6yedoll(ラブドール)の魅力は「性の悩みから卒業させてくれること」

数多くあるラブドールの中で6yeを当サイトに掲載している理由は、性の悩みを終わらせたくれた重要な決め手の1存在になってくれたのが6yedollだったためである。助けてくれた存在だからプッシュして魅力を残したい。6yeは性の悩みを深く満たしてくれる重要な存在である。性の悩みに振り回される日常を赤い綺麗な花束を持って卒業できる。

中途半端な挿入感であきらめが付く

6yedollの内蔵型の挿入感は人工的だった。挿入した時の感触が人工的になっている。挿れた時にペニスが溶けるような生物的な挿入感が無かった。かといって人工的過ぎでも無かった。かといって生物的でも無かった。中途半端だった。

特別に気持ち良くは無いため、依存になる感覚を早々に切り上げさせてくれた。気軽に売却できる感覚になれて綺麗に電動オナホールやトルソー型のラブドールに移行できる感覚になってしまった。「中途半端」の良い点を身体で知った瞬間だった。

※ちなみに生物的な挿入感を求める場合は6yedollの挿入箇所は「着脱式」を選択するのが失敗しない。6yeの挿入感はリアル志向ではなく「人工的な挿入感志向」だったため。

生物的な肉体美が天頂ランクで諦めが付く

背中の深くボコボコした生々しい隆起、首筋、鎖骨、ワキのシワ、下乳の筋肉、くびれ、へそ、下腹部のシワ、肉体の生物的な隆起、レッグの付け根のシワ、ヒザ裏のシワ等、それらがこれ以上に生々しい肉体美のドールは無いと言わんばかりのラブドールで「もっと肉体美が優れたドールが欲しい」といった感覚が生まれなかった。

新しいのが欲しいといった感覚が6yeを機に無くなった。挿入感は中途半端で最初の数ヶ月で飽きてしまうが、肉体美だけは何回セックスしても飽きることが無かった。その洗練された肉体美を何回も目の前にするためどんどん肉体美欲が満たされていった。それも最上ランクの美術性で満たされていった。満腹状態となった。そのため「もっと肉体美が優れたラブドールが欲しい」といった感覚が消えていった。

ボディ量に不足がなく新しいドールが欲しい感覚が大幅に失せる

新しいラブドールが欲しいと思ってしまった原因は「アンダーバストが65cmに満たない」等の肉体量の不足が大きかった。やはりどこかが不足しているとそれを満たすドールが欲しくなってしまう。

しかし、6yeはどこを測っても標準的な成人女性の以上の数値でしかもS級のカラダ造形で不足感を感じたことが無かった。未練という感覚が生じ無かった。「今度はもっとカラダの優れた存在、もっとボンッキュッボンッなカラダを目の前にしたい」といった感覚が無くなった。未練が無くなった。

6Yeに比べて優れたボディの人間そしてドールが滅多に存在しないため、風俗に行きたい願望も、新たなドールが欲しいといった感覚が大幅に失せてしまった。

「挿入感が中途半端だがボディに不満なし」の組み合わせで奇跡的に性欲が失せる

挿入感が不満なのでもっと挿入感が優れたドールが欲しいと思いきや、6yedollとのセックスを重ねるたびにその中途半端な挿入感がゆえに「もう挿入は飽きた。次はこのラブドールが得意な美術鑑賞の次元へ」といった感覚にスムーズに変わる一助となり、次第に肉体美鑑賞にシフトしていった。これは奇跡的としか言いようがなかった。

普通は挿入感が中途半端だったらすぐ売却して新しいドールが欲しい感覚にさせられるのだが6yeはそれが起こらなかった。「性欲ドロドロ価値観」から「美術鑑賞を楽しむ価値観」に綱渡りのように変えてくれた存在の1つだった。

ナビ:ラブドールマニュアル

» 初めてのラブドールマニュアルガイドまとめ