オナホ購入を後悔しがちな場合は「ガッツリ裏返し放置できる」オナホがおすすめ

著:A10ピストンSA研究現場〔胸肉(MUNENIKU.COM)〕

セックスが面倒になると性家電に落ち着く

使わなくなって長期保管してもう生挿入する気が起きなくなってしまったハンドオナホール達。

性の悩みを解決し、最終的に訪れるのが「セックスが面倒」である。この“性の悩みに振り回されなくなった”段階になると手コキオナニーだけでよくなる。

すなわち、ハンドオナホールに回帰できる。しかし、「抜きたくなったときに使用できるハンドオナホール」を持つにあたって、色々とハンドオナホールを買って試行錯誤してしまう。そしてどんどん出費がかさむ

結果、どれにたどり着いたかというと、性家電である。そして性家電の中でたどり着いたのがA10ピストンSAである。「最初から性家電を買っていたら節約できていたかもしれない…」そう至ってしまう。

A10ピストンSAに落ち着く

電動オナホール・性家電の『A10ピストンSA』と『A10サイクロンSA』と『NLSピストン』を並べた様子。

A10サイクロンSAのみでは激しく責められる感覚が欲しくなってNLSピストンで満たせるも、今度は騎乗位感が欲しくなってやっとA10ピストンSAでそれを満たせて落ち着いた、といった感覚になる。

そしてそれらの「最終的にたどり着いたオナホールに共通していること」がある。それは、裏返して放置できたり、なにかとフルに清潔さを維持できるオナホールである。

テンガフリップゼロも候補であるが…

ハンドオナホール『テンガフリップゼロ』の外見の様子

A10サイクロンSAの前段階で最終的に残ったオナホールがある。それがテンガである。テンガフリップゼロである。

ただ、問題があった。それは洗浄してキャップをはめて近々使おうと思いながらずっと放置してしまったことから始まった。

ハンドオナホール『TENGAフリップゼロ』をスタンドモードにしている様子

ずっとパカッと開いて放置すればよかったものの、少し乾いたところで完全に乾かないまま「しばらくしてすぐに使うので…」とすぐに閉じたまま収納してしまった。あまり乾かないまま収納してしまった。

しかし、実際に次回挿入するときが訪れたとき、もはや前回挿入からだいぶ期間が空いている。ずっとパカッとスタンドモードで放置すればよかったものの、なかなか落ち着かなくて完全にガッチャンコ収納してしまった。そのため、水垢等が気になって生挿入できない。

長期保管後はプラとゴムとの間の清潔面が気になって生挿入できない

テンガフリップゼロには挿入ゴム箇所とプラスチック筐体箇所があって、そのゴム箇所とプラスチック箇所の間によく水垢が溜まる、フリップゼロの従来機であるフリップホールではそうだった。

そのため、フリップゼロもやはりゴム挿入箇所だけでなくプラ筐体箇所も入念にブラシを入れて洗わないと生乾き状態で長期間放置した後では、やはりそこまで洗浄しないと安心して生挿入できない感がある

入念に洗浄すれば生挿入しても問題ないと分かっている。意外にそこまで入念に洗浄しなくても問題はないと分かっている。しかし、問題は少し清潔面に不安があるとなかなか気持ち良さに集中できない難点がある。

性家電のNLSピストンとA10サイクロンSAプラスとフリップゼロを並べた様子

ちょうどそのとき、性家電が手元にあった。「また入念に洗浄するならば性家電でサクッと済まそう」と感じるようになってしまい、そうして再び収納スペースから復活させることが無くなってしまった。

性家電はプラとゴムを完全に分離できる

性家電の専用ホール筐体から専用ホールを取り出している際の様子

テンガフリップゼロは「再び入念に洗浄する」もしくは「ゴム挿入する」といった手順を踏まないと使用できない感覚になってしまった。そこで性家電である。

性家電はプラ筐体から取り出せるので安心できる。専用ホールを取り出し、専用ホール筐体からゴムホールを取り出し、そして裏返せる。フリップゼロにあった「パカッと開いて場所を取る感じ」や「ちょっと触ると崩れ落ちそうになる落ち着かない感じ」が性家電には薄い。

本当に完全に乾いているのか触ってみないと分からない感、がない。裏返したまま放置して裂ける心配もない薄さと内径で安心。そのまま「完全に乾くまで」放置できる。おまけにプラとゴムが分離できるので「プラとゴムとの間の汚れが気になる」といった不安さえ起きない

性家電の専用ホールは内径が大きいので空気循環感がある

性家電の専用ホールは挿入口も内径も大きいのが多い

さらに、さらにである!「内部が詰まっていない」ので「空気が循環している感じ」があって「清潔感」を感じてしばらく間隔を開けていても安心して生挿入できる、これが特に大きかった。

詰まっているハンドオナホールでも別にしばらく間隔を開けても生挿入したところで何も問題は起きなかった。何も大変なことにならないとは物理的に分かっている。

性家電は清潔面でそもそも不安感が生じない

しかし、その「前回使用からしばらく間隔が空いているが生挿入しても大丈夫だろうか…」といった不安感が「そもそも」性家電では起こらない、これが凄い。それが他のオナホールとは違う魅力の1つである。

その魅力はどこから来るのかというと、「専用ホールをゴムのみに脱着できる点」とそしてまさに「裏返して放置できる点」「内部に空気が循環するような”大きさの内径”で清潔感を感じる点」の3点である。

性家電は清潔面の維持に優れているのに挿入感が濃厚

そして、驚くことに、内径が大きいとはすなわち、一般のハンドオナホールに比べて肉厚が薄いことを意味している。しかし、ここで性家電の威力が発揮される。なんとペニスで感じるその挿入感や包まれ感が「濃厚」なのである。違いを感じない。

それがすごい。専用ホールが肉薄なのに、手コキで動かしたらたしかに肉薄なのに、性家電に装着して動かさせたら肉厚なのである。性家電が高いのはその理由もある。肉薄だと挿入感が淡白になる、その常識を覆している。

性家電は清潔面と物理的な気持ち良さを兼ね備えている

そしてその常識を覆している箇所、内径が広いこと、そして裏返しても裂け始めないこと、それなのに挿入感が濃厚なこと、これらがまわりにまわって総合的に「割に合うのかどうかさえも忘れてしまうほど何回も使ったオナホ」であった。

特に水垢系の汚れが気にならないオナホがベスト

ゴムとプラの接地面の水垢さえも気にならずに、裏返して裂けも気にならずガッツリと長期間放置できるオナホであること」が「一定間隔で使わないと生挿入できなくなる切迫感」が無く「押入れ行きになっても再び取り出して生挿入できて」結果、次々とオナホールを買わなくてすむ飽きないオナホールにできる。

その飽きないオナホール代表例が性家電である。性家電のA10サイクロンSAである、NLSピストンである、A10ピストンSAである。そしてその中でも飽きないのがA10ピストンSAである。性家電は水垢等が気になる感覚が無い。

A10ピストンSAはA10サイクロンSAの専用ホールも使える

A10ピストンSAの専用ホールにはプラ箇所があるものの、それは別にさいあく、取り外しても機能してくれた。

おまけにA10サイクロンSAの専用ホールも公式では公表されてはいないがA10ピストンSAでもその試作機であるNLSピストンでも使用できる兼用性もあった。挿入口まわりのプラが無いのにも関わらず意外に安定して使用できてしまった。

すなわち、A10サイクロンSAの専用ホールも使えるのがA10ピストンSAとなる。A10サイクロンSAの専用ホールもA10ピストンSAの専用ホールも使えるA10ピストンSAが最後に残せる

後悔しないオナホは「清潔面をフル維持できて」なおかつ「気持ち良いオナホ」であること

そして、やはり長続きするオナホールに共通しているのは「たとえ長期保管してもフルレベルで清潔状態にできる」といった特性があるオナホールであった。まさに性家電は清潔さを長期保管してもフルに維持できる。

「長期保管しても生挿入してもいいほどに清潔さを維持できるオナホールはありますか?」「それと…できれば挿入感も非常に気持ち良いもので…」と言われれば性家電である。

性家電があることで「生挿入したいので、以前買ったオナホは清潔面で不安なので新しいのを買う」といったのを省略できる。そして異世界レベルに気持ち良い。結果、節約できる。

「もうオナホ購入で後悔したくない!」
といった場合は
A10ピストンSAである!


目次|性家電『A10ピストンSA』体験レビュー
===おすすめな人===

===総合レビュー===
===体験レビュー===
===購入レビュー===
===梱包レビュー===
===開封レビュー===
===比較レビュー===
ーーーNLSピストンとの違いーーー
ーーーA10サイクロンSA +PLUS(プラス)との違いーーー
===ご購入前の不安Q&A===