“花瓶にできる・家族バレしない等” 良い点一覧|NLSピストンのレビュー

電動オナホール『NLSピストン』の良い点

NLSピストンは「花瓶」として飾れる。「ロボットの腕」としても飾れる。家族バレしない。身内バレ対策も不要であった。「アダルトグッズを無理やり花瓶にしている」といった感覚ではなく「本当は花瓶なんだけれど実はオナホにもなる」といった感覚で飾れる。さらに、アナログな電動オナホなので物理的にも心情的にも即開始できる。

良い点一覧

ユニークなオモシロ花瓶として飾れる。同類商品である“A10サイクロンSAプラス”と同じように「花瓶」としてジョーク感覚で飾れてしまった。

ひょうたんのカタチをしているので花瓶に見えやすい。「ひょうたんにそのまま花を飾っても昔と変わらないため、ひょうたんをロボット風にした。」といった面白花瓶として飾れる。

硬いテーブルの上でも直立できる。底部が丸いためクッションの上などに置かないと倒れると思いきや、実は鉛筆を立たせる感覚で立たせることができてしまった。

外見が白黒なので花瓶としても価値を発揮できる。「ザ・オモチャ」といった見た目ではなくそこそこオシャレで白黒という中立的な色なため花瓶として飾れる。

ロゴや刻印が無いので花瓶として飾れる。「本当はオナホールなんだけれど、家族バレ対策に花瓶としてカモフラージュさせている」といった感覚ではない。「オナホールにも花瓶にも使える」といった感覚で飾れる。

刻印が無いので家族バレや身内バレさえしない。「ググったらそれオナホールじゃないか!」といったことにならない。ググる箇所がない。そのため、花瓶として飾っている以上、花瓶として在り続ける。何もしなくても家族バレ対策や身内バレ対策になっている。

NLSピストンは花瓶として面白感覚でジョーク感覚で飾れる。

ロボットコスプレの腕のようにも見える。そして実際にロボットのコスプレグッズとして腕にハメてコスプレできる。

サムスのようなアームとして飾れる。外見がどこかサムスの腕のように見えるためコスプレグッズとしても生きられる。オナホールとしてしか生きられないジョークグッズではない。

ロックマン系の腕として飾れる。サムスの腕として見えなくてもロックマンの腕にも見える。「ロックマンに影響されて作られた何かのロボットの腕のおもちゃ」として飾れる。

ガンダムのようなオブジェとして飾れる。ロックマン関連として見られなくても、ほとんど誰でも知っている“ガンダム”関連のおもちゃとして見える。そのため、ガンダム系のオブジェとして飾れる。

ロボット玩具として堂々と飾れる。部屋のベッド下に隠すことなくオブジェとして飾れる。オナホールではなくロボットのおもちゃぐらいにしか思われない。家族バレしない。

「オナホールとしても使えてロボット系のオブジェとしても使える」といった、従来の「オナホとしか使えないから隠す必要がある」という概念がこの電動オナホールには無い。

物理的にすぐ開始できる。充電式と違って直接コンセントに繋いで動作させるため毎回「すぐ開始」できてしまった。

待たされない。充電式の「パワーボタンを長押しして…」といったのがない。グサッとコンセントに挿してパチッ電源ボタンを押せば即動き出して簡単明快だった。

心情的にすぐ開始できる。「充電が少ししか無いかもしれない」「昨日充電したかな?」「今晩使用しるために今朝充電して置こう」といった「保留感覚」がない。負担が無い。毎回の使用がすごく気軽であった。

物理的にも心情的にもすぐ開始できる。専用ホールの準備さえ完了していれば後は「グサッパチッ」で開始できる。アナログ感覚だからこそ開放感がある。「スッキリすぐに」使用できる感覚がNLSピストンにあった。

電源を入れたら即動作開始。そしてダイヤルを回すとそのピストン動作の速度が上がったり下がったりする。それだけである。

説明書も付属されていない。それほど要らない。疲れて思考停止状態でも「動物的な感覚」で使用できてしまう。動物は動物でもヒョウやトラのようにスピーディ感がある。

中央辺りの「“グミ”みたいなボタン」は「一時停止ボタン」。押している間は一時停止してくれる。ボタンもダイヤルも動物的な感覚で使用できてしまった。

「疲れて何も考えられない。しかしムラムラして抜きたい。でも疲れてできない」といった時でも即開始できる。そして勝手に抜いてくれる。


本体の背面部が「平ら」なので使用時にゴロゴロせずに使える。「横にゴロゴロ転がって安定しない」といったことがない。ゴロゴロ転がらないように支える必要もない。添えるだけで添える。「支えることに意識がいって快感に集中できない」といった事態が回避されている。

電気店でスマートスピーカーが陳列されているときに思ってしまった。「NLSピストンか!」そう思ってしまった。そして「この陳列にNLSピストンを置いても馴染みそう」そうふと思ってしまった。スマートスピーカーと一緒に飾ることもできる。隠さずに収納できる。家族バレせずに収納できる。

上下に単調に擦られるといった動作感をペニスで感じられなかった。“円を描くように人間的に擦られる”といった動作感をペニスで感じられた。そのため、ロボットに手コキされる感覚やフェラされる感覚ではなく、人間に手コキされる感覚でもなく、人間に“じゅぽじゅぽフェラ”をされる感覚であった。この電動オナホールによって、機械的ではなく人間的なじゅぽじゅぽフェラを体験できる。

ロボットに手コキされる感覚でもなかった。ロボットにフェラされる感覚でもなかった。人間に手コキされる感覚でもなかった。A10サイクロンSA+PLUSのように“舌でレロレロ舐め回されるフェラ”でも無かった。NLSピストンで体験できたのは“人間が激しくヘドバンのように動かして運動会的に激しくじゅっぽじゅっぽしてくるフェラ”であった。NLSピストンは上下に単調にしごかれるのではなく、円を描くようにしごかれる。そしてその本体の球体箇所が頭部に見えてしまってじゅぽじゅぽフェラをされている体験に豹変した。

A10ピストンSAの専用ホールしか使用できないと思っていた。A10サイクロンSAの専用ホールは使用不可能と思っていた。しかし、実際に装着して使用したところ、何の不自由もなく不具合もなく途中で外れることもなく“互換性あり”と言わんばかりに使えてしまった。

「ここが良かった!」実際のNLSピストン体験記レビュー