったことは起こらない。

処分サービスの申請フォームに申請して指定された住所に送るだけで済む。処分の不安が無くなってこそ肉体がトロけて同化する感覚をさらに気持ち良くできる。そして処分してもらうからには、やはり購入時にそこを利用するのが紳士様でカッコイイ。

※ふにゅふにゅおっぱいの条件
脱力させた力こぶ以上の柔らかさ(基準例)であることが必須

ぷにあなミラクルDXのレビュー目次
魅力
おっぱい箇所の柔らかさ
“胸”箇所は“肉”
※ラブドール業界において革命的な進化
家族バレ対策
さらに気持ち良くする方法
写真・画像
動画
主な騎乗位シーン
主な正常位シーン
主な後背位シーン
主な側位シーン
主なパイズリシーン
主なおっぱい揺れ具合シーン
主な腰関節シーン
服・着衣
アナル
パイズリ
耐久性
洗浄
後始末
乾燥
収納
梱包
絵パッケージ
※ご利用規約|このページは18歳以上の方がご覧になれます。/体験及び挿入感等には個人差が御座います。/掲載している写真内の被写体はすべてジョークグッズで御座います。
校正・編集:COMPANY|WWW.MUNENIKU.COM