「オナホが欲しいけれど節約したい!」場合はA10ピストンSAを買うと節約できる

著:A10ピストンSA研究現場〔胸肉(MUNENIKU.COM)〕

「テンガを買うも…」

「オナホが欲しいけれど節約したい!」切実な願いはそうである。テンガのように一回使ったら終わりといった使い切りタイプは使っている最中は気持ち良くてもだんだん回数を重ねていくうちにその出費金額に冷や汗が出てくる。

「買っても買っても欲しくなる…」

そうして、選びに選び抜いたハンドオナホールを買うものの、数ヶ月にやはり飽きてしまう。そうして新たに新しいハンドオナホールが欲しく感じるようになる。

「そうあるべきだと分かっている…」

その流れが普通だと分かっている。そうでなければ、オナホ業界に限らずどこの業界でもやっていけないだろう、そういった事情も分かっている。分かっている。しかし、しかしである。「節約したい」その欲求が走ってしまう。

「一生に一本みたいなオナホがいい!」

次々にオナホールを買うというのは他の方に託したい。そして自分は節約したいので「一生に一本」と言わんばかりのオナホールが欲しい。極端に言うとそうである。「これさえあればもう一生オナホールを買わなくていい」極端に言うと、そういったオナホールが欲しい。

ええ、分かっている。分かっているとも。そんなことは起こらない。少なくとも10年後ぐらいにはまた新しいオナホールが欲しくなるということを。しかし、しかしである。やはり、そういった本気のオナホールが欲しいのだ!

「本気のオナホが欲しい!」

Appleが自社製品である『iPod touch』が売れなくなってもいいので『iPhone』を売るといった、なにか「それを売ったら今まで売っていたものが売れなくなる」といった本気のものが欲しい、消費行動から後退したことを求めてしまう現実、そのジレンマにさいなまれる。しかし、本気のが欲しいのだ!

「これだ!これだ!!」

そんなときに、まさにその存在に出会った。それがA10ピストンSAである。A10ピストンSAを買うと、他の魅力的だったハンドオナホール欲しい欲が大幅に減退してしまった。申し訳ないけれど、他のオナホールを買いたい欲が大幅に減退してしまう。

「これ一本でいいのでは…?」

結果、どんなことが起こるかというと、「A10ピストンSA一本でいいのではないか?」といったことが起こる。これはNLSピストンのときも起こった。「(A10ピストンSAが存在しないならば)NLSピストン一本でいいのではないか?」といったことが起こる。

「ドクターグリップみたいだ。」

まるで「今までずっといろんなシャーペンを買っては試してみたけれど、ドクターグリップを買ってからめっきりドクターグリップしか買わなくなってしまった」といった感覚である。

そしてドクターグリップが壊れたら他のシャーペンには目もくれずただただ一直線にドクターグリップを手に取ってレジに直行するといったことが起こる、あの感覚である。あの感覚が起こる。

「もうシャーペンはドクターグリップだけでいい。むしろボールペンもドクターグリップだけでいい。もうペンはドクターグリップだけでいい」といったあの感覚が起こる。

「あわよくば数千円で運良く満たせれば…」

本体価格は高い。あわよくば数千円のオナホールでガッツリ満たせれば節約できそうなのでそちらを最初は選択する。しかし、そう期待するものの、やはり現実的には何本も買うことになる

結果、A10ピストンSAに近い金額ぐらいまで買っても未だに「してもらう欲求箇所」が渇望している感覚が残る。どうしてもそこが満たせない。どうしても、普通のオナホールではそこが満たせない。だから、どんどん買ってしまう。そして今度はAVでそれを補完しようと試みるもやはり満たせない。

今度はオナホールを枕に固定して腰振りしてあたかも抜いてもらっていると脳内をフル回転させて想像で満たそうとするも、やはり、物理的に満たさないままはかなく消え散っていく。

そして気づけばもうA10ピストンSAと同じくらいの金額を払っていることに気づく。

「してもらう感覚」等が必要

「オナホール代を最初から節約したい」といった場合は「してもらう」といった人間味あふれる感触を感じる必要があった。それには電動オナホールが必要だった。そして電動オナホは電動オナホでも物理的な挿入感が「生物的、有機的、人間的な挿入感」である必要があった。さらに!さらにである。さらに必要な要素がある。それが「動き感」である。電動オナホールのその動き感が「ロボ的ではなく人間的な動き感」である必要があった。

そしてそして、上記をすべて満たしたのが性家電だった。性家電である。A10サイクロンSAやA10ピストンSAなどの性家電である。

「A10サイクロンSAは激しさに渇望感…」

最初はA10サイクロンSAで大幅に満たせた。しかし、何かが足りない。ずっと亀頭を濃厚に舐め舐めレロレロされる感覚でまったり志向。速度を最大にまで上げてまったり志向。「激しさ」が足りなかった。雄々しい激しさが足りなかった。雌々しい激しさが足りなかった。

「やっと激しさの渇望を満たせた!」

そこでA10ピストンSAの登場である。その試作機を製品化したNLSピストンの登場である。それらには「激しさ」があった。やっと「激しく愛して求めてくる感覚」を満たせた。激しく愛して欲してくる、それがたまらない。どんどん満たされていく。一本の樹木の端っこの葉っぱまで潤って緑に生い茂る感覚。これによって、やっと性欲というのがフルに近く満たされた感覚になった。

そして性欲解消を追い求める旅は終わった感覚になった。ここに至るまで大変な出費を重ねた。そうして結論が出た。

「オナホール購入で最大レベルで節約したい!」といったときは性家電であると。A10ピストンSAであると。(またはNLSピストンであると。※)

「待って!NLSピストンは?」

NLSピストンはA10ピストンSAからVR連動機能や色々な動作モードを排除して、「フェラされている感触のみ」を残したシンプルタイプだった。

A10ピストンSAには騎乗位されている感覚になれるモードがあるものの、それがNLSピストンにはない。そしてVR連動機能もない。

冷蔵庫のない生活に似ている。冷蔵庫が無いことによってなま物を買ったら当日に食べないと腐ってしまうのでなま物を買わなくなり「意外になま物は買わなくてもいいのでは?具は根菜だけでもいいのでは?卵は常温でも意外に持ってくれるので…」「別に冷蔵庫無くてもいいのでは?」といったあの感覚に似ている。

言い換えると、冷蔵庫のある生活がA10ピストンSAであり、冷蔵庫のない生活がNLSピストンである。できないことがある。しかし、必須的ではない、そんな感覚の違いがある。冷蔵庫のない生活に慣れたことがある場合はNLSピストンでも節約できる。

理想は両刀持ち

理想はA10サイクロンSA+PLUSとA10ピストンSAの両刀持ちである。もしくはA10サイクロンSA+PLUSとNLSピストンの両刀持ちである。

なぜなら「亀頭をまさぐられたり」「亀頭を濃厚にレロレロ舐め舐めされたり」する感覚が時々欲しくなるときがある。しかし、それは繊細なもので、意外にA10ピストンSAで連鎖的に半分くらいは満たされる感覚がある。しかし、理想はやはり二刀流ではある。

なお「VRは興味ない。VRに興味持ったらさらに出費増えそうだから手を出したくない。

あと、フェラ感だけでいい」といった場合はA10ピストンSAではなくNLSピストンで節約できる。

ちなみに、A10サイクロンSAとA10サイクロンSA+PLUSの違いはキャップ箇所がゴムからプラに変わったことが主な違いとなる。

そのため、A10サイクロンSAとA10サイクロンSA+PLUSに違いはないと言っても実は過言ではない。が、最近発売された専用スタンドが使えるのはプラスのほうのみとなる。

A10ピストンSAのみでも節約できる

そして、A10サイクロンSAを買ったときにジュポジュポされる感じや激しさに渇望してしまった。その渇望感はA10ピストンSAで完結できたので、A10ピストンSAのみでもさらに節約できる。

最初はA10ピストンSAで始めると節約できる

上記を見越して、A10ピストンSAの購入から始めることで、A10サイクロンSAが欲しているかどうかが分かる。ジュポジュポではなくレロレロ舐め回れる感覚を欲しているかどうかが分かる。もし、その感覚が湧かない場合はA10ピストンSAのみで節約できる。

そしてもちろん、VRも騎乗位も興味無くてジュポジュポ激しい獣フェラしか興味ない場合はA10ピストンSAの試作機であるNLSピストンとなる。

「節約したい!」
「とにかくッ節約したいッ!」場合は
A10ピストンSAである!


目次|性家電『A10ピストンSA』体験レビュー
===おすすめな人===

===総合レビュー===
===体験レビュー===
===購入レビュー===
===梱包レビュー===
===開封レビュー===
===比較レビュー===
ーーーNLSピストンとの違いーーー
ーーーA10サイクロンSA +PLUS(プラス)との違いーーー
===ご購入前の不安Q&A===