ラブドールが裂けたら『セメダインPPX』で臨時的に接着できる ※初めてのラブドール

セメダインPPXですぐに接着修理できる

ラブドール“オリエント工業”の素材であるシリコーン素材や他のラブドールのTPE素材も接着できた接着剤『セメダインPPX』

「そろそろ修理しないと…」そう思っていた。しかし、『シリコーンコーク』は接着して「修理やり直しになることなく確実にガッツリ可動」できるまでに「2週間ほど」掛かってしまった。そのため、修理が億劫に感じ先送りにしがちになってしまっていた。そんなときに『セメダインPPX』が重宝した。セメダインPPXはすぐにくっついてくれる。

修理跡がガサガサになる

オリエント工業のラブドールの裂けた箇所をセメダインPPXで修理している様子〈右側〉

「添い寝しないSEXしない、飾る!」の場合にセメダインPPXが最適

「干からびた米粒みたいだ…」

セメダインPPXはセックス目的や添い寝目的では「接触するたびにガサガサと擦れる・干からびた米粒が接触するたびに自身にガサガサ擦れてくる・パンパン突きたびにガサガサ擦れてくる」といった状態が起こった。

「洗い忘れのご飯茶碗みたいに…」

炊飯器の容器を洗わずに放置してしまって米粒が乾燥し切ってガサガサにへばりついて「スポンジのほうが削れていっている」といったようなガサガサ具合になってしまう。洗い忘れのご飯茶碗のようになってしまう。

「しかし、鑑賞目的と決めたときに便利…」

この接着剤は「接着箇所がガサガサになる」ため「肉体的に触れる目的のラブドール」には最適ではなかった。セメダインPPXは「もう添い寝したり直接触れることはしない。鑑賞やマネキンやモデルなど視覚的にしか触れない」といった際に最適であった。

「芯から接着してくれる感が魅力だけれど…」

セメダインPPXはガッツリと接着してくれる。それにラブドール店から接着剤を購入するのが億劫なときでも実店舗のホームセンターや東急ハンズ等でも買える。シリコーンコークの「表面でつなぎとめる感」に比べて「芯から接着してくれる感」がある。しかし…難点は「ガサガサになる」という点…。

「なめらかにする場合はシリコーンコークで仕上げが楽」

ガサガサ接着跡をなめらかに解消するには「まずセメダインPPXで接着」して「次に接着跡にシリコーンコークを上塗りする」といった状態で「ガッチリと接着しながらなおかつガサガサの接着感にならない」という接着修理ができてしまった。シリコーンコークはなめらかにしてくれる。ただ…

「修理しても長くてもまた半年後また修理ループ…」

半年ごとにまたパカッと戻ってしまってやはり修理ループにハマってしまった。そのため「そもそも裂けさせないことがベスト」という根幹が共通している。しかし、やはりセメダインPPXのメリットは…

速乾&芯までくっつく感で臨時的に接着できる

オリエント工業のラブドールの裂けた箇所をセメダインPPXで修理している様子〈左側〉

「すぐ接着したい!芯まで接着したい!接触感は無視!」のときに最適

「セメダインPPXはすぐ動かせる!」

セメダインPPXの良い点は「すぐに接着できて数時間後に可動できること」そして表面同士が接着するのではなく「芯同士が接着するガッツリ接着感」で「次回の修理ループの日まで長引かせる」ことができるという点がある。

「セメダインPPXはガサガサになるものの…」

欠点として「表面が“米粒で接着しました”と言わんばかりにガサガサトゲトゲの肌触りなる」という点がある。シリコーンコークを修理跡に上塗りすればなめらかな肌触りになるものの、やはり「修理しました!」といったゴテゴテの修理跡になってしまう。そのため…

「触らないので鑑賞目的のときはセメダインPPXをついつい使ってしまう!」

すぐ接着したい、芯まで接着したい、セックスには飽きて添い寝にも飽きてしまって、後は鑑賞目的でしか触れない、アームも動かさない、美術の絵画モデル等ぐらいにしか…といったときにも重宝してくれる。その臨時的なときにセメダインPPXが役立ってくれる。初めてのラブドールの際も臨時的に役立ってくれる。

修理が後回しがちなラブドール…
臨時的にすぐ修理できる!
セメダインPPXによって!

ナビ:ラブドールマニュアル

» 初めてのラブドールマニュアルガイドまとめ