Q.「NLSピストンとA10サイクロンSA+PLUSはどっちが家族バレしない?」



Q.「電動オナホールのNLSピストンとA10サイクロンSAはどちらが家族や身内バレしない?」

A.【NLSピストンが家族バレしない】

NLSピストンはメーカー名等の刻印が微塵もない(A10サイクロンSA+PLUSはメーカー名等の刻印がある)。さらに配色が白黒モノトーンなのでオナホだと思われる要素が“より”無い。また、充電型と違って電源型なのでご家族の方等に勝手に動かされる事態が起きない。

NLSピストン:刻印が無い A10サイクロンSA:刻印が有る
NLSピストンはどこにも刻印がなかった。メーカー名もブランド名も製品名も刻印がなかった。そのため、ご家族等にネット検索されてオナホだとバレるといったことが起きない。 A10サイクロンSAは商品名とメーカー名とブランド名がすべて記載や刻印が本体になされていた。そのため、検索されたときにオナホだと分かってしまう。

もし商品を舐め回すように見られてさらに検索された場合に、まさにそのときに「検索されたらオナホだと分かるよ..ね?」といった最終的な現実問題にもクリアできて家族バレしないのがNLSピストンであった。

NLSピストン:白黒 A10サイクロンSA:白緑
NLSピストンは本体色が白黒色のモノトーンなのでオナホ感がない。そのまま露出させて外に持ち出してもオナホだと分かることもない。インテリアや何かの家電として飾れる適応力がある。 A10サイクロンSAは白黒ではないが性的などろどろ感が無くてオナホ感がない。そのまま外に持ち出しても少なくとも「ブヨブヨのゴムを持っている」といった感覚で見られることはない。収納することなく、インテリアとして部屋に露出させて飾っていても「公園でおっぱいを出しちゃいけません、おちんちんを出しちゃいけません、ハダカになっちゃいけません」といったあのゾワゾワ感がなくNLSピストン同様に露出させて飾れる適応力がある。

両者を比較した際に、カラーリングにおいては甲乙つけがたい家族バレ対策カモフラージュ力を誇っていた。しかし、“より”家族バレしないのはやはり、“性的なセクシー下着もなんだか上品に見えてしまう”モノトーン色のファッションブランド店のようにやはり「白黒モノトーン」のNLSピストンがより家族バレを繊細な感覚で回避できる。

外見で家族バレを回避できたとしても、花瓶として飾っている際にさらなる現実的な問題が伴う。「なぜここにボタンがあるのか」である。

NLSピストン:電源型 A10サイクロンSA:充電型
NLSピストンはコンセントにつなぎ、電源を入れ、ダイヤルを回すとピストン動作が開始される。そのときに花束を挿れておくと「ピクッピクッピクッピクッ」と動く。このときに「これは『花がピクピク動くギミックのジョークなオモシロ花瓶』だ。」と言えてしまう。 A10サイクロンSAは電源をいれたときに、花束が回転する。『“後ろのほうに挿した花も前面に回ってきて正面から見れる”ショールーム型花瓶』『挿した花をあちこちの角度から見なくても勝手に回転してくれるので正面からじっくり花を鑑賞できる花瓶』として言えてしまう。

問題はNLSピストンはコンセント型であり、有線コードを本体につなげてコンセントに挿して電源を挿れてダイヤルを回すといった過程が必要になる。そのため、本体のみで花瓶として飾っているときに“勝手に動かされない”のがNLSピストンとなる。さらに、カステラのようなあのAC/DCコード型なのでスマホのコードを挿すといった汎用性が無いため、“ご家族等が各自所持しているコードを挿して勝手に動かされる”といった事態も対策できる。

一方、A10サイクロンSAは充電型なので本体のボタンを“動物的感覚で”押しているだけで勝手に電源がついてくれてしかも回転させることができる。そのため、勝手に触られて勝手に動かされる不安がある。それを防ぐためにはA10サイクロンSAの充電を使い切って充電せずに空にしておくことが必要となる。

そのため、より家族バレしないのはNLSピストンとなる。