Q.「NLSピストンとA10サイクロンSAプラスはどちらがいい?」※自分クリスマスプレゼント等

   

【A. NLSピストンは激しいフェラの時にイイ。A10サイクロンSAプラスは濃厚まったりフェラの時にイイ。】

NLSピストンは「じゅぽじゅぽ激しいフェラを味わいたい!」といった場合におすすめとなる。舐め舐めレロレロフェラ目的では失敗する。

A10サイクロンSAプラスは「まったり濃厚舐め舐めフェラを味わいたい!」といった場合にオススメとなる。じゅぽじゅぽフェラ目的では失敗する。

激しく躍動的で運動会的なフェラでリフレッシュしたい場合はNLSピストンがお勧め、濃厚でまったりしたフェラでリフレッシュしたい場合はA10サイクロンSAプラスがお勧めとなる。


❶じゅぽじゅぽ目的か、舐め舐め目的か

⑴人間にじゅぽじゅぽフェラされたい場合はNLSピストン

「じゅぽじゅぽフェラ」が目的の場合はNLSピストンが最適となる。

単調な上下動きではなく、上下動きではあっても円を描くように動くため“じゅぽじゅぽフェラされている動き感”を直に感じられる。レロレロと舐められる感触ではなかった。肉棒を根本から亀頭先まで舌でじゅぽじゅぽされる動き感触であった。

また、従来品のA10ピストンはピストン時に「摩擦感で焼けるような感触」があったため、フェラではなく手コキ感であった。その世代は終了し、無事に、「シャコシャコ淡白“手コキ”」ではなく「じゅぽじゅぽ濃厚“フェラ”」を体験できるようになった。

椅子に座った状態で相手が床に脚をついて膝立ちした状態でじゅぽじゅぽフェラくるような感覚になる。円を描くように動いてくるため、手コキ感がない。首を軸に弓を想起させるがごとくペニスを刺激してくる。その感触が「一生懸命フェラしてくれている!」といった感触で感動が走る。その感触ゾーンは手コキではく、フェラであった。

NLSピストンはズポズポと幾何学的な動きではなく、じゅっぽじゅっぽと円を描いて生物的な動きをペニスに感じさせてくれる。ペニスで生理的に感じるその感触はロボではなく人間を感じられる。

NLSピストンは“ロボットに”じゅぽじゅぽフェラされるのではく、“ヒトに”じゅぽじゅぽフェラされる体験であった。

⑵舐め舐めフェラされたい場合はA10サイクロンSAプラス

「舐め舐めフェラ」が目的の場合はA10サイクロンSA+PLUS(プラス)が最適となる。

力を挿れた舌先と分厚い舌で亀頭と肉棒を擦り舐めてくる感触がある。そして動き感が上下ではなく回転動きなのでその舌先と分厚い舌で「舐められる感触」がある。フェラはフェラでもじゅぽじゅぽされるフェラではなく、舐められるフェラ感であった。亀頭と肉棒を「レロレロ」舐められる動き感であった。

かといって従来の「“機械に”舐められる感触」ではなく、「“人間に”舐められる感触」になっている。回転の動き感がロボ感ではなく生物的で人間的な動きになっている。速度を替えたとき、回転パターンを変更したときに、ガコガコならない。人間的に流線的に切り替わる。

また、「ミニ四駆のモーターを搭載しました!」と言わんばかりの無神経的な動きではなく、人間的に気遣ってくるような優しく繊細な動作感になっている。結果、「人間にレロレロ舐められる感触、力を挿れた舌先と分厚い舌で肉棒と亀頭を舐めてくる感触」がある。

さらにモーター性能が従来に比べて大幅にパワーアップしているため、従来品や同類商品系に比べて馬力不足に陥ることが無いためその分、専用ホールが分厚い。そのおかげで「淡白なフェラ感」ではなく「濃厚なフェラ感」を体験できてしまった。

結果、淡白感無く濃厚なので「だんだん手コキ感にすり替わってしまう」といったフワフワな感じではなく「フェラだ!」といった感覚がガッツリと続いた。手コキ感に戻ってしまうことは起きなかった。シラフで起きなかった。舐め舐めされるフェラを体験できる。ただ、じゅぽじゅぽ感はない。

「ならば自力で上下に動かせばNLSピストンの代替になれるのでは?」と疑問が湧くものの、そのA10サイクロンSAプラスで舐め舐めされている状態を味わいながら「自ら手でジュポジュポ動かしたときに」じゅぽじゅぽフェラ感を体験できなかった。おまけにまったり濃厚フェラ感だったのがだんだん手コキ感に豹変し出してしまった。

NLSピストンにあった「ガッツリとじゅぽじゅぽフェラされている、シラフで感じる」といった感覚がなかった。A10サイクロンSAプラスじゃ上下に動かした時に強力な妄想でやっと「じゅぽじゅぽ感かな?」と思うものの、その矢先に「う〜ん、なんだか手コキオナニー感がしてくる、フェラじゃなくなってきている…これはオナニーだ…」といった状態にたびたび遭遇した。

そのため、A10サイクロンSAは新型のA10サイクロンSA+PLUS(プラス)になっても、上下で自ら動かしても「NLSピストンになる」ということは起きなかった。代わりにならなかった。大体できなかった。A10サイクロンSAプラスはNLSピストンに代替できなかった。

A10サイクロンSAプラスはなめなめフェラを体験できる。NLSピストンはじゅぽじゅぽフェラを体験できる。手動で工夫してもお互いに代替はできなかった。それぞれも欲求をそれぞれの性家電で専属で満たすもが最適であった。舐め舐め濃厚まったりフェラされたい場合はA10サイクロンsAプラス、じゅぽじゅぽフェラされたい場合はNLSピストンを選ぶのがオススメとなる。


❷激しい目的か、まったり目的か

⑴激しく過ごしたい場合はNLSピストン

心拍数が上がるような激しいフェラ。運動会的なフェラ。戦闘モードのようなフェラ。それら激しく躍動感のあるフェラ感だったのが『NLSピストン』であった。そのため“激しいフェラ”目的の場合はNLSピストンが最適でオススメとなる。

従来は最高速度でも静かだった。「あれ?もう最高速度?」といった感覚であった。それでも当時は時代的にピストン機構そのものが目新しく凄かったため「当時の技術では」という考慮も入れて満足度は高かった。ただ、時代と共にその魅力は枯れていった。激しい激しいフェラを体験できる時代がやっと来たのだ。なおかつ大ごとな準備や後始末などは不要で「落ち着いて」かつ「日常的に」かつ「気軽に」体験できる時代が来た。その時代をもたらしてくれたのがNLSピストンであった。その本番機であるA10ピストンSAであった。

数センチ間隔をシュコシュコ動くだけの“ショボい”ピストン動き感の時代は終わった。このNLSピストンによって終わった。肉棒の根元辺りから亀頭先まで綺麗に帳尻を合わせるように接触してくる。ペニスの触覚で根元から亀頭先まで擦られているのを感じる。この“ペニスフルサポート感”が新時代を感じさせてくれた。以前は「亀頭周辺をシュコシュコされるだけ」のピストン感であった。そして新時代NLSピストンは「亀頭周辺だけでなく肉棒全体そして根元までじゅぽじゅぽされる」感触に進化した。竿全体をサポートしただけでなく、シュコシュコ手コキ感からじゅぽじゅぽフェラ感に進化した。

総合的に「フェラされる」という感触で根元辺りから鬼頭先辺りまでガッツリ余すところなくじゅぽられる。この「ペニスの下から上まで全体がジュポられる」といった「豪快さ」のおかげでさらに運動会的に感じられる。じゅぽられる範囲幅が大きいため豪快さを感じる。野獣感をペニスで感じる。

最大速度は「抜きにかかっている!ケモノだ!!おそろしい!!!」といった「この獣…目が獲物を狩る目だ。。。」と言わんばかりにペニスを激しく食べてくる。これがもう「ハンバーガーにガブリつく感覚」や「ケンタッキーチキンに油で手が汚れるなんてお構い無しに素手でガブリつく感覚」に似ている。とにかく直接的な動作が豪快になっている。さらに、豪快は豪快でも、ペニスで繊細に感じる動き感が“機械的な豪快さ”ではなく“人間的な動き”になっている。「豪快なせいでロボ感になってしまう」といったことが起こっていない。「豪快なのに人間的な動き感」という「さすが職人技だ!」と言わんばかりの繊細な人間動きに感動する。最大時も変わらず人間味な動き感が維持される。人間的な豪快さに酔いしれてしまう。

さらに本体の球体箇所が人間の頭部に空目してしまうのも魅力であった。結果、最中にNLSピストンの球体箇所が「人間の頭!」と言わんばかりに錯覚した状態で目に入ってくるため、その豪快な動きにさらなる人間味が付与されている感がある。このおかげで「ロボットが機械的に能率的に人間の舌を模したゴムで擦ってくる」ではなく「“人間が”豪快にフェラしてくる」「“人間が”自身のペニスにめがけてむさぼらんばかりに愛して欲するように激しい激しいヘドバンで食べてくる」といった「人間的」で「運動会的」なフェラを体験できてしまう。味わえてしまう。酔いしれてしまう。

⑵穏やかに過ごしたい場合はA10サイクロンSAプラス

心拍数が上がらないフェラ感。最大速度まで上げてもなにか速度制御装置で速度がコントロールされている感。「激しいのではなくて心拍数が上がらず、激しさと濃厚さが融合したような”オトナお淑やかな”感じ」を味わえるフェラ感、

「科学的根拠に基づいて着実に射精まで導かれていく」かのような確実で段階的で落ち着いたまったり射精感。激しくもどこか穏やかなフェラ感。その穏やかに濃厚に深く“理性で制御された激しさ”も忘れずとにかくまったりした舐め舐めレロレロフェラ感だったのがA10サイクロンSAプラスであった。動物的な激しさが欠損している。理性の制御内にある感じがある。A10サイクロンSAプラスはその「パワーが制限されたまったり落ち着いたフェラ、激しさではなく濃厚さに重きを置いた趣向のフェラ」を味わいたい場合に最適でオススメとなる。

一方、「理性が欠損した野獣的なフェラ」を味わいたくなった時にNLSピストンに手が伸びてしまう感覚がある。

「激しく上下に動かす」といったことをしても激しくならなかった。貴重な「フェラ感」なのに手で動かした途端に「オナニー」に切り替わってしまう。同時に、激しさをもたらそうと動かしたのにその激しさがペニスで感じられない。ただただ「無理強いの手コキオナニー」になってしまう。そのため、A10サイクロンSAプラスを無理やり動物的な激しさにすることはできなかった。やはりA10サイクロンSAプラスはまったり向けとして扱うと楽しめる。


❸じゅぽ激フェラと舐め濃厚フェラ

激しいのがいい時はNLSピストン、まったりがいい時はA10サイクロンSAプラスを選ぶと失敗しない。

ナビ《クリスマスに性の悩みを完結できる。》
✓フェラされたい欲 ✓セックスしたい欲 ✓楽しく過ごしたい欲
【ピストン使う。】性家電『NLSピストン』でじゅぽじゅぽフェラ欲を解決できる。
【サイクロン使う。】性家電『A10サイクロンSAプラス』でレロレロフェラ欲を解決できる。
【ぷにミラDX使う。】ラブドール『ぷにあなミラクルDX』で生おっぱい揉みながらセックスしたい欲を解決できる。
【DB観る。】アニメ『ドラゴンボール超』をビデオ屋で借りて観るとクリスマスもクリスマス後も勇気を出して楽しく過ごせる。
【人と接触することなくオナホールとラブドールで性の悩みに振り回される日常を終わらせる方法】
第1章|セックスしたい
■必要だった存在

感覚的なコツ対策「どういった視点でセックスすればいいのか定まらない」
Q&A|セックスしたい
第2章|フェラされたい
■必要だった存在|フェラされたい欲

家庭事情対策「フェラされたいが身内バレが不安で買えない」
節約や代替事情「電動オナホは高いので一般の安いオナホ数個で後は脳内補完で代替して節約したい」
第3章|エロから美術へ
■必要だった存在|エロから美術へのバトンタッチ

共通
Q&A|共通
第4章|卒業確認
性的な視点だけでなく美術的な視点でも楽しめるかどうかを確認する
■メリット
  • 0. 人と接触せずにオナホールとラブドールだけで性の悩みを終わらせられる
  • 0. 妄想やバイアスによる自己説得ではなくシラフで終わる
  • 1. オナホールを次々に買うループにハマらない
  • 2. ラブドールを次々に買うループにハマらない
  • 3. 性の悩み依存から費用をより掛けずに卒業できる
  • 4. 性の悩み依存から卒業することで“必要だと感じたときにだけ買う”という良好な共存状態に至れる
  • 5. より早く性の悩みを終わらせられる
  • 6. “性欲”から卒業できたと言えども拒絶したり排他せず今度は美術鑑賞に利用できる
Share
“ラブドールの専門家”胸肉

最新ブログ記事

ラブドールマニュアルTOP