【比較】A10ピストンSAとNLSピストンは「重さ」がずいぶん違う

著:A10ピストンSA研究現場〔胸肉(MUNENIKU.COM)〕

「NLSピストンの2倍ぐらい重い…」片手でA10ピストンSAを持ったときにそう感じてしまった。そして実際に計測したところ、やはりA10ピストンSAはNLSピストンの約2倍の重量が計測された。

体感的な重さ

A10ピストンSAを化粧箱から取り出している際の様子:お米3kgを片手で持ち上げるような重さでびっくりする。

A10ピストンSAを箱から取り出したときに今まで性家電で体験したことのない重量感が腕に走った。片手で持とうとすると「3kgのダンベルを片手で玉の箇所を持って無理やり持とうとしている感」「お米3Kgの袋を取り出そうとしている感」があった。

そしてA10サイクロンSAやNLSピストンの重さよりも2倍近い重さだと感じられた。「これは持ち運びには苦労しそうだ…」その感覚が走っていく。A10ピストンSAは「備え付け」に向いているゾーンの重さに入っていた。

NLSピストンは「これをバッグにいれて片道1時間を往復で歩いても疲れない」感があった。しかし、A10ピストンSAはお米3kgをスーパーで買ってリュックにいれて片道1時間を往復で歩こうとしても連日は厳しそうだ」といった感があった。

しかし、「重ければ重いほど騎乗位感があっていい」といったメリットも実はある。

実際の重さ:A10ピストンSAは「2.4kg」

電動オナホール・性家電『A10ピストンSA』を実際に重量計測した様子:2.4Kg

実際に重量計測したところ、A10ピストンSAは専用ホール抜きで2.4kgであった。公式の重量表記2.35kgとほぼ一致している。体感的な重さで言うと、スーパーの棚から3kgのお米を片手で取るときの重さに似ている。

実際の重さ:NLSピストンは「1.6kg」

電動オナホール・性家電『NLSピストン』を実際に重量計測した様子:1.6Kg

実際に重量計測したところ、NLSピストンは専用ホール抜きで1.6kgであった。公式の重量表記1.561kgとほぼ一致している。体感的な重さで言うと、スーパーの棚から1.5Lのペットボトルを片手で取るときの重さに似ている。

重ければ重いほど騎乗位が気持ち良い

性家電のA10ピストンSAとNLSピストンを並べて様子。A10ピストンSAのほうが重い。

ラブドールではあるが、ラブドールで「騎乗位で肉体的にパンパンお互いに打ち付け合う感覚になって、やっとオナニーからセックスに切り替わって気持ち良くなった」のは「32kg以上」からだった。

27kg程度では騎乗位ではなく「股間に載せたモノに突いているだけ」といった一方的なセックス感、すなわち「オナニー感」があった。NLSピストンは残念ながら騎乗位感を体験できなかった。体験できたのはフェラ感だった。

そこで、A10ピストンSAの出番であった。実はA10ピストンSAには「騎乗位の動きのモーション」もある。NLSピストンはフェラの動作モーション1つのみ搭載された性家電なのでフェラマシーンになっている。一方、A10ピストンSAは騎乗位の動きがある。

それを予め公式の商品ページの説明で知っていたため、箱から取り出して「重い!」と萎えを感じた瞬間、連鎖的に「やった!これで騎乗位も没頭できそうだ!」と感動が走った。萎えと感動が同時に起こった。

AVの騎乗位シーン、目をつむったときの騎乗位時の妄想、VRの騎乗位シーン、それらにより一致できるのは、重いほうである。やはりラブドールも性家電も含めてアダルトグッズにおいて「重いほうが騎乗位により一致できる」といった感覚が共通している。


目次|性家電『A10ピストンSA』体験レビュー
===おすすめな人===

===総合レビュー===
===体験レビュー===
===購入レビュー===
===梱包レビュー===
===開封レビュー===
===比較レビュー===
ーーーNLSピストンとの違いーーー
ーーーA10サイクロンSA +PLUS(プラス)との違いーーー
===ご購入前の不安Q&A===