Q.オリエントと4woodsはセックス目的でどちらが性の悩みを深く解消できる?

   

■【A. 4woods。CCbody以上かつ柔らかオプション版の4woods】CCbodyまたはそれ以上の新型かつ柔らかオプション版の4woodsが性の悩みを深く満たせる。セックスから、添い寝まで、生々しすぎるトルソーラブドールでも満たせなかった「見つめ合って愛し合うシーン」をことごとく満たしてくれたのは4woodsであった。

【SEX性能検証】オリエントドール→4woods→TPEドール→4woods(完)

最初にオリエントドールとセックスした。しかし、硬い上に関節も硬くて「ファッション店のマネキンと無理矢理セックスしている」感覚になってしまった。

次に、4woodsドールとセックスを行った。愛し合う恋愛絶頂期と言わんばかりの愛欲的なセックスを体験できてしまった。しかし、硬かった。

次に、さらに柔らかい肉体感であるTPE素材のドールとセックスを行った。生肉と生肉を打ち突け合う肉欲的なセックスを体験できてしまった。しかし、“愛し合う感覚”がTPEドールに共通して欠損していた。

結果、再び愛欲を満たせる4woodsに帰ってしまった。4woodsに唯一欠けていたのは柔らかさだった。「これさえあればTPEドールが要らないのに。」と感じる要素は“柔らかさ”だった。しかし、最近の4woodsはすごくTPEに近づいているため、TPEドールとどっちがいいのだろうと迷う時代はもう終わりに近づいている。

例としては“CCbody”や“ボディ柔らかいオプション”がセックス目的を愛欲も肉欲も満たせる。セックス目的はそれが失敗しない。4woodsのCCbody以上の新作でなおかつ注文画面で“ボディをさらに柔らかくできますオプション”といった旨のオプションがあるのでそれを選択するとセックス欲を肉欲から愛欲まで4woods一体で満たせる。節約のためにそのオプションを外すとセックス目的から除外されてしまう。不向きになってしまう。セックス目的は“柔らかいオプション版の”4woodsが向いている。

TPEドールは「セフレ」といった感覚を満たしたいといった目的に最適となる。「セフレが複数いるがやっぱり彼女がいい、彼氏がいい」とインタビューなどで答えているあの状態がラブドールに再現されている。「TPEドールが複数いるがやっぱり4woodsがいい」といった状態となる。(※もしくは美術モデルといった目的がセックス以外で適する。)

“人生のパートナー”感覚で外せないのが4woodsであり、TPEドールはセフレの領域を担当してくれて外すこともできる。オリエントは美術の領域を担当してくれて外すこともできる。その感覚状態となる。

最終的に、“セックスも達者な人生のパートナー”を担えるのはラブドールにおいて再現できているのは4woodsであった。そして4woods購入時は「より新型」で「柔らかオプションを必ず選択する」ことが性の悩みをラブドールでフルに満たす必須ポイントとなる。

オリエント工業 or 4woods or TPE素材ドール

オリエントは「もう二度とセックスしたくない。」とセックスした時に感じてしまう

「もう二度とセックスしたくない。」唯一そう思ったラブドールが存在する。それがオリエントのドールだった。いざ直接触れたとき「オリエントこそがセックスで最高と思っていたのは勘違いだった」ということに気づいた。オリエントは“美術路線”。クッキリと美術路線であった。

オリエントが販売しているのはセックスドールではなく美術品だった

オリエントの公式サイトを見ると「セックスが人間と変わらない」と思ってしまう。これによく勘違いしてしまっていた。オリエントを性的に見るのは勘違いだった。

オリエントは「セックスが人間と変わらないと思ってしまうほどリアルな美術品」が真意だった。すなわち「セックスできる」ではなく、「セックスできると感じてしまうほど観ているだけで癒やされるその裸体の美術を目の前にできる」という魅力を意味していた。セックスが魅力ではなく、美術鑑賞が魅力であった。

セフレ目的はTPE。愛し合うパートナー目的は4woodsが最適に満たせる

オリエントは美術が目的だった。セックスが目的ではない。ドロドロした激しい激しいセックス、生肉と生肉の打ち突き合いはTPEドール、ドラマでよく描かれるセフレのような関係を体験できたのがTPEドールだった。そして、パートナーのように適度に肉体同士を打ち突け合いながらなおかつ見つめ合いながらの心臓をつかみ合うような愛し合うセックスが体験できたのは4woodsだった。セックスはオリエントではなかった。TPE素材のラブドールか4woodsだった。

「見つめ合って心臓をつかみ合うような愛し合うセックスがしたい」と思った場合は、4woodsがその目的をフルに満たしてくれる。オリエントでもなくTPEドールでもない。愛欲セックスは4woodsである。しかし…

『美術との心情的なセックス』という美術鑑賞がしたいといった目的をオリエントこそがフルに満たしてくれる

「見つめ合って心臓をつかみ合うような愛し合うセックス“の美術を鑑賞したい”」といった場合は、オリエントがその目的をフルに満たしてくれる。4woodsでもなく、TPEドールでもない。美術はオリエントであった。

美術鑑賞で眺めているだけで癒やされる。見つめていると周りが見えなくなる。フォールインラブしてしまう。物理的なセックスではない。心情的なセックスだった。美術とセックスする。眺めているだけでセックスしている気分になる。その「美術とセックスできる、そのセックスが最高級(肉体的ではなく。)」を意味していた。「私は鑑賞しているだけでこの美術品とセックスしている気分になれるんです。その中でオリエントはすごいです。(美術館の廊下にて。)」といったジョーク感覚である。

「セックスできますよ(ニッコリ。デリカシーが介入するので詳しくは言いません。しかし、セックスできますよ^^)」といったふわふわしたこと言っているように感じてしまう。そのふわふわを分解すると、オリエントのセックスは世間的に言う物理的なセックスではなく「美術鑑賞という心情的なセックス」を意味していた。オリエントドールと物理的にセックスをしてそう痛感した。

「オリエントドールに穴は要らない」と感じてしまう

「オリエントドールに穴は要らない」といってもいいほどセックスに不適だった。向いているのは“セックスしたいと思わせてくれる美術”だった。美術鑑賞に向いている。「美術鑑賞(この後めちゃくちゃセックスしました。)」ではなく、「美術鑑賞(この後本当に何もセックスすることも触ることもなくただ鑑賞しただけで終わりました。)」だった。これは「オリエントドールとセックスしたと思われるの恥ずかしいといった建前」では無く、本当に、オリエントは美術で始まり美術で終わる。

最初は数回物理的なセックスを試みるもやはりオリエントは美術担当だと痛感してしまう

最初はオリエントがセックスも気持ち良いだろうと勘違いして、オリエントドールとの肉体的なセックスを何度か試みた。しかし、硬い。硬すぎる。表面も「ザ・プラスチック」と言わんばかりのゴム感。関節の可動域も狭く、AVのようなポージングができない。そして悟った。痛感した。オリエントはTPEドールや4woodsなどの他のドールに比べて明らかに肉体的なセックス性能に劣る、ということを。そうしてまったくセックスする気さえ起きなくなってしまった。「オリエント=美術のみの担当」といった感覚に落ち着いたのであった。

オリエントはその「性的なドロドロした勘違い」から卒業させてくれた存在だった。そして美術へ誘導してくれた存在だった。

最終的に、「セックスしたい。それもセフレなどの使い捨て的なセックスではなく、人生の一生のパートナーと愛し合うセックスがしたい」という欲求を性の悩みを満たせるのは4WOODS、という結論に至った。セックス目的は“CCbodyもしくはそれ以上の新型かつ柔らかオプション版”の4woodsが失敗しない。

【人と接触することなくオナホールとラブドールで性の悩みに振り回される日常を終わらせる方法】
第1章|セックスしたい
■必要だった存在

感覚的なコツ対策「どういった視点でセックスすればいいのか定まらない」
Q&A|セックスしたい
第2章|フェラされたい
■必要だった存在|フェラされたい欲

家庭事情対策「フェラされたいが身内バレが不安で買えない」
節約や代替事情「電動オナホは高いので一般の安いオナホ数個で後は脳内補完で代替して節約したい」
第3章|エロから美術へ
■必要だった存在|エロから美術へのバトンタッチ

共通
Q&A|共通
第4章|卒業確認
性的な視点だけでなく美術的な視点でも楽しめるかどうかを確認する
■メリット
  • 0. 人と接触せずにオナホールとラブドールだけで性の悩みを終わらせられる
  • 0. 妄想やバイアスによる自己説得ではなくシラフで終わる
  • 1. オナホールを次々に買うループにハマらない
  • 2. ラブドールを次々に買うループにハマらない
  • 3. 性の悩み依存から費用をより掛けずに卒業できる
  • 4. 性の悩み依存から卒業することで“必要だと感じたときにだけ買う”という良好な共存状態に至れる
  • 5. より早く性の悩みを終わらせられる
  • 6. “性欲”から卒業できたと言えども拒絶したり排他せず今度は美術鑑賞に利用できる

ナビ:ラブドールマニュアル

» 初めてのラブドールマニュアルガイドまとめ
Share
“ラブドールの専門家”胸肉

最新ブログ記事

ラブドールマニュアルTOP